黒板五郎のウバイド國體ワンワールド

落合史観に関する話題を取り扱うブログ

2月25日午前6時で受付終了!! 最後のチャンスらしい。


2月25日午前6時で受付終了!! 最後のチャンスらしい。
2020年2月21日(金) 晴れ
 
先日来、『今こそ、あるべき姿に戻る時 令和のシナリオ』という題でインペリアル・アイズのキャンペーン企画が紹介されている。以下の無料メールは、このブログでも転載済である。
 
 インペリアル・アイズ無料メール ワンワールド経済のモデルケース【新キャンペーン】
 
上のキャンペーンは、まだ続いているのか終わってしまったのかは、私は良く知らないが、
 
本日届いたメールにて、インペリアル・アイズの2月新会員募集を2月25日午前6時で受付終了するという案内が載っていた。
3月以降の会員募集は有るかどうか分からないらしい。
 
そして、興味ある人に、以下の情報をシェアして欲しいという中森護さんからのお願いが書かれてあったので、以下にその部分の情報を転載する。
 
2月のコンテンツ(2月1日配信開始済)の内容は、下を見れば分かる通り、興味津々の内容である。今回入会の特典も魅力的である。
 
下に掲載されている動画も見られるらしい。
 
まあ、興味ある方は、時間が余り残っていないので、早めに視聴して、心が動いたら会員になるのも良かろうと思う。
 
3月の配信では、新型コロナウイルスの発生源についての真相も配信されるそうである。
 
それでは、以下の情報をシェアするために転載する。
 
〜〜〜転載(開始)〜〜〜
 
、、、コロナウィルス発生源の真相については、
来月号のインペリアル・アイズで配信します。
 
来月号の新規会員募集は未定ですので、
落合先生の最新情報を確実に手に入れたい方は、
 
今月のインペリアル・アイズご入会を強くお勧めいたします。
http://realin.org/l/m/7ad5GUA3ITR4Jn
 
こちらも同じく【2月25日午前6時】に申込不可となります。
 
それでは、今月号の内容の一部を改めてご紹介しましょう。
 
【動画1】真相洞察、ゴーン脱獄事件・落合先生が指摘する司法界の決定的な怠慢の実態とは?
・落合先生の実体験に基づく刑事裁判の欺瞞と冤罪
・落合先生はこう断言します。「起訴が判決である」。一体どういうことなのか?
・日本の刑事事件における裁判有罪率99.9%(?)は一体いつから??
・そうであってもアメリカ型の刑事裁判よりも日本型の刑事裁判の方が合理的?その真意とは??
カルロス・ゴーンが日産を立て直す「指令」を受けた本当の理由と日産の本当の姿とは?
カルロス・ゴーンが「出国」できた本当の理由とは?ヒントは「透明人間」です
・日本では民間人であっても「透明人間」になることができる?一体誰が?その方法は??
 
【動画2】発見、南北朝秘密合一の物証・大正11年、和歌山の加太春日神社に久邇宮朝融王が参拝した本当の理由とは?
久邇宮良子女王(香淳皇后)も幾度か参拝しています
・加太春日神社に保管されていた中世代の「鏡」の正体とは?
妙心寺に立つ南朝年号を冠する塔頭「天授院」と加太の「鏡」
二つの謎を結びつける人物の正体とは?
・日本三忠臣の一人、万里小路藤房22年間の失踪の謎。その真相とは?
・加太の「鏡」は朝鮮製です。この事実から導き出される南北朝秘密合一の実態とは?
妙心寺塔頭「天授院」と加太の「鏡」の謎を解けば、なんとヨーロッパの秘史まで明らかに
京都大学某教授が「天授」を「天寿」としたその意図とは?なぜ「寿」の字を選んだのか??
花園大学の歴代学長から垣間見える南北朝時代花園大学の因縁
 
【動画3】レールに乗せんと接触する人物たち『落合莞爾自伝その3』
・落合先生の住友軽金属工業入社に関わった人物たちの正体とは?
・なんと落合先生は◯◯元首相の婿養子候補だった?何者かにより準備されていた首相へのレール
・落合先生に経済企画庁出向を命じた人物は◯◯元首相だった?驚愕のエピソードを暴露
・なぜ落合先生は野村証券に中途入社することになったのか?ヒントは「昭和47年」です
・落合先生がM&Aに関わることになった経緯とは?初めて明かされるエピソードの連続です
・「洋服の◯山」の流通モデルは落合先生が手掛けたM&A案件です
海上自衛隊の宿願に一枚噛んだ落合先生の「売り案件」とは?
・著書で一部登場する日活と武富士にまつわるエピソードも深いところは更なる衝撃の連続。
落合莞爾ファン必見です
 
【動画4】2020年2月号Q&A
Q1「李氏とは何者でしょうか?」
Q2「なぜ國體はイスラエルを建国したのですか?」
Q3「プーチン氏やトランプ氏が登場してきた端緒とは?」
Q4「なぜ英国QE2だけは生前退位(譲位)を免れているのでしょうか?」
Q5「日本は英領にあるとの英米の公式情報に記載されていますが、
真偽のほどはいかがでしょうか?」
Q6「古代から現在にかけて、最終的に日本皇室が密かにウバイドの
一大勢力となったということでしょうか?」
Q7「人々の移動が激しかった地域では、結果としてウバイドは
タカス勢力拡大を促したのでしょうか?」
Q8「大航海時代以来の世界構図は、覇道一神教勢力とウバイド國體勢力の
二元対立であり、その下に政体タカスが敵味方に入り乱れ、
合従連衡を繰り返し寄生してきたということでしょうか?」
Q9「イエズス会が植民地の拡大や奴隷制
偽善的なグローバリズムを推し進めてきたのでしょうか?」
Q10「CIA、ペンタゴン、米国海兵隊、米国陸軍は一神教
國體と色分けを行うならどのようになるのでしょうか?沖縄の本当の姿は??」
Q11「天安門事件に日本と中華の國體はどのように関わってきたのでしょうか?」
Q12「昭和天皇崩御と合わせて起こった様々な東アジアの大事件は、
中国を次の時代へ進めるためのワンワールド國體の計画だったのでしょうか?」
 
以上です。
 
さらに、年会員としてご入会された方には、
次の年会員限定プレゼントをご提供いたします。
 
■年会員限定プレゼントその1(2万円相当)
落合先生特別講演会ご招待
東京開催:2020年4月26日(日)13:30~16:30
大阪開催:2020年10月17日(土)15:00~18:00
 
■年会員限定プレゼントその2(2万円相当)
上記落合先生特別講演会の収録映像
 
■年会員様限定プレゼントその3(1万円相当)
会費2ヶ月分を割引
 
どうしても見たかったのに、
すっかり後回しにして気づけばページがなかった
ということがないようお気をつけくださいませ。
http://realin.org/l/m/7ad5GUA3ITR4Jn
【2月25日午前6時締切】
 
落合吉薗秘史シリーズはAmazonで検索。
 
それでは、また。
 
これからの時代を生き抜くために。
そして、日本の國體を護るために。
 
戦略思想研究所 中森護
 
 
P.S.
 
