黒板五郎のウバイド國體ワンワールド

落合史観に関する話題を取り扱うブログ

【目次】天孫皇統になりすましたユダヤ十支族 「天皇渡来人説」を全面否定する

【目次】天孫皇統になりすましたユダヤ十支族 「天皇渡来人説」を全面否定する
著者)落合莞爾
作成:2020年3月29日(日) 雨
  
【本記事の目的】
●落合史観に関する調査において、調査対象の内容が書かれている書籍を探す時間の短縮。
●目次のデジタルデータ化により、検索ツールを利用した機械検索を可能にする事。
  
以下に、表題の書籍の目次を引用する。
 

天孫皇統になりすましたユダヤ十支族 「天皇渡来人説」を全面否定する
自序
京都皇統とわたし
古代史洞察の出発点となった「わが実家は南朝なれば・・・・・・」
高松宮殿下舎人からの「秘史伝言」
驚愕の発見!「欠史八代は実在していた」
落合秘史が契機となった皇太子御一家の京都学習院訪問
当今陛下の「お言葉」と落合秘史の関係
第一章
日本教」と日本人の遺伝情報
関ヶ原の合戦は「宗教戦争」だった
日本教」の原型となった縄文神道
日本へ渡来したウバイド人が称したのは「サエキ」
「アヤタチ」を称した渡来「十支族ユダヤ
上田アヤタチ家・出口王仁三郎が痛罵したユダヤ一神教
女系社会であるユダヤ人の「男系Y染色体
ユダヤ人が究明を忌避するセファルダムとアシュケナージの染色体
ニギハヤヒ族=物部氏とヤマト王朝の系譜接合
Y染色体ハプログループが孕む歴史上の重要問題
日本人男性DNAの「表札四割」と「間取り12%」が縄文系
三千年前の遺伝情報が「現代に12%伝わる条件」
「残る88%」の遺伝情報の正体
現代日本人に存在しないユダヤ血統
第二章
「十支族ユダヤ」と里帰り組「縄文天孫
丹後アマベ氏と河内モノノベ氏は「サンカの海渡人」
「サンカ」とは十支族ユダヤの隠語である
国造宇佐君に”背乗り”した「サンカの山渡人」
欠史八代」はなぜ歴史から抹消されたのか
古代史の謎は「欠史八代」ですべてが解ける
憶い出した十三年前の「古代史伝授」
舎人の来訪は京都皇統からの秘史伝授だった
「古代史伝授」で覚った渡来人の実像
架空神話「天孫降臨」と「国譲り」捏造の真相
オホナムチとは実は「八重事代主」のこと
羅津から天孫ホムダワケを迎えてきた仲哀天皇
神功皇后神憑かり」と「仲哀神罰」はパフォーマンス
第三章
「豊後アマベ氏」と「丹後海部直」の謎
海部は「アマベ」かそれとも「アマ」か?
「伴造アマベ氏」と「豪族アマ氏」と「部民アマ人」
部民アマのことをアマベとはいわない
豊後海部氏だけを「アマベ」とよむ理由
修験サエキが伝えた「縄文医学」と真田氏
真田丸の戦いの陰で東インド会社に引き渡された黄金ファンド
豊後アマベ氏がリアス海岸を求めて移動
阿刀氏とはどんな人々か?
西域から長安に渡った阿刀氏
阿刀氏をモノノベ系とした『先代旧事本紀
波動療法を用いる物部神道
尾張連と穂積臣は「記紀」の急所
阿刀氏はモノノベに潜入した修験サエキ
小野田少尉の先祖は佐伯氏
紀州小野田氏と神武東征の違和感
豊後海部郡と往来していた熊野の神別橘氏
「三つ鱗紋」は「蛇の子」のしるし
尾方三郎は「蛇の子」の末裔だった
第四章
杵築大社は国譲り神話のアリバイ工作
島根水道の崩落を伝える「国曳き神話」
