黒板五郎のウバイド國體ワンワールド

落合史観に関する話題を取り扱うブログ

黒板五郎のウバイド國體ワンワールド トップ

更新日:2021年5月11日
f:id:masuraoo:20200228103637j:plain
~お知らせ~(最新順。1ヶ月経過したものは、順次消していく予定)

2020年2月27日 「黒板五郎の徒然草」ブログより本ブログへの 國體ワンワールド関連記事の移行を完了。

《本ブログ内リンク》(一覧表、索引などへのジャンプ)
天皇の系図
【索引】索引集/参考文献/関連サイト
【索引】インペリアル・アイズ無料メール一覧表
【索引】独自作成物一覧(頭の整理用)
國體ワンワールド関係者一覧
落合莞爾さんの書籍の内容(目次)一覧
【まとめ表】落合史観関連マテリアルからのピックアップ情報

《ブログ更新情報》 (最新更新順) 

黒板五郎のウバイド國體ワンワールド

 
更新日
区分
記事時期
記事名 内容
New 2021/5/11 新規 2021/5/11 シークレット講演会、申込殺到 由無し事
  2021/5/4 更新 2021/5/4 昭和天皇について 由無し事
  2021/4/30 新規 2021/4/30 インペリアル・アイズ無料メール 金環食【本日締切】 無料メール
  2021/4/28 新規 2021/4/28 インペリアル・アイズ無料メール 【重要】真田幸村末裔の講演は会員限定 無料メール
  2021/4/23 新規 2021/4/23 インペリアル・アイズ無料メール 【要確認】他では聞けない講演企画を二つ開催します 無料メール
  2021/4/22 新規 2021/4/22 中森護さんが語る「世界のあるべき姿。その実現のために動いた世界王室連合のトップ・堀川辰吉郎」 由無し事
  2021/4/16 新規 2021/4/16 インペリアル・アイズ無料メール 日露戦争最奥の秘事【新コンテンツ】 無料メール
  2021/4/9 新規 2021/4/9 インペリアル・アイズ無料メール 真の国際親善を実現するための3つの条件 無料メール


《参考サイト》 (最新登録順) 

 
登録・更新日
サイト名(ハイパーリンク付)
New 2020/12/4 戦略思想研究所

インペリアル・アイズ無料メール シークレット講演会、申込殺到


インペリアル・アイズ無料メール シークレット講演会、申込殺到
2021年5月11日(火) くもり
 
以下、5月7日に配信された無料メールを転載する。
先週末は、緊急事態宣言が発せられたばかりの福岡に帰省していたので、転載が遅くなってしまった(笑)。
 
なお、過去の転載分は、以下から参照できる。 【索引】インペリアル・アイズ無料メール
 
・文字の修飾(色付け、文字サイズ変更など)、用語等へのリンク付けは私の趣味である(笑)。
・私の補足説明を、緑文字で文中に挿入している場合あり。
 
〜〜〜以下、転載〜〜〜
シークレット講演会、申込殺到
 
おはようございます。
戦略思想研究所 中森です。
 
昨日、インペリアル・アイズ会員の皆様だけに、
 
5月29日(土)真田幸光氏講演会@東京
『世界財閥の頂点に立つハプスブルクと英王室』
~仙(専)人大国・日本を構築せよ~
 
募集開始のレターをお届けしています。
 
会員限定のシークレット講演会となりますため、
会員専用メルマガのみのご案内となります。
 
もし、届いていないという方がいらっしゃいましたら、
このメールに返信する形でお問い合わせくださいませ。
 
ただし、すでに残席10を切っておりますので、
間に合わないかもしれません、、、
 
その場合はご容赦お願い申し上げます。
 
それにしても、真田幸光氏著
『世界の富の99%はハプスブルク家と英国王室が握っている』
の中で、下記文章を目にした時の衝撃たるや忘れられません。
 

                                                                              • -

ハプスブルク家と英国王室は現人神のごとく、
世界から超越し、実際の政治、経済には影響力を
持たないように見えます。
 
実際、ほとんどの場合は関係ないでしょう。
 
しかし、彼らのそのような統治システムは、
彼らを現人神のごとく生かせるためのシステムです。
 
そして、それらを支えているロスチャイルド
ロックフェラーなどの多くの財閥や富豪たちは、
 
自らの権益を守るためにもそれらのシステムを利用し、
強化し、あるときは変更を加え、膨大な利益を享受するのです。
 
とはいっても、
彼らはあくまで王家の執事でしかありません。
 
そして、必要なときは、王とともに、
大航海時代エリザベス一世のように、
軍事力と経済力で他を圧倒するのです。
 
オットーの娘のベルリンの壁の崩壊の予言も、
同じような意味を持っているのかもしれません。

                                                                              • -

ロスチャイルドとロックフェラーなどの
多くの財閥や富豪たちといえば、
 
いわゆる目に見えない「影の政府」のトップに
君臨する勢力とされがちですが、
 
真田幸光氏は見事に
「あくまで王家の執事でしかない」
と看破しています。
 
真田と上杉のハイブリッドの血統がなせる業でしょうか。
見事に國體ワンワールド史観と一致します。
 
これだけではありません。
 
真田幸光氏の見識、洞察、そして、思想は、
次々と落合先生のそれと一致するのです。
 
インペリアル・アイズ会員必聴の講演となること
間違いありませんので、
 
会員の皆様は必ず昨日9時30分頃配信された
会員専用メルマガをご確認くださいませ。
 
さて、本日、
公式ブログを更新いたしましたので、
ご案内いいたします。
 
新たにアップした記事は下記の二つ。
 
修験子栗原茂【其の一九】
黒い霧の発端ともなる吹原産業事件(中編)
https://st-inst.co.jp/blog/kurihara/autobiography19/
 
記事の内容を理解するためには、
ひたすらに映画『金環食』の視聴をお勧めいたします。
 
黒金泰美をモデルとした星野康雄を演じる仲代達矢
森脇将光をモデルとした石原参吉を演じる宇野重吉
田中彰治をモデルとした神谷直吉を演じる三國連太郎
 
を初めとした豪華キャストの演技力も見ものです。
個人的には宇野重吉の演技にはまっています。
 
この週末のどこかで改めて楽しみたいと思います。
 
本日更新のもうひとつの記事はこちら。
 
【文明地政學叢書第二輯】
5 競わず争わず神格に通ずるみち
https://st-inst.co.jp/blog/second/chapter5-2/
 
「世界史まで禊祓した光格天皇」から始まる本記事では、
 
ナポレオンを止め、スウェーデン王となったベルナドット
大黒屋光太夫の保護と帰国に尽力したアダム・ラクスマン
鷹司輔平が形成する閑院宮親王家の血脈情報網、
 
などなど、
 
情報源と通じる神格の情報網が次々と明かされ、
 
さらに、光格天皇が行者の徳を讃え、
勅書をもって「神変大菩薩」と名付けた役行者御遠忌祭は、
 
米一三州の合邦による独立戦争を眼前に、
今後の天変地異を見透かした禊祓に通じるという
神格情報まで明かされています。
 
ぜひこの週末に未読の記事と合わせて、
じっくりとお読みくださいませ。
https://st-inst.co.jp/blog/
 
それでは、また。
 
これからの時代を生き抜くために。
そして、日本の國體を護るために。
 
戦略思想研究所 中森護
 
P.S.
 
