黒板五郎のウバイド國體ワンワールド

落合史観に関する話題を取り扱うブログ

洞察帝王学講座・改【無料版】  【重大予告】新講座『風猷縄学』


洞察帝王学講座・改【無料版】  【重大予告】新講座『風猷縄学』
2022年6月2日(木) 晴れ
 
以下、先日(5/31)配信された無料メールを転載する。
 
なお、過去の転載分は、以下から参照できる。 【索引】洞察帝王学講座・改【無料版】一覧表
 
・文字の修飾(色付け、文字サイズ変更など)、用語等へのリンク付けは私の趣味である(笑)。
・私の補足説明を、緑文字で文中に挿入している場合あり。
 
〜〜〜以下、転載〜〜〜
【重大予告】新講座『風猷縄学』
 
こんにちは。
戦略思想研究所 中森です。
 
突然ですが、洞察帝王学を学ぶあなたに、
重大な予告がございます。
 
令和4年(皇紀2682年)6月下旬より、
新講座への参加者を募集開始します

 
その新講座とは、
数え四十の歳に自負するに至った
公の中の私を体現する事業であり、
 
それと同時に、
私の残りの人生を公に奉る決意でもあります。
 
また、戦略思想研究所の理念追求の過程で得た
高度な知見の数々を結集する学問でもあります。
 
即ち、戦略思想研究所の創業者たる私自身が、
立ちます。
 
さて、私事はここまでにするとして、
早速、新講座名を発表しましょう。
 
その名は、、、
 
『風猷縄学』、、、
風猷(ふういう)を縄(ただ)す学問。
 
畏れ多くも古事記序文読み下し文の一節を
講座名としました。
 
風猷縄学は、
克己自立を成就するための透徹史観を磨く場とし、
その第一義を「古事の世界」とします。
 
そう、古事記を根拠とするのです。
 
それでは、さらに深く、
古事記の根拠とは何か。
 
それは、天武天皇詔勅
帝紀を撰録せしむる詔」

です。
 
読み下し文を転載しますので、
ぜひ一度はお読みください。
 
文字化け防止のため、
旧字体の使用は避けています。
 

                                                              • -

朕聞く。
 
諸家の齎す所の帝紀及び本辞は、既に正実に違ひ、
多く虚偽を加ふと。

 
今の時に當たりて、其の失を改めずば、
未だ幾年経ずして、其の旨滅びむと欲す。

 
斯れ乃と邦家の経緯にして、
王化の鴻基なり。

 
枯れ惟れ帝紀を撰録し、
旧辞を討覈(たうかく)して、偽りを削り実を定めて
後葉に流(つた)へむと欲す。

 
【補足】
難しい言葉ですネェ「討覈(たうかく、とうかく)」➪『しらべ考える』という意味らしい。

 

                                                              • -


私は、この不惑の歳に、
私自身の出自、家督、家紋に関する伝を継承し、
近江、美濃、吉野の地をその足で周ったことで、
 
天武天皇詔勅稗田阿礼を軸に修験に伝わり
日本列島のみならず、世界中にネットワークが
張られた事実を実感してきました。
 
天武天皇詔勅は、
今まさに連綿と継承されている
のです。
 
それでは、
どのようにして継承されているのか。
 
あなたはそれをすでに知っています。
 
今を生きる稗田阿礼の如き人物、
そして、太安万侶の如き人物を。
 
さらには、洞察帝王学を学ぶあなた自身が、
天武天皇の意を継承する人物でもある
のです。
 
その中で、なにゆえ私が立つことを決意したのか。
 
包み隠さず正直に申し上げます。
 
皇統奉公衆首領の託宣を得たのは四年前。
爾来、不惑になれば立つことを決意していたからです。
 
皇統奉公衆首領とは、修験の首領。
 
【コメント】
多分、國體天皇高松宮宣仁親王に仕えた國體舎人・栗原茂さんの事でしょう。
戦略思想研究所のホームページ(ブログ)にも連載されている「修験子栗原茂」の執筆者であり、落合莞爾先生の所に接近し、「國體ワンワールド史観」の道に誘い込んだ方ですね。
下の方で書かれている、”落合莞爾先生の最新刊でも明かされている人物”の事である。落合先生は、「栗ちゃん」と親しく呼ばれている様ですが。

