黒板五郎のウバイド國體ワンワールド

落合史観に関する話題を取り扱うブログ

洞察帝王学講座・改【無料版】 落合先生が登場します【ブログ更新】


洞察帝王学講座・改【無料版】 落合先生が登場します【ブログ更新】
2022年3月3日(木) 晴れ
 
以下、本日(3/3)配信された無料メールを転載する。
 
なお、過去の転載分は、以下から参照できる。 【索引】洞察帝王学講座・改【無料版】一覧表
 
・文字の修飾(色付け、文字サイズ変更など)、用語等へのリンク付けは私の趣味である(笑)。
・私の補足説明を、緑文字で文中に挿入している場合あり。
 
〜〜〜以下、転載〜〜〜
落合先生が登場します【ブログ更新】
 
戦略思想研究所 中森です。
 
この週末、
YouTubeチャンネル「むすび大学」に、
落合先生が登場します。
 
むすび大学はチャンネル登録者数27万人を超え、
今まさに急成長していますが、
 
その絶大な情報発信力を持つ媒体を通して、
ついにあの衝撃的な事実が配信されます。
 
ズバリ、「皇室と裏千家」。
 
洞察帝王学講座・改2681参加者や
『京都皇統と東京皇室の極秘関係』で、
すでに周知されている山村門跡の件です。
 
動画は二部構成となっており、
 
前半:3月5日20時頃配信開始
後半:3月6日20時頃配信開始
 
を予定しています。
 
このメルマガをお読みのあなたでしたら、
すでに免疫があるものと存じますが、
 
表面の現象とあまりにもかけ離れた驚愕の事実に、
アレルギー反応を示す人が続出すること必至です。
 
炎上するかもしれません。
 
一方、そんなことに全く動じないのが落合先生。
 
今週末はぜひ、
むすび大学をご視聴くださいませ。
 
私もナビゲーターとして出演しています。
 
【コメント】
「むすび大学」は、私も最近は視聴していないサイトなので、確証はないが、ネット検索したところ、以下のサイトと思われる。御参考。

 
 むすび大学チャンネル
www.youtube.com
 
 なお、小名木善行さん(ねずさん)という方は、歴史学者なんだろうと思われる。
 私も、落合莞爾先生と出会う前は、時々、視聴していたが、落合先生の事を知ってからは、「むすび大学」を視聴する気が失せて、全く視聴していない。
 
 今回の落合先生の出演では、小名木善行さんとの間でどういうヤリトリが行われるのかは、興味深い所である。
 意見の相違でバトルになる事も、全く有り得ない事ではないと思うが、いずれにしても、興味深いイベントではある。
 楽しみである。
 
 
さて、本日、公式ブログを更新しました。
修験子栗原茂【其の五十】
ミリタリー・インテリジェンスとユダヤ
https://st-inst.jp/l/m/aM5Bqh0bapvvYC
 
もし、あなたが、
ウクライナ情勢の深層を理解したいのであれば、
必ず読んでください。
 
【補足】
落合莞爾先生の最新刊にて、実名を明かされているが、栗原茂さんこそが、國體天皇であった高松宮宣仁親王に仕えた國體舎人ご本人であり、落合先生に國體秘事のヒント(ジグソーパズル的な断片な真実の歴史秘事の一端)を伝えた方、國體天皇の意を受けて、落合先生を真実の歴史研究に引っ張り込んだ方である。
 
 
ウクライナ情勢のみに限らず、
世界中を戦争に巻き込むエネルギーの正体が
書かれています。
 
魂の震える内容ばかりですが、
 

                                                              • -

古来ワンワールドは地球生命の根本ゆえ
戦争など必要ないのである

                                                              • -

との一文に思いを馳せる時、
 
科学、宗教、哲学への信用の再生、
そして、人間同士の信用の再生の
なんたるかが見えてきます。
 
「信」を建て直すには絶大なエネルギーを
消費することになりますが、
 

                                                              • -

大航海時代を経た先人の叡智は、
宗教と哲学と科学の三権分立
必要である事を伝えたが、
 
以後の世を請け継いだ政治は
戦争を撒き散らすタネの扱い方を
間違えてしまった。
 
その間違いを受け継いだ世代が
為さねばならないことは、
再び同じ過ちを繰り返さない道を拓く

                                                              • -


ことであると確信します。
 
人間同士の何らかの差異を顕在化するために
紛争が起こるのですから、
 
私達ひとりひとりが、
その差異に動じない胆力を身につけることが、
信を建て直すことにつながると考えるのです。
 
ぜひこの週末、
むすび大学と合わせてじっくりお読みくださいませ。
 
修験子栗原茂【其の五十】
ミリタリー・インテリジェンスとユダヤ
https://st-inst.jp/l/m/aM5Bqh0bapvvYC
 
それでは、また。
 
戦略思想研究所 中森護
 
P.S.
 
洞察帝王学講座改・2681最新号配信中。
 
最新号のインタビューテーマは、
「スパイ養成キャンプと國體の意図」
 
【動画1】スパイ養成キャンプの人材
 
【動画2】スパイ養成と國體の意図
 
【動画3】スパイと國體の行動原理
 
【動画4】Q&A
 
Q1「世界王室連合に使えるタクシス家、シェルバーン家、デルバンコ家についてご教授下さい」
Q2「遺伝子学的な人類史のつながりについて先生の所見をお願いいたします」
Q3「古代から日本の脅威となった大陸の騎馬民族とは何を指すのでしょうか?」
Q4「170億円という大金を一社員が横領出来るものでしょうか?」
Q5「ハプスブルクから大東社さらに日本国體への流れというのはどうなっているのでしょうか?」
Q6「悠仁様の御代から新王朝が始まると思うのですがどう思われますか?」
Q7「日本の領土問題について先生のご所見をお願いいたします」
Q8「世界王室連合と国際共産勢力との関係状況、歴史、今後の勢力均衡など解説お願いいたします」
 
洞察帝王学講座改・2681参加者は、
こちらもいち早くご視聴くださいませ。
 
洞察帝王学講座改・2681申込はこちら。
https://st-inst.jp/l/m/Q2l1yYFVN8clqa
 
≪≪≪≪最後に、お願いがあります≫≫≫≫
 
これからお届けするメールが「迷惑メール」に入ってしまうと、
 
大切な情報をご覧頂くことが出来なくなってしまいます。
 
これからお送りする動画を見逃さないためにも、
是非メールの振り分け設定をしてください。
 
現時点では「迷惑メールフォルダ」に入っていない場合でも、
最近のメーラーのセキュリティ対策が強すぎるため、
今後「迷惑メールフォルダ」に入ってしまう場合があります。
 
詳しい情報は下記に載っています。
1~2分で済む簡単な作業ですので、是非流れにそって設定
をお願いいたします。
https://st-inst.jp/l/m/mjIE14q2jhUvfF
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[発行元] 株式会社戦略思想研究所
[住所] 〒108-0014東京都港区芝5丁目16-14
ノックスビル 3F・4F
[責任者] 中森護
[メール] info●st-inst.jp
 
(●を@に変えてください)
[配信解除]
配信解除は、本メール最下部のURLより行って頂けます。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
※配信解除URL
https://st-inst.jp/l/m/lA46MsZyjdcjkj
 
※メールアドレス再登録はこちらから。
https://st-inst.jp/l/m/BjKmucPqGbzQDh