インペリアル・アイズ新規会員の募集は、
準備でき次第開始いたします。
 
この週末には弊社公式ページのサービス一覧を
更新できるものと思います。
 
ご入会をご希望の方は明日以降、
下記ページをご確認くださいませ。
https://st-inst.co.jp/service.html
 
もしかしたら、真田幸光氏講演会の参加枠に、
滑り込めるかもしれません。
 
≪≪≪≪最後に、お願いがあります≫≫≫≫
 
これからお届けするメールが「迷惑メール」に入ってしまうと、
 
大切な情報をご覧頂くことが出来なくなってしまいます。
 
これからお送りする動画を見逃さないためにも、
是非メールの振り分け設定をしてください。
 
現時点では「迷惑メールフォルダ」に入っていない場合でも、
最近のメーラーのセキュリティ対策が強すぎるため、
今後「迷惑メールフォルダ」に入ってしまう場合があります。
 
詳しい情報は下記に載っています。
1~2分で済む簡単な作業ですので、是非流れにそって設定
をお願いいたします。
https://www.fpo.bz/mail/
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[発行元] 株式会社戦略思想研究所
[住所] 〒108-0014東京都港区芝5丁目16-14
ノックスビル 3F・4F
[責任者] 中森護
[メール] info●imperialeyes.com
 
(●を@に変えてください)
[配信解除]
配信解除は、本メール最下部のURLより行って頂けます。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
※配信解除URL
https://b56.hm-f.jp/index.php?action=C1&a=3&f=2&g=1&c=10329&m=945&code=72e22f386f8321a0acf4b328c6b6cc71
 
※メールアドレス再登録はこちらから。
https://st-inst.co.jp/mailmag.html
 

昭和天皇について


昭和天皇について
2021年5月4日(火) みどりの日 晴れ
追記:2021年5月5日(水) くもり
 
真実の歴史探求を目的に受講しているインターネット講座「インペリアル・アイズ」、今月号のQ&Aコーナーの一番目で採用された質問は、私が発信した質問である。
何度目の採用になるかは憶えていないが、5回以上は取り上げて戴いており、有難い事である。
 
今回の質問は、昭和天皇についての質問であった。
 
昭和天皇が、大正天皇の実子ではなく、欧州大塔宮(ベルギー王室)のご出身である事は、過去のインペリアル・アイズ講座や落合莞爾先生の講演会を通して承知していたのだが、今年2月号のインペリアル・アイズにて、落合先生より、昭和天皇に関する新しい情報が提供され、従来の提供情報とは食い違う内容を含んでいたため、早速、質問を投稿した訳である。
 
食い違う情報とは、以下の2点である。伏見宮「堀川」は、全く別の血統なのだから、両立する筈がないと持った次第である。
 
(1)昭和天皇は、伏見宮の血統である。
 
(2)昭和天皇は、血統的に「堀川」に一番近い。
 
そこで、(1)、(2)のどちらかが間違っていると思われるが、どちらが正しいですか? という質問をしたのである。
 
落合先生のご回答は、以下の様な主旨であった。
 
●「分からない」
 
●「京都皇統から伝授された新しい情報について、たとえ疑問点があっとしても、自分で洞察して解決するまで開示を保留するよりも、伝授された貴重な情報を早くインペリアル・アイズ会員にも情報共有して、各々が洞察出来る様にする事を優先した。」
 
なるほどと思う回答であった。
 
そこで、早速、私なりの洞察の真似事をして、私の洞察結果についての落合先生のご感想を戴きたいという質問を昨日投稿した。
採用されるかどうかは不明である(笑)。
 
以下、皇室の血統について纏めたものを記す。
 
【前提となる真実の歴史事情】
 
日本の国は、初代・神武天皇(BC1世紀辺り(*1))以来、今上天皇に至るまで、天皇を元首(君主)とする国家であるが、1300年代に、持明院統大覚寺統の二つの天皇血統の間で両統迭立する時代があった。
因みに、この時代の事を、私の様な戦後生まれの人間は、南北朝時代と教わったのだが、この南北朝という呼び方は、戦後(明治以降?)の日本史学界が名付けた呼び方だそうであり、江戸時代以前から南北朝という呼び方があった訳では無いそうである。
 
(*1)世間一般に言われるBC660年(皇紀26xx年)というのは、『神武が釈迦に下る訳には行かぬ』という理由で、皇室が意図的に下駄履かせして作ったフィクションであることが、皇室(京都皇統)より落合先生に口伝されている。なお、釈迦はBC624年生まれである。
  
この時代、10年任期で天皇が交代する(両統迭立する)という事情から、北条幕府の天皇家に対する影響力が相対的に増してきたため、この鎌倉幕府の増長を押さえるための対策として、両統迭立の解消、即ち、持明院統大覚寺統の両統合一を、皇室側で秘密裡に進め始めていた。
そこに、幸運にも、91代・後宇多天皇双子の皇子が生まれたため、これを利用して両統合一のシナリオを作って実行したのである。勿論、双子の誕生は、皇室内の秘事であるから、鎌倉幕府側には知られていない。勿論、2021年の今日でも、皇室内の秘事のままであり、公にはされておらず、京都皇統より落合先生に口伝された秘事である。
 
この時の双子の皇子(胤人親王、尊治親王)が、後の93代・後伏見天皇と96代・後醍醐天皇である。胤人(たねひと)親王は、91代・伏見天皇持明院統)の第一皇子として皇籍に入り、尊治親王は、後宇多天皇大覚寺統)の第二皇子として皇籍に入った。
この結果、後伏見天皇が即位した時点で、持明院統大覚寺統の両統の血統が、実質的に大覚寺統の血統で一本化された訳である。
 
96代天皇となった後醍醐天皇は、僧文観などと以降の皇室の在り方を検討し、ある代以降の天皇皇位継承については、後醍醐天皇の皇子である大塔宮護良親王(おおとうのみやもりながしんのう)直系男系子孫のみに皇位継承権を与えるという皇室内ルールを決定した。
勿論、持明院統側も承知の事である。91代・伏見天皇持明院統)が、大覚寺統血統の胤人親王(後の後伏見天皇)を我が子として皇籍に入れた事からも、持明院統大覚寺統の共同作戦だったと言う事が分かる。
 
実際にこのルールに基づく皇位継承が始まったのは、102代・後花園天皇からである。勿論、今上天皇徳仁親王)も大塔宮護良親王の直系男系子孫である。
 
因みに、秋篠宮文仁親王と同じく、敬宮愛子内親王大塔宮護良親王の直系男系子孫であるから、皇室ルールとしては皇位継承権がある。但し、日本国という政体の法律上は、皇室典範にて女性天皇を認めていないので、日本国の象徴としての天皇には今の所なれないが。
更に言えば、落合莞爾先生(本名:井口莞爾)も大塔宮護良親王の直系男系子孫であるから、皇室ルールとしての皇位継承権はある。皇室ではなく民間人であるから、日本国の象徴天皇になれない事は自明であるが。
 
我々が学校史学で教わった南北朝」(京都と吉野)の対立言うのは、実は、上に書いたとおり、鎌倉幕府を騙して油断させるための皇室側の八百長だったと言う事である。
 
この辺りの事は、下の系図に書いてある。色々と、持明院統側と大覚寺統側の間で系譜いじりの作戦が実行されているのが分かる。勿論、表の歴史には全く出ておらず、全て、京都皇統から落合先生への口伝情報を元に私が作った系図である。
 
