黒板五郎のウバイド國體ワンワールド

落合史観に関する話題を取り扱うブログ

インペリアル・アイズ無料メール 強制収用とトマホーク


インペリアル・アイズ無料メール 強制収用とトマホーク
2017年5月12日(金) 晴れ
 
以下、本日配信された無料メールを転載する。
 
なお、過去の転載分は、以下から参照できる。
 【索引】インペリアル・アイズ無料メール
 
・文字の修飾(色付け、文字サイズ変更など)、用語等へのリンク付けは私の趣味である(笑)。
・私の補足説明を、緑文字で文中に挿入している場合あり。
 
〜〜〜以下、転載〜〜〜
強制収用とトマホーク
 
おはようございます。
リアルインサイト 中森です。
 
本日は、
先月の落合莞爾塾で話題となった
十津川村出身の堀栄三という人物
についてシェアしたいと思います。
 
十津川村とは、
奈良県の最南端に位置する村で、
古くから特別な地域なようです。
 
堀栄三とは、
元陸軍中佐・元陸将補であり、
 
マッカーサー参謀」とあだ名
されるほどに米軍の行動を的確
に予測した諜報の第一人者です。
 
十津川村のことも堀栄三のことも、
私は詳しく知らなかったため、
 
まずは堀栄三が戦後に書いた著書を
手にとって読むことにしました。
 
大本営参謀の情報戦記―情報なき国家の悲劇」(文藝春秋)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4167274027/realinsight-22/ref=nosim
 
1996年に出版された本なので、
すでに読破されている方も多いのでは。
 
私は以前から気にしながらも、
落合先生のお話をきっかけに、
初めて手に取ることになりましたが、
 
こんな刺激的な本を
なぜ今まで見過ごしてきたのか、
反省しているところです。
 
さて、ご紹介させて頂いた本の中で、
大東亜戦争の最大の敗因について、
 
堀栄三は、
米本土における日系人の強制収用
を挙げています。
 
一体、どういうことなのか。
関連部分を引用します。
 

                                                                            • -

日本はハワイの真珠湾を奇襲攻撃して、
数隻の戦艦を撃沈する戦術的勝利をあげて
狂喜乱舞したが、
 
それを口実に米国は日系人強制収容所という
真珠湾以上の大戦略的情報勝利を収めてしまった。
 
日本人が歓声を上げたとき、
米国はもっと大きな、
しかも歓声を上げていたことを
銘記すべきである。
 
これで、日本武官が米本土に築いた
情報の砦は瓦解した。
 
戦艦(作戦)が大事だったか、
情報(戦略)が大事だったか、
 
盲目の太平洋戦争は、
ここから始まった。

                                                                            • -

 
この文章を読んで、
私はハッとしました。
 
米本土での日本の情報ネットワークを
最も効果的に一網打尽にした大戦略には、
それはもう脱帽ですが、
 
私がハッとしたポイントは、
実はここではありません。
 
先日ご案内した下記情報との
相似形を見たからです。
https://imperialeyes.com/lp/index.html
 
少し解説させて頂きますね。
 
2月13日、クアラルンプールで、
金正男とされる人物が殺害されました。
 
殺害には「VXガス」が使用されたと
報道されました。
 
この報道で、
金正男という重要人物の死因となった
VXガス」という言葉が、
ほとんどの人々の脳裏に残ります。
 
そして、金正男殺害とVXガスのことが、
まだ記憶に新しいうちに、
 
シリアのアサドが民間人に対して
化学兵器を使用したとの報道が
ありました。
 
化学兵器サリンガスと分析されましたが、
当初はどのメディアも「VXガス」であると
報道していました。
 
次に、間髪入れずにトランプが動きます。
 
もはや、VXかサリンかは関係なく、
59発のトマホークをシリアの軍事施設
に打ち込みました。
 
この時、世界中はトマホーク攻撃に
釘付けになりました。
 
VXガスが人々の記憶に新しいうちに、
シリアで化学兵器が使用され、
そこに、米軍が初めてアサド政権を
ターゲットに報復攻撃を行う。
 
世界中の関心を一点に集中させるには、
十分過ぎるシチュエーションです。
 
しかし、
トランプがトマホーク攻撃を
指示した目的は、
 
実は報復ではありません。
 
ある大規模システムの動作確認
行うためには、
巡航ミサイルを発射したうえで、
行う必要があったからです。
 
一方、平時に巡航ミサイル
発射するシチュエーションなんて、
弾道ミサイル発射実験くらい。
 
(どこかの国が頻繁に行っていますが、
同じ目的だそうです。)
 
しかも、大規模システムの動作確認に、
大量のミサイル発射を使用したい場合、
「擬似戦争状態」が必要になってきます。
 
さらに、大規模システムの動作確認は、
絶対に一般民衆に知られてはいないという
条件も加わります。
 
ここで、いったん整理しましょう。
 
ある大規模システムの動作確認には、
今回に限っては、
大量のミサイル発射が必要であった。
 
大規模システムの動作確認は、
絶対に人に知られてはならない。
 
つまり、
大量のミサイルを発射するための
もっともなシチュエーションを
作り出さなければならない。
 
その環境をシリアにつくりだすための
伏線がVXガスによる金正男殺害事件。
 
標的となったのがアサド政権。
 
さて、いかがでしょう。
 
先ほどご紹介した本の引用部分と
重なってきませんか?
 