摩須様の周りに政治や歴史に関心が高そうな方が
いらっしゃいましたら、是非この企画をお知り合いに
シェアして頂きたいと考えております。

 
シェアして頂ける場合は、
こちらのURLをご自由にご利用くださいませ。

 
【動画2】荒廃した世界を救う 令和の大航海
http://realin.org/l/m/WMxN8cOJkcn7Rz
(※インペリアル・アイズ2019年5月号から一部抜粋)
 
【動画3】通貨経済、閉幕 通貨暴落のシナリオ
http://realin.org/l/m/NL0PaSyTJGILiA
(※インペリアル・アイズ2019年6月号から一部抜粋)
 
インペリアル・アイズ2020年2月号コンテンツ
http://realin.org/l/m/7ad5GUA3ITR4Jn
 
ただし、【2月25日午前6時】をもって、
すべてのページを閉じさせて頂きますことを
何卒、ご了承お願いいたします。
 
〜〜〜転載(終了)〜〜〜
 

インペリアル・アイズ無料メール 【要確認】近々、新規メルマガを発行します


インペリアル・アイズ無料メール 【要確認】近々、新規メルマガを発行します
2020年2月21日(金) 晴れ
 
以下、本日配信された無料メールを転載する。
 
なお、下の無料メールの中に出てくるインペリアル・アイズ新規会員募集の内容は、今朝の私の書き込み記事と重複している様である。
 
なお、過去の転載分は、以下から参照できる。
 【索引】インペリアル・アイズ無料メール
 
・文字の修飾(色付け、文字サイズ変更など)、用語等へのリンク付けは私の趣味である(笑)。
・私の補足説明を、緑文字で文中に挿入している場合あり。
 
〜〜〜以下、転載〜〜〜
【要確認】近々、新規メルマガを発行します
 
こんにちは。
戦略思想研究所 中森です。
 
コロナウィルスの件、情報が錯綜していますね。
外出→即感染と断言する人もいれば、全く気にしない人もいます。
 
日経新聞のコロナウィルス感染マップを見る限りは、
2月13日のピークを迎えて収束しているかのように見えますが、
https://vdata.nikkei.com/newsgraphics/coronavirus-world-map/
 
まだまだ予断を許しません。
 
未だ感染源と感染経路が明確になっていないのですから。
公表していないだけといった方が正しいでしょうか、、、)
 
【コメント】
これはもう、「感染源と感染経路は分かってます」と言ってるも同然ですナァ(笑)。
下に書いてある「インペリアル・アイズ講座(有料)3月号」の【動画1】のタイトルにはっきり書かれてますモン。
 
巷のネット情報では、ビル・ゲイツさんが数年前に新ウイルスの発生を予言していたとか騒がれているけど、
もしかしたら、3月号の【動画1】の中でも、落合莞爾先生の口から、ビル・ゲイツさんの名前が飛び出して来たりして(?!)
これは私の勝手な想像だけど。
だけど、ビル・ゲイツさんが國體ワンワールド側の人間だと言うことは、過去に、落合先生がハッキリと言ってたと思うしね。

 
明日開催予定の中伝第二期講義は再延期となっておりますので、
門人の皆様は必ずメールをご確認くださいませ。
 
また、来月号のインペリアル・アイズでは、
コロナウィルス発生源の真相に迫ります。

 
今のところ来月の新規会員募集は未定ですので、
落合先生の見解を知りたい方は今月中にご入会を
強くお勧めいたします。

 
無料版メルマガでご案内するのは初めてですが、
今月号の内容もかなり刺激的ですよ。
http://b56.hm-f.jp/cc.php?t=M15940&c=22004&d=462a
 
インペリアル・アイズへのご入会は、
【2月25日(火)06:00】まで承ります。

 
落合吉薗秘史シリーズの在庫補充も完了しておりますので、
まだお持ちでない書籍がある場合は今すぐAmazonへ。
 
さて、本題に入ります。
近日中に新規メルマガを発行することにしました。
 
「インペリアル・アイズ無料版」というメルマガ名では、
弊社の事業目的を達成するためには不適切だからです。
 
なぜ不適切なのか。
近々、新規事業をリリースするからです。
 
新規事業のコンテンツは落合先生関連ではございません。
 
もちろん、「下学して上達す」の真意に基づき、
「民間に隠れ住む賢人・苦労人・仁徳ある老人」
から学ぶコンテンツには変わりありません。
 
さらに、「インペリアル・アイズ無料版」読者の皆様は、
落合先生のファンばかりでございますので、
落合先生以外に興味関心がないという方も多いです。
 
私が落合先生無料企画のナビゲーターを務め、
落合先生だけのプロモーションを行ってきた
メルマガですので、それは当たり前です。
 
また、「インペリアル・アイズ無料版」は、
私が情報をお届けする媒体としては不適切に
なっていることもメルマガを分ける理由です。
 
役務提供外の無料サービスとはいえ、
なんとか読者の皆様に楽しんで頂こうと
できるだけハイリスクで濃密な情報を
お届けする努力をしてまいりましたが、
昨年7月でやめることにしました。
 
