黒板五郎のウバイド國體ワンワールド

落合史観に関する話題を取り扱うブログ

黒板五郎のウバイド國體ワンワールド トップ

更新日:2021年10月15日
f:id:masuraoo:20200228103637j:plain
~お知らせ~(最新順。1ヶ月経過したものは、順次消していく予定)

2021年5月29日 新規ブログ「黒板五郎の掲示板」をオープン。

《本ブログ内リンク》(一覧表、索引、まとめ記事などへのジャンプ)

区分 内容
索引 【索引】洞察帝王学講座・改【無料版】一覧表
索引 【索引】インペリアル・アイズ無料メール一覧表
索引 【索引】「國體ワンワールド史観」関連の動画集
索引 【索引】キーワード索引★新規更新凍結
索引 【索引】独自作成物一覧(頭の整理用)
《参考文献》國體ワンワールド史観
《関連サイト》國體ワンワールド史観
天皇の系図
國體ワンワールド関係者一覧
落合莞爾さんの書籍の内容(目次)一覧
【まとめ表】落合史観関連マテリアルからのピックアップ情報


《ブログ更新情報》 (最新更新順)

ブログ名 更新情報
黒板五郎の徒然草 更新情報はコチラ
黒板五郎の掲示 更新情報はコチラ

 

黒板五郎のウバイド國體ワンワールド

 
更新日
区分
記事時期
記事名 内容
New 2021/10/15 新規 2021/10/15 洞察帝王学講座・改【無料版】 帝王学と専守防衛 無料メール
  2021/10/13 新規 2021/10/13 洞察帝王学講座・改【無料版】 ◯◯元首相の死を見届けた人物 無料メール
  2021/10/10 新規 2021/10/10 洞察帝王学講座・改【無料版】 決断【今月末まで・無料】 無料メール
  2021/10/9 新規 2021/10/9 洞察帝王学講座・改【無料版】 【衝撃】伝説の動画をプレゼント 無料メール
  2021/10/7 新規 2021/10/7 洞察帝王学講座・改【無料版】 堀川辰吉郎と満洲 無料メール
  2021/10/5 新規 2021/10/5 洞察帝王学講座・改【無料版】 張作霖爆殺の見返り【申込殺到】 無料メール
  2021/10/4 新規 2021/10/4 洞察帝王学講座・改【無料版】 あなたと私の原点 無料メール
  2021/10/4 新規 2021/10/4 洞察帝王学講座・改【無料版】 明日、始動 無料メール・新企画案内
  2021/9/22 新規 2021/9/22 インペリアル・アイズ無料メール 二周年のご挨拶と重大発表 無料メール・新企画案内
  2021/9/9 新規 2021/9/9 インペリアル・アイズ無料メール 企画全貌を明かします【ブログ更新】 無料メール・新企画案内
  2021/9/7 新規 2021/9/7 國體物語(2) 氷河期後の地球人類をリードする「ウバイド」の起源 國體物語
  2021/9/2 新規 2021/9/2 インペリアル・アイズ無料メール 本題に入る【ブログ更新】 無料メール
  2021/8/30 更新 2021/8/30 國體物語(1) 世界國體天皇 堀川辰吉郎(その一)  ※8月30日更新版 國體物語
  2021/8/30 新規 2021/8/30 インペリアル・アイズ無料メール 最後です【明日締切】 無料メール
  2021/8/30 更新 2021/8/30 【索引】「國體ワンワールド史観」関連の動画集 動画集


《参考サイト》 (最新登録順) 

 
登録・更新日
サイト名(ハイパーリンク付)
New 2020/12/4 戦略思想研究所

洞察帝王学講座・改【無料版】 帝王学と専守防衛


洞察帝王学講座・改【無料版】 帝王学専守防衛
2021年10月15日(金) 晴れ
 
以下、本日(10/15)配信された無料メールを転載する。
 
なお、過去の転載分は、以下から参照できる。 【索引】洞察帝王学講座・改【無料版】一覧表
 
・文字の修飾(色付け、文字サイズ変更など)、用語等へのリンク付けは私の趣味である(笑)。
・私の補足説明を、緑文字で文中に挿入している場合あり。
 
【コメント】
戦後生まれの私は、民主主義を当然とした学校教育を受けて来たので、「自由」、「民権(人権)」が理屈抜きに当たり前だと思うし、今でもそれは変わらない。
 
しかしながら、昨今のニュース、若者の行き過ぎた(と私が感じる)行動を見るにつけ、「本当にそうだろうか?」と感じる時もある。「節度」と言うモノも必要ではないかとも思う。
 
先日、落合莞爾先生の話を聞いていて、何でもかんでも「民主主義」、「多数決」でモノゴトを決める事が本当に良いことかどうかは疑問だと同感してしまった。
まさに、エントロピー(無秩序)の増大となり、「民主主義」「多数決」が不幸な結果を生む事もあり得ると言う事である。
 
下の無料メールに書かれているとおり、「雲の中での決定」こそが、世の中に秩序と安寧を生み出すというケースも有ると私は思う。勿論、誰のための「秩序」、誰のための「安寧」かと言う事の判断もまた難しいのは事実だが。
 
 
〜〜〜以下、転載〜〜〜
帝王学専守防衛
 
こんにちは。
戦略思想研究所 中森です。
 
以前、メルマガでご紹介した
『船木城古事記』の文中に、
 
これぞ洞察帝王学であり、
専守防衛の真骨頂であろうと嘆ずべき
内容に出会いましたので、
抜粋して共有したいと思います。
 
『船木城古事記』は、
古代から足利の時代は通説に倣っていますが、
戦国時代にまつわる口伝は落合史観の信憑性を
担保する貴重な史料となっております。
 
それでは、早速お読みくださいませ。
 

                                                              • -

攻撃を受けぬため、
または守るために効果の大きいものに
手の内を見せないということがあります。
 
城中に敵の使者や他人の兵を入れなく
城内がどのようになっているか見せず
城中の組織なども分からせないようにし
 
交渉の窓口は一つだけにして何事も雲の中で決め
結果だけを知らせる
というような法
 
つまり皇室のような活き方をするのが
長く生きる法です。
鎖国制度も同じようで幕府を長続きさせた)
 
また守りには 人は城 人は垣と言われるように
人間関係における信頼が一番で組織が絶対に崩れず
 
自分(みずから)が犠牲になっても
その犠牲が報いられるという信頼の安堵が必要で
 
敵に組織を判られ 
諸将の意見内容や行動の特徴などを知られると相手は
 
諸将の意見の不一致不統一を利用し
不一致を増大させ撹乱し 互いに反目させ猜疑心が
起きるようにしてきます。
 
(中略)
 
争いは 巨大な者が小なる者
または正でない者を後援することによって起き
 
かりに小なる者に勝っても
次々と小なる者を送り込まれるか
 
巨大なる者が小なる者を討たれたという
大義のもとに出てきて潰されるかで
結果は巨大な者に漁夫の利を得られてしまうので
 
争いの根本(巨大な者)を見つけ
巨大な者に負けない見込がなければ
小なる者にも負けておくのが得策

                                                              • -

いかがでしょうか、、、まさしく、
物事の真相を隠すのが帝王学です。
 
そして、雲の中の決定事項を洞察する講座が、
「洞察帝王学講座・改 2681」です。
https://st-inst.jp/l/m/Et2grHn01e3NjM
 
いわゆるエリートたちが標榜する民主主義は、
世の中に混沌を生み出し

 
彼らが嫌う「雲の中での決定」こそが、
世の中に秩序と安寧を生み出す
のです。
 
もちろん、民主主義即ち混沌ではありません。
 
共同体や属種など様々なカテゴリーごとに、
万機公論に決すことは秩序と安寧につながる
場合もあると考えますが、
 
万機公論のためには、
お互いの情報公開が不可欠であり、
 
一度情報公開すれば、
 
諸将の意見の不一致不統一を利用し
不一致を増大させ撹乱し 
互いに反目させ猜疑心を起こさせる要因を
必ず含みますので、
最終的には混沌を生み出します
 
況や人類社会全体をや、です。
 
落合先生が常々おっしゃっている
エントロピーの増大です。
 
内訌を繰り替えす族種に属する人物ほど、
高い能力を発揮する傾向にあり、
政体や企業の中枢に潜入します。
 
したがって、
 
「山中の賊を破るは易く、心中の賊を破るは難し」
 
一部あらため、
 
「山中の賊を破るは易く、臣中の賊を破るは難し」
 
ですから、
 
雲の中から人類社会のエントロピー増大傾向を観察しつつ
社会構造のリフレッシュを雲の中で決定するのでしょう。
 
即ち大勢の転向今がその時です。
 
弊社もそれに倣い、
インペリアル・アイズから洞察帝王学講座・改への
「城うつり」を進めているところです。
 
「城うつり」はこちらから。
https://st-inst.jp/l/m/Et2grHn01e3NjM
 
「城うつり」特典はこちらの3つ。
 
[申込特典その1]
洞察帝王学講座第一回コンテンツ(約8000字テキスト)
[申込特典その2]
落合莞爾塾「第一期」第一回講義収録映像(84分)
[申込特典その3]
落合先生最新刊『皇室最大の秘密(仮題)』(非売品・期間限定)
 