 天皇系図南北朝編)
ubaido.hatenablog.com
 
大塔宮護良親王を頂点とする血統まとめ】
 

皇統

(血統)
皇統の祖
祖の母親
補足
大室皇統 興良親王
(おきよし、おきなが)
北畠氏の娘 ●父・護良親王の命により、朝鮮半島からの渡来人の基地的存在となっていた周防国田布施(現山口県熊毛郡田布施町)に、治安維持のために派遣された。
明治天皇大室寅之祐は、この皇統の末裔。
●今話題になっている秋篠宮文仁親王の皇女・真子内親王の婚約者・小室圭さんも、この血統だそうである。
伏見宮皇統 益仁親王
(後の興仁親王崇光天皇
紀伊調月荘)
井口左近の娘
護良親王と井口左近の娘の間の第一皇子
護良親王の実子でありながら、北朝初代・光厳上皇の皇子として皇籍に入る。
北朝2代・光明天皇の実子・栄仁(よしひと)親王を自分の皇子として皇籍に入れる。
栄仁親王が初代伏見宮となる。
●自分の実子・貞成(さだふさ)親王栄仁親王の皇子(自分の皇孫)として皇籍に入れる。
●102代・後花園天皇は、貞成親王(従って崇光天皇)の直系男系子孫である。
井口皇統 益仁親王の1歳下の同母弟。 同上 皇籍離脱して二代目井口左近を嗣ぐ。
落合莞爾先生は、井口皇統の直系男系子孫なので、皇室ルールとしての皇位継承権がある。
ハプスブルク皇統 益仁親王の2番目の同母弟
(仮に皇子X
同上 皇子Xは渡欧。
皇子Xの子もしくは孫(仮に皇子Y)が、ハプスブルク家のエルンスト鉄公と入れ替わり、ハプスブルク家に入る。
皇子Yポーランド王女であるツインバルカ・マゾヴィエツカとの間に生まれたのが、後に神聖ローマ帝国皇帝となるフリードリヒ三世である。
欧州大塔宮皇統 右の補足参照。 不明 護良親王は、鎌倉にて偽装殺害された後、小舟で房総に逃れ、陸路で奈良・西大寺に入った。
西大寺に入った後に生まれた護良親王の皇子達が、渡欧してベネルクス地方に入り、オランダ、ベルギー、ルクセンブルク等の王室を興す。
●江戸時代にベルギー王室の皇子が来日し、閑院宮家に入って閑院宮典仁(すけひと)親王となる。(「慶光天皇」「太上天皇」の追号あり)
典仁親王の皇子・師仁(もろひと)親王が、119代・光格天皇となる。
●明治~大正に、ベルギー王室より裕仁(ひろひと)親王が来日し、123代・大正天皇の皇子として皇籍に入る。
大正天皇が偽装崩御されたあと、裕仁(ひろひと)親王が即位して124代・昭和天皇となる。
京都皇統
(堀川)
閑院宮典仁親王 不明 ●欧州大塔宮(ベルギー王室)出身で来日した閑院宮典仁親王、その皇子で119代天皇を即位した光格天皇、その皇子である120代・仁孝天皇、その皇子である121代・孝明天皇、その皇子で、親子共に偽装死して京都堀川御所に入り、國體天皇となった本物の睦仁親王、その皇子であり世界國體天皇となった堀川辰吉郎、その皇子で國體天皇を継いだ高松宮宣仁親王。と、京都皇統は続く。現在の後継者は不明(非公開)。
●因みに、表の歴史では睦仁親王明治天皇を即位した事になっているが、実際は、大室皇統の大室寅之祐が、天皇を即位して明治天皇となった。本物の睦仁親王と、明治天皇大室寅之祐)は、同日、皇居内で大嘗祭を挙行しているので、皇室的には、二人とも正式な天皇である。睦仁親王は國體天皇明治天皇は政体天皇である。
堀川辰吉郎は、世界國體天皇となり第二次世界大戦を指揮。日本の負け戦を決めたのも、憲法第9条(戦争放棄)の条項を入れたのも、國體黄金ファンドを投入して国際連合を創設したのも堀川辰吉郎である。

 
昭和天皇についての、「伏見宮」、「堀川に一番近い」という矛盾に対する私の洞察については、敢えて記さないでおく(笑)。
 
《2021年5月5日 追記》 
なお、京都皇統(堀川)の祖である閑院宮典仁親王も、昭和天皇も欧州大塔宮皇統(ベルギー王室)の出身であるから、昭和天皇が「堀川に一番近い」のは自明であり、疑問なのは、昭和天皇が何故、「伏見宮皇統」なのかである。ここが洞察すべき点である。
 

インペリアル・アイズ無料メール 金環食【本日締切】


インペリアル・アイズ無料メール 金環食【本日締切】
2021年4月30日(金) 晴れ
 
以下、本日(4/30)に配信された無料メールを転載する。
 
なお、過去の転載分は、以下から参照できる。 【索引】インペリアル・アイズ無料メール
 
・文字の修飾(色付け、文字サイズ変更など)、用語等へのリンク付けは私の趣味である(笑)。
・私の補足説明を、緑文字で文中に挿入している場合あり。
 
インペリアル・アイズ5月号のQ&Aには、もしかしたら、また私の質問が取り上げられているのかも知れない。楽しみである(笑)。
 
〜〜〜以下、転載〜〜〜
金環食【本日締切】
 
おはようございます。
戦略思想研究所 中森です。
 
本日、公式ブログを更新いたしました。
新たにアップした記事は下記の二つ。
 
修験子栗原茂【其の一八】
黒い霧の発端ともなる吹原産業事件(前編)
https://st-inst.co.jp/blog/kurihara/autobiography18/
 