戦前の日米関係がどんなに悪かったとしても、
米政府だって日系人をすべて強制収容所
詰め込むことはできません。
 
自国の国際的立場が悪くなるからです。
 
世界中は日本に同情するでしょうし、
世界を味方にした日本に、
宣戦布告の正当性を与えかねません。
 
しかし、世界中の関心が、
日本の奇襲攻撃に集中すれば話は別です。
 
世界中が日本悪しと叫んでいる間は、
一気に強制収用が可能です。
 
さらに、
本来の目的は強制収用ではありません。
 
米本土における日本の情報ネットワークの
一網打尽です。
 
これを誰にも知られずに、
何よりも日本軍にこの意図を知られずに
実行することが大戦略です。
 
舞台を現代に戻しましょう。
極めて重要なことをお教えします。
 
59発のトマホークがシリアに打ち込まれた時、
トランプは習近平とデザートを食べていたそうです。
 
重要なことは、
余裕をかましていたことではありません。
 
トランプと習近平が一緒にいたことです。
 
それでは、なぜ一緒にいたのか。
そう、ある大規模システムの動作確認を
行うためです。
 
補足)HAARPの動作確認でしょう。HAARPは、米国、ロシア、支那の3カ国に保持させると言うのが、世界のバランスを取るために國體ワンワールドが決めた事。だから、トマホークでのシリア攻撃(目的はHAARPの動作確認)に、同時に、プーチン、トランプ、習近平の3人が絡んでいたという事・・・と言っている様に取れる。
 
気づいたら長文となってしまいましたし、
すでに危険水域に入ってしまいました。
 
ここから先は落合先生から聞いてください。
 
重大な秘密の鍵を握る人物は
死んだことになっているため、
 
特殊なルートから得られる情報でなければ、
真相を知ることは不可能でしょう。
 
ここから先で、
落合先生とお待ちしております。
https://imperialeyes.com/lp/index.html
 
きっと、
ある大規模システムの正体を
具体的にお教えできるはずです。
 
それでは、また。
 
これからの時代を生き抜くために。
そして、日本の國體を護るために。
 
 
リアルインサイト 中森護
 
p.s.
 
このメールは、
新規募集のご案内が主になりますが、
インペリアル・アイズ会員の皆様にも
お届けしております。
 
落合先生のお話に対する理解を深めるのに
参考になると願って書いておりますので、
 
3分ほど時間をとってお読み頂けますと、
光栄に存じます。
 
≪≪≪≪最後に、お願いがあります≫≫≫≫
 
これからお届けするメールが「迷惑メール」に入ってしまうと、
 
大切な情報をご覧頂くことが出来なくなってしまいます。
 
これからお送りする動画を見逃さないためにも、是非メールの
振り分け設定をしてください。
 
現時点では「迷惑メールフォルダ」に入っていない場合でも、
最近のメーラーのセキュリティ対策が強すぎるため、
今後「迷惑メールフォルダ」に入ってしまう場合があります。
 
詳しい情報は下記に載っています。
1〜2分で済む簡単な作業ですので、是非流れにそって設定
をお願いいたします。
http://m-wake.com/
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[発行元] 株式会社リアルインサイト
[住所] 〒104-0061東京都中央区銀座6丁目16番12号 丸高ビル3F
[責任者] 鳥内浩一
[メール] info@imperialeyes.com
[配信解除]
配信解除は、本メール最下部のURLより行って頂けます。
ですが、ここでお伝えする動画は期間限定の公開となっていますので、
期間が終了した時点で、全てのコンテンツを閉鎖することとなります。
 
ご縁ある限り、あなたの生活を守り、ご家族を守り、日本を守るため
他では決して知りえない「真実の情報」をお届けしていきます。
このご縁が、あなたの人生を変えるきっかけとなることを期待して。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
※配信解除URL(ワンクリック解除ですのでご注意下さい)
(解除URL)
 
※メールアドレス変更はこちらから。
https://bite-ex.com/chg/2007/316/
〜〜〜以上、転載〜〜〜