また、『船木城古事記』抜粋部分からは、
専守防衛の真髄を垣間見ることができます。
 
弊社公式ブログ
 
修験子栗原茂【其の三十七】
池田氏と菊池氏
https://st-inst.jp/l/m/5sJ5pTxBDPATvG
 
にはこのようにあります。
 

                            • -

八井耳は矢を放てなかったのではなく、
皇位弟に譲る事で皇位争奪の根を絶ちたかった。
 
それが専守防衛の神髄であり、
売られた喧嘩を大局となじませ買い取るのが神通力であり、
買い取らないと他に乱れ散る火ダネが喧嘩の行方だから、
その根を絶つのが専守防衛の真骨頂なのである。

                                                              • -

つまり、皇位争奪の根を
争いの根本(巨大な者)ことと比すれば、
 
皇位を弟に譲ることが、
小なる者にも負けておくことと比する
ことができます。
 
「競わず争わず=負けるが勝ち」
崇高な精神を垣間見ることができるのです。
 
「洞察帝王学講座・改 2681」とは、
帝王学専守防衛の真髄を学ぶことができる
唯一無二の講座であると自負しています。
 
2021年10月号の内容を改めてご紹介しますので、
ぜひ今すぐお申込くださいませ。
 
■ひとりがたり洞察帝王学
 
【前半】
 
・昭和4年、17年ぶりにフランスから日本へ帰国した藤田嗣治の隠れた動機
ハプスブルクと共通する日本の裏天皇の真の動き
・これからの日本の対中政策に深く関与する衝撃文書の内容とは?
・権力が必ず腐敗するワケとは?
トルキスタンまで征服した清国が日本に侵略しなかった本当の理由
・愛新覚羅家の本拠を称する一族の正体
・実際に実行された落合先生の拉致問題解決案とは?
・豊臣政権誕生の真相と朝鮮征伐の知られざる背景
 
【後半】
 
・落合先生が「台湾は最初から独立している」と発言する真意とは?
・満蒙独立運動という概念自体がそもそもの間違い?一体どういうことなのか??
中華民国張作霖を傭兵として雇ったワケとは?
満洲帝国の國體天皇の正体
秩父宮高松宮の海外留学資金と満洲国秘宝の知られざる秘密
・落合先生が後藤新平と上原勇作を兄弟と見るワケとは?
・消えたシベリア抑留日本兵20万人の行方
・愛新覚羅家秘宝の行方と満州帝国再建計画
 
■最新洞察インタビュー『張作霖爆殺の見返り』
 
【動画1】青山会談の背景
 
辛亥革命後の満洲の実態と漢民族の国家観の真相
・「ひとつの中国」という概念の正しい理解とは?
・大清帝国を築いた満洲族が故郷に還らなかったワケとは?
中華思想の根本をなす植民政策の実態とは?
・東三省で封禁政策がとられた真の目的
・武士と馬賊の知られざる共通点とは?
・満蒙独立運動の違和感と川島芳子誕生の背景
・落合先生が「地球は中国人のもの」と発言する真意とは?
 
【動画2】青山会談の取引
 
蒋介石有馬温泉で◯◯◯と密会した目的
・日本留学依頼、蒋介石を護衛し続けた張群の正体
・落合先生が『新潮45』に寄稿した経緯とは?
・青山会談で交わされた驚愕の取引の実態とは?
・吉薗周蔵手記に明確に遺された張作霖爆殺の真相
満洲当地方針の変更を行った人物の正体
・青山会談から東方会議の嘘を見透すことができます
満洲事変実行に必要な資金を支払った特殊な銀行とは?
 
【動画3】ハプスブルク満洲保全の真相
 
田中義一暗殺目的と実行者の正体
・◯◯元首相の死を見届けた國體奉公衆の実名を暴露
ハプスブルクの方針変更と孫文の裏切り、張作霖の変心
・中国統治が蒋介石から毛沢東に切り替えられたワケとは?
・「文化の根本に賄賂がある」と発言する落合先生の真意とは?
・戦後、台湾の国民党を監視していた人物と黄金管理人の正体 
昭和天皇が見届けた國體の重要機密とは?
 
【動画4】Q&A
 
Q1「種子島の位置と役割について先生のご所見をお願いします」
Q2「国際金融連合の動きに対し国體はどう迎え撃つのでしょうか?」
Q3「今後、武田邦彦先生と共同研究などの予定はおありでしょうか?」
Q4「大政翼賛会は日本の一神教勢力でしょうか?」
Q5「日本のメディアが令和になって浄化されるのか。先生のご所見をお聞かせください」
Q6「これから日本が目指す鎖国、ウバイド精神波動文明を後世に残すことが目的であると理解して宜しいでしょうか?」
Q7「HAARPによる地震によって金鉱脈が密かに形成されている可能性は考えられないでしょうか?」
Q8「國體が塩野義製薬にワクチンをつくらせているのでしょうか?」
 
落合先生最新刊『皇室最大の秘密(仮題)』(非売品)
を手に入れたい方は、
 
必ず【10月31日】までにお申込ください。
https://st-inst.jp/l/m/Et2grHn01e3NjM
 
これから出張(準備含む)に入りますので、
次回のメルマガは10月25日の週になります。
 
お申込を後回しにして落合先生最新刊を手にできない
ことがないようお気をつけくださいませ。
 
それでは、また。
 
戦略思想研究所 中森護
 
P.S.
 
改めてのアナウンスになります。
 
年内に落合先生最新刊発行の予定ですが、
紀州文化振興会取り扱い分を除き、
原則として非売品とさせて頂きます。
 
つきましては、弊社がAmazonで販売する
落合吉薗秘史シリーズ既刊につきましても、
年内に販売終了とさせて頂きます。
 
近々、原価販売キャンペーンを開催いたしますので、
落合吉薗秘史シリーズ既刊で未入手のものがあれば、
ぜひこの機会にAmazonからお求めくださいませ。
 
≪≪≪≪最後に、お願いがあります≫≫≫≫
 
これからお届けするメールが「迷惑メール」に入ってしまうと、
 
大切な情報をご覧頂くことが出来なくなってしまいます。
 
これからお送りする動画を見逃さないためにも、
是非メールの振り分け設定をしてください。
 
現時点では「迷惑メールフォルダ」に入っていない場合でも、
最近のメーラーのセキュリティ対策が強すぎるため、
今後「迷惑メールフォルダ」に入ってしまう場合があります。
 
詳しい情報は下記に載っています。
1~2分で済む簡単な作業ですので、是非流れにそって設定
をお願いいたします。
https://st-inst.jp/l/m/yAorrOPKcBOpul
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[発行元] 株式会社戦略思想研究所
[住所] 〒108-0014東京都港区芝5丁目16-14
ノックスビル 3F・4F
[責任者] 中森護
[メール] info●st-inst.jp
 
(●を@に変えてください)
[配信解除]
配信解除は、本メール最下部のURLより行って頂けます。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
※配信解除URL
https://st-inst.jp/l/m/gfPDMJeLAqSFIV
 
※メールアドレス再登録はこちらから。
https://st-inst.jp/l/m/4kO5KwxWizD7Fd
 
 

洞察帝王学講座・改【無料版】 ◯◯元首相の死を見届けた人物


洞察帝王学講座・改【無料版】 ◯◯元首相の死を見届けた人物
2021年10月13日(水) 雨
 
以下、本日(10/13)配信された無料メールを転載する。
 
なお、過去の転載分は、以下から参照できる。 【索引】洞察帝王学講座・改【無料版】一覧表
 
・文字の修飾(色付け、文字サイズ変更など)、用語等へのリンク付けは私の趣味である(笑)。
・私の補足説明を、緑文字で文中に挿入している場合あり。
 
【コメント】 
下の無料メールの中で、一つだけ、サラリと書かれているが、見落としそうな重要なメッセージが提示されている。
購入を予定している方は、年内に購入しておかないと、二度と買えない書籍である。(中古本は別として)
 
そのメッセージとは、
 
amazonが販売している既刊の落合吉薗秘史シリーズは、本年内で販売終了と言う事である。
 
それ以前の落合莞爾先生の書籍も、多分、成甲書房が既に手を引いて販売終了していると思うので、購入できないと思われる。
 
つまり、落合莞爾先生が執筆された全ての書籍は、来年以降は、中古本を探して買う以外には、買えなくなると言う事である。
 
参考までに、落合莞爾先生が執筆された書籍の一覧は以下のとおり。
 
 落合莞爾さんの書籍の内容(目次)一覧
 
 
〜〜〜以下、転載〜〜〜
◯◯元首相の死を見届けた人物
 
こんにちは。
戦略思想研究所 中森です。
 
先日発表した無料プレゼントには、
心からの称賛の声を多数頂き、
こちらの企画にも続々とお申込頂いております。
https://st-inst.jp/l/m/eYt6YJ0EpLQxOa
 
現在、無料プレゼントさせている申込特典は、
こちらの3つ。
 
[申込特典その1]
洞察帝王学講座第一回コンテンツ(約8000字テキスト)
[申込特典その2]
落合莞爾塾「第一期」第一回講義収録映像(84分)
[申込特典その3]
落合先生最新刊『皇室最大の秘密(仮題)』(非売品・期間限定)
 
どれもが本企画でしか手に入れることのできない
内容であるばかりか、ここまで実名が暴露される
危険なコンテンツは他に絶対にありません。
 
特典レベルでそうなのですから、
況や本編をや、です。
 
例えば、
「洞察帝王学講座・改 2681」メインコンテンツ
最新洞察インタビューの中で、
落合先生も初めて口にする人物の名が暴露されています。
 
それも、◯◯元首相の死を見届けた國體奉公衆の実名。
このメルマガをお読みのあなたでしたら、
その人物の個人情報の一部を絶対に知っているはずです。
 
その答えはインタビューをご視聴頂くほかございませんが、
ここではその概要だけご紹介しましょう。
 
最新洞察インタビュー『張作霖爆殺の見返り』
 
【動画1】青山会談の背景
 
辛亥革命後の満洲の実態と漢民族の国家観の真相
・「ひとつの中国」という概念の正しい理解とは?
・大清帝国を築いた満洲族が故郷に還らなかったワケとは?
中華思想の根本をなす植民政策の実態とは?
・東三省で封禁政策がとられた真の目的
・武士と馬賊の知られざる共通点とは?
・満蒙独立運動の違和感と川島芳子誕生の背景
・落合先生が「地球は中国人のもの」と発言する真意とは?
 