読者層が複雑になるにつれ、
私自身の周辺や落合先生の信頼関係にまで
影響を及ぼし始めたからです。
 
より多くの人々に落合史観を届け、
落合先生ファンになってもらうために尽力した結果、
 
落合史観を学ばない人々を卑下したり、
ファン同士でのマウンティングも散見されました。
 
全くもって本意ではありません。
 
どのような事業も同じですが、
拡散と反比例してその純粋さが失われます。
 
私の能力のなさを恥じるとともに、
ここが潮時と考え、落合史観の純粋さを護るために、
私は拡散をやめることにしました。

 
それ以来、無料企画は一切行っていませんし、
これからも行う予定はありません。
 
一方、落合史観の普及がとまってしまうことを
ご心配になる方もいらっしゃるでしょう。
 
そこはご安心ください。
 
私自身、他社主催のセミナー事業で、
微力ながら普及を続けていきますし、
 
落合先生のもとで学ぶべき人財は、
すでに出揃っているからです。
 
その人財とは、もちろん、
今このメルマガをお読み頂いているあなたです。
 
今後、新規メルマガを発行することになりますが、
 
●インペリアル・アイズ新規会員募集
●落合先生新刊発行のご案内
●初伝、中伝などのセミナー企画のご案内
●落合先生関連新企画のご案内
 
などなど、
 
あなたがが落合先生のコンテンツに
触れ続けることができるよう、
「インペリアル・アイズ無料版」を
継続して、活用させて頂きます。
 
ただし、昨年7月以来同様、
月に3通ほどのご案内となってしまいますことを
ご了承くださいませ。
 
何はともあれ、今後は、
 
「インペリアル・アイズ無料版」
「新規メルマガ(タイトル不明)」

 
二つのメルマガを今後お届けいたします
 
ところで、もう一つの新規メルマガについて、
何もご説明させて頂いていないですね、、、
 
新事業のリリースと同時にご説明いたします。
早ければ、今月末、遅くとも来月初旬です。
 
弊社としましては、落合史観を学ぶあなただからこそ、
絶対に学ぶべき「新時代の指標」であると考えています。
 
これを徹底的に学ばなければ、
私自身、新時代の淘汰の対象です。
 
新メルマガでは、近日リリース予定の新事業以外にも、
様々な無料情報を積極的に配信していきます。
 
もちろん、落合先生以外興味ないという方は、
即刻、新メルマガを登録解除くださいませ。
 
それではまた。
 
これからの時代を生き抜くために。
そして、日本の國體を護るために。
 
戦略思想研究所 中森護
 
P.S.
 
来月号のインペリアル・アイズの内容は、、、
 
【動画1】コロナウィルス発生源の真相
 
【動画2】巨大国家分裂の序章
 
【コメント】
これはもう中華人民共和国のことでしょう。何の根拠も無いけど、いろんなところで言われているし、
落合先生も過去に、支那は分国化が理想と述べられている。(以下の記事参照)

 
2018/8/2に私が書いた記事⇒只今、今月号のインターネット講座映像を視聴中。支那の話は非常に難しい!
 
【動画3】ロンダリング『落合莞爾自伝その4』
 
【動画4】2020年3月号Q&A
 
Q1「EUへのイスラム難民雪崩れ込みは、どちらの勢力が行っているのでしょうか?
Q2「『グリーンランド・セオリー』という書籍について、落合先生のお考えをお聞かせください。」
Q3「覇道一神教勢力の中心はどこにあり、何を目的に活動しているのでしょうか?」
Q4「サウジアラビアへの攻撃は中東戦争に繋がるのでしょうか?國體との関わりは??」
Q5「文鮮明氏は国體勢力側の人物なのでしょうか?」
Q6「中華人民共和国の崩壊のために、國體ワンワールドが香港のデモをしかけているのでしょうか?」
Q7「イギリスは、現代においては世界のどのような立ち位置なのでしょうか?「ガーター騎士団天皇が入っている意味とは??」
Q8「國體の力でチベットを救う動きはないのでしょうか?」
Q9「スノーデンのフランス亡命によって世界情勢がどのように変化するか、先生のご見解をお聞かせください。」
Q10縄文人の一部が氷河期の終わりにメソポタミアに移住し、日本列島に戻って来たとの説について先生のご見解をお聞かせください」
Q11「暗号通貨の発行により、簿外資産である國體黄金ファンドは白日の下に晒されることになるのでしょうか?」
 
以上です。
 
会員の皆様は楽しみにお待ちくださいませ。
 
今月のうちにご入会を希望される方はこちらから。
http://b56.hm-f.jp/cc.php?t=M15940&c=22004&d=462a
【2月25日(火)06:00まで・来月募集未定】
 
≪≪≪≪最後に、お願いがあります≫≫≫≫
 
これからお届けするメールが「迷惑メール」に入ってしまうと、
 
大切な情報をご覧頂くことが出来なくなってしまいます。
 
これからお送りする動画を見逃さないためにも、
是非メールの振り分け設定をしてください。
 
現時点では「迷惑メールフォルダ」に入っていない場合でも、
最近のメーラーのセキュリティ対策が強すぎるため、
今後「迷惑メールフォルダ」に入ってしまう場合があります。
 
詳しい情報は下記に載っています。
1~2分で済む簡単な作業ですので、是非流れにそって設定
をお願いいたします。
https://www.fpo.bz/mail/
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[発行元] 株式会社戦略思想研究所
[住所] 〒108-0014東京都港区芝5丁目16-14
ノックスビル 3F・4F
[責任者] 中森護
[メール] info●imperialeyes.com
 
(●を@に変えてください)
[配信解除]
配信解除は、本メール最下部のURLより行って頂けます。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
※配信解除URL
https://b56.hm-f.jp/index.php?action=C1&a=3&f=2&g=1&c=22004&code=d196f33cf39a8761e6c4ef7541c46b6d
 
※メールアドレス再登録はこちらから。
https://b56.hm-f.jp/index.php?action=R1&a=3&g=1&f=1
 

これを移行しながら、ふと思った事。京都御所に入る?