本記事に登場する「森脇将光」という名前を目にした瞬間、
落合先生の勧めにより視聴した映画『金環食』を連想しました。
 
金環食』のモデルは吹原産業事件ではなく、
九頭竜川ダム汚職事件ではありますが、
そんな指摘ももはや瑣末なことでしょう。
 
ただ、『金環食』の原作の著者石川達三が参加していた
「三八会」に入江相政も入っていることが個人的に気に
なりますが、今は棚上げといたします。
 
何はともあれ、もとはといえば、
映画『金環食』の視聴の件は修験子栗原茂から
落合先生を通じての勧めでありましたから、
 
私にとって本記事中の以下の記述は、
吹原産業事件の真相を知ること以上に
驚天動地の大事件でした。
 

                                                                              • -

どうあれ、私が生き永らえたのは、
本事案の深層構造を若年のうちに体得したこと、
それは本件が序章にすぎないこと、
 
その本筋となるのは実は家督継承の重大性にあり、
落合本『南北朝こそ日本の機密』に勝るとも劣らない
秘事に連動してくるのだ。

                                                                              • -


ぜひあなたともその衝撃を共有したいと思います。
https://st-inst.co.jp/blog/kurihara/autobiography18/
 
本日更新のもうひとつの記事はこちら。
 
【文明地政學叢書第二輯】
4 神格の禊祓に臣と民が救われる
https://st-inst.co.jp/blog/second/chapter4-2/
 
ここにきて、改めて覚ることがあります。
 
それは、修験子栗原茂の記事と西郷南洲の言葉を
照らし合わせれば、神格の情報の一端を垣間見る
ことができるということです。
 
西郷南洲は、
 

                                                                              • -

人を相手にせず天を相手にせよ
天を相手にして己を尽くし、人を咎めず、
我が誠の足らざるを尋ぬべし

                                                                              • -


と遺しましたが、
 
人格とは人を相手にすることであり、
神格とは天を相手にするということであろうと、
改めて直観するに至りました。
 
人はただひたすらに親愛なる対象でしかなく、
人の人への依存心や、人為的な物事の解釈は、
人を閉じた空間に収容してしまいます。
 
科学とはまさに「科(とが)の学」。
 
人が真の主体性を得るに要諦は、
開かれた空間の統一場理論を会得すること、
つまり、天を相手にすることにあります。
 
まだまだ、人格レベルの解釈ではありますが、
より一層統一場理論を会得せんと精進する次第です。
 
ぜひあなたもご一緒にどうぞ。
https://st-inst.co.jp/blog/second/chapter4-2/
 
さて、もうひとつ重要なご案内がございます。
 
インペリアル・アイズ2021年4月号
 
絶対に他言を禁ずる日米戦争の真相
~陸軍特務が遺した山本五十六の真実~
 
本日、視聴申込締切日です。
http://b56.hm-f.jp/cc.php?t=M34254&c=11385&d=639f
 
また、一昨日ご案内いたしましたが、
5月29日(土)真田幸光氏講演会@東京
 
講演テーマ
『世界財閥の頂点に立つハプスブルクと英王室
~仙(専)人大国・日本を構築せよ~』
 
にご参加頂ける方、収録映像をご視聴頂ける方は、
インペリアル・アイズ会員だけに限らせて頂きます。
 
さらに、講演会収録映像の配信には制限があり、
7月1日以降、一切ご視聴頂くことはできないでしょう。
 
つまり、少なくとも2021年6月時点会員の方までが
真田幸村末裔のお話をリアルまたは編集済映像にて
聞くことができます。
 
まずは、リアル講演会の参加申込受付を5月上旬に
開始する予定ですので、まずは日程を確保のうえ、
楽しみにお待ちくださいませ。
 
そのため、ぜひとも今のうちに、
インペリアル・アイズにご入会頂くことを、
強くおすすめいたします。
 
インペリアル・アイズご入会はこちらから。
http://b56.hm-f.jp/cc.php?t=M34254&c=11385&d=639f
【今月号からのご入会は本日締切】
 
また、インペリアル・アイズは、
2021年9月末日にてすべてのサービスを終了します。
 
2017年~2020年の「5月」ご入会の年会員の皆様には、
複数回に渡り今後に関するご案内をお届けしておりますので、
必ずご確認くださいませ。
 
対象は「5月」ご入会の年会員様です。
 
お手続きをせずに5月1日を迎えますと、
自動的にご退会となります。
 
それでは、また。
 
これからの時代を生き抜くために。
そして、日本の國體を護るために。
 
戦略思想研究所 中森護
 
P.S.
 
明日配信のインペリアル・アイズはこちら。
 
【動画1】満蒙一体と満漢分離
 
【動画2】真・紫禁城の黄昏
 
【動画3】満蒙独立のシナリオ
 
【動画4】2021年5月号Q&A
 
Q1「昭和天皇の血筋について最新の情報を確認させてください」
Q2「山本五十六瀬島龍三は堀栄三にとって敵に見えたのでしょうか?」
Q3「知人に祖先に紀伊国屋文左衛門の一族で、海運業で財を成した人物がいますが、國體奉公衆でしょうか?」
Q4「家号、屋号に"上"がつくのは村上水軍と関係あるのでしょうか?」
Q5「吉水神社は満鮮経略と関係あるのでしょうか?」
Q6「日本領海侵犯は日本国内で憲法改正を促す為にわざと國體が行わせているのでしょうか?一方、ウイグルの非人道活動は想定していなかったのでしょうか?」
Q7「落合先生が訪れてみたい欧州の地はどこですか?」
Q8「干支が動物と紐付けられている理由をご存知でしたら教えてください」
Q9「日本からの輸出代金を米国が払ってくれないというのは、どういう仕組みなのでしょうか?」
Q10「日本列島にも2つのHAARPがあるのでしょうか?」
 
≪≪≪≪最後に、お願いがあります≫≫≫≫
 
これからお届けするメールが「迷惑メール」に入ってしまうと、
 
大切な情報をご覧頂くことが出来なくなってしまいます。
 
これからお送りする動画を見逃さないためにも、
是非メールの振り分け設定をしてください。
 
現時点では「迷惑メールフォルダ」に入っていない場合でも、
最近のメーラーのセキュリティ対策が強すぎるため、
今後「迷惑メールフォルダ」に入ってしまう場合があります。
 
詳しい情報は下記に載っています。
1~2分で済む簡単な作業ですので、是非流れにそって設定
をお願いいたします。
https://www.fpo.bz/mail/
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[発行元] 株式会社戦略思想研究所
[住所] 〒108-0014東京都港区芝5丁目16-14
ノックスビル 3F・4F
[責任者] 中森護
[メール] info●imperialeyes.com
 
(●を@に変えてください)
[配信解除]
配信解除は、本メール最下部のURLより行って頂けます。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
※配信解除URL
https://b56.hm-f.jp/index.php?action=C1&a=3&f=2&g=1&c=11385&m=936&code=ddc22313b29176843ee1973f7fb001ee
 
※メールアドレス再登録はこちらから。
https://st-inst.co.jp/mailmag.html
 
 
  

