黒板五郎のウバイド國體ワンワールド

落合史観に関する話題を取り扱うブログ

洞察帝王学講座・改【無料版】 催眠ガス下で聞いた事【あと2日】


洞察帝王学講座・改【無料版】 催眠ガス下で聞いた事【あと2日】
2021年10月29日(金) 晴れ
 
以下、本日(10/29)配信された無料メールを転載する。
 
なお、過去の転載分は、以下から参照できる。 【索引】洞察帝王学講座・改【無料版】一覧表
 
・文字の修飾(色付け、文字サイズ変更など)、用語等へのリンク付けは私の趣味である(笑)。
・私の補足説明を、緑文字で文中に挿入している場合あり。
 
〜〜〜以下、転載〜〜〜
催眠ガス下で聞いた事【あと2日】
 
おはようございます。
戦略思想研究所 中森です。
 
「洞察帝王学講座・改 2681」
のお申込を迷われている方々から、
 
[特典その四]タカスに纏わる戦慄のメモ(極秘文書)
の内容が気になって夜も眠れないとのお問い合わせを
度々頂いております。
 
本来、本特典は、
真心と純真をもって落合先生から学ぶ方への
信頼のもとお見せするものですが、
 
[特典その三]落合先生最新刊『皇室最大の秘密(仮題)』
を手に入れることができるのも【あと2日】
となったため、
 
【補足】
上記の書籍は、一般販売されない「非売品」となる事が決まったので、今回、入会して入手しなければ(即ち、会員として無料配布を受けなければ)、二度と手に入らない書籍だと思う。
「非売品」と言う事は、多分、古本屋も取り扱わないと思われるため、メルカリ等に誰かが出品でもしない限り、入手できないのではないかと推測する。
まあ、落合莞爾先生の年間講座を受講する程の方々が、この貴重な書籍を手放すとは思えないので、メルカリやヤフオクに出品される事も無かろうと思うし。

 
ぜひこの機会にお申込頂きたいという強い願いから、
背中を押す気持ちで公開いたします。
 
もちろん、内容のすべてではございません。
 
生々しい表現部分を一切排除し、
公開できる範囲のほんの数%。
 
むしろすべての日本人が知るべき内容を
以下に抜粋します。

 
平成18年時点の内容であることをご留意のうえ、
お読みくださいませ。
 

                                                              • -

私の情報の殆どは、催眠ガス下で聞いた事を
ようやっとの思いで思い出しておりますので、
不確実な点があります事をご了解ください。

 
彼等の正体についてです。
 
中世の昔、
ヨーロッパに黒い貴族と呼ばれる人々がおり、
魔女の使いだとしてネコを殺し、
資産家や貴族の女の人を、魔女として殺しました。

 
彼女等の資産は教会が没収したのですが、
魔女裁判がしょうけつを極めた地区の司教には、
共通のDNAがあったようです。

 
その後ヨーロッパにペストが流行し、
人口の何割かが死んだようです。

 
ペスト菌がまかれたかどうかは定かではありませんが、
多数の死者の財産がたかりとられた可能性があります。

 
その後大航海時代となり、
世界的に奴隷貿易が行われましたが、

 
どうやらこの奴隷貿易商人が、
先の司教達と共通のDNAを持っているらしいのです。

 
つまり魔女裁判をやった司教達の末裔という事です。
 
現今の日本の、
ノラネコの排除、結婚しない女、子供を産まない女の増加、
魔女裁判こそありませんが)財産のたかり取り、
奇妙な流行病(AIDS,SARS鳥インフルエンザ)、

