黒板五郎のウバイド國體ワンワールド

落合史観に関する話題を取り扱うブログ

洞察帝王学講座・改【無料版】 添付の手記をご確認ください【ブログ更新】


洞察帝王学講座・改【無料版】 添付の手記をご確認ください【ブログ更新】
2021年11月3日(水) 文化の日 晴れ
 
以下、本日(11/3)配信された無料メールを転載する。
 
下の話は、11月号のインタビュー動画の中に出て来る話である。私は、公開初日に一部の動画を視聴していたが、残りを昨日視聴したばかりなので記憶に新しい。
 
この動画の中で、落合莞爾先生が手にされていた書籍で、先生ご自身が「この本は凄いので、無くなる前に是非とも入手された方が良い」と言われたので、私も直ぐにネットで調べてAmazonに注文したのだが、既に在庫がなかった。
動画を公開初日(10/29)に視聴していたら買えたかもしれないが、多分、他の会員の方々が注文したので売り切れたのではないかと思われる。
ただし、Amazon側にて補充した後に発売予定との事なので、待っていれば入手出来ると思い、一応、注文しているが。
 
なお、過去の転載分は、以下から参照できる。 【索引】洞察帝王学講座・改【無料版】一覧表
 
・文字の修飾(色付け、文字サイズ変更など)、用語等へのリンク付けは私の趣味である(笑)。
・私の補足説明を、緑文字で文中に挿入している場合あり。
 
〜〜〜以下、転載〜〜〜
添付の手記をご確認ください【ブログ更新】
 
こんにちは。
戦略思想研究所 中森です。
 
衆院選も終わり、本日は明治節
折を見て、私は修験子栗原茂の言葉を反芻します。
 
本日はこちら。
 

                                                              • -

如何なる権力の頽落あろうと
天皇は万民を救えるのであり、
 
万民は天皇に順(したが)うことはできても
天皇を救えないのである。

                                                              • -

【文明地政學叢書第二輯】1
神格の超克が歴史の理となる
https://st-inst.jp/l/m/3m6S2ZN6FP7Esa
 
からの抜粋です。
 
未だに宮中への攻撃を続ける評論家の方々にこそ、
暗唱して頂きたい言葉です。
 
どんなに左翼的思想に冒されていても、
天皇は万民を救えるのであり、万民は天皇を救えないことは、
日本人であれば、誰でも骨身にしみていることでしょう。
 
日本共産党も「君主制の廃止」を綱領から削除しています。
 
また、未だに宮中への攻撃を続ける評論家の方々は、
愛国者であることを自認するのであればこそ、
 
修験子栗原茂のこちらの言葉を反芻して頂きたいものです。
 

                            • -

大東亜の暗雲に限らず北半球から南半球の一部まで
覆い尽くした地球人類の環境破壊は、
 
日本に落とした原爆がキノコ雲を舞い挙げる形で決着する。
このことの意味をとくと認識しなければならない。
 
すなわちそれは、
日本以外に地球・生類を救うことのできる聖地は存在せず、
世界史が日本史に集束することの証なのである。

                                                              • -

【文明地政學叢書第一輯】第一〇章
朝鮮半島両断の国際的歴史背景
https://st-inst.jp/l/m/DASHEsUe5TovP3
 
からの抜粋です。
 
競わず、争わず、そして負けるが勝ちを身に帯び、
全世界への専守防衛の宣布たる皇紀暦の詔こそが、
日本を聖地たらしめていると確信しております。
 
そのうえで、宮中を攻撃する愛国者の方々は、
売られた喧嘩を大局となじませ買い取る神通力の存在に
気づく頃合いかと思います。
 
さて、修験子栗原茂の記事を主とした公式ブログには、
更新されていない週があると悔しいとの読者の声もあり、
配信側としては最高の褒め言葉として受け取っています。
 
ただ、悔しい気持ちを少しでも和らげる必要もありますので、
早速、本日公式ブログを更新しました。
 
修験子栗原茂【其の三十九】
天皇機関説排撃の目的
https://st-inst.jp/l/m/TJET4mR5ouVyj7
 
【文明地政學叢書第三輯】第一三章 
皇統奉公衆とは?(後半)
https://st-inst.jp/l/m/fnPFTKAWXDu13a
 
出張期間中など、更新ができない週もございますが、
今後も準備でき次第配信してまいります。
 
最後になってしまいましたが、本題に入ります。
 
添付の手記をご確認ください。
読めますでしょうか、、、こう書いてあります。
 

                                                              • -

実は死んでくれて助ったとのこと
 
後藤がこの毒物を何にしたいのかと問うと
 
これはね、権力者は皆欲しいものだよと
藤根さんも王さん云わる
 
だから自分は支那に戻ることを辞めたのだ
権力者になるは地獄道だから
 
追っても追っても終りがなく
苦しいと思うよとのこと

                                                              • -

誰の手記かと言うと、
陸軍特務吉薗周蔵の手記です。
 
この内容だけで、
 
誰が死んで、誰が助かったのか?
後藤なる人物が欲しがっている毒とは何か?
周蔵の問いに対して答える藤根さんとは?
大陸で権力者の地位が確定していた王なる人物とは?
 