インペリアル・アイズ無料メール 【重要】真田幸村末裔の講演は会員限定


インペリアル・アイズ無料メール 【重要】真田幸村末裔の講演は会員限定
2021年4月28日(水) くもり
 
以下、本日(4/28)に配信された無料メールを転載する。
 
なお、過去の転載分は、以下から参照できる。 【索引】インペリアル・アイズ無料メール
 
・文字の修飾(色付け、文字サイズ変更など)、用語等へのリンク付けは私の趣味である(笑)。
・私の補足説明を、緑文字で文中に挿入している場合あり。
 
真田幸光氏の講演会は、インペリアル・アイズ会員限定との事。聴講したい場合は、まずは入会手続きしてくださいとの事。
 
〜〜〜以下、転載〜〜〜
【重要】真田幸村末裔の講演は会員限定
 
おはようございます。
戦略思想研究所 中森です。
 
先日、ご案内した講演企画
5月29日(土)真田幸光氏講演会@東京
 
講演テーマ
『世界財閥の頂点に立つハプスブルクと英王室 ~仙(専)人大国・日本を構築せよ~』
 
に高い関心をお持ちのあなたへ
極めて重要なご案内がございます。
 
諸事情により、本講演会は、
インペリアル・アイズ会員限定企画となります。
 
講演会撮影の許可はなんとか得ることはできましたが、
ご提供範囲はインペリアル・アイズ会員限定となるほか、
 
大幅な編集必須のうえ、ダウンロード厳禁、
さらに配信期間にも制限がつく予定です。
 
配信期間は長くても3週間が限度となります。
 
それも映像視聴権限を購入してから3週間ではなく、
映像ご提供開始から3週間以内に視聴を終えるという
制限になります。
 
例えば、6月10日に映像ご提供を開始しましたら、
6月30日までにご視聴完了して頂くということになり、
7月1日以降、一切ご視聴頂くことはできません。
 
つまり、少なくとも2021年6月時点会員の方までが
真田幸村末裔のお話をリアル、または編集済映像にて
聞くことができます。
 
ここで「真田の真田たる所以」にまつわるエピソードを、
真田幸光氏の著書からご紹介しましょう。
 

                                                                              • -

この章の冒頭に「ギルド」の話をしました。
その「ギルド」の連中と会話をしているときのことです。
 
そのとき、私の名前の「真田」の由来を話しました。
「真田」が戦国武将であり、長野・松代の代々の殿様
であるということを。
 
そうすると、彼らの雰囲気が一変したのです。
それまでは、アジアのアセットイーターのひとりとして
バカにしていたのが、
 
突然、水戸黄門が印籠を出したときのように、
目の表情と態度が、アジア人と見下しつつも、
それでも少しの尊厳と畏怖に変わったのです。
 
その後、私は「ギルド」の中の話を少しだけ
聞くことができるようになりました。
 
そこで感じたことは、欧米人の、
それも上流階級の王室の捉え方が、
現在の日本と全く違うということです。
 
日本にも天皇家はありません。
しかし、現在はGHQによって象徴とされてしまいました。
 
第二次世界大戦前であれば、天皇は現人神だったわけです。
 
この現人神と同じような尊厳と畏怖が、
現在の王室に注がれています。

                                                                              • -


このエピソードだけでも真田幸光氏のお話を直接聞きたい
という衝動にかられるのではないでしょうか。
 
別件ですが、
大正10年昭和天皇欧州御外遊から100年となる今、
私は故あって御外遊の記録を調査しておりますが、
欧州王室が持つ徳操、気品は別格であることを、
改めて覚ることとなりました。
 
もっとも、日本皇室はさらに別格なのですが、、、
 
何はともあれ、
 
5月29日(土)真田幸光氏講演会@東京
 
講演テーマ
『世界財閥の頂点に立つハプスブルクと英王室 ~仙(専)人大国・日本を構築せよ~』
 
につきましては、
 
インペリアル・アイズ会員限定の企画になります。
参加申込受付は5月上旬に開始いたしますので、
まずは日程を確保のうえ、楽しみにお待ちくださいませ。
 
そのため、ぜひとも今のうちに、
インペリアル・アイズにご入会頂くことを、
強くおすすめいたします。
 
しかも、今月号のテーマは、
 
絶対に他言を禁ずる日米戦争の真相
~陸軍特務が遺した山本五十六の真実~
 
衝撃のコンテンツの一部を明らかにすると、、
 
【動画1】本邦初公開・吉薗周蔵『敗戦からの記』
 
・吉薗周蔵が娘・明子に遺した『敗戦からの記』、満を持して本邦初公開
松平容保の孫・薩摩千代子の筆跡が明かす佐伯祐三の真の姿
・吉薗周蔵が上原勇作を通じて出会った海軍元帥となる人物とは?
・吉薗周蔵が山本五十六と対峙した時の驚くべき評価とは?
石原莞爾の「歩」となることを志願した吉薗周蔵の思いとは?
石原莞爾が看破したアジアの裏切り者の正体
石原莞爾と同様、奴隷解放を思想の軸としていた陸軍軍人とは?
 
【動画2】『敗戦からの記』が明かす山本五十六の正体
 
山本五十六の偽装死を証明する確固たる証拠のひとつとは?
・吉薗周蔵が特高警察布施一から紹介された驚愕の人脈の数々が明らかに
明石元二郎から教えられた人脈を使った諜報活動の基本とは?
・『敗戦からの記』だけが明らかにする本当の薩摩治郎八
・吉薗周蔵が諜報の過程で知ってしまった山本五十六の正体
・落合先生が『敗戦の記』の公開をためらっていたワケとは?
・世界史におけるハプスブルクの存在の重大性を看破していた真田氏の末裔とは?
・吉薗周蔵に「山本五十六に不安がある」と漏らした海軍高級将校と海軍の「草」の正体
 
【動画3】他言を禁ずる日米戦争の真相
 
接触してきた海軍の「草」の正体を吉薗周蔵が知っていた理由とは?
・諜報活動における「裏切り」と「志願」の違いとは?
石原莞爾が海軍の情報を必要とした真の目的とは?
・諜報員として吉薗周蔵が血肉としていた石光真清の教えとは?
・「そういう意味では石原さんを信じていない」とする吉薗周蔵の真意とは?
・これが日米戦争の真相、絶対に会員以外には話さないでください
・落合先生が知る山本五十六偽装死にまつわる衝撃情報とは?
・戦争終結後に姿を消さなければならなかった人物の真意とは?
 
【動画4】2021年4月号Q&A
 
Q1「先生は鬼の正体についてどのようにお考えでしょうか?」
Q2「橘氏の女性は双子を生む確率の高い家系ではないでしょうか?先生のご所見を教えてください」
Q3「エネルギーの準資本財の置き換えを進めるために脱石油を進めているのでしょうか?」
Q4「民主主義、共産主義が倒れたのちに、國體は社会の仕組みをどのようにするつもりなのでしょうか?」
Q5「現金(日本円)を何に交換しておくことが次の時代で最も有効か先生のお考えを教えてください」
Q6「田中英道先生が高天原は関東にあったと主張しておられますが、いかが思われますか?」
Q7「三笠宮や立花大亀和尚は、日本文化そのものの抹殺と奴隷制社会の完成・維持を肯定していたと解釈すべきでしょうか?」
Q8「昭和天皇堀川辰吉郎を信頼していなかった、あるいは恐れていたとは考えられないでしょうか?」
 
インペリアル・アイズご入会はこちらから。
http://b56.hm-f.jp/cc.php?t=M34190&c=11385&d=639f
 
また、インペリアル・アイズは、
2021年9月末日にてすべてのサービスを終了します。
 
2017年~2020年5月ご入会の年会員の皆様には、
複数回に渡り今後に関するご案内をお届けしておりますので、
必ずご確認くださいませ。
 
お手続きをせずに5月1日を迎えますと、
自動的にご退会となります。
 
それでは、また。
 
これからの時代を生き抜くために。
そして、日本の國體を護るために。
 
戦略思想研究所 中森護
 
P.S.
 
明後日、ブログを更新する予定です。
 
物事の本質を知るには、
それ相応の覚悟が必要となってくるでしょう。
 
最新の記事はこちら。
 
修験子栗原茂【其の一七】
黒い霧事件のミソギハラヘ
https://st-inst.co.jp/blog/kurihara/autobiography17/
 
【文明地政學叢書第二輯】
天皇継嗣干渉には必ず天誅が下る
https://st-inst.co.jp/blog/second/chapter3-2/
 
≪≪≪≪最後に、お願いがあります≫≫≫≫
 
これからお届けするメールが「迷惑メール」に入ってしまうと、
 
大切な情報をご覧頂くことが出来なくなってしまいます。
 
これからお送りする動画を見逃さないためにも、
是非メールの振り分け設定をしてください。
 
現時点では「迷惑メールフォルダ」に入っていない場合でも、
最近のメーラーのセキュリティ対策が強すぎるため、
今後「迷惑メールフォルダ」に入ってしまう場合があります。
 
詳しい情報は下記に載っています。
1~2分で済む簡単な作業ですので、是非流れにそって設定
をお願いいたします。
https://www.fpo.bz/mail/
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[発行元] 株式会社戦略思想研究所
[住所] 〒108-0014東京都港区芝5丁目16-14
ノックスビル 3F・4F
[責任者] 中森護
[メール] info●imperialeyes.com
 