豊後アマベ氏は縄文アマ族が出自
丹後国の分立と豊後アマベ氏の移住
豊後アマベ氏が加佐郡志楽郷に移った理由
脚光が当たった凡海連(おおしあまのむらじ)と志楽郷
第五章
「海部氏系図」国宝法指定の怪
豊後アマベ氏のカバネを貰って海部直(あまべのあたい)になる
覇道一神教によって創られた「吉田神道
「海部氏系図」は丹後アヤタチの系図
系図研究家・宝賀寿男氏の重要な指摘
「勘注系図」にも偽書の疑惑
宝賀論考が衝いた「本系図」の疑問点
国宝指定の前にC14測定をしなかった理由
第六章
「半島優越史観」の黒幕を見つけた
「海部氏系図」は『先代旧事本紀』の代替品
疑惑の国宝指定は日本間接占領戦略の一環
対日秘密本部の指令で戦後史学が建てた「自虐史観
偽史「アヤタチ伝承」を受け売りした「周蔵手記」
豊後アマベ氏の事蹟を丸ごと取り入れた「アヤタチ伝承」
ホアカリの子孫が疑似天孫となった「古代エジプト系図術」
「応神騎馬族の来襲」も捏造された歴史事象
吉薗周蔵が気付いた上田アヤタチの真実
「アヤタチ伝承」が「騎馬民族渡来説」に化けた
十支族ユダヤによる「系譜接合」の具体的方法
「半島優越史観」を助長した海部氏系図の国宝指定
先代旧事本紀』の再評価を呼びかけた反皇室史学者
昭和天皇堀川辰吉郎の「欧州秘密会談」
四半世紀続いた皇室最深部での対立
第七章
空海ユダヤ説」の真偽を判定する
遣隋使が招来した「マニ思想」と「湯沐邑」
湯沐邑は國體勢力の重要拠点
聖徳太子の七大寺はマニ教
聖徳太子の招来した大乗仏教に潜むマニ思想
青龍寺から密教を伝来した為光
為光はなぜ名草郡大野荘に来たか
空海はなぜ唐へ向かったのか
水銀製剤で大儲けした真言密教と佐伯=阿刀氏
空海の父方が海部という「アヤタチ伝承」
空海の事績をすべて創り話にする新説
佐伯空海と陳氏玄奘は同族でマニ教
玄奘三蔵の隠された出自は「陳=佐伯氏」
空海の理念を暗示する「玉依媛」
阿刀大足は佐伯田公実弟で代々は「東寺のオーナー」
大伴・佐伯・阿刀・陳は同族でウバイド・コスモポリタン
アヤタチの本領は「十支族ユダヤ」の族種偽称
第八章
古代の国号と戦後史観
「わが国は日本の前に倭国だった」と主張する戦後史学
山縣内務省が皇学館に卒族史観を強制
欠史八代」の末裔タケフルクマがアマベ直を賜る奇異
鎌田純一が平成大嘗祭を仕切った背景
アメリカおよびグレート・ブリテンの国号と國體
支那」の使用を禁止した理由
「中華」とは尊称だろうか?
「倭」はわが国号ではない
ヤマトは奈良盆地と北九州に併存した
陣地縦深化が成功して中華国家がヤマトを誤解
倭の五王」との自称で図った国情偽造
第九章
イシヤ末裔が遺したワンワールドの痕跡
砂金を求めて日本に渡来したウバイド人
「黄金は信用財である」と知っていた修験サエキ
アムダリヤ河口から山西省に来た舜はウバイド人
夏王朝を開いた禹もウバイド系治水シャーマン
舜の子孫が春秋の陳を建てる
禹を授けた姜姓呂氏は「黄金ファンドの管理人」
終戦直前に移動された國體資金
國體黄金の台湾への移動工作
フィリピンに入った黄金ファンド
マニ教院の建造に遣われた莫大なファンド資金
ムナカタ衆と同根・南朝陳人の日本亡命
「融通さん」とは摩尼宝珠であり貸付金融機関
呂氏秦君はプロジェクト金融業へ進出
おわりに