これを移行しながら、ふと思った事。京都御所に入る?
2020年2月11日(火) 建国記念の日 晴れ
 
相変わらず、気長に落合史観関連の記事を「黒板五郎の徒然草」から「黒板五郎のウバイド國體ワンワールド」にブログ間移行している最中であるが、下の記事を移行していて、ふと頭に浮かんだ事がある。
 
 インペリアル・アイズ無料メール 落合史観に虚数を絡めてみました
 
そのキッカケになったのが以下の一文である。
 
『このような時代に「仙洞政略」がテーマとなることは、落合先生から何かしらの示唆が与えられているということかもしれません。』
 
中森護さんも、上の無料メールを書いている時に、落合先生から何らかの指示が与えられたのでは? と思って、その内容が彼の頭をよぎったのではないかと思うのだが、
『何かしらの示唆』があるのだとしたら、いったい何なんだろうと私も思った次第である。
 
そして、頭に浮かんだのが京都御所への復帰という事である。
 
以前、落合先生は確か、明治天皇大室寅之祐)が即位後に京都から東京に移ったことに対して、「東京に遷都した訳ではないから、単なる奠都(てんと)である。」と言われていたと思うが、奠都の意味を調べてみると、「都を定める」という意味だそうであり、都を移す(=遷都)ということまで言っている訳ではないということであった。
即ち、東京も「都」だが、京都も相変わらず「都」だと言う事だと思う。勿論、天皇家の中の話であって、「都」の意味は、世界共通の「首都(=政治の中心)」という概念とは別の意味だとは思うが。
 
この私の思い付きが、もしも落合先生からの示唆だったとするならば、上皇陛下(前天皇)か、或いは、今上天皇陛下(前皇太子)のどちらかが、京都御所に入られるということではないかと思った次第である。
 
昨年の5月に天皇を即位した今上陛下が、皇居に移られずに以前からの東宮御所(赤坂御所)におられるのが、何かしら違和感があったのだが、もしかしたら、上皇陛下が京都御所に移られるから、それを待っているのかもしれないと。
 
ちょっとネットを調べた範囲では、上皇ご夫妻と天皇ご一家が、皇居〜赤坂御所の間でお住まいを交換される予定(来年1月〜3月)になっていて、現在改修中となっているそうであるが、これが、もしかして変更になって、上皇ご夫妻が京都に入られるとか・・・。
 
まあ、単なる私の空想である(笑)。
 
上の記事には、HAARPの事も書かれてますネエェ。HAARPに関する私のコメントも書かれているけど、何処からの情報を元に書いたんでしょうネェ。全く記憶に残ってないんだけど(笑)。

 

インペリアル・アイズ無料メール ページを閉鎖します


インペリアル・アイズ無料メール ページを閉鎖します
2020年2月10日(月) 晴れ
 
以下、本日配信された無料メールを転載する。
 
★★★明後日(2月12日)の午前10時までに参照しないと、参照先ページは閉じられる様である。
 
なお、過去の転載分は、以下から参照できる。
 【索引】インペリアル・アイズ無料メール
 
・文字の修飾(色付け、文字サイズ変更など)、用語等へのリンク付けは私の趣味である(笑)。
・私の補足説明を、緑文字で文中に挿入している場合あり。
 
〜〜〜以下、転載〜〜〜
ページを閉鎖します
 
こんばんは。
戦略思想研究所 中森です。
 
突然ではございますが、
【明後日午前10時】をもって、
こちらのページを閉鎖します。

http://b56.hm-f.jp/cc.php?t=M15450&c=10329&d=fe82
 
理由は真っ先に冒頭でご説明しているとおりです。
そのため、必要最低限のご案内をさせて頂きます。
 
インペリアル・アイズ2019年5月号コンテンツを
ご視聴になったことがない方は、
今ここで「令和のシナリオ」を入手してください。
http://b56.hm-f.jp/cc.php?t=M15450&c=10329&d=fe82
 
本来であれば、インペリアル・アイズにご入会後、
別途、5980円(税込)お支払い頂いているコンテンツの一部です。
 
他では絶対に手に入れることができない衝撃情報をお見逃しなく。
 
【明後日午前10時】までにキャンペーンにご参加頂ければ、
ページ閉鎖移行も下記コンテンツを入手できる機会はあります。
 
「荒廃した世界を救う 令和の大航海」
(※インペリアル・アイズ2019年5月号から一部抜粋)
 
「通貨経済、閉幕 通貨暴落のシナリオ」
(※インペリアル・アイズ2019年6月号から一部抜粋)
 
絶対に後回しにされないようお願いいたします。
 
コメント)
私は2019年5月号のコンテンツも2019年6月号のコンテンツも持っているが、重要な部分を32分に編集してくれているのなら、500円出して編集版を買っても良いかと思いたくなるナァ(笑)

 
また、繰り返しになりますが、
インペリアル・アイズは(株)リアルインサイト様の
システムを利用しているため、
 
コンテンツ視聴手続きは(株)リアルインサイト様を
仲介しますことをご了承くださいませ。
 
それではまた。
 
これからの時代を生き抜くために。
そして、日本の國體を護るために。
 
戦略思想研究所 中森護
 
P.S.
 
落合吉薗シリーズ最新刊、
神聖ローマ帝国世襲皇帝になった南朝王子』
在庫なくなり次第販売終了となります。
 
こちらも後回しにして、入手できなかった
ということがないようお祈りしております。
 
≪≪≪≪最後に、お願いがあります≫≫≫≫
 
これからお届けするメールが「迷惑メール」に入ってしまうと、
 
大切な情報をご覧頂くことが出来なくなってしまいます。
 
これからお送りする動画を見逃さないためにも、
是非メールの振り分け設定をしてください。
 
現時点では「迷惑メールフォルダ」に入っていない場合でも、
最近のメーラーのセキュリティ対策が強すぎるため、
今後「迷惑メールフォルダ」に入ってしまう場合があります。
 
詳しい情報は下記に載っています。
1~2分で済む簡単な作業ですので、是非流れにそって設定
をお願いいたします。
https://www.fpo.bz/mail/
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[発行元] 株式会社戦略思想研究所
[住所] 〒108-0014東京都港区芝5丁目16-14
ノックスビル 3F・4F
[責任者] 中森護
[メール] info●imperialeyes.com
 
(●を@に変えてください)
[配信解除]
配信解除は、本メール最下部のURLより行って頂けます。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
※配信解除URL
https://b56.hm-f.jp/index.php?action=C1&a=3&f=2&g=1&c=10329&code=72e22f386f8321a0acf4b328c6b6cc71
 
※メールアドレス再登録はこちらから。
https://b56.hm-f.jp/index.php?action=R1&a=3&g=1&f=1  
 

 

インペリアル・アイズ無料メール 地球人類を救うプロジェクト


インペリアル・アイズ無料メール 地球人類を救うプロジェクト
2020年2月7日(金) 晴れ
 
以下、本日配信された無料メールを転載する。
 
今回の無料メールは、難しい!! ちょっと理解できませんナァ。
 
・物事には必ず両子(ふたご)の面で説明出来て、それに反するもの(説明出来ないもの)は物事の存在を崩す??
 