(●を@に変えてください)
[配信解除]
配信解除は、本メール最下部のURLより行って頂けます。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
※配信解除URL
https://b56.hm-f.jp/index.php?action=C1&a=3&f=2&g=1&c=11385&m=935&code=ddc22313b29176843ee1973f7fb001ee
 
※メールアドレス再登録はこちらから。
https://st-inst.co.jp/mailmag.html
 
  

インペリアル・アイズ無料メール 【要確認】他では聞けない講演企画を二つ開催します


インペリアル・アイズ無料メール 【要確認】他では聞けない講演企画を二つ開催します
2021年4月16日(金) 晴れ
 
以下、昨日(4/22)に配信された無料メールを転載する。
 
なお、過去の転載分は、以下から参照できる。 【索引】インペリアル・アイズ無料メール
 
・文字の修飾(色付け、文字サイズ変更など)、用語等へのリンク付けは私の趣味である(笑)。
・私の補足説明を、緑文字で文中に挿入している場合あり。
 
二つの講演会の案内がメインである。
どちらも大変興味深く、絶対に受講したいと思っているので、内心は、ここでメールを拡散すると希望者が増えて満席で受講できなくなるのも困るナァという気持ちもあるのだが、まあ、ここはフェアに、情報公開しておこう(笑)。
 
下のメール内で紹介されている真田幸光さんの書籍については、私も、何度もネット検索して探したのだが、何処にも(古本ネットワークサイトでも)見つからなかった。
 
〜〜〜以下、転載〜〜〜
【要確認】他では聞けない講演企画を二つ開催します
 
おはようございます。
戦略思想研究所 中森です。
 
本日のメルマガでは、
二つのビッグな講演会をご案内します。
 
いずれも、
決して他では聞けない衝撃的な内容になると
確信しております。
 
ひとつは今月号のインペリアル・アイズで登場した
あの人物の単独講演会、
 
もうひとつは、落合先生が敬愛するあの人物と、
落合先生ご自身との対談講演会です。
 
お申込受付の準備は整っていませんが、
まずは日程と講師のみご案内いたします。
 
またまた緊急事態宣言と相成りましたが、
休業を要請されていない経済活動を止めることも
ナンセンスであると私は考えておりますので、
感染対策に万全を期して開催いたします。
 
ただし、ご家族のお気持ちや職場の方針に配慮し、
講演会への参加は困難である方もいらっしゃると
思いますので、
後日、映像配信できるよう調整を進めております。
 
何卒、ご理解のほどお願い申し上げます。
 
それでは、それぞれの日程と講師をご案内いたします。
 
■5月29日(土)真田幸光講演会@東京
 
今月号のインペリアル・アイズで、
落合先生はこのように仰っていました。
 

                                                                              • -

日露戦争を起こさせ、ロシアを負けさせ、
あのかたちで敗戦、講和に持ち込んだのは
ハプスブルクであったということです。
 
そんなことがここに書いていますか、
他に見たことがありますか、
あったら教えてください、私が読みますから。
 
ないでしょう。
 
ハプスブルクについて書いたのは、
徳本さんの『エンペラー・ファイル』だけ、
あれが初めて。
 
でももう一つあるのです。
最近読んだ、2、3日前に読みました。
真田幸村が書いた。

                                                                              • -


そう、5月29日(土)の講演会では、
真田幸村が登壇します。
 
もちろん、真田幸村の霊が降臨するわけではなく、
末裔にご登壇頂くというわけです。
 
その人物とは、真田幸光氏。
略歴はこちらです。
 

                                                                              • -

1957年東京都生まれ。
曽祖父が真田家(松代)当主。
 
慶應義塾大学卒業後、東京銀行入校。
97年独系ドレスナー銀行東京支店・企業融資部長。
 
98年愛知県淑徳大学ビジネス・コミュニケーション
研究所助教授に就任。
2002年4月同教授、04年4月よりビジネス学部・研究科教授。
 
著書は『日本の国際化と韓国』、『アジアの国、日本』、
『世界の富の99%はハプスブルク家と英国王室が握っている』
など多数。
 
NHKクローズアップ現代』などテレビ、ラジオ出演をはじめ、
論文・雑誌寄稿、中小企業大学校ほか活発な講演活動を展開する。
 
現代の辻説法師。
 
信条は、最小の効果を挙げる為に
最大の努力を惜しまぬ人間たれ。

                                                                              • -


経歴はもちろんのこと、信条にもしびれますね。
 
真田幸光氏には、
『世界の富の99%はハプスブルク家と英国王室が握っている』
をテーマにご講演頂きます。
 
同著の在庫は一般市場はおろか出版社にもありません。
 
古本屋を探し回れば発見できるかもしれませんが、
ネットの中古市場では、
私が確認する限り2万円前後の値がついています。
 
私は運良く拝読しましたが、
金融業界の洞察を究めたその情報の質は抜群であり、
落合先生とも思想を同じくします。
 
当初は落合先生との対談企画を試みるため、
真田幸光氏へのコンタクトを図りましたが、
まずは私自身が信用を得ることが第一と考え、
単独講演会を成功させることを決意しました。
 
そのうえで、落合先生との対談企画を実現します。
 
また、講演会収録の可否は調整中ではございますが、
リアルの講演会の開催は決定しております。
 
落合先生のハプスブルク説の証左を直接手に入れたい方、
真田幸村の末裔から直接お話を聞きたい方、
 
来月の5月29日(土)13:30~16:30@東京を
カレンダーに記入お願いいたします。
 
講演会の時間は前後30分変更があるかもしれませんが、
まずは日程だけ確保お願いいたします。
 
また、5月29日(土)真田幸光氏講演会@東京につきましては、
弊社が単独で開催・運営する企画になります。
 
次に、もうひとつの講演会のご案内に移ります。
 
■6月27日(日)落合莞爾&武田邦彦対談講演会@東京
 
2月に開催した落合莞爾&篠原常一郎対談企画に続き、
インテリジェンス・サミット第二弾として、
イシキカイカク株式会社ともに共同開催いたします。
 
武田邦彦氏の個人情報につきましては、
もはやここでご紹介する必要もないでしょう。
 
また、落合先生がしばしば武田邦彦氏の思想や発言を
高く評価されていることはご存知の方も多いと思います。
 
講演テーマはズバリ、
『対米依存からの自立と日本の国是』
 
講演会の収録および後日配信につきましては、
おそらく可能かと思いますので、
決定次第ご案内いたします。
 
されど、お二人の対談をリアルで聞きたくて
たまらないという方が多いのでは。
 
まずは再来月の6月27日(日)13:30~17:00@東京を
カレンダーに記入お願いいたします。
 
こちらも時間は前後30分変更があるかもしれませんが、
まずは日程だけ確保お願いいたします。
 
そして、最後に大事なご案内がございます。
 
冒頭で申し上げたとおり、
お申込受付は準備でき次第のご案内となりますが、
 
インペリアル・アイズ会員の皆様には、
定価の半額で講演会にご参加頂けるよう手配いたします。
 
そのため、ぜひとも今のうちに、
インペリアル・アイズにご入会頂くことを、
強くおすすめいたします。
 
しかも、今月号のテーマは、
 
絶対に他言を禁ずる日米戦争の真相
~陸軍特務が遺した山本五十六の真実~
 
衝撃のコンテンツの一部を明らかにすると、、
 
【動画1】本邦初公開・吉薗周蔵『敗戦からの記』
 
・吉薗周蔵が娘・明子に遺した『敗戦からの記』、満を持して本邦初公開
松平容保の孫・薩摩千代子の筆跡が明かす佐伯祐三の真の姿
・吉薗周蔵が上原勇作を通じて出会った海軍元帥となる人物とは?
・吉薗周蔵が山本五十六と対峙した時の驚くべき評価とは?
石原莞爾の「歩」となることを志願した吉薗周蔵の思いとは?
石原莞爾が看破したアジアの裏切り者の正体
石原莞爾と同様、奴隷解放を思想の軸としていた陸軍軍人とは?
 