【動画2】青山会談の取引
 
蒋介石有馬温泉で◯◯◯と密会した目的
・日本留学依頼、蒋介石を護衛し続けた張群の正体
・落合先生が『新潮45』に寄稿した経緯とは?
・青山会談で交わされた驚愕の取引の実態とは?
・吉薗周蔵手記に明確に遺された張作霖爆殺の真相
満洲当地方針の変更を行った人物の正体
・青山会談から東方会議の嘘を見透すことができます
満洲事変実行に必要な資金を支払った特殊な銀行とは?
 
【動画3】ハプスブルク満洲保全の真相
 
田中義一暗殺目的と実行者の正体
・◯◯元首相の死を見届けた國體奉公衆の実名を暴露
ハプスブルクの方針変更と孫文の裏切り、張作霖の変心
・中国統治が蒋介石から毛沢東に切り替えられたワケとは?
・「文化の根本に賄賂がある」と発言する落合先生の真意とは?
・戦後、台湾の国民党を監視していた人物と黄金管理人の正体 
昭和天皇が見届けた國體の重要機密とは?
 
【動画4】Q&A
 
Q1「種子島の位置と役割について先生のご所見をお願いします」
Q2「国際金融連合の動きに対し国體はどう迎え撃つのでしょうか?」
Q3「今後、武田邦彦先生と共同研究などの予定はおありでしょうか?」
Q4「大政翼賛会は日本の一神教勢力でしょうか?」
Q5「日本のメディアが令和になって浄化されるのか。先生のご所見をお聞かせください」
Q6「これから日本が目指す鎖国、ウバイド精神波動文明を後世に残すことが目的であると理解して宜しいでしょうか?」
Q7「HAARPによる地震によって金鉱脈が密かに形成されている可能性は考えられないでしょうか?」
Q8「國體が塩野義製薬にワクチンをつくらせているのでしょうか?」
 
辛亥革命110周年記念大会が開催されたこの時期に、
絶対に視聴すべきインタビューとなっています。
 
ぜひ今すぐお申込くださいませ。
https://st-inst.jp/l/m/eYt6YJ0EpLQxOa
 
落合先生最新刊『皇室最大の秘密(仮題)』(非売品)
無料プレゼントの対象は【10月31日まで】です。
 
また、本日弊社公式ブログを更新しました。
最新記事はこちら。
 
修験子栗原茂【其の三十七】
池田氏と菊池氏
https://st-inst.jp/l/m/oCnXnYsgR630Kn
 
【文明地政學叢書第三輯】第一ニ章 
堀川辰吉郎の求心力
https://st-inst.jp/l/m/HO83ulVa0NZelh
 
次回は10月29日を目安に更新いたします。
 
修験子栗原茂から教わるところで、
私が最も大きな影響を受けたるは、
 
「結合法」と「結合後の分解と復元」
 
です。
 
今回の最新記事にあるとおり、大変畏れ多くも、
 
弊社2周年と「洞察帝王学講座・改 2681」
創出に際し修験子栗原茂から心からの祝賀を頂戴し、
さるところも大層の慶びと伝えられました。
 
依然として無知蒙昧なこの身ではありますが、
皇紀2682年には不惑を迎えます。
 
もはや未熟たることに甘えることもできず、
迷いなく純真をもって邁進するのみです。
 
「洞察帝王学講座・改 2681」は、
真心と純真をもって落合先生から学ぶ者だけが集う、
唯一無二のコミュニティです。
 
このメルマガをお読みのあなたでしたら、
きっと落合先生とともにあることに迷いものと、
確信しております。
 
あなたとともに、落合先生の洞察史観を
「真正(神聖)なる帝王学」へと磨きあげ、
天地の真正の姿を目の当たりできますことを、
心より楽しみにしております。
https://st-inst.jp/l/m/eYt6YJ0EpLQxOa
 
それでは、また。
 
戦略思想研究所 中森護
 
P.S.
 
年内に落合先生最新刊発行の予定ですが、
紀州文化振興会取り扱い分を除き、
原則として非売品とさせて頂きます。
 
つきましては、弊社がAmazonで販売する
落合吉薗秘史シリーズ既刊につきましても、
年内に販売終了とさせて頂きます。

 
近々、原価販売キャンペーンを開催いたしますので、
落合吉薗秘史シリーズ既刊で未入手のものがあれば、
ぜひこの機会にAmazonからお求めくださいませ。
 
≪≪≪≪最後に、お願いがあります≫≫≫≫
 
これからお届けするメールが「迷惑メール」に入ってしまうと、
 
大切な情報をご覧頂くことが出来なくなってしまいます。
 
これからお送りする動画を見逃さないためにも、
是非メールの振り分け設定をしてください。
 
現時点では「迷惑メールフォルダ」に入っていない場合でも、
最近のメーラーのセキュリティ対策が強すぎるため、
今後「迷惑メールフォルダ」に入ってしまう場合があります。
 
詳しい情報は下記に載っています。
1~2分で済む簡単な作業ですので、是非流れにそって設定
をお願いいたします。
https://st-inst.jp/l/m/9GFU0GEWPEOeJf
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[発行元] 株式会社戦略思想研究所
[住所] 〒108-0014東京都港区芝5丁目16-14
ノックスビル 3F・4F
[責任者] 中森護
[メール] info●st-inst.jp
 
(●を@に変えてください)
[配信解除]
配信解除は、本メール最下部のURLより行って頂けます。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
※配信解除URL
https://st-inst.jp/l/m/SSBSJibSB3dWhR
 
※メールアドレス再登録はこちらから。
https://st-inst.jp/l/m/Y6qC3GqgAFg3HE
 
 

洞察帝王学講座・改【無料版】 決断【今月末まで・無料】


洞察帝王学講座・改【無料版】 決断【今月末まで・無料】
2021年10月10日(日) 晴れ
 
以下、本日(10/10)配信された無料メールを転載する。
 
落合莞爾先生が執筆される最後の書籍(執筆完了。『皇室最大の秘密(仮題)』)は、「洞察帝王学講座・改 2681」会員にしか提供しないそうである。
 
しかも、以下の無料メールに記されているこの書籍の目次を見ると、同じく、「洞察帝王学講座・改 2681」会員にしか提供しない事(入手者が把握できる範囲にしか渡せない事)が頷ける程の、超機密情報満載の様である。
 
と言う事で、歴史に興味ある方、真実の歴史を知りたい方は、年会費(一括6万円、または月払い6千円×12ヶ月=72,000円)を支払って「洞察帝王学講座・改 2681」の会員になる覚悟が必要である。
この書籍自体は、送料、書籍代ともに、中森護さんの会社「戦略思想研究所」が負担して、会員に無料配布されるそうである。
 
なお、過去の転載分は、以下から参照できる。 【索引】洞察帝王学講座・改【無料版】一覧表
 
・文字の修飾(色付け、文字サイズ変更など)、用語等へのリンク付けは私の趣味である(笑)。
・私の補足説明を、緑文字で文中に挿入している場合あり。
 
〜〜〜以下、転載〜〜〜
決断【今月末まで・無料】
 
こんにちは。
戦略思想研究所 中森です。
 
この度、落合先生とご相談のうえ、
極めて重要な決断をしましたので、
発表いたします。
 
まずは結論から。
 
落合先生は、落合・吉薗秘史[12]
石原莞爾の理念と甘粕正彦の策謀の狭間』
を最後に筆を置く意思をお示しでしたが、
 
洞察帝王学の研究ノートの執筆終了の意であり、
これからが「総括」とのこと。
 
年内に最新刊発行の段取りで進めています。
 
落合先生最新刊のタイトルは仮題ですが、
『皇室最大の秘密(仮題)』
 
実はこちらの待望の落合先生最新刊、
「洞察帝王学講座・改 2681」参加者に限り、
ご提供いたします。

 
しかも参加特典として【無料】で送付します。
 
後日、参加者の皆様に、
送付先記入フォームをご案内いたしますので、
今しばらくお待ちくださいませ。
 
もちろん、弊社とつながっていない読者のために、
紀州文化振興会からも有料で購入できるよう手配
いたしますが、数十冊に限定させて頂きます。
 
このような決断に至った理由は他でもありません。
 
不特定多数の方々にご提供するには、
あまりにも危険な内容だからです。
 
皇室最大の秘密をここまで具体的に露わにし、
関わる人物の実名を公開することを許された
書籍
を発行することは誠に畏れ多く、
読者はどうしても限定されなければなりません。
 