・だから、地球上の生態や環境などの変化をリアルタイムに把握し、両子の面が必ずある(あれば調和が保てる??)から、それをベースに(両子の面が無いものは排除して?)、自然環境の調和を保つ仕組みを作ろう・・・って言ってる様な?
 
 う〜ん、give up! (笑)
 
 
なお、過去の転載分は、以下から参照できる。
 【索引】インペリアル・アイズ無料メール
 
・文字の修飾(色付け、文字サイズ変更など)、用語等へのリンク付けは私の趣味である(笑)。
・私の補足説明を、緑文字で文中に挿入している場合あり。
 
〜〜〜以下、転載〜〜〜
地球人類を救うプロジェクト
 
こんにちは。
戦略思想研究所 中森です。
 
昨晩、豊後から戻ってきました。
大分空港から横浜の自宅までちょうど2時間。
 
まるで私を待っているかのように交通機関
動いてくれたので、驚愕のタイムが出ました。
 
実は新時代とは、こんな時代になるようです。
ある人物はその時代を「皇の時代」と呼んでいます。
 
「皇の時代」の生き方は、後日お教えいたしますが、
どうしても淘汰されゆく者が出てしまう時代である、
ということだけお伝えしておきます。
 
さて、豊後出張の成果報告といきましょう。
 
私が豊後を訪れた目的は他でもありません。
玄語』の大家のお話をより深くお伺いするためです。
 
スカイプからは伝わらない波動は必ずありますので、
チューニングの精度を高めるには、
現地で直接お会いすることが一番です。
 
『玄語』の大家とは北林達也氏のことで、
インペリアル・アイズ2019年5月号にて、
落合先生と対談されています。
 
豊後では北林氏とともに三浦梅園の墓前で手を合わせ、
資料館では直接レクチャーして頂きました。
 
六郷満山両子寺の清浄な空気に触れたその時、
北林氏の頭脳にある全世界的プロジェクトを
具現化する
決意を新たにしました。
 
そのプロジェクトとは間違いなく、
地球人類を救うプロジェクトになると確信しています。
 
北林氏はそのプロジェクトを言うなれば、
google earth 地球生態系版」としています。
学問的には「地球生態工学」と位置付けています。
 
地球上の生態や環境などの変化をリアルタイムに把握し、
自然環境の調和を保つ仕組みをつくろう
というのです。
 
位置情報にも紐づけた空間情報として処理するため、
google earth 地球生態系版」です。
 
その発想の源はもちろん『玄語』になります。
『玄語』の由来は次の一文から来ているようです。
 
『玄語』は23回もの改訂が行われてるにも関わらず、
未だに完成せざる超難解で奥深い書物ですが、
初稿のひとつから引用いたします。
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
いひやすからざる事あり。いひやすくば玄としもいはんや。
名づけやすからざる事〈者・物〉あり。
名づけやすくば豈玄ならんや。
 
暫くかつて一元気といふ。
一元気、宇宙に充満して秋毫のすへをものこさず。
天地位し万物育す〈よくわかちあはせ、生々化々して端倪をみず〉
(〈〉印は挿入句)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
第二稿では次のように校正され、清書されています。
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
名づけやすからざる者有。暫かつて一元気といふ。
一元気、宇宙に充満して秋毫の末をものこさず。
よくわかちあはせ、生々化々して端倪をみず。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
つまり、『玄語』の由来は、
「名づけやすからざる物」→「一元気」→「玄」→「玄語」
となっているようです。
 
幽玄に代表される"玄"という字にはどことなく、
始まりと終わりの玄(くろ)を感じてなりません。
 
空海の『秘蔵宝鑰』に、
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
生まれ生まれ生まれ生まれて生の始めに暗く、
死に死に死に死んで死の終わりに冥し
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
とありますが、
 
始まりも終わりも見えない(理解できない)といった意味で、
『玄語』とは終わりのない研究テーマのひとつなのでしょう。
 
そもそも、「名づけやすからざる物」から始まっているのですから、
始まりもない(理解できない)といった状況です。
 
人類がどこから来て、どこに行くのかを理解しようとすることと
同じことでしょうか、、、キリがないですね。
 
一方、『玄語』は今まさにここに「在り」、
それを研究し続ける人物が今まさにここに「在る」わけですから、
「どうせよく分からないもの」として無視することはできません。
 
それは、私の直感です。
 
『玄語』は森羅万象を両子(ふたご)の思想で説明しています
つまり、物事はすべて対(ペア)になっているということです。
 
「名づけやすからざる物」→「一元気」は、
「一即一一、一一即一」の条理で展開します。

 
その原理原則の応用技術のひとつが、
google earthの地球生態系版」なるものです。
 
地球上の生態系の変化や気象変化なども、
対発生、もしくは対消滅で「一即一一、一一即一」
になれば正常
です。
 
地球規模にとどまらず、太陽系規模で俯瞰すれば、
気象変化と黒点周期にも「一即一一、一一即一」の
関係を見出すことになるでしょう。
 
逆に「一即一一、一一即一」の条理で展開できない事象は、
「一元気」に反すると考えられますので、
自然環境の調和を崩すリスクが高いということになります。
 
とりわけ、化石燃料の消費量に対する世界人口の増加は、
そのひとつであると言えるでしょう。
 
三浦梅園の思考のスタンスは「対立しても対等であるべし」で、
地動説と天動説を突き合わせて考えるほど、
「一即一一、一一即一」を徹底していたとお伺いしています。
 
地球も動いて、太陽も動くわけですから、
導き出される天体の運動状態はスパイラルになります。
 
太陽が銀河を高速で公転していることは、
現代の観測技術では当たり前のことですが、
それを江戸時代の梅園は理解していたのです。
 
そして、両子(ふたご)の思想なのですから、
二つの焦点を持つ楕円構造にも繋がります。
 
銀河の形状三分類(楕円銀河、渦巻銀河、レンズ状銀河)のうち、
梅園には、すでに楕円銀河、渦巻銀河の存在を予想できていたと
考えられます。
 
ここで、もう一度、
『玄語』の由来に関わる一文の第二稿をお読みください。
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
名づけやすからざる者有。暫かつて一元気といふ。
一元気、宇宙に充満して秋毫の末をものこさず。
よくわかちあはせ、生々化々して端倪をみず。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
一元気、、、名づけやすからざる者、、、ですね。
 
