黒板五郎のウバイド國體ワンワールド

落合史観に関する話題を取り扱うブログ

洞察帝王学講座・改【無料版】 堀川辰吉郎と満洲


洞察帝王学講座・改【無料版】 堀川辰吉郎満洲
2021年10月7日(木) くもり
 
以下、本日(10/7)配信された無料メールを転載する。
 
なお、過去の転載分は、以下から参照できる。 【索引】洞察帝王学講座・改【無料版】一覧表
 
・文字の修飾(色付け、文字サイズ変更など)、用語等へのリンク付けは私の趣味である(笑)。
・私の補足説明を、緑文字で文中に挿入している場合あり。
 
〜〜〜以下、転載〜〜〜
堀川辰吉郎満洲
 
おはようございます。
戦略思想研究所 中森です。
 
ご要望にお応えして、
「洞察帝王学講座・改 2681」
銀行振込による分割払いを追加しました。
 
ぜひ今すぐご利用ください。
https://st-inst.jp/l/m/4P97cb5fSxuPRF
 
「洞察帝王学講座・改 2681」
リリースから一週間。
 
落合先生との出会いで日本史の骨格が分かるようになり、
脳が喜び続けている
という声や、
落合先生のお話そのものが人生の救いであるという声など、
迷わず申し込まれている方々から感動の声が多数届いています。
 
「洞察帝王学講座・改 2681」では、
2021年10月~2022年9月にかけて、
 
ひとりがたり洞察帝王学講座(約60分)
最新洞察インタビュー映像(Q&A含む・約120分)
 
の二本立てのコンテンツを毎月お届けしておりますが、
落合先生の斬新な洞察と品格ある知性に毎月出会いたくて、
たまらないという方のお申込をお待ちしております。
 
本日は、2021年10月配信
ひとりがたり洞察帝王学講座の
内容の一部をお伝えします。
 
ひとりがたり洞察帝王学講座は、
前半、後半の二部構成。
 
それでは、早速ご確認くださいませ。
 
■ひとりがたり前半
 
・昭和4年、17年ぶりにフランスから日本へ帰国した藤田嗣治の隠れた動機
ハプスブルクと共通する日本の裏天皇の真の動き
・これからの日本の対中政策に深く関与する衝撃文書の内容とは?
・権力が必ず腐敗するワケとは?
トルキスタンまで征服した清国が日本に侵略しなかった本当の理由
・愛新覚羅家の本拠を称する一族の正体
・実際に実行された落合先生の拉致問題解決案とは?
・豊臣政権誕生の真相と朝鮮征伐の知られざる背景
 
【コメント】
藤田嗣治は、殆どの日本国民が思っている様な単純な「画家」じゃないですからね。
拉致被害者とされるMYさんは、朝鮮・李王朝最後の皇太子である李垠(りぎん)さんと梨本宮方子(まさこ)様の間のお孫さんですからね。そして、金正恩さんの実母ですからね。
 モンゴルにて横田夫妻が対面されたとするMYさんの娘・ヘギョンちゃんは、実名は金恩慶(ウンギョン)、金正恩さんの下の妹だし。
●日本の裏天皇(國體天皇)とは、多分、堀川辰吉郎さんの事だと思うけど、彼は、紫禁城にも入っていたし、ハプスブルク家に入っていた時期もあると聞いている。何しろ、当時の世界國體天皇だったそうだから。睦仁親王明治天皇ではない本物の睦仁親王の方)の実子で、高松宮宣仁親王の実父でもあるし。
 堀川辰吉郎という人物については、殆どの日本人は知らないと思うが、表の顔(國體天皇ではない方の顔)については、以前に、このブログでも紹介したので参考にされたし。以下。
  國體物語(1) 世界國體天皇 堀川辰吉郎(その一)  ※8月30日更新版