 
はるか古代、今より一万年も前から、
無限の実(見えない世界)には、
人の気配を断つ呼吸法を操る修験数千人が
奉公に徹しています。
 
対して、見える世界たる現行社会は虚となりますが、
それは、大自然と同じ時間を歩み続けた地球生命が
存在しないから
です。
 
それでは、
大自然と同じ時間を歩み続けるものは存在するのか。
つまり、無限の実(見えない世界)とは何か。
 
それは、
生命の設計図たる遺伝情報に組み込まれた波動情報、
「周期」という概念そのもの
であると思量します。
 
天体はなにゆえ回転するのか。
スピン角運動量の本質とは何なのか。
宇宙に生じる渦の正体とは何なのか。
 
私が知らないだけで、
すでに解明されているのかもしれませんが、
 
ただひとつ明確に理解できることは、
大自然と同じ時間を歩み続ける無限の実とは、
周期であり、波動情報であるということです。
 
以前、私が微細構造定数にひらめきを得た結果として
必然知ることになった「宇宙の記憶との対話」とは、
まさに無限の実(見えない世界)を知る方法であり、
 
旧辞を討覈して、偽りを削り実を定めて、
後葉に流へる奥義であると確信するのです。
 
そして、大西郷が遺した「天を相手にせよ」
の本義を覚ることにもなるのです。
 
周期とは、
宇宙の記憶であり、天そのもの
であると。
 
話を元に戻しますが、
修験は通常の人たちと異なる世界、
即ち無限の実に息を潜めています。
 
その中には、
競い争う虚の世界に往来する者もあります。
 
前記した今を生きる稗田阿礼の如き人物その人であり、
落合先生の最新刊では落合史観最大の根拠をなす人物
として紹介されています。
 
また、落合先生が歴史の執筆に取り掛かる前のこと、
その人物は、都内某所で「舎人学校」の中心として、
求心力を働かせていました。
 
舎人学校から生まれた遠心力は、
言論界に多大な影響を与えつつ、
 
時をほぼ同じくして、舎人学校の外では、
落合先生が國體史観の執筆を決断します
 
以後、落合先生の求心力は、
在野で國體史観を磨く遠心力を生み出しました。
 
そして、これから新たなステージに入ります。
 
落合先生による國體史観を軸に据え、
本義の時間と空間に刻まれる情報を描き、
分解と復元のリサイクルシステムを会得することで、
ワンワールド文明史を明らかにします
 
その過程において、
私が知りうる國體秘事を随時公開し、
 
ワンワールド文明史解明の必要であれば、
國體秘事に関わるあなたの関心事を、
私が「つなぎ」ます。
 
それが、皇統奉公衆首領の託宣を得た
私の責務であり、
 
その責務を果たすための講座が、
『風猷縄学』です。
 
講座の内容やお申込み方法などの詳細は、
令和4年(皇紀2682年)6月の下旬
を目安にご案内いたしますので、
楽しみにお待ちくださいませ。
 
また、実際の講義開始は7月以降となるほか、
私が直接知り得た國體秘事を惜しみなく公開
することになるため、
講義受講者数は限定することになります。
 
さらに参加者の募集は、
「洞察帝王学・改2681」参加者を
優先して行います。
 
「洞察帝王学・改2681」ご参加はこちらから。
https://st-inst.jp/l/m/1stlljXJHcRfEW
 
それでは、また。
 
戦略思想研究所 中森護
 
P.S.
 
『風猷縄学』始動に関連し、
國體辞典の企画は中止とさせて頂きます。
 
ワンワールド文明史を透徹できずして、
國體史観の事象を定義することは、
危ういと判断したからです。
 
何卒、ご理解のほどお願い申し上げます。
 
≪≪≪≪最後に、お願いがあります≫≫≫≫
 
これからお届けするメールが「迷惑メール」に入ってしまうと、
 
大切な情報をご覧頂くことが出来なくなってしまいます。
 
これからお送りする動画を見逃さないためにも、
是非メールの振り分け設定をしてください。
 
現時点では「迷惑メールフォルダ」に入っていない場合でも、
最近のメーラーのセキュリティ対策が強すぎるため、
今後「迷惑メールフォルダ」に入ってしまう場合があります。
 
詳しい情報は下記に載っています。
1~2分で済む簡単な作業ですので、是非流れにそって設定
をお願いいたします。
https://st-inst.jp/l/m/GDijdr3p6ao4C9
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[発行元] 株式会社戦略思想研究所
[住所] 〒108-0014東京都港区芝5丁目16-14
ノックスビル 3F・4F
[責任者] 中森護
[メール] info●st-inst.jp
 
(●を@に変えてください)
[配信解除]
配信解除は、本メール最下部のURLより行って頂けます。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
※配信解除URL
https://st-inst.jp/l/m/c1dBuNvhGFfjIR
 
※メールアドレス再登録はこちらから。
https://st-inst.jp/l/m/WwGKY2zM1MlLKE