「対立すれば克服(征服)すべし」としてきた人々には、
絶対に理解することはできないでしょう。
 
そうでなくとも、到底理解できるものではありません。
 
google earth 地球生態系版」を構想した北林氏
を除いては、、、
 
「地球人類を救いたい」と本気で考える北林氏の純粋さが、
『玄語』研究を大きく前進させました。
地位や金銭を求めなかったからこその偉業です。
 
私も本気で「google earth 地球生態系版」を実現したい
と考えています。
 
あまりにも壮大でそれこそエクサスケールのシステムです。
プロジェクト始動の道筋を立てさえすれば、私自身は身を引く
ことになりますが、10年以内に形にしたいと考えています。
 
関心のある方がいらっしゃいましたら、
知恵をお貸し頂けますと嬉しいです。
 
ところで、一昨日スタートした下記企画。
http://b56.hm-f.jp/cc.php?t=M15349&c=22004&d=462a
 
インペリアル・アイズご入会に踏み切れなかった方へ
新時代に必要な思考法と情報をお届けしております。
 
google earth 地球生態系版」構想が生まれたのも、
「令和のシナリオ」のひとつであろうと確信しています。
 
すでに2019年5月号コンテンツをお持ちの方は、
こちらのコンテンツのみ入手することもできます。
 
「通貨経済、閉幕 通貨暴落のシナリオ」
http://b56.hm-f.jp/cc.php?t=M15350&c=22004&d=462a
 
本来であれば、インペリアル・アイズにご入会後、
別途、5980円(税込)お支払い頂いているコンテンツの一部です。
 
他では絶対に手に入れることができない衝撃情報をお見逃しなく。
 
インペリアル・アイズは(株)リアルインサイト様の
システムを利用しているため、
 
コンテンツ視聴手続きは(株)リアルインサイト様を
仲介しますことをご了承くださいませ。
 
それではまた。
 
これからの時代を生き抜くために。
そして、日本の國體を護るために。
 
戦略思想研究所 中森護
 
P.S.
 
落合吉薗シリーズ最新刊、
神聖ローマ帝国世襲皇帝になった南朝王子』
物凄い勢いで出荷されております。
 
在庫なくなり次第販売終了となりますので、
今すぐAmazonで検索お願いいたします。
 
≪≪≪≪最後に、お願いがあります≫≫≫≫
 
これからお届けするメールが「迷惑メール」に入ってしまうと、
 
大切な情報をご覧頂くことが出来なくなってしまいます。
 
これからお送りする動画を見逃さないためにも、
是非メールの振り分け設定をしてください。
 
現時点では「迷惑メールフォルダ」に入っていない場合でも、
最近のメーラーのセキュリティ対策が強すぎるため、
今後「迷惑メールフォルダ」に入ってしまう場合があります。
 
詳しい情報は下記に載っています。
1~2分で済む簡単な作業ですので、是非流れにそって設定
をお願いいたします。
http://m-wake.com/
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[発行元] 株式会社戦略思想研究所
[住所] 〒108-0014東京都港区芝5丁目16-14
ノックスビル 3F・4F
[責任者] 中森護
[メール] info●imperialeyes.com
 
(●を@に変えてください)
[配信解除]
配信解除は、本メール最下部のURLより行って頂けます。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 

インペリアル・アイズ無料メール ワンワールド経済のモデルケース【新キャンペーン】


インペリアル・アイズ無料メール ワンワールド経済のモデルケース【新キャンペーン】
2020年2月5日(水) 晴れ
 
以下、本日配信された無料メールを転載する。
 
なお、過去の転載分は、以下から参照できる。
 【索引】インペリアル・アイズ無料メール
 
・文字の修飾(色付け、文字サイズ変更など)、用語等へのリンク付けは私の趣味である(笑)。
・私の補足説明を、緑文字で文中に挿入している場合あり。
 
〜〜〜以下、転載〜〜〜
ワンワールド経済のモデルケース【新キャンペーン】
 
こんにちは。
戦略思想研究所 中森です。
 
先ほど大分空港に到着し、一年ぶりの九州です。
いつもと違う出張先で、何かと新鮮です。
 
箱根を東にのぞむ空路がそれを際立たせます。
 
私が豊後を訪れる目的はただひとつ。
その成果は別の機会にお伝えできると思います。
 
ところで、私の出張先といえば大阪と和歌山ばかり。
月の三分の一をそちらで過ごすこともあります。
 
その中でも、大阪は楠葉(樟葉)滞在の比率が
高まってきました。
 
滞在の主目的はセミナー講師業ですが、
ふと気づけばセミナー主催者のコミュニティに
片足突っ込んでいる状況です。
 
もはや秘密裏に同化政策を進めているのではと
疑われてもおかしくないほど、
そのコミュニティに関わった人々が次々と楠葉へ
移住する現象が起こっています。
 
それも20代が中心。
 
彼らが提供する水と食とビジネス環境に
身も心も虜になってしまったのでしょう。
 
水と食と仕事場さえ満足させれば人は動く、
とも言わんばかりのおそるべき統治術は、
驚嘆に値します。
 
そのコミュニティとは「ゆにわ」のことですが、
今や一大勢力となりつつあります。
 
昨年12月の伊勢参拝セミナーには
集客1000人超を成功させたことが、
その証左であるといえるでしょう。
 
ところで、ゆにわコミュニティと交流していて、
私はとてつもなく重大な仕組みに気づきました。
 
ゆにわコミュニティの一員として活動している人々は、
資本を所有せず、「総有」していたのです。

 
ゆにわコミュニティの成員はそれぞれのビジネスで
成功を収めている人ばかりなのですが、
その収益をコミュニティ全体の経済活動のために供出し、
ゆにわに関わるすべての人々に還元しています。
 
