黒板五郎のウバイド國體ワンワールド

落合史観に関する話題を取り扱うブログ

インペリアル・アイズ無料メール 【あと3日】伊藤博文を殺した真犯人


インペリアル・アイズ無料メール 【あと3日】伊藤博文を殺した真犯人
2018年8月14日(火) 晴れ
 
以下、本日配信された無料メールを転載する。
 
なお、過去の転載分は、以下から参照できる。
 【索引】インペリアル・アイズ無料メール
 
・文字の修飾(色付け、文字サイズ変更など)、用語等へのリンク付けは私の趣味である(笑)。
・私の補足説明を、緑文字で文中に挿入している場合あり。
 
〜〜〜以下、転載〜〜〜
【あと3日】伊藤博文を殺した真犯人
 
おはようございます。
リアルインサイト 中森です。
 
今月号のインペリアル・アイズ
 
【中国大陸を激変させた驚愕のシナリオ】
日本國體がつくった中華人民共和国
〜國體ワンワールドフリーメーソンの系譜〜
 
新規ご入会の締切まで【あと3日】となりました。
 
プライベートでも忙しい時期とは思いますが、
お忘れのないようお願いいたします。
https://imperialeyes.com/lp/
 
ただ、あまりにも常識外れのテーマであるが故に、
内容がすんなりと頭に入ってこないとは思います。
 
何が障害になっているかを慮るに、
日本の國體である國體ワンワールドが、
日本の国益を無視する場合があることで
あろうと思います。
 
國體と政体が表裏一体であるのであれば、
同じ方向を向いていてしかるべきである
という気持ちも分かりますが、
 
それは、國體が政体に合わせるべきである
と考えているからであって、
 
政体が國體に合わせるべきであると考えれば、
一気に解決する障害です。
 
國體とは、
国家・地域社会の「在り方」なのですから。
 
つまり、政体が「在り方」を無視しているのであって、
國體が政体の目的(国益)を無視しているとする視点は、
存在しえないことになります。
 
しかしながら、
根本的に乗り越え難い壁が目前にそびえ立っています。
 
その壁とは、
政体は見えるけれど、國體は見えない、
です。
 
無論、國體とは裏であるが故に不可視。
國體が用いる帝王学も完全に隠されています。
 
それでは、いかにすれば國體を認識できるのか。
見えないのであれば、見透すしかありません。
 
つまり、洞察です。
 
國體の行動原理に帝王学があるのであれば、
帝王学を洞察すればよいということです。
 
それでは、いかにすれば帝王学を洞察できるのか。
その方法をあなたはすでに知っています。
 
落合先生から洞察帝王学を学ぶこと。
その僅かな門戸のひとつがインペリアル・アイズです。
https://imperialeyes.com/lp/
 
今月号のインペリアル・アイズでは、
政体が國體を無視した場合の歴史事象の例として、
伊藤博文殺害にまつわるエピソードが登場します。
 
伊藤博文を殺した真犯人についてです。
 
真犯人という言葉だけでも、
伊藤博文を殺害した人物は安重根ではない
ということが分かります。
 
それでは、一体だれが殺したのか。
それは明石元二郎です。
 
明石元二郎の個人情報はインターネットに
あふれているため省略しますが、
 
代表的かつ重大な個人情報を抜粋すると、
彼は玄洋社の社中であるということです。
 
玄洋社とは大本教とともに、
当時の國體天皇を補佐していた組織です。
 
そして、当時の國體天皇堀川辰吉郎
 
つまり、伊藤博文殺害の指示は、
國體ワンワールド
から出されたと
考えることができます。
 
そうすると、殺害の動機が気になります。
伊藤博文ほどの人物を漫然と殺害する訳
がありません。
 
一体、なぜ殺される必要があったのか。
 
ヒントは、伊藤博文殺害にまつわるエピソードが
政体が國體を無視した場合の歴史事象の例である
ということです。
 
ここに詳細を書くことはできませんが、
「ロシアの黄金」が絡んでいるようです。
 
今回の例は、たまたま明治末期の事象ですが、
古代から現代までいつの時代においても、
政治家や経営者などの各国要人の死の真相には、
國體を無視した場合を想定してみてください。
 
ここ最近亡くなったあの人物はいかがでしょうか。
 
何はともあれ、訓練を繰り返せば、
きっと、あなたにも國體を認識できるはずです。
 
そうすれば、表裏一体の世界の本当の姿が、
見えるようになります。
 
そして、國體の視点で情報をお届けすることができる
世界唯一のメディアが「インペリアル・アイズ」です。
 
今月号は特に、
國體と政体の表裏一体を学ぶには最適のテーマ。
 
【中国大陸を激変させた驚愕のシナリオ】
日本國體がつくった中華人民共和国
〜國體ワンワールドフリーメーソンの系譜〜
 
情報入手期限は【あと3日】です。
https://imperialeyes.com/lp/
 
お忘れのないようお願いいたします。
 
それでは、また。
 
これからの時代を生き抜くために。
そして、日本の國體を護るために。
 
リアルインサイト 中森護
 
P.S.
 
今月号の伊藤博文殺害の件では、
ダミーの犯人をつくるための手法も
ご紹介しています。
 
1909年、ハルピンで起こった事象は、
アメリカの映画「ドミノ・ターゲット」
が参考になるとのこと。
 
もちろん、今月号の中でも、
その手法のすべてを明らかにしています。
https://imperialeyes.com/lp/
 
≪≪≪≪最後に、お願いがあります≫≫≫≫
 
これからお届けするメールが「迷惑メール」に入ってしまうと、
 
大切な情報をご覧頂くことが出来なくなってしまいます。
 
これからお送りする動画を見逃さないためにも、
是非メールの振り分け設定をしてください。
 
現時点では「迷惑メールフォルダ」に入っていない場合でも、
最近のメーラーのセキュリティ対策が強すぎるため、
今後「迷惑メールフォルダ」に入ってしまう場合があります。
 
詳しい情報は下記に載っています。
1〜2分で済む簡単な作業ですので、是非流れにそって設定
をお願いいたします。
http://m-wake.com/
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[発行元] 株式会社リアルインサイト
[住所] 〒104-0061東京都中央区銀座6丁目16番12号 丸高ビル3F
[責任者] 鳥内浩一
[メール] info●imperialeyes.com
 
(●を@に変えてください)
[配信解除]
配信解除は、本メール最下部のURLより行って頂けます。
ですが、ここでお伝えする動画は期間限定の公開となっていますので、
期間が終了した時点で、全てのコンテンツを閉鎖することとなります。
 
ご縁ある限り、あなたの生活を守り、ご家族を守り、日本を守るため
他では決して知りえない「真実の情報」をお届けしていきます。
このご縁が、あなたの人生を変えるきっかけとなることを期待して。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
※配信解除URL
https://b56.hm-f.jp/index.php?action=C1&a=3&f=2&g=1&c=11385&code=ddc22313b29176843ee1973f7fb001ee
 
※メールアドレス再登録はこちらから。
https://b56.hm-f.jp/index.php?action=R1&a=3&g=1&f=1
〜〜〜以上、転載〜〜〜