真心と純真をもって落合先生から学びたいという
人物でなければ、ご提供できない書籍なのです。
 
一方、書籍に値段をつけるのも畏れ多く
真心と純真をもって落合先生から学ぶ方に限り、
【無料】でご提供することを決断いたしました。
 
つまり、
「洞察帝王学講座・改 2681」参加者に限り、
 
年内発行予定の落合先生最新刊、
『皇室最大の秘密(仮題)』を
参加特典としてご提供いたします。
 
発行費用と発送費用はすべて弊社で負担しますので、
「洞察帝王学講座・改 2681」参加者の皆様は、
後日ご案内する送付先記入フォームに必要事項を記入
するだけで、準備でき次第お届けいたします。
 
ただし、弊社には書籍を数千冊印刷し、
保管し続ける体力はございませんので、
発行数も限定させて頂きます。
 
したがいまして、【10/31(日)】時点の
「洞察帝王学講座・改 2681」申込数分だけ、
印刷する
ことにいたします。
 
繰り返しますが、弊社とつながっていない読者のために
紀州文化振興会からもご提供できるよう手配しますが、
別途有料、数十冊限定となりますことをご了承ください。
 
最後に、『皇室最大の秘密(仮題)』の目次
ご案内いたします。
 
どうぞご確認くださいませ。
 

                                                              • -

はじめに
 
 特記1 吉園周蔵
 特記2 上原勇作
 特記3 京都皇統と國體天皇
 特記4 ワンワールド國體の東極と西極
 
第一章 新文書の出現
 
一・新発見文書
二・新発見文書の内容(1)
三・新発見文書の内容(2)
四・藤田嗣治のスケッチ
五・新発見文書の経緯と背景
六・張作霖略奪は八百長
七・松下トヨノと下瀬未亡人
八・立花大亀和尚と国際金融連合
 
第二章 紀州家蔵東洋古陶磁
 
一・紀州家秘蔵の東洋陶磁
二・オトンを称する貴婦人
三・覆面顧問団の時代鑑定
四・朝鮮文物を復興して大韓皇帝御物とする
五・紀州徳川家李朝陶磁
六・「吉薗周蔵手記」との遭遇
   
第三章  静山尼のご正体
 
一・静山文絲尼
二・三笠宮崇仁双子説 
三・河原説の崩壊 
四・静山尼の戸籍
五・「政興五歳」はカクシゴ
六・高松宮のご生母 
七・高松宮の御妹やす子
八・文秀女王の日記に見えた真相
九・志ウの実家山下家
十・やす子が絲子となった日
 
第四章 なぜ山村御所に
 
一・山村御所の寺格 
二・明治維新で危機に瀕した山村御所
三・山村御所の開山縁起 
四・公武合体江戸幕府の目的
五・公武合体を談合した霊元上皇と吉宗
 
第五章 大室天皇と京都皇統
 
一・明治維新天皇交代
二・睦仁弑逆説を否定する伊藤博文の孫
三・堀川御所は水戸斉昭が造った
四・天狗のように舞い降りたトヨノ
五・壽萬宮の偽装薨去(1) 
六・壽萬宮の偽装薨去(2) 
七・壽萬宮の偽装薨去(3) 
八・孝偽装崩御は一尹と三卿の共同謀議
九・孝明弑逆説が示唆する真相
 
第六章 國體参謀と奉公衆
 
一・本願寺忍者斉藤敏一郎と京大教授矢野暢
二・高松宮御付舎人と加勢衆 
三・豊子御用係に任じた新屋隆夫
四・松下豊子守護職 荒木貞夫
 特記5 荒木貞夫ハプスブルク大公の縁類
五・奥様公認の女
六・奉天宝物を紀州家へ入れた貴志彌次郎
七・大東社黄金の搬送
八・國體伝授と洞察史観
 
第七章 皇室誹謗論の源泉
 
一・崇仁親王の出現はロシア対策
二・國體大公になるための偽装死
三・國體ファンドの管理権
 
第八章 國體大東社員藤田嗣治
 
一・大東社が上原勇作に黄金を支給
二・藤田嗣治の渡仏目的は大東社加入
三・藤田のアタマは駐白大使安達峰一郎?
四・ベルギールートが藤田を支援?
五・藤田に関する『周蔵手記』の記載
 特記6 貴志彌次郎
六・藤田の國體国事活動
七・國體の新方針を探るため帰朝
八・薩摩治郎八を手玉にとる藤田
九・治郎八の行動を危ぶむ周蔵
十・國體の新方針がつかめず虚しく帰仏
十一・藤田が遺した年記の謎
 
第九章 國體方針変更の背景
 
一・田中義一の横死と宇垣の変心
二・満洲政策はワンワールド國體が定めた
三・満蒙独立運動の背景
四・上原元帥の張作霖支援策の背景
五・中華思想民族主義の矛盾
六・袁世凱暗殺は大東社が図った
七・満洲保全は日満共通の国是
八・中野正剛の妾が張作霖爆殺を予告
九・張作霖爆殺の意味
 
第十章 三島由紀夫豊饒の海
 
一・『豊饒の海』第一部『春の雪』
二・『春の雪』の粗筋 
三・落合莞爾の京都行
四・大雲院殿は織田信忠の戒名
五・四天王寺の本質は四箇院
六・岩倉山実相院の縁起
  
第十一章 ワンワールド國體の秘史
 
一・國體の特区羅津
 特記7 羅津はワンワールド國體の天領
二・崇神王朝と応仁王朝
三・八幡信仰と騎馬人来襲説
四・國體秘事伝授の始め
五・羅津で練成されたヒノモト 
六・欠史八代と羅津
七・愛新覚羅金氏と白頭山金氏
八・任那四県を百済に割譲
九・高句麗百済の族種考
 
第十二章 ワンワールド國體と二元思想
 
一・ワンワールド國體は「世界國體組合」
二・ワンワールド國體は二元思想に立つ
三・八角形は何を意味するか
四・八角形が道教のシンボルとは?
五・六郷満山も英彦山も彌勒信仰
六・僧名に多い「慈」とは彌勒のこと
七・「大乗仏教」とは「大衆座仏教」 
八・龍樹は釈迦を否定したのか?
九・仏教とマニ思想の接点
十・唯識論を無著に授けた彌勒とは?
十一・二元思想の流れ
十二・色即是空とは
十三・落合流二元思想
 
第十三章 特記事項列挙
 特記8 欠史八代説と九代架空説
 特記9 乙巳の変の真相
 特記10 漢直は里帰りの往来人
 特記11 船史の祖王辰爾は欠史八代系の往来人
 特記12 唯識論の根幹はマニ思想
 特記13 本邦にマニ思想を将来した「里帰り衆」
 特記14 本邦法相宗の祖となった道昭
 特記15 王仁博士(和邇吉師)は里帰り衆
 特記16 四箇院と湯沐邑

                                                              • -


「洞察帝王学講座・改 2681」申込はこちらから。
https://st-inst.jp/l/m/LrfEycFTgj9Gcn
 
 
それでは、また。
 
戦略思想研究所 中森護
 
P.S.
 
「洞察帝王学講座・改 2681」参加申込特典は、
 
■落合莞爾塾「第一期」【第一回】
■洞察帝王学講座【第一回】
 
に加えて、
 
■落合先生最新刊『皇室最大の秘密(仮題)』
※年内を目処に準備でき次第お届け
 
となります。
 
落合莞爾塾「第一期」【第一回】は、
大絶賛と感謝の声を多数頂戴しています。
 
内容の一部はこちら。
 
北朝鮮が水爆実験やミサイル実験を繰り返すことができる極秘財源の正体
・手嶋龍一氏がアラン・グリーンスパン氏から聞いたウルトラ・ダラーの裏付けとは?
・人類による地殻中の金保有量の実態とは?
・古代トロイを巡る利権争いの真相
・王将社長射殺事件の容疑者特定からわかる日本最大の◯◯◯管理組織とは?
・ガコナのHAARP基地でつくった簡易◯◯◯検査キットが世界に配布されています
・落合先生が「日本は人類史上奇跡の国である」と発言する根拠とは?
・日本各地の◯◯堂建設地は金採取の目印です
・ロシアを経済発展させるために金の保有者が行った操作とは?
大東亜戦争終戦直後も行われた金塊隠匿の作法とは?
 
