黒板五郎のウバイド國體ワンワールド

落合史観に関する話題を取り扱うブログ

【目次】天皇と黄金ファンド 古代から現代に続く日本國體の根本

【目次】天皇と黄金ファンド 古代から現代に続く日本國體の根本
著者)落合莞爾
作成:2020年3月28日(土) くもり
訂正:2020年3月28日(土)
  
【本記事の目的】
●落合史観に関する調査において、調査対象の内容が書かれている書籍を探す時間の短縮。
●目次のデジタルデータ化により、検索ツールを利用した機械検索を可能にする事。
  
以下に、表題の書籍の目次を引用する。
 

天皇と黄金ファンド 古代から現代に続く日本國體の根本
自序
國體(こくたい)黄金ファンドとは何か
序章
「舎人(とねり)文書」から見えた國體秘事
歴史の本質は「相似象」である
八年ぶりで出現した「舎人文書
幕末三卿と「満鮮経略」
「舎人文書」が明らかにした中山大納言秘事
満鮮経略は有史以来の日本の国是
欠史八代否定論の津田左右吉と転向史家の家永三郎
欠史八代」と古田武彦説・安本美典
歴史学会が「欠史八代不在」を固持した戦後の社会事情
欠史八代研究の遅れを取り戻せ
本稿が追求する國體秘史
第一章
天孫崇神(すじん)ヤマト奉迎工作
欠史八代不在説が縄文族を渡来人扱い
第五代孝昭天皇が謀った任那天孫工作
古代日本の名称虚偽は国情隠蔽のため
任那ヤマト王権の実効支配地
天孫イニエと八幡ホムダワケの起源
タケウチの宿禰蘇我臣の起源
Y染色体が明らかにした日本人=縄文海人族
「大谷馬冑」は何を語るか
崇神は二世、応神は四世?
任那紀氏の里帰りを証明する大谷馬冑
崇神国譲りと明治維新の相似象
第二章
「大兄(おおえ)太后(おおきさき)」は國體黄金の管理人
ワンワールド黄金の由来
羅津(らじん)八幡族は黄金保管が任務
國體黄金に転じたワンワールド黄金
國體黄金管理人を「大兄」という
歴史学者が理解した「大兄」とは
兄弟相続が原則という誤り
八幡奉迎とンワールド金庫の受け入れ
ヤマトタケル・仲哀父子の偽装死
忍熊・香坂両皇子の偽装反乱
八幡奉迎作戦の仕上げは阿備の柏原
「阿備の七原」は國體の天領であった
黄金引き揚げ人の宗像族
第三章
八幡ホムダワケの黄金移設作戦
応神渡来の秘事を隠した阿備の七原
「臣」姓の意味を知らない史家
中大兄皇子の素性と正体
ヤマトタケルと彦人大兄
史上八人の大兄はすべて國體金庫の管理人
安閑・宣化朝と欽明朝が並立した
八幡黄金の陸揚げ地は住吉社か?
金保管地「淳中倉」とはどこか?
住吉大社の社家津守氏はニギハヤヒの末裔?
第四章
応神朝の朝鮮出兵
応神親政は三九一年から始まる?
古渡才伎は帰郷人、今来才伎は半島の混血人
緩衝地帯化が目的の百済支援
応神開国と明治開国の相似象
応神王朝と羅津八幡基地
応神王朝の土木工事
大伴金村が「欽明奉迎作戦」を立てる
大伴金村の失脚と蘇我稲目の台頭
国史学界製の建国神話
第五章
縄文海人に「背乗(はいの)り」した渡来アマベ氏
継体天皇を羅津から招いた大伴金村
マニ教院と教えられた弥彦神社
大屋彦は羅津からきたソグド人
弥彦神社マニ教院となる
安曇犬養連と海犬養連の謎
海(アマ)連は何姓に潜入したか?
アマベ直とは中東由来の渡来民
ワンワールド金融連合の淵源
ホアカリを祖神というアマベ直と尾張
縄文海人アマ氏に背乗りした渡来人アマベ氏
捏造「アマベ史観」にまつわる重要な訂正
アマベ氏の「背乗り」に協力した尾張連と凡海連
丹後国の分立に成功したアマベ氏
羅津航路の実績を隠すアマベ氏
応神開国の本陣は北陸総鎮守・気比神宮
第六章
洞察史観「聖徳太子=竹田皇子」の発見
蘇我氏の本性
京都皇統いわく「額田部と広姫は同一人物」
蘇我政体のウラで大兄が國體黄金を動かす
欠史八代の春日・小野・和邇氏は熊野橘氏
四大大兄・押坂彦人は敏達皇子・麻呂子王
押坂彦人大兄が即位しない理由は國體黄金
五代大兄は欽明皇子・橘豊日
聖徳太子の正体は竹田皇子
用明と馬子のマニ教導入に反対した物部と中臣
厩戸王の実父は敏達天皇
聖徳太子の実母は誰か?
広姫=額田部(推古天皇)説による前著の修正
聖徳太子の育ての母
六代大兄は聖徳太子の長子山背王
「大后」と「大兄」が暗示する歴史解釈の第二水準
第七章
聖徳太子の遺命と歴史偽装工作
押坂彦人大兄の子・茅渟王の娘が皇極天皇となる
舒明・皇極・孝徳は押坂彦人大兄の子と孫
山背大兄の偽装薨去
乙巳の変八百長クーデター
中華南朝へ潜入したワンワールド修験・佐伯党
七代「古人大兄」と八代「中大兄」は舒明の皇子
大化の改新」の目的は渡来人への戸籍付与
マイナンバー制度は平成の「大化の改新
中大兄皇子の素姓鑑識
押坂部を相続した天智は舒明の実子
第八章
大海人皇子と湯沐邑(ゆのむら)ネットワーク
壬申の乱八百長抗争
壬申の乱の理解の第三水準
大海人の琵琶湖包囲作戦と筑紫大率・栗隈王の節義
前著の一部を訂正
大海人皇子の相似象が明治天皇
大海人皇子を育てた凡海連
湯沐邑は國體の制度
橘氏が創った池田郡が大海人皇子湯沐邑になる
各地に実在した湯沐邑
亀井氏は湯沐邑の医官
津和野藩主亀井氏は湯沐令
國體施設の湯沐邑を表に出した欽明王朝
第九章
遺伝子人類学で崩壊する渡来史観
遺伝子人類学で明らかになった縄文族の存在
縄文海人族と倭族の違い
倭族はO1b型、ツングースはO2型
南北朝鮮人に形質の差異はあるか?
斉明・天智の満鮮経略
天孫皇国史観」を模倣する「壇君感情史観」
天孫史観の推進者は山縣有朋
ヴィリヨン神父に感化された山縣・寺内
山口県亡命政権を作ろうとした李承晩
朝鮮半島の近未来が見える
あとがき