【動画2】『敗戦からの記』が明かす山本五十六の正体
 
山本五十六の偽装死を証明する確固たる証拠のひとつとは?
・吉薗周蔵が特高警察布施一から紹介された驚愕の人脈の数々が明らかに
明石元二郎から教えられた人脈を使った諜報活動の基本とは?
・『敗戦からの記』だけが明らかにする本当の薩摩治郎八
・吉薗周蔵が諜報の過程で知ってしまった山本五十六の正体
・落合先生が『敗戦の記』の公開をためらっていたワケとは?
・世界史におけるハプスブルクの存在の重大性を看破していた真田氏の末裔とは?
・吉薗周蔵に「山本五十六に不安がある」と漏らした海軍高級将校と海軍の「草」の正体
 
【動画3】他言を禁ずる日米戦争の真相
 
接触してきた海軍の「草」の正体を吉薗周蔵が知っていた理由とは?
・諜報活動における「裏切り」と「志願」の違いとは?
石原莞爾が海軍の情報を必要とした真の目的とは?
・諜報員として吉薗周蔵が血肉としていた石光真清の教えとは?
・「そういう意味では石原さんを信じていない」とする吉薗周蔵の真意とは?
・これが日米戦争の真相、絶対に会員以外には話さないでください
・落合先生が知る山本五十六偽装死にまつわる衝撃情報とは?
・戦争終結後に姿を消さなければならなかった人物の真意とは?
 
【動画4】2021年4月号Q&A
 
Q1「先生は鬼の正体についてどのようにお考えでしょうか?」
Q2「橘氏の女性は双子を生む確率の高い家系ではないでしょうか?先生のご所見を教えてください」
Q3「エネルギーの準資本財の置き換えを進めるために脱石油を進めているのでしょうか?」
Q4「民主主義、共産主義が倒れたのちに、國體は社会の仕組みをどのようにするつもりなのでしょうか?」
Q5「現金(日本円)を何に交換しておくことが次の時代で最も有効か先生のお考えを教えてください」
Q6「田中英道先生が高天原は関東にあったと主張しておられますが、いかが思われますか?」
Q7「三笠宮や立花大亀和尚は、日本文化そのものの抹殺と奴隷制社会の完成・維持を肯定していたと解釈すべきでしょうか?」
Q8「昭和天皇堀川辰吉郎を信頼していなかった、あるいは恐れていたとは考えられないでしょうか?」
 
インペリアル・アイズご入会はこちらから。
http://b56.hm-f.jp/cc.php?t=M34050&c=11385&d=639f
 
また、インペリアル・アイズは、
9月末日にてすべてのサービスを終了します。
 
5月ご入会の年会員の皆様には、複数回に渡り
今後に関するご案内をお届けしておりますので、
必ずご確認くださいませ。
 
それでは、また。
 
これからの時代を生き抜くために。
そして、日本の國體を護るために。
 
戦略思想研究所 中森護
 
P.S.
 
弊社業務の都合上、
次回のブログ更新は4月30日(金)となります。
 
最新の記事はこちら。
 
修験子栗原茂【其の一七】
黒い霧事件のミソギハラヘ
https://st-inst.co.jp/blog/kurihara/autobiography17/
 
【文明地政學叢書第二輯】
天皇継嗣干渉には必ず天誅が下る
https://st-inst.co.jp/blog/second/chapter3-2/
 
今後、修験子栗原茂には当たり前のことなれど、
一般にはいささか刺激が強くなるとお伺いしておりますので、
次回以降の更新を心してお待ちくださいませ。
 
≪≪≪≪最後に、お願いがあります≫≫≫≫
 
これからお届けするメールが「迷惑メール」に入ってしまうと、
 
大切な情報をご覧頂くことが出来なくなってしまいます。
 
これからお送りする動画を見逃さないためにも、
是非メールの振り分け設定をしてください。
 
現時点では「迷惑メールフォルダ」に入っていない場合でも、
最近のメーラーのセキュリティ対策が強すぎるため、
今後「迷惑メールフォルダ」に入ってしまう場合があります。
 
詳しい情報は下記に載っています。
1~2分で済む簡単な作業ですので、是非流れにそって設定
をお願いいたします。
https://www.fpo.bz/mail/
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[発行元] 株式会社戦略思想研究所
[住所] 〒108-0014東京都港区芝5丁目16-14
ノックスビル 3F・4F
[責任者] 中森護
[メール] info●imperialeyes.com
 
(●を@に変えてください)
[配信解除]
配信解除は、本メール最下部のURLより行って頂けます。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
※配信解除URL
https://b56.hm-f.jp/index.php?action=C1&a=3&f=2&g=1&c=11385&m=932&code=ddc22313b29176843ee1973f7fb001ee
 
※メールアドレス再登録はこちらから。
https://st-inst.co.jp/mailmag.html
 
  

中森護さんが語る「世界のあるべき姿。その実現のために動いた世界王室連合のトップ・堀川辰吉郎」


中森護さんが語る「世界のあるべき姿。その実現のために動いた世界王室連合のトップ・堀川辰吉郎
2021年4月22日(木) 晴れ
 
戦略思想研究所の社長・中森護さんが、「世界のあるべき姿。その実現のために動いた世界王室連合のトップ・堀川辰吉郎について語っている動画を見つけたので、以下に載せておく。
 
 封じられた歴史〜満州国建国の真相〜|中森護
www.youtube.com
 

インペリアル・アイズ無料メール 日露戦争最奥の秘事【新コンテンツ】


インペリアル・アイズ無料メール 日露戦争最奥の秘事【新コンテンツ】
2021年4月16日(金) 晴れ
 
以下、本日(4/16)に配信された無料メールを転載する。
 
なお、過去の転載分は、以下から参照できる。 【索引】インペリアル・アイズ無料メール
 
・文字の修飾(色付け、文字サイズ変更など)、用語等へのリンク付けは私の趣味である(笑)。
・私の補足説明を、緑文字で文中に挿入している場合あり。
 
〜〜〜以下、転載〜〜〜
日露戦争最奥の秘事【新コンテンツ】
 
おはようございます。
戦略思想研究所 中森です。
 
まずはじめに、
新コンテンツリリースのご案内です。
 
本日、口伝・吉薗周蔵手記第三巻
『戦時下のウィーン潜入(第一部』
をリリースしました。

 
【補足】
『口伝・吉薗周蔵手記』シリーズの企画は、会員制ではなく、毎回、視聴したい時だけ誰でも「切り売り」で購入できるので、興味ある場合だけ買って視聴すれば良い。
今回の値段は5,000円。
まあ、この時代の真実の情報は全く表に出ていない情報ばかりなので、興味津々の情報満載と思われる。AB0血液型分類法なんて、今では子供でも知ってる当たり前の常識になっているが、これを日本に持ち込んだのが誰であるかの真実を、学者など表の識者の方々は未だに絶対に認めないらしい。まさか、このシリーズの名称になっている人が持ち込んだとは口が裂けても認められないのでしょう(笑)。
明石元二郎杉山茂丸玄洋社の人だと思うが、世界國體天皇だった堀川辰吉郎(121代・孝明天皇の孫)は、杉山茂丸に預けられて福岡の地で育ったのである。
伊藤博文を射殺したのは、確か、明石元二郎だったと思う。勿論、安重根なんかではない。
まあ、まだ私も視聴していないので、どんな情報が語られているのかは知らないが。
 