私もその恩恵に多いにあずかっている一人です。
 
ここで、落合吉薗秘史3『日本皇統が創めたハプスブルク大公家』の
280ページから引用する形で「総有」をご説明いたします。
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
そもそも國體黄金は、日本やスイスなど特定地域や、
皇室・教会などの特定勢力に属するものではなく、
 
ウバイド人が形成する國體ワンワールド
「共同所有財産」
なのである。
 
共同所有財産とはいうが、
民法の「総有」に近い性格である。
 
民法学の所有権理論によれば、
「総有」とは共同所有の一形態で、
 
財産の管理・処分権は各成員ではなく
総有団体(ゲノッセンシャフト)に属し
 
各成員は慣習ないし会則に応じて
使用・収益権を有する
、とされる。
 
國體ワンワールドは、黄金ファンドに関する限り
ゲノッセンシャフト(総有団体)とみてよいようであるが、
 
その成員は自由意志で参加・脱退できるものでなく、
成員たる要件としてウバイド末裔の証として「イシヤ」
という族籍が要求される
らしいから、
それなら一種の社団法人である。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
「総有」のイメージはできましたでしょうか?
 
私には、ゆにわコミュニティが、
ゲノッセンシャフトに見えてならないのです。
 
もちろん法的拘束力があるものではありません。
そのため、擬似ゲノッセンシャフトとするのが
適切でしょう。
 
それと同時に、大勢五転考目も見えてきました。
「うからやからの代」の具体的イメージです。
 
「うからやからの代」が到来するということは、
日本の國體、すなわち「あるべき姿」に戻ること

であろうと私は考えています。
 
ところで、日本の國體とは何か。
 
落合秘史6『日本教の聖者西郷隆盛天皇社会主義』の
42ページから一部引用して復習しましょう。
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
職能を異にしたカバネがそれぞれの特性を保持しながら、
他のカバネと協業して社会活動を営む集合体の中心に天皇がおられる。
これが列島社会の理想的なあり方で、これを「國體」と呼びます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
実は、ゆにわコミュニティでは、
この理想的なあり方が実践されているのです。
 
血統に基づくカバネではないというだけで、
理念を同じくする人同士のコミュニティが次々と生まれ、
資本のみならず知識や技術を「総有」し、
 
異なるコミュニティ同士が相互補完し合いつつ、
経済を循環させていく姿を、
楠葉では目の当たりにすることができます。
 
それはきっと、
ワンワールド経済のモデルケースです、
 
「うからやからの代」はすでに到来し、
ワンワールド経済の完成」に向かって、
確かに時代は動いています。
 
定められた「令和のシナリオ」に従って、、、。
 
さて、前置きが大変長くなってしまいましたが、
ここからが本題です。
 
本日より新キャンペーン
『今こそ、あるべき姿に戻る時 令和のシナリオ』
を開催いたします。
 
新時代へと移行するということは、
旧時代の「浄化」が行われることであると
私は考えています。
 
「浄化」という言葉は美しいですが、
現実世界では何が行われていくのか。
 
それはあなた自身で洞察してみてください。
 
そのために必要な思考法と情報を、
より多くの人々にお届けしようとするのが、
新キャンペーン開催の趣旨
になります。
 
インペリアル・アイズ会員の皆様には、
すでにお届けしている内容ばかりではございますが、
 
2019年5月号と2019年6月号コンテンツをお持ちでない方は、
ぜひ今すぐこちらから手に入れてください。
http://b56.hm-f.jp/cc.php?t=M15308&c=10329&d=fe82
 
インペリアル・アイズは(株)リアルインサイト様の
システムを利用しているため、
 
コンテンツ視聴手続きは(株)リアルインサイト様を
仲介しますことをご了承くださいませ。
 
それではまた。
 
これからの時代を生き抜くために。
そして、日本の國體を護るために。
 
戦略思想研究所 中森護
 
P.S.
 
 
落合吉薗シリーズ最新刊、
神聖ローマ帝国世襲皇帝になった南朝王子』
Amazonにて絶賛発売中。
 
待てど暮らせど最新刊が届かないと不審に思っている方。
最新刊をお届けする月額制サービスはすでに終了しております。
 
在庫なくなり次第販売終了となりますので、
今すぐAmazonで検索お願いいたします。
 
≪≪≪≪最後に、お願いがあります≫≫≫≫
 
これからお届けするメールが「迷惑メール」に入ってしまうと、
 
大切な情報をご覧頂くことが出来なくなってしまいます。
 
これからお送りする動画を見逃さないためにも、
是非メールの振り分け設定をしてください。
 
現時点では「迷惑メールフォルダ」に入っていない場合でも、
最近のメーラーのセキュリティ対策が強すぎるため、
今後「迷惑メールフォルダ」に入ってしまう場合があります。
 
詳しい情報は下記に載っています。
1~2分で済む簡単な作業ですので、是非流れにそって設定
をお願いいたします。
http://m-wake.com/
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[発行元] 株式会社戦略思想研究所
[住所] 〒108-0014東京都港区芝5丁目16-14
ノックスビル 3F・4F
[責任者] 中森護
[メール] info●imperialeyes.com
 
(●を@に変えてください)
[配信解除]
配信解除は、本メール最下部のURLより行って頂けます。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
※配信解除URL
https://b56.hm-f.jp/index.php?action=C1&a=3&f=2&g=1&c=10329&code=72e22f386f8321a0acf4b328c6b6cc71
 
※メールアドレス再登録はこちらから。
https://b56.hm-f.jp/index.php?action=R1&a=3&g=1&f=1
 

インペリアル・アイズ無料メール 最新刊、発売開始【本日締切案件あり】


インペリアル・アイズ無料メール 最新刊、発売開始【本日締切案件あり】
2020年1月31日(金) 晴れ
 
以下、本日配信された無料メールを転載する。
 
なお、過去の転載分は、以下から参照できる。
 【索引】インペリアル・アイズ無料メール
 
・文字の修飾(色付け、文字サイズ変更など)、用語等へのリンク付けは私の趣味である(笑)。
・私の補足説明を、緑文字で文中に挿入している場合あり。
 
〜〜〜以下、転載〜〜〜
最新刊、発売開始【本日締切案件あり】
 
こんにちは。
戦略思想研究所 中森です。
 
様々な情報が交錯するパンデミック前夜。
日本政府の対応に不安を覚える方も多いことでしょう。
 
新型コロナウィルスはすでに10万人以上が
感染しているとの情報もありますが、
 
100年前のスペイン風邪大流行では、
世界中で5億人以上が感染し、
その10%が死亡したといわれています。
 
人類の免疫獲得と新型ウィルス発生は、
いたちごっこの様相を呈していますが、
果たして真相は、、、?
 