落合先生最新刊『皇室最大の秘密(仮題)』のお届けは、
【10/31(日)】時点「洞察帝王学講座・改 2681」 
申込者に限らせて頂きます
ので、お忘れのないように。
 
「洞察帝王学講座・改 2681」申込はこちらから。
https://st-inst.jp/l/m/LrfEycFTgj9Gcn
 
≪≪≪≪最後に、お願いがあります≫≫≫≫
 
これからお届けするメールが「迷惑メール」に入ってしまうと、
 
大切な情報をご覧頂くことが出来なくなってしまいます。
 
これからお送りする動画を見逃さないためにも、
是非メールの振り分け設定をしてください。
 
現時点では「迷惑メールフォルダ」に入っていない場合でも、
最近のメーラーのセキュリティ対策が強すぎるため、
今後「迷惑メールフォルダ」に入ってしまう場合があります。
 
詳しい情報は下記に載っています。
1~2分で済む簡単な作業ですので、是非流れにそって設定
をお願いいたします。
https://st-inst.jp/l/m/tdHgkOLucxRQZk
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[発行元] 株式会社戦略思想研究所
[住所] 〒108-0014東京都港区芝5丁目16-14
ノックスビル 3F・4F
[責任者] 中森護
[メール] info●st-inst.jp
 
(●を@に変えてください)
[配信解除]
配信解除は、本メール最下部のURLより行って頂けます。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
※配信解除URL
https://st-inst.jp/l/m/7eAAvoe4Br4O8U
 
※メールアドレス再登録はこちらから。
https://st-inst.jp/l/m/xPic2olQ500fD5
 
 
 

洞察帝王学講座・改【無料版】 【衝撃】伝説の動画をプレゼント


洞察帝王学講座・改【無料版】 【衝撃】伝説の動画をプレゼント
2021年10月9日(土) 晴れ
 
以下、本日(10/9)配信された無料メールを転載する。
 
この無料メールで紹介されている「洞察帝王学講座・改 2681」講座参加者向けの異例の無料動画、それから同講座10月号(今月号)のインタビュー動画、どちらも、度肝を抜かれる様な衝撃の内容であった。正直言って、これまで4年半余り受講して来た前講座「インペリアル・アイズ」とは桁違いの、こっっってり濃い(笑)、かつ、歴史学者を含めて一般の日本国民は誰も知らない衝撃の事実のオンパレードであった。
京都皇統(ハプスブルク、欧州大塔宮(ベルギー皇統)、日本皇室(國體天皇・政体天皇)と繋がる血統)から白羽の矢が立ち、内外の各種勢力により捻じ曲げられた現在の歴史(嘘の歴史)を正して國體ワンワールドの真実の歴史を表の世界に広めていく事を託され、國體勢力の中枢で活動した吉薗周蔵の手記の解読をも託された、しかもご自身が、ハプスブルク、欧州大塔宮、国内では102代天皇後花園天皇)以降の全天皇と同じ大塔宮護良親王の直系男系子孫でもある落合莞爾(本名:井口莞爾)先生ならではの真実の情報満載であった。
 まあ、切り売り無しの年単位の講座なので、6千円/月(一括年払いなら割引価格6万円(前インペリアル・アイズ会員は5万円))という受講料は決して安価ではないが、毎月5千円の授業料だと考えれば、手頃な料金だとも言えると思う。勿論、歴史に興味がある人にとっての話であるが。
 
とにかく、平成の天皇生前譲位されてまで年号を「令和」に変えた意味がある令和3年(今年)から動き出すと落合先生は言われているので、じっくりと見守りたいと思う。次期衆院選(10/31)、何か起こるんでしょうかネェ?
 
なお、過去の転載分は、以下から参照できる。 【索引】洞察帝王学講座・改【無料版】一覧表
 
・文字の修飾(色付け、文字サイズ変更など)、用語等へのリンク付けは私の趣味である(笑)。
・私の補足説明を、緑文字で文中に挿入している場合あり。
 
〜〜〜以下、転載〜〜〜
【衝撃】伝説の動画をプレゼント
 
おはようございます。
戦略思想研究所 中森です。
 
実に驚きました、、、
 
数年ぶりにある動画を視聴したのですが、
あまりにも衝撃的内容ばかり。
 
その動画の一部をご紹介しますと、、、
 
北朝鮮が水爆実験やミサイル実験を繰り返すことができる極秘財源の正体
・手嶋龍一氏がアラン・グリーンスパン氏から聞いたウルトラ・ダラーの裏付けとは?
・人類による地殻中の金保有量の実態とは?
・古代トロイを巡る利権争いの真相
・王将社長射殺事件の容疑者特定からわかる日本最大の◯◯◯管理組織とは?
・ガコナのHAARP基地でつくった簡易◯◯◯検査キットが世界に配布されています
・落合先生が「日本は人類史上奇跡の国である」と発言する根拠とは?
・日本各地の◯◯堂建設地は金採取の目印です
・ロシアを経済発展させるために金の保有者が行った操作とは?
大東亜戦争終戦直後も行われた金塊隠匿の作法とは?
 
その他、政治に関わる爆弾発言も多数飛び出してるのですが、
危なすぎてここではご紹介できません。
 
ところで、気になる動画とは一体何なのか?
それは、2016年1月に開催した
落合莞爾塾「第一期」第一回講義です。
 
落合莞爾塾「第一期」は、
たった36名に限られた狭き門であり、
収録映像も半年間の期間限定であったため、
もはや伝説の動画となっています。
 
実は落合莞爾塾収録映像は、
長年の封印から解かれ、
落合洞察史観大系シリーズとして復活。
 
さらに、落合莞爾塾「第一期」第一回講義を
「洞察帝王学講座・改 2681」参加者すべてに
プレゼント
しています。
 
さらに、落合莞爾塾「第一期」第一回講義映像に加えて、
2016年1月に紀州文化振興会からお届けしている
洞察帝王学講座【第一回】のすべての内容もプレゼント。
 
金額にして、合計約15,000円相当になります。
 
つまり、
「洞察帝王学講座・改 2681」
に参加するということは、
 
2021年10月号の全コンテンツ、
 
■ひとりがたり洞察帝王学講座(約60分)
■最新洞察インタビュー映像(Q&A含む・約120分)
 
のみならず、
 
■落合莞爾塾「第一期」【第一回】
■洞察帝王学講座【第一回】
 
を今すぐ手に入れることになります。
 
すでに特典をご視聴になった参加者の皆様からは、
絶賛の嵐を頂いており、ぜひあなたにも衝撃的な
内容のすべてを手に入れて頂きたいと願っています。
 
「洞察帝王学講座・改 2681」へのご参加はこちら。
https://st-inst.jp/l/m/HG1oCWq4qsg1ns
 
それにしても、
2015年8月19日に文京区で出会ったあの時から、
落合先生の信念と真心は一貫としています。
 
発言や執筆内容に誤りを認めれば快く修正し、
ご自身の理解が及ばない事柄については、
言及を控えるお姿には敬服するばかりです。
 
先日、落合先生を尊敬する方から、
落合先生が安倍政権を擁護するお立場をとることに、
懸念があるとの声を頂戴しましたが、
 
民主主義下において、
政治とマスコミが嘘にまみれることは避けられず
その前提で、物事の真贋を見極める力を持つことが、
洞察帝王学を学ぶ意義のひとつにあります。
 
真贋を見極める基準は、
「神格天皇有職故実家督継承、氏姓鑑識、共時性
のほかないと確信しております。
 
さらに言えば、物事の真贋を見極めるエビデンスとは、
厳然として在る大自然そのものなのです。
 
修験子栗原茂の言葉のとおりです。
 

                                                            • -

人類が求めるエビデンス
大自然の趣に生じており、
 
すべてのエビデンスは生まれるべくして
顕になる素性を有しており、
 
大自然に興趣を覚らない人には
エビデンスは降りてこないのである。
 
現実のエビデンスが検められる気運も
大自然の趣に委ねられて変わらないのである。
 
つまり、人知が為せる成果も大自然の趣から生じており、
エビデンスは人類が商いに用いる筋とは異なるのである。

                                                            • -


物事の真贋を見極めるエビデンス大自然とするなんて、
あまりにも現実と乖離していて実践できるわけがないと
お思いの方もいらっしゃるでしょうが、
 
大自然に興趣を覚らない人には
エビデンスは降りてきません。
 
「人を相手にせず、天を相手にせよ」
とはまさにそのことではないでしょうか。
 
民主主義下における人格は、
嘘にまみれることを避けられぬ
からこそ、
 
弊社の理念は大自然エビデンスを求めており、
極論ではございますが、
人道に反しても大自然に反しないことを是とします。
 
一方、これまでの時代は、
嘘にまみれても大自然に反することはありませんでしたが、
今や時代の大転換期であり、
今まさに人格の飽和が限界に達し反転しようとしています。
 
そんな時代の大転換期だからこそ、
天地自然にとって私達人間、
そして人間社会があるべき本当の姿を追求し、
天地自然との調和を実現する新しい思想体系を
確立するために、
 
私は令和元年の創業を固く決意しました。
 
弊社は事業を通して、
物事の真贋を見極める力をあなたにご提供していますが、
 
その中核となる事業が、
「洞察帝王学講座・改 2681」です。
https://st-inst.jp/l/m/HG1oCWq4qsg1ns
 
絶賛、すべての参加者にプレゼント中の
落合莞爾塾「第一期」第一回講義の中でも、
落合先生は安倍政権の真贋を看破しています。
 
落合先生の信念と真心は一貫として、
大自然の趣に生じています。
 
それでは、また。
 
戦略思想研究所 中森護
 
P.S.
 