 
第三巻の舞台は欧州。
日露戦争最奥の秘事がここにすべて収められています。
 
以前、口伝・吉薗周蔵手記シリーズを学び終えるころには
ひとかどの人物になれることを確信したとのお客様の声を
頂戴しましたが、
 
まさにそういった方のためのコンテンツです。
 
今回も約212分の大ボリュームで衝撃情報の数々をお届けしております。
その一部をご紹介ご紹介すると、、、
 
・國體参謀長の子を産んだギンヅル直筆の手紙を公開
・稀代の諜報員石光真清がたった一行に収めた國體の密命の実態とは?
明石元二郎が動かしたハプスブルク諜報網の実在を証明する証拠とは?
日露戦争終結させた「大きな力」の正体とは?
・國體参謀長杉山茂丸の跡継の正体と知られざる血統とは?
山県有朋を歯牙にもかけない明石工作巨額資金の真相
レーニンをはじめとしたロシアの亡命革命を運んだ「封印列車」のし掛け人にとは?
・ラントシュタイナーがスパイである周蔵を歓迎したワケとは?
第一次大戦中、敵国であったオーストリアから帰国しなかった國體奉公衆とは?
・映画『カサブランカ』の主人公のモデルとなった日本人の正体
・日本医学会がABO血液型分類法が日本に入ってきた真相を絶対に認めない理由
・日露関係を説明するために絶対に知らなければならない大陸日本人の真実とは?
・上原勇作が満洲に精通する鎌田弥助を周蔵に近づけた真の目的とは?
・周蔵のウィーン潜入成功から現在につながる企業機密漏洩の実態とは?
・後藤壽庵を水沢に呼び戻し、日本史上発太平洋を横断した日本人とは?
・絶対に正しく理解しておかなければならない後藤新平と上原勇作の関係とは?
・江戸時代の凄惨な拷問は○○○を隠すためのアリバイづくりだった??
・味方が自白を強要されることを防ぐために周蔵がつくっていたあるものとは?
・上原勇作が周蔵を築地本願寺へ派遣した真の目的とは?
・大人物は計画的につくられている?いつからどのように養成が始まっているのか??
 
今すぐ手に入れたい方はこちらから。
https://www.st-inst.co.jp/yoshizono/vol3_first/
 
口伝・吉薗周蔵手記シリーズのご案内はこちら。
http://b56.hm-f.jp/cc.php?t=M33823&c=11385&d=639f
 
また、本日、公式ブログを更新いたしました。
新たにアップした記事は下記の二つ。
 
修験子栗原茂【其の一七】
黒い霧事件のミソギハラヘ
https://st-inst.co.jp/blog/kurihara/autobiography17/
 
1960年代の東京都議会を巡る汚職事件の真相を通して、
政界の深層構造を知ることになります。
 
また、個人的な所感ではありますが、
 
1972年のミュンヘンオリンピックでは、その開催中、
パレスチナの黒い九月からイスラエル選手が11名殺害されても、
IOCからオリンピックの続行が指示されたことを思えば、
 
修験子栗原茂が伝えんとする政界または国際政治の深層構造には、
今も変わらず、想像を絶する利権構造があると思料します。
 
本日更新のもうひとつの記事はこちら。
 
【文明地政學叢書第二輯】
天皇継嗣干渉には必ず天誅が下る
https://st-inst.co.jp/blog/second/chapter3-2/
 
修験子栗原茂は本記事内でこのように述べています。
 

                                                                              • -

平安京南北朝の政体に下った天誅
江戸幕政にも通じる話であり、
 
現代の議会制における政体を見透かすうえでも、
重大な意味を潜ませている。

                                                                              • -


落合先生から学ぶあなたには釈迦に説法ではございますが、
 
天皇継嗣干渉のみならずゴシップ記事の娯楽に興じていては、
天誅が下ることになることは必然であると思慮することから、
いかなる天誅が下るのかが洞察の対象となります。
 
修験子栗原茂の記事は、
ただ読むだけでは現象の羅列に終始しているように見えますが、
 
意図的な羅列の中に真相を洞察する面白さが醍醐味であり、
何が書かれていたかではなく、何を書かなかったのかに対して、
あなたの洞察が加わって初めて、美しい文章に昇華されます。
 
資料調査の要諦として、落合先生が常々仰っていることですね。
 
だからといって、私が昇華できるわけではありませんが、
きっと、あなたならできるものと確信しております。
 
その心で、ともに学び続けましょう。
 
読者同士で洞察を共有したい場合は、
ぜひブログ内のコメント機能をご利用くださいませ。
 
また、弊社業務の都合上、
次回のブログ更新は4月30日(金)となります。
 
それでは、また。
 
これからの時代を生き抜くために。
そして、日本の國體を護るために。
 
戦略思想研究所 中森護
 
P.S.
 
インペリアル・アイズは、
9月末日にてすべてのサービスを終了します。
 
5月ご入会の年会員の皆様には、4月9日にも、
今後に関するご案内をお届けしておりますので、
必ずご確認くださいませ。
 
今月号のインペリアル・アイズのテーマは、
 
絶対に他言を禁ずる日米戦争の真相
~陸軍特務が遺した山本五十六の真実~
 
視聴殺到しています。
 
新規ご入会はこちらから。
http://b56.hm-f.jp/cc.php?t=M33824&c=11385&d=639f
 
≪≪≪≪最後に、お願いがあります≫≫≫≫
 
これからお届けするメールが「迷惑メール」に入ってしまうと、
 
大切な情報をご覧頂くことが出来なくなってしまいます。
 
これからお送りする動画を見逃さないためにも、
是非メールの振り分け設定をしてください。
 
現時点では「迷惑メールフォルダ」に入っていない場合でも、
最近のメーラーのセキュリティ対策が強すぎるため、
今後「迷惑メールフォルダ」に入ってしまう場合があります。
 
詳しい情報は下記に載っています。
1~2分で済む簡単な作業ですので、是非流れにそって設定
をお願いいたします。
https://www.fpo.bz/mail/
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[発行元] 株式会社戦略思想研究所
[住所] 〒108-0014東京都港区芝5丁目16-14
ノックスビル 3F・4F
[責任者] 中森護
[メール] info●imperialeyes.com
 
(●を@に変えてください)
[配信解除]
配信解除は、本メール最下部のURLより行って頂けます。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
※配信解除URL
https://b56.hm-f.jp/index.php?action=C1&a=3&f=2&g=1&c=11385&m=926&code=ddc22313b29176843ee1973f7fb001ee
 
※メールアドレス再登録はこちらから。
https://st-inst.co.jp/mailmag.html