 
■ひとりがたり後半
 
・落合先生が「台湾は最初から独立している」と発言する真意とは?
・満蒙独立運動という概念自体がそもそもの間違い?一体どういうことなのか??
中華民国張作霖を傭兵として雇ったワケとは?
満洲帝国の國體天皇の正体
秩父宮高松宮の海外留学資金と満洲国秘宝の知られざる秘密
・落合先生が後藤新平と上原勇作を兄弟と見るワケとは?
・消えたシベリア抑留日本兵20万人の行方
・愛新覚羅家秘宝の行方と満州帝国再建計画
 
最新洞察インタビュー映像の内容は、
後日、別途お伝えいたしますが、
 
2021年10月号の舞台は満洲
であることが見えてきますね。
 
そして、神格の存在も、、、
そう、堀川辰吉郎です。
 
2021年10月7日時点、
弊社公式ブログ最新記事と
見事に共時性が伴っています。
 
修験子栗原茂【其の三十六】
羅津に根差したワンワールドのネットワーク
https://st-inst.jp/l/m/YB4XF45dsGzERo
 
にあるように、
世界無比の実在すなわち神格天皇あればこその文明。
 
そして、
 
【文明地政學叢書第三輯】
第一一章 堀川辰吉郎紫禁城入り
https://st-inst.jp/l/m/vjUruYSKWbe5kq
 
にあるように、
宇宙生命の一端を担う人の使命は
過去と未来の連続性がなければ、
現人神といえども要求を満たすことはできず、
 
その連続性に順えば神格に達しない命ほど、
通史の接ぎ穂としての辰吉郎の事績を知る
必要があります。
 
過去と未来の連続性を習得することとは、
学問の究極の目的に達することでもあります。
 
学問の目的は、決して博学になるためではなく、
己の本性に達し、魂を練磨し、状況の変化をわきまえ、
過去と未来の連続性を知ることにあると、
私は確信しております。
 
つまり、あなたの史観を磨き続けること。
 
そのためにこそ、
落合先生とともに学ぶことをあなたにご提案しています。
 
あなたとともに、
落合先生の洞察史観を「真正(神聖)なる帝王学
へと磨きあげ、
 
天地の真正の姿を目の当たりできますことを、
心より楽しみにしております。
https://st-inst.jp/l/m/4P97cb5fSxuPRF
 
それでは、また。
 
戦略思想研究所 中森護
 
P.S.
 
落合洞察塾はこれまでの中伝に相当する講座ですが、
これまでどおり半年間のパッケージで申込みたいという
ご要望も頂いております。
 
弊社としましても、パッケージでご案内したいところですが、
日程に縛られず自由に参加できる仕組みにするとともに、
多様な方々に落合先生と空間をともにする機会を増やすべく、
開催の都度、お申込をお願いしております。
 
理由はそれだけではなく、
昭和16年生まれの落合先生のお身体を考えれば、
毎回上京するお約束をできないこともあります。
 
落合洞察塾【第一回】は10月30日に開催しますが、
ひとつひとつの講義の時間を大事にしたいと思います。
 
≪≪≪≪最後に、お願いがあります≫≫≫≫
 
これからお届けするメールが「迷惑メール」に入ってしまうと、
 
大切な情報をご覧頂くことが出来なくなってしまいます。
 
これからお送りする動画を見逃さないためにも、
是非メールの振り分け設定をしてください。
 
現時点では「迷惑メールフォルダ」に入っていない場合でも、
最近のメーラーのセキュリティ対策が強すぎるため、
今後「迷惑メールフォルダ」に入ってしまう場合があります。
 
詳しい情報は下記に載っています。
1~2分で済む簡単な作業ですので、是非流れにそって設定
をお願いいたします。
https://st-inst.jp/l/m/fY5dwiWHAgkCUM
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[発行元] 株式会社戦略思想研究所
[住所] 〒108-0014東京都港区芝5丁目16-14
ノックスビル 3F・4F
[責任者] 中森護
[メール] info●st-inst.jp
 
(●を@に変えてください)
[配信解除]
配信解除は、本メール最下部のURLより行って頂けます。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
※配信解除URL
https://st-inst.jp/l/m/Zj9si3xl9k36Ss
 
※メールアドレス再登録はこちらから。
https://st-inst.jp/l/m/bYYsXponywsmpe