巷間はノーベル賞受賞者発表で賑わっていますね。
 
ノーベル賞といえば、1968年のこと、
日本人として初の文学賞を受賞した川端康成は、
「美しい日本の私」の題で講演した際、
 
道元の『正法眼蔵』にある歌を、
講演の冒頭に詠み上げました。
 

                                                              • -

春は花 夏ほととぎず
秋は月 冬雪冴えて冷やしかりけり

                                                              • -

 
人類が求めるエビデンスとは、
縄文の風土や人格にあるものと、
私は信じてやみません。
 
≪≪≪≪最後に、お願いがあります≫≫≫≫
 
これからお届けするメールが「迷惑メール」に入ってしまうと、
 
大切な情報をご覧頂くことが出来なくなってしまいます。
 
これからお送りする動画を見逃さないためにも、
是非メールの振り分け設定をしてください。
 
現時点では「迷惑メールフォルダ」に入っていない場合でも、
最近のメーラーのセキュリティ対策が強すぎるため、
今後「迷惑メールフォルダ」に入ってしまう場合があります。
 
詳しい情報は下記に載っています。
1~2分で済む簡単な作業ですので、是非流れにそって設定
をお願いいたします。
https://st-inst.jp/l/m/rJQtWKT0G9cqxi
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[発行元] 株式会社戦略思想研究所
[住所] 〒108-0014東京都港区芝5丁目16-14
ノックスビル 3F・4F
[責任者] 中森護
[メール] info●st-inst.jp
 
(●を@に変えてください)
[配信解除]
配信解除は、本メール最下部のURLより行って頂けます。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
※配信解除URL
https://st-inst.jp/l/m/FpDCo0MwbBqEGt
 
※メールアドレス再登録はこちらから。
https://st-inst.jp/l/m/klZAD0z7aHdBTN
 
 
 

洞察帝王学講座・改【無料版】 堀川辰吉郎と満洲


洞察帝王学講座・改【無料版】 堀川辰吉郎満洲
2021年10月7日(木) くもり
 
以下、本日(10/7)配信された無料メールを転載する。
 
なお、過去の転載分は、以下から参照できる。 【索引】洞察帝王学講座・改【無料版】一覧表
 
・文字の修飾(色付け、文字サイズ変更など)、用語等へのリンク付けは私の趣味である(笑)。
・私の補足説明を、緑文字で文中に挿入している場合あり。
 
〜〜〜以下、転載〜〜〜
堀川辰吉郎満洲
 
おはようございます。
戦略思想研究所 中森です。
 
ご要望にお応えして、
「洞察帝王学講座・改 2681」
銀行振込による分割払いを追加しました。
 
ぜひ今すぐご利用ください。
https://st-inst.jp/l/m/4P97cb5fSxuPRF
 
「洞察帝王学講座・改 2681」
リリースから一週間。
 
落合先生との出会いで日本史の骨格が分かるようになり、
脳が喜び続けている
という声や、
落合先生のお話そのものが人生の救いであるという声など、
迷わず申し込まれている方々から感動の声が多数届いています。
 
「洞察帝王学講座・改 2681」では、
2021年10月~2022年9月にかけて、
 
ひとりがたり洞察帝王学講座(約60分)
最新洞察インタビュー映像(Q&A含む・約120分)
 
の二本立てのコンテンツを毎月お届けしておりますが、
落合先生の斬新な洞察と品格ある知性に毎月出会いたくて、
たまらないという方のお申込をお待ちしております。
 
本日は、2021年10月配信
ひとりがたり洞察帝王学講座の
内容の一部をお伝えします。
 
ひとりがたり洞察帝王学講座は、
前半、後半の二部構成。
 
それでは、早速ご確認くださいませ。
 
■ひとりがたり前半
 
・昭和4年、17年ぶりにフランスから日本へ帰国した藤田嗣治の隠れた動機
ハプスブルクと共通する日本の裏天皇の真の動き
・これからの日本の対中政策に深く関与する衝撃文書の内容とは?
・権力が必ず腐敗するワケとは?
トルキスタンまで征服した清国が日本に侵略しなかった本当の理由
・愛新覚羅家の本拠を称する一族の正体
・実際に実行された落合先生の拉致問題解決案とは?
・豊臣政権誕生の真相と朝鮮征伐の知られざる背景
 
【コメント】
藤田嗣治は、殆どの日本国民が思っている様な単純な「画家」じゃないですからね。
拉致被害者とされるMYさんは、朝鮮・李王朝最後の皇太子である李垠(りぎん)さんと梨本宮方子(まさこ)様の間のお孫さんですからね。そして、金正恩さんの実母ですからね。
 モンゴルにて横田夫妻が対面されたとするMYさんの娘・ヘギョンちゃんは、実名は金恩慶(ウンギョン)、金正恩さんの下の妹だし。
●日本の裏天皇(國體天皇)とは、多分、堀川辰吉郎さんの事だと思うけど、彼は、紫禁城にも入っていたし、ハプスブルク家に入っていた時期もあると聞いている。何しろ、当時の世界國體天皇だったそうだから。睦仁親王明治天皇ではない本物の睦仁親王の方)の実子で、高松宮宣仁親王の実父でもあるし。
 堀川辰吉郎という人物については、殆どの日本人は知らないと思うが、表の顔(國體天皇ではない方の顔)については、以前に、このブログでも紹介したので参考にされたし。以下。
  國體物語(1) 世界國體天皇 堀川辰吉郎(その一)  ※8月30日更新版


 
■ひとりがたり後半
 
・落合先生が「台湾は最初から独立している」と発言する真意とは?
・満蒙独立運動という概念自体がそもそもの間違い?一体どういうことなのか??
中華民国張作霖を傭兵として雇ったワケとは?
満洲帝国の國體天皇の正体
秩父宮高松宮の海外留学資金と満洲国秘宝の知られざる秘密
・落合先生が後藤新平と上原勇作を兄弟と見るワケとは?
・消えたシベリア抑留日本兵20万人の行方
・愛新覚羅家秘宝の行方と満州帝国再建計画
 
最新洞察インタビュー映像の内容は、
後日、別途お伝えいたしますが、
 
2021年10月号の舞台は満洲
であることが見えてきますね。
 
そして、神格の存在も、、、
そう、堀川辰吉郎です。
 
2021年10月7日時点、
弊社公式ブログ最新記事と
見事に共時性が伴っています。
 
修験子栗原茂【其の三十六】
羅津に根差したワンワールドのネットワーク
https://st-inst.jp/l/m/YB4XF45dsGzERo
 
にあるように、
世界無比の実在すなわち神格天皇あればこその文明。
 
そして、
 
【文明地政學叢書第三輯】
第一一章 堀川辰吉郎紫禁城入り
https://st-inst.jp/l/m/vjUruYSKWbe5kq
 
にあるように、
宇宙生命の一端を担う人の使命は
過去と未来の連続性がなければ、
現人神といえども要求を満たすことはできず、
 
その連続性に順えば神格に達しない命ほど、
通史の接ぎ穂としての辰吉郎の事績を知る
必要があります。
 
過去と未来の連続性を習得することとは、
学問の究極の目的に達することでもあります。
 
学問の目的は、決して博学になるためではなく、
己の本性に達し、魂を練磨し、状況の変化をわきまえ、
過去と未来の連続性を知ることにあると、
私は確信しております。
 
つまり、あなたの史観を磨き続けること。
 
そのためにこそ、
落合先生とともに学ぶことをあなたにご提案しています。
 
あなたとともに、
落合先生の洞察史観を「真正(神聖)なる帝王学
へと磨きあげ、
 
天地の真正の姿を目の当たりできますことを、
心より楽しみにしております。
https://st-inst.jp/l/m/4P97cb5fSxuPRF
 
それでは、また。
 
戦略思想研究所 中森護
 
P.S.
 
落合洞察塾はこれまでの中伝に相当する講座ですが、
これまでどおり半年間のパッケージで申込みたいという
ご要望も頂いております。
 
弊社としましても、パッケージでご案内したいところですが、
日程に縛られず自由に参加できる仕組みにするとともに、
多様な方々に落合先生と空間をともにする機会を増やすべく、
開催の都度、お申込をお願いしております。
 
理由はそれだけではなく、
昭和16年生まれの落合先生のお身体を考えれば、
毎回上京するお約束をできないこともあります。
 
落合洞察塾【第一回】は10月30日に開催しますが、
ひとつひとつの講義の時間を大事にしたいと思います。
 
≪≪≪≪最後に、お願いがあります≫≫≫≫
 
これからお届けするメールが「迷惑メール」に入ってしまうと、
 
大切な情報をご覧頂くことが出来なくなってしまいます。
 
これからお送りする動画を見逃さないためにも、
是非メールの振り分け設定をしてください。
 
現時点では「迷惑メールフォルダ」に入っていない場合でも、
最近のメーラーのセキュリティ対策が強すぎるため、
今後「迷惑メールフォルダ」に入ってしまう場合があります。
 
詳しい情報は下記に載っています。
1~2分で済む簡単な作業ですので、是非流れにそって設定
をお願いいたします。
https://st-inst.jp/l/m/fY5dwiWHAgkCUM
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[発行元] 株式会社戦略思想研究所
[住所] 〒108-0014東京都港区芝5丁目16-14
ノックスビル 3F・4F
[責任者] 中森護
[メール] info●st-inst.jp
 
(●を@に変えてください)
[配信解除]
配信解除は、本メール最下部のURLより行って頂けます。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
※配信解除URL
https://st-inst.jp/l/m/Zj9si3xl9k36Ss
 