 
中世のヨーロッパにどこか似ているのではないでしょうか。
 
一九七〇年代には
未だヨーロッパのエリートの中に黄色い東洋人を
滅ぼそうと思っていた人がかなりいたそうです。

 
奴隷商人達の肌が黒い事から、
ジンギスカンの末裔だと思われていた事も
あったそうです。

 
その事が、ヨーロッパにおける黄色人種への
憎悪の根幹をなしていました。

 
それがDNA検査が可能になり、
彼等を苦しめていた一族に黄色人種の因子が
無いことが判明しました。

 
さらに彼等自身に東洋的因子があるということが
あきらかになりました。

 
ヨーロッパを指導している、
つまり優秀な政治家、学者、ビジネスマン、
王侯貴族等に東洋的因子がより多くあることが
判明したのです。

 
それからというもの、
ヨーロッパで黄色人種を滅ぼしたいと思う人々は、
払拭されたそうです。

 
未だに黄色人種を滅ぼそうという人は、
奴隷商人の末裔だけという事かも知れません。

 
彼等は世界的ネットワークを持っていますが、
孤立しつつある事は確実です。

                                                              • -

ここまでです。
 
日本民族としてのタカスは、
 
落合先生ご著書
『國體忍者となったタカス族とアヤタチ
周蔵手記が明かす「サンカ」の正体』
 
にて詳細な分析と洞察が行われているとおりです。
 
吉薗周蔵手記で明らかになっている日本のタカスとは、
後藤新平の草である布施一が周蔵に対して言うように、
 
「金で使う。情の交流はせぬこと。
相手を 人だと思ってはイカン」
 
「どこでも食い 寝られる 
死んだと思うな 必ず生きておる」
 
「それに もう 大分 使われなれとるから 
オマンが使うに 使いやすか」
 
といった存在であり、
 
吉薗周蔵を草としていた上原勇作は一言で、
「うもう使え」と言っています。
 
つまり、タカスを日本民族として取り込みつつも、
一線を引いて、あくまで使役する対象としています。
 
能力が高いことはもちろん、
タカスにしかできない仕事があるから
使役するということですね。
 
タカスにしかできない仕事といえば、
◯◯の臓器製剤が例として挙げられます。
 
「金で使う」「うもう使え」と言っている
布施や上原自身も國體ながらもタカスですが、
自らの立場を理解しているゆえのことです。
 
そうやって、日本民族三大源流の一角として、
縄文人弥生人と共存しているのです。
 
國體と政体の関係も同様に、
思索や謀略に特化したウバイドが國體を担当し、
欲望と実行力に特化したタカスに政体の仕事を
してもらうことで、
 
表裏一体の共存関係にあります。
 
20年以上も前に日本民族三大源流を看破し、
古墳人、即ちタカス族の秘密を明らかにした
 
『國體忍者となったタカス族とアヤタチ
周蔵手記が明かす「サンカ」の正体』
 
は全日本人必読の書です。

 
【補足】
上の書籍は、Amazonで買える普通の販売品である。
 上の書籍の目次は以下のとおり。(御参考)

 
 【目次】落合・吉薗秘史[5] 國體忍者となったタカス族とアヤタチ 周蔵手記が明かす「サンカ」の正体
ubaido.hatenablog.com
 
一方、「洞察帝王学講座・改 2681」
[特典その四]タカスに纏わる戦慄のメモ(極秘文書)
の内容につきましても、全日本人必読です。
 
使役されていない海外のタカスの素性は、
あまりにも残虐で生々しく、
 
「飽食暖衣逸居して教えざるは即ち禽獣に近し」
の言葉の通りです。
 
ただし、
 
告発者が催眠ガス下で聞いた事であるがゆえに、
信頼のおける方でなければ真贋を見極められず、
差別や偏見を助長する内容となっております。
 
自らが三大源流の三元合金であることを忘れ、
ひとたび選民思想に陥ってしまった人からは、
覇道一神教の臭いがするものです。
 
そして何よりも、
日本民族とは異なる海外のタカスがそれを見たら、
あなた自身に危害が及ぶ可能性もあります。
 
全日本人が知るべき内容でありながらも、
 
真心と純真をもって落合先生から学ぶ方への
信頼のもとお見せする理由はそこにあります。
 
この度、
[特典その四]タカスに纏わる戦慄のメモ(極秘文書)
の内容のほんの一部を公開させて頂きましたが、
 
「洞察帝王学講座・改 2681」
お申込を迷われている方々にとって、
きっとよい動機になったことでしょう。
 
[特典その三]落合先生最新刊『皇室最大の秘密(仮題)』
を手に入れることができるのも【あと2日】。
 
ぜひ今すぐこちらからお申込くださいませ。
https://st-inst.jp/l/m/idneZWHqoTQHqx
 
2021年10月号の内容はこちら。
https://st-inst.jp/l/m/u6j53MZ5hK5saI
 
それでは、また。
 
戦略思想研究所 中森護
 
P.S.
 
明日、落合洞察塾第一回が開催されます。
 
昨日、ご参加の皆様にはリマインドを
ご案内しておりますが、
届いておりますでしょうか。
 
講義会場フロアの変更に関する重要なご案内も
含まれておりますので、
 
必ずご確認のほどお願いいたします。
 
≪≪≪≪最後に、お願いがあります≫≫≫≫
 
これからお届けするメールが「迷惑メール」に入ってしまうと、
 
大切な情報をご覧頂くことが出来なくなってしまいます。
 
これからお送りする動画を見逃さないためにも、
是非メールの振り分け設定をしてください。
 
現時点では「迷惑メールフォルダ」に入っていない場合でも、
最近のメーラーのセキュリティ対策が強すぎるため、
今後「迷惑メールフォルダ」に入ってしまう場合があります。
 
詳しい情報は下記に載っています。
1~2分で済む簡単な作業ですので、是非流れにそって設定
をお願いいたします。
https://st-inst.jp/l/m/50MMFT9Oqj2OfE
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[発行元] 株式会社戦略思想研究所
[住所] 〒108-0014東京都港区芝5丁目16-14
ノックスビル 3F・4F
[責任者] 中森護
[メール] info●st-inst.jp
 
(●を@に変えてください)
[配信解除]
配信解除は、本メール最下部のURLより行って頂けます。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
※配信解除URL
https://st-inst.jp/l/m/GZCLfwIPaC7f6k
 
※メールアドレス再登録はこちらから。
https://st-inst.jp/l/m/F31v023Mhfua2R