、、、洞察できますでしょうか。
 
落合史観に精通している方はできると思いますが、
論より証拠で、添付の手記につながる他18枚の
手記を確認すれば、そのすべてを理解できます。
 
どこでそれらを手に入れることができるかというと
こちらです。
https://st-inst.jp/l/m/VOBRBzQvFsugOp
 
添付の手記の謎を解明するためのさらなる手記の写しを
すべて(合計19枚)ダウンロードできます。
 
もちろん落合先生の解説つきで。
 
洞察帝王学講座・改 2681
2021年11月号のメインテーマは、
 
甘粕事件の真相
 
です。
 
動画のラインナップは次のとおり。
 
■ひとりがたり洞察帝王学講座
 
前半&後半
 
■最新洞察インタビュー
 
【動画1】 甘粕・大杉事件、真相の裏付け
 
【動画2】大杉栄伊藤野枝の密命
 
【動画3】大杉栄、偽装死の目的
 
【動画4】Q&A
 
Q1「皇統あるいは古代人と磐座の関係についてご存じのことがあれば教えて下さい。」
Q2「大東亜戦争最終決戦における米国との相討「中国崩壊」の意味についてご教示願います」
Q3「2020年の大統領選挙不正問題の影響により米国分裂に向かうという見方につきましてご所見をお願いいたします。」
Q4「世界王室連合の目的は相反するものの共存・共棲実現と理解して宜しいでしょうか? 」
Q5「HARRPの最終兵器としての役割とフリーエネルギーとしての役割は矛盾するのではないでしょうか?」
Q6「エカテリーナ2世と國體は何か関係があるのでしょうか?」
Q7「ロマノフは呂氏でしょうか?」
Q8「苫米地英人さんについてご見解を教えて下さい。」
Q9「中国共産党による日本の皇室・国土・政官財・一般国民への侵略から日本を護る手立てはあるのでしょうか?」
Q10ケネディ大統領暗殺事件の絡繰りの真相について教えてください。」
Q11「中国で行われている弾圧は、今後ののための人心の分離工作と捉えてよろしいでしょうか?」
 
落合先生も常々仰っていますが、
周蔵手記には恐るべき情報が無駄なく詰まっています。
 
こちらの衝撃的な参加特典もすぐに手に入れられますし、
 
[特典その一]落合莞爾塾「第一期」第一回講義収録映像
[特典そのニ]洞察帝王学講座【第一回】
[特典その三]タカスに纏わる戦慄のメモ(極秘文書)
 
2021年10月号の内容もすべて手に入れることができます。
 
「洞察帝王学講座・改 2681」お申込みはこちら。
https://st-inst.jp/l/m/VOBRBzQvFsugOp
 
それでは、また。
 
戦略思想研究所 中森護
 
P.S.
 
落合先生最新刊の発行を
手ぐすね引いてお待ちかと思いますが、
順調に校正作業を進めております。
 
ただ、写真や図画の追加挿入が予定されているため、
今しばらくお待ち頂くことになるかと思います。
 
年内には発行できるかと思いますので、
プレゼント対象者の皆様には、
準備でき次第、送付先情報入力フォームを
ご案内いたします。
 
≪≪≪≪最後に、お願いがあります≫≫≫≫
 
これからお届けするメールが「迷惑メール」に入ってしまうと、
 
大切な情報をご覧頂くことが出来なくなってしまいます。
 
これからお送りする動画を見逃さないためにも、
是非メールの振り分け設定をしてください。
 
現時点では「迷惑メールフォルダ」に入っていない場合でも、
最近のメーラーのセキュリティ対策が強すぎるため、
今後「迷惑メールフォルダ」に入ってしまう場合があります。
 
詳しい情報は下記に載っています。
1~2分で済む簡単な作業ですので、是非流れにそって設定
をお願いいたします。
https://st-inst.jp/l/m/p3lObdnhw6YQjF
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[発行元] 株式会社戦略思想研究所
[住所] 〒108-0014東京都港区芝5丁目16-14
ノックスビル 3F・4F
[責任者] 中森護
[メール] info●st-inst.jp
 
(●を@に変えてください)
[配信解除]
配信解除は、本メール最下部のURLより行って頂けます。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
※配信解除URL
https://st-inst.jp/l/m/GrGPb5xGGNTQEd
 
※メールアドレス再登録はこちらから。
https://st-inst.jp/l/m/9DI6go40nBlX7k