※メールアドレス再登録はこちらから。
https://st-inst.jp/l/m/bYYsXponywsmpe
 
 
 

洞察帝王学講座・改【無料版】 張作霖爆殺の見返り【申込殺到】


洞察帝王学講座・改【無料版】 張作霖爆殺の見返り【申込殺到】
2021年10月5日(火) 晴れ
 
以下、本日(10/5)配信された無料メールを転載する。
 
なお、過去の転載分は、以下から参照できる。 【索引】洞察帝王学講座・改【無料版】一覧表
 
・文字の修飾(色付け、文字サイズ変更など)、用語等へのリンク付けは私の趣味である(笑)。
・私の補足説明を、緑文字で文中に挿入している場合あり。
 
〜〜〜以下、転載〜〜〜
張作霖爆殺の見返り【申込殺到】
 
おはようございます。
戦略思想研究所 中森です。
 
本日から「洞察帝王学講座・改 2681」
2021年10月号の内容に触れていきたい
と思います。
 
「洞察帝王学講座・改 2681」お申込はこちら。
https://st-inst.jp/l/m/vYWVQpVUJKwiOp
【連日申込殺到中】
 
「洞察帝王学講座・改 2681」のメインコンテンツは、
 
■ひとりがたり洞察帝王学講座(約60分)
■最新洞察インタビュー映像(Q&A含む・約120分)
 
の二本立てでお届けしています。
 
ひとりがたり洞察帝王学講座とは、
洞察帝王学の最新研究内容を
落合先生が「ひとりがたり」で
講義するコンテンツです。
 
2016年1月~2021年9月までの間、
紀州文化振興会が運営してきた有料ブログ
「落合莞爾洞察帝王学講座」のサービスを
「洞察帝王学講座・改 2681」に統合し、
 
「洞察帝王学講座・改 2681」
2021年10月号から第七十回目の
コンテンツとしてお届けしています。
 
「落合莞爾洞察帝王学講座」の内容はこちら。
https://st-inst.jp/l/m/43BzZGIukYGE01
 
「落合莞爾洞察帝王学講座」は、
2021年9月の第六十九回で終了していますが、
 
「洞察帝王学講座・改 2681」受講者は、
「落合莞爾洞察帝王学講座」のバックナンバーを
半額で手に入れることができます。
 
詳細は「洞察帝王学講座・改 2681」お申込後、
落合洞察史観大系シリーズのご案内ページをご確認
お願いいたします。
 
もうひとつのメインコンテンツ、
最新洞察インタビュー映像とは、
 
私が落合先生に「ひとりがたり」の内容について
受講者目線で根掘り葉掘りインタビューする映像を
コンテンツとしてお届けしています。
 
インペリアル・アイズと同様のサービスと
お考え頂ければ、わかりやすいかと思います。
 
「洞察帝王学講座・改 2681」
2021年10月号では、
 
張作霖爆殺の見返り」をテーマに
インタビューしています。
 
すでに参加されている方々は、
衝撃的な全貌を知ることになったと思いますが、
 
今回のメルマガでは、
張作霖爆殺の見返り」の謎を解くヒントを
ご紹介いたします。
 
落合先生が『新潮45 2007年8月号』に
寄稿した記事の抜粋部分です。
 
舞台は昭和2年11月5日、
青山の田中義一私邸で行われた、
田中義一蒋介石の私的会談です。
 
会談参加者は、
田中義一と通訳佐藤安之助、
蒋介石と通訳張群の4名。
 
抜粋部分は蒋介石の言から始まります。
 

                                                            • -

支那人民が排日を叫ぶのは、
彼らが嫌う軍閥張作霖)と日本が組んでいると
誤解しているから
である。
 
だから日本がわれわれ革命側を助けて、
革命を早く完成させれば、
国民の誤解は一掃されるだろう」
 
と言い出した。
 
ここに張作霖の名が出たのは、
田中の前問に対する答えであり、
青山会談の焦点でもあった。
 
軍閥とは北方勢力を意味することが
右の文脈から読み取れる。
 
すなわち
「日本は張作霖の掃討を軍事的に支援されたし」
という意味だが、奉天と国民政府の間を遮って、
強力な北方軍事勢力が盤踞する状況からすと、
 
航空戦力が発達していない時代で、
艦船で渤海を越したとしても、
蒋介石南方軍には張作霖の掃討はできない。
 
「われわれを助けて革命を早く完成させれば」
と言うのは事実上、
「お宅の方で張作霖を処分してくれれば」
を意味することになる。
 
そこで「そうなれば、満蒙問題も解決しますよ」
と言うのは、何のことか。

                                                            • -


張作霖爆殺の見返り」とは何か。
、、、ピンときましたでしょうか。
 
張作霖爆殺事件の経緯をご存じの方でしたら、
もはやヒントではなく答えそのものかもしれません。
 
ただし、
張作霖爆殺の見返り」が分かっただけでは、
共時性を伴う場の歴史を洞察することはできません。
 
「洞察帝王学講座・改 2681」
2021年10月号の内容の全貌、
 
落合先生のみが解読しえた吉薗周蔵手記、
幕末から明治期の皇統奉公衆の満蒙入り
 
そして、
明治43年の堀川辰吉郎紫禁城入り
 
これらすべてを理解することで、
共時性を伴う場の歴史を洞察することができます。
 
私の解釈では、共時性を伴う場の歴史とは、
確固たる意味秩序のもと連綿と続く歴史のことであり、
國體ワンワールド史観も同義であると解釈しております。
 
あなたが落合先生の國體ワンワールド史観を学ぶことで、
心震える何かを覚ることがあるとすれば、
 
それは共振共鳴の始まりであり、
そして、確固たる意味秩序のもと連綿と続く、
共時性シンクロニシティ)であろうと思量します。
 
【補足】
10/1の時点では、「ひとりがたり」しか公開されてなかったので、「インタビュー」部分が既に公開済みだとは、たった今、この無料メールを読むまで全く知らなかった(笑)。
従って、まだ、「インタビュー」を視聴していないので、以下の内容はまだサッパリ理解できないが、視聴が楽しみである。「共時性」なんて言葉も初めて聞くし。蒋介石が当時、日本に来て、田中義一と会談したなんてのも初耳だし。
まあ、こういう真実を知る人は非常に少ないと思うし、だから、張作霖爆殺事件の真実を知る人も同じく少ないと思われる。
だから、真実の歴史を知りたければ、落合莞爾先生の講座を受講するしかないと言う事だろうと思う。月々、僅か5千円~6千円で真実の歴史が分かるのだから、歴史に興味のある人、例えば、NHK大河ドラマを毎年楽しみにして視ている様な人にとっては、外せない講座だと私は思う。
「青天を衝く」の最初に徳川家康北大路欣也さん)が出て来て講釈を垂れるのを見る度に、「お前は全く関係ないだろう。お前が出る幕じゃないだろうが。」と思ってしまう私は、多少なりとも真実の歴史の一端を知ってるからだろうと思う(笑)。

 
今回のメルマガでは、
張作霖爆殺の見返り」の謎を解くヒントを
ご紹介しましたが、
 
あなた自身の共振共鳴の意味秩序を覚るためにも、
 
ぜひ今すぐ、
「洞察帝王学講座・改 2681」にご参加ください。
https://st-inst.jp/l/m/vYWVQpVUJKwiOp
 
弊社の事業が続く限り申込期限はございませんが、
落合史観に共振共鳴する同志が続々と集まっています。
 
あなたのご参加を心よりお待ちしております。
 
それでは、また。
 
戦略思想研究所 中森護
 
P.S.
 
「洞察帝王学講座・改 2681」のメインコンテンツは、
 
■ひとりがたり洞察帝王学講座(約60分)
■最新洞察インタビュー映像(Q&A含む・約120分)
 
の二本立てでお届けしていますが、
 
先月末終了したインペリアル・アイズのサービスに、
毎月2000円相当の特典がついて再始動したと
お考えください。
 
さらに、「洞察帝王学講座・改 2681」申込者は
誰でも落合先生から直接学ぶことができる落合洞察塾
に参加できます。
 
落合洞察塾は人数制限がございますので、
落合先生の思考に直接触れたい方はお急ぎくださいませ。
https://st-inst.jp/l/m/vYWVQpVUJKwiOp
 
≪≪≪≪最後に、お願いがあります≫≫≫≫
 
これからお届けするメールが「迷惑メール」に入ってしまうと、
 
大切な情報をご覧頂くことが出来なくなってしまいます。
 
これからお送りする動画を見逃さないためにも、
是非メールの振り分け設定をしてください。
 
現時点では「迷惑メールフォルダ」に入っていない場合でも、
最近のメーラーのセキュリティ対策が強すぎるため、
今後「迷惑メールフォルダ」に入ってしまう場合があります。
 
詳しい情報は下記に載っています。
1~2分で済む簡単な作業ですので、是非流れにそって設定
をお願いいたします。
https://st-inst.jp/l/m/XRrfMZIpQJeVhp
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[発行元] 株式会社戦略思想研究所
[住所] 〒108-0014東京都港区芝5丁目16-14
ノックスビル 3F・4F
[責任者] 中森護
[メール] info●st-inst.jp
 
(●を@に変えてください)
[配信解除]
配信解除は、本メール最下部のURLより行って頂けます。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
※配信解除URL
https://st-inst.jp/l/m/0z4WJXqH73gaym
 