落合先生にご所見を頂いて共有したいところですが、
現在進行形で起こっていることを妨げてはならない
というお考えをお持ちでございますので、
事態の真相はあなた自身で洞察してみてください。
 
おそらく2月22日の第二期中伝講義にて、
落合先生所見を得られると思いますので、
門人の皆様はよくよく整理お願いいたします。
 
2/22の中伝講義の際に、新型コロナウィルスに関する落合先生の所見が語られたとしても、
多分、門弟止まりの情報になると予想されるので
無料メールユーザや、通常のインペリアル・アイズ インターネット有料講座を受講している私らには、
ある程度の年数を経てからでないと開示しては貰えないでしょうナァ。
 
また、私としましては、
諸事情により第三期の開催は考えておりません。
 
「諸事情」って、多分、『協力者を増やすためのinputのフェーズはもうお仕舞い。いよいよ、京都皇統から落合先生に託された本来の目的と思われるoutputフェーズ(「真実の歴史」の編纂作業を開始して、国民に「真実の歴史」を知らしめる事で、捻じ曲げられた嘘の歴史を解消させるフェーズ)に入ることではないか? ご高齢の落合先生の事を考えると、準備段階(門弟(協力者)育成の段階)はこれ以上は延ばせないと考えているということ』ではないか? 根拠も何もない私の単なる推測だが。
 
落合先生に第三期登壇の強いお気持ちがあったとしても、
東京開催は第二期が最初で最後となります。
 
もし、第三期以降の受講を予定されていた方で、
第二期受講を希望される方がいらっしゃいましたら、
お問い合わせくださいませ。
 
【本日まで】お申込を承ります。
 
さて、メルマガタイトルの件について発表いたします。
発表とは他でもありません。
 
大変お待たせしてしまいましたが、
 
落合吉薗シリーズ最新刊、
神聖ローマ帝国世襲皇帝になった南朝王子』
 
本日よりAmazonにて発売開始いたしました。
 
弊社の資金力の都合上、
在庫は限られておりますので、
お求めはお急ぎくださませ。
 
また、第七巻~第九巻は在庫切れとなっており、
現在、増刷の準備を進めております。
 
2月中旬以降に順次在庫補充してまいりますので、
今しばらくお待ちくださいませ。
 
最後に、来月号のインペリアル・アイズの
動画コンテンツをご紹介いたします。
 
【動画1】真相洞察、ゴーン脱獄事件
 
【動画2】発見、南北朝秘密合一の物証
 
【動画3】レールに乗せんと接触する人物たち『落合莞爾自伝その3』
 
【動画4】2020年2月号Q&A
 
Q1「李氏とは何者でしょうか?」
 
Q2「なぜ國體はイスラエルを建国したのですか?」
 
Q3「プーチン氏やトランプ氏が登場してきた端緒とは?」
 
Q4「なぜ英国QE2だけは生前退位(譲位)を免れているのでしょうか?」
 
Q5「日本は英領にあるとの英米の公式情報に記載されていますが、真偽のほどはいかがでしょうか?」
 
Q6「古代から現在にかけて、最終的に日本皇室が密かにウバイドの一大勢力となったということでしょうか?」
 
Q7「人々の移動が激しかった地域では、結果としてウバイドはタカス勢力拡大を促したのでしょうか?」
 
Q8「大航海時代以来の世界構図は、覇道一神教勢力とウバイド國體勢力の二元対立であり、その下に政体タカスが敵味方に入り乱れ、合従連衡を繰り返し寄生してきたということでしょうか?」
 
Q9「イエズス会が植民地の拡大や奴隷制、偽善的なグローバリズムを推し進めてきたのでしょうか?」
 
Q10「CIA、ペンタゴン、米国海兵隊、米国陸軍は一神教、國體と色分けを行うならどのようになるのでしょうか?沖縄の本当の姿は??」
 
Q11「天安門事件に日本と中華の國體はどのように関わってきたのでしょうか?」
 
Q12「昭和天皇崩御と合わせて起こった様々な東アジアの大事件は、中国を次の時代へ進めるためのワンワールド國體の計画だったのでしょうか?」
 
ぜひ楽しみにお待ちくださいませ。
 
それではまた。
 
これからの時代を生き抜くために。
そして、日本の國體を護るために。
 
戦略思想研究所 中森護
 
P.S.
 
近日中にインペリアル・アイズ新キャンペーンを開始し、
今月中に弊社新プロジェクトのリリースを行います。
 
そちらも楽しみにお待ちくださいませ。
 
≪≪≪≪最後に、お願いがあります≫≫≫≫
 
これからお届けするメールが「迷惑メール」に入ってしまうと、
 
大切な情報をご覧頂くことが出来なくなってしまいます。
 
これからお送りする動画を見逃さないためにも、
是非メールの振り分け設定をしてください。
 
現時点では「迷惑メールフォルダ」に入っていない場合でも、
最近のメーラーのセキュリティ対策が強すぎるため、
今後「迷惑メールフォルダ」に入ってしまう場合があります。
 
詳しい情報は下記に載っています。
1~2分で済む簡単な作業ですので、是非流れにそって設定
をお願いいたします。
http://m-wake.com/
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[発行元] 株式会社戦略思想研究所
[住所] 〒108-0014東京都港区芝5丁目16-14
ノックスビル 3F・4F
[責任者] 中森護
[メール] info●imperialeyes.com
 
(●を@に変えてください)
[配信解除]
配信解除は、本メール最下部のURLより行って頂けます。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
※配信解除URL
https://b56.hm-f.jp/index.php?action=C1&a=3&f=2&g=1&c=22004&code=d196f33cf39a8761e6c4ef7541c46b6d
 
※メールアドレス再登録はこちらから。
https://b56.hm-f.jp/index.php?action=R1&a=3&g=1&f=1