※メールアドレス再登録はこちらから。
https://st-inst.jp/l/m/q1TuHGDzpfSRxU
 
 
 

洞察帝王学講座・改【無料版】 あなたと私の原点


洞察帝王学講座・改【無料版】 あなたと私の原点
2021年10月4日(月) 晴れ
 
以下、昨日(10/3)に配信された無料メールを転載する。
 
なお、過去の転載分は、以下から参照できる。 【索引】洞察帝王学講座・改【無料版】一覧表
 
・文字の修飾(色付け、文字サイズ変更など)、用語等へのリンク付けは私の趣味である(笑)。
・私の補足説明を、緑文字で文中に挿入している場合あり。
 
〜〜〜以下、転載〜〜〜
あなたと私の原点
 
おはようございます。
戦略思想研究所 中森です。
 
先月のことですが、
お客様からある書籍をご紹介頂きました。
 
その書籍の名は「船木城古事記
 
歴史上の武将の偽装死や合戦の八百長を説く
稀有な内容であるため、早速取り寄せました。
 
二、三日で届きましたのですぐに紐解くと、
まえがきの時点で心震える思いがしました。
 
落合史観に出会った時の原点を鮮明に思い出したのです。
きっとその原点はあなたも同じでしょう。
 
「船木城古事記」まえがきを以下に引用しますので、
ぜひ今すぐお読みくださいませ。
 

                                                            • -

船木という地名が、昭和二十九年(1954)に
鷺田村、川崎村と合併して巣南村になることで
消えてなくなり、又テレビ時代になって四半世紀すぎ
生まれたときからテレビがついていた子が人口の半数
近くなった今日、各家庭で対話が少なくなり、
口伝というものが無くなりつつあります。
 
口伝を文章にすると矛盾や不都合な人が多く出たりするので、
公的機関ではそれをまとめることが少なく、
又そのよう本は、一部地域のみに伝わる話の事であり、
一般人が読んでも面白くないので商品価値が無い物です。
 
しかし私が一年余り前、
旅先宿にこのような本が置いてあるのを見付け、
宿の人に譲ってもらいましたが、
個人の発行による無料の本で、
このようなものならば私でも書けるのではないかと思い、
船木城の土塁、曲輪の地形、広場や屋敷跡が
無くならないうちにと、筆をとる気になりました。
 
歴史というものは、一般に為政者に都合よく書かれ、
又故意に事実を曲げたり、無視したりして有ります。

現に永久保存版であったはずの
第二次世界大戦戦争犯罪者名簿が、
いつの間にか国会図書館より消えていた事からも
それがわかります。
 
又ことわざに人の数だけ真実が存在すると言うように、
当事者によって物の見方、考え方が違うと、
いくつもの事実に当たるものが出てきます。
そして事実の一方の記録は多く残り、
他の記録が残らなかったりすると
真実はゆがめられたまま後世に伝わります。
 
そしてその間違った事が定説となると、
後から真実が出てきてもこの定説を覆す事が
出来ないことが有ります。
たとえば漢字の晒(さらし)と泊(とまり)ですが、
字の成り立ちを考えると、
 
晒=日が西に行けば人が宿に入って寝ること
泊=布等を水で何度も洗って白くすること
 
を意味します。
 
このように本来の意味と現代の用法が逆であり、
間違いが完全に証明されても直すことによる混乱が
考えられて、直さないのです。
 
ここに書く物語は、
私が小学校時代に歴史的背景や年代的な事もわからず、
祖父からおとぎ話のように聞き、
遠いところで起きた事のように思っていた話です。
 
ところがこのおとぎ話が高校時代に徳川実記に
載っていることを聞き、読むことによりその話が
おとぎ話でなく、現実的な事として意識し始めました。
そして祖父から聞いた話が小説を読み歴史本を読んで
いくうちに、現実に起り有りうる事であり、
そして現実に有りえる事だと信ずるようになり、
祖父から聞いた話と家等に伝わる書類を軸に、
それに合う資料を書き加えて一方的解釈で書きました。
 
歴史家でもない一個人が十分な資料もなく、
口伝を主にして書くので、
天武天皇帝紀旧辞を口伝として暗記していた
稗田阿礼と話を太安万侶に書き写させた古事記にならい、
 
本の題を船木城古事記とし
古事記のような神話伝説のつもりで
読んでもらうように書きます。

                                                            • -


いかがでしょうか。
 
往々にして歴史の真実はゆがめられたまま伝わり、
間違いが完全に証明されても直すことによる混乱が
考えられて、直さないのです。
 
落合先生は歴史の再審請求を掲げ、
通俗史観に対し孤軍奮闘していますが、
 
いわゆる歴史学者という立場にある人達は、
落合史観が真実であっても同じ理由で修正できず、
見て見ぬ振りをするほかないのです。
 
しかし、時代は明確に変わりました。
 
落合先生が二十年以上前に説いていた日本人三大源流説も、
先月、科学的な裏付けが発表されたばかり。

 
今後、落合史観を裏付ける証拠が次々と発表されるでしょう。
京都皇統口伝による秘事伝授の信憑性は本物なのです。
 
「船木城古事記」のあとがきはこのように結びます。
 

                                                            • -

話のすじに矛盾が少なく書けたのは、
江戸末期には反徳川が唱えられるようになり、
又明治と時代も変ったというので、
船木城主十六代に当たる高橋要衛門が、
船木城に伝わる話、古文書を使い、
発表しようとまとめてあったためです。
 
しかし、当城の主な文書は、
江戸初期の寛文二年(1662)美濃守借り上げのため、
急ぎ書き写すという分で始まるもので、
原初ではなく史料的な価値も少なく、
書き誤りと思われる部分や数行飛ばして写したと思われる
ところもあり、通説とあまりにも異なっているため一笑に
ふされる目に合い、
 
以後は資料の離散や作り話になる可能性もあるので、
一族が信じていればということで、むりに調べ発表
する必要もないと考えで来ました。
 
しかし口伝というものが無くなってしまう恐れもあり、
歴史家の中には伊勢の谷川士清のように自分の集めた
史料や草稿、未完成の原稿を残して、後々まちがって
伝わることを恐れ地中に埋めてしまった人もいますが、
 
私はどのような史料でも史料は資料として残すべきだと
考えており、また近在の旧家には、この話に連なるような
口伝が色々残っているのをよく聞きますから、
結構真実性のある事だと思います。

                                                            • -


あなたの一族、故郷に伝わる口伝も同じです。
 
私はあなたへ、
帝王学」の名を冠する講座をご案内しておりますが、
もちろん、伝統ある家系・家柄の方だけを対象にした
内容ではございません。
 
帝王学は口伝の波動情報であればこそ
世俗にない学問なのですから、
 
洞察帝王学も波動情報であってこそ真正(神聖)
 
たり得ます。
 
例外なく、
あなたに残された口伝も真正(神聖)たり得ます。
 
あなたとともに、落合先生の洞察史観を、
そして、あなた自身の史観を「真正(神聖)なる帝王学
へと磨きあげ、天地の真正の姿を目の当たりできますことを、
心より楽しみにしております。
https://st-inst.jp/l/m/Lwjm58452fUL04
 
今後、落合史観を裏付ける証拠が次々と発表されますが、
「洞察帝王学講座・改」でともに学ぶことにより、
その証拠をあなた自身で発見することになるでしょう。
 
それでは、また。
 
戦略思想研究所 中森護
 
P.S.
 
「船木城古事記」のまえがきを読んだ上で、
修験子栗原茂の最新記事の言葉を読み返すと、
 
落合先生への京都皇統秘事伝授、
國體舎人と落合先生のつながりの深淵さに、
ハッと気付かされますね。
 

                                                              • -

私の如き生き方をしていると、
稗田阿礼の如き有職故実が伝わってくるのであるが、
落合先生から教わらないかぎり、
ここに述べるような表現力は私の身に宿る事は
ありえない。
 
それゆえ私の情報は有料化に値しないのであり、
もし、読む価値あるなら私を導いた落合先生に
感謝してほしい。

                                                              • -


≪≪≪≪最後に、お願いがあります≫≫≫≫
 
これからお届けするメールが「迷惑メール」に入ってしまうと、
 
大切な情報をご覧頂くことが出来なくなってしまいます。
 
これからお送りする動画を見逃さないためにも、
是非メールの振り分け設定をしてください。
 
現時点では「迷惑メールフォルダ」に入っていない場合でも、
最近のメーラーのセキュリティ対策が強すぎるため、
今後「迷惑メールフォルダ」に入ってしまう場合があります。
 
詳しい情報は下記に載っています。
1~2分で済む簡単な作業ですので、是非流れにそって設定
をお願いいたします。
https://st-inst.jp/l/m/gUdlBhtbOf90FS
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[発行元] 株式会社戦略思想研究所
[住所] 〒108-0014東京都港区芝5丁目16-14
ノックスビル 3F・4F
[責任者] 中森護
[メール] info●st-inst.jp
 
(●を@に変えてください)
[配信解除]
配信解除は、本メール最下部のURLより行って頂けます。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
※配信解除URL
https://st-inst.jp/l/m/rZvStvsydmFSCm
 
※メールアドレス再登録はこちらから。
https://st-inst.jp/l/m/Rwbnj1xMIPzcqi