黒板五郎のウバイド國體ワンワールド

落合史観に関する話題を取り扱うブログ

インペリアル・アイズ無料メール 覚るべき家督の本質【ブログ更新】


インペリアル・アイズ無料メール 覚るべき家督の本質【ブログ更新】
2021年7月2日(金) 雨
 
以下、本日(7/2)に配信された無料メールを転載する。
 
なお、過去の転載分は、以下から参照できる。 【索引】インペリアル・アイズ無料メール
 
・文字の修飾(色付け、文字サイズ変更など)、用語等へのリンク付けは私の趣味である(笑)。
・私の補足説明を、緑文字で文中に挿入している場合あり。
 
〜〜〜以下、転載〜〜〜
覚るべき家督の本質【ブログ更新】
 
おはようございます。
戦略思想研究所 中森です。
 
6月27日に開催した下記企画は、
 
落合莞爾 × 武田邦彦 対談講演会
インテリジェンスサミット第二弾
『真正・独立国家日本』
 
大盛況のうちに終演となりました。
 
落合先生と武田先生の白熱した議論が魅力的で、
もっと聞きたかったという声を多数頂きました。
 
ご参加になりました皆様には、
心より感謝申し上げます。
 
一方、どうしても当日の都合が合わず、
会場まで起こしになれなかった方々は、
 
講演会収録映像を楽しみにお待ちくだいませ。
 
また、インテリジェンスサミット第二弾への
お申込みをお見送りなられた方々にも、
 
別途有料ではございますが、
収録映像をご視聴頂けるよう手配いたしますので、
今後のご案内を楽しみにお待ちくださいませ。
 
【コメント】
上の講演会の簡単なメモ程度のものは、本ブログの以下の記事に書いてある。

 自民党政権は現菅義偉政権で幕を下ろす!?
ubaido.hatenablog.com
 
さて、次のご案内に移ります。
本日、公式ブログを更新しました。
最新の記事は以下のとおり。
 
修験子栗原茂【其の二十五】
大谷探検隊第一次探検の特記事項
https://st-inst.co.jp/blog/kurihara/autobiography25/
 
【補足】
上のURLについて、無料メール内のURLに誤りがあったそうであり、すぐ後に訂正メールにて正しいURLが送られて来たので、正しいURLに
差し替えている。

 
【文明地政學叢書第三輯】
第二章 日野強の伊利紀行
https://st-inst.co.jp/blog/third/chapter2-3/
 
今回も「日野」です。
 
公家の家格の名家とは、日野のために存在し、
日野が國體の中枢となって働いてきたことは、
 
今月号のインペリアル・アイズで、
落合先生も改めて強調されています。
 
つきましては、日野流に対する正しい理解は、
歴史研究を志す方にとって、
氏姓鑑識に必ず役に立つと確信しております。
 
もちろん、日野流を究めることのほかにも、
大きな学びを得られる内容ばかりです。
 
学ぶべき部分は人それぞれでしょうが、
私個人として、下記を特筆いたします。
 

                                                                            • -

私は思う。
 
現世の虚実に利己欲を封じる事は出来ないが、
虚実の原種を司る宗教や哲学の理が
何で統一場を生む事に不向きなのかと。
 
アブラハムも釈迦もキリストも、
科学の源流たる哲学にしても、
その原種は一つなのに、
 
ヒトガラやコトガラの本質性向を護持しないまま、
何ゆえ変質性向を好んで偏ろうとするのか、
それは家督の本質を覚らないからではないのかと。
 
金融制度下にあって、
貯蓄性向は日本が抜きん出るところで、
 
他の大国は消費性向を好んで
品種の改良や遺伝子の組み替えを盛んとし、
 
中身を浄める事より装飾を重んじる傾向がみられる。
 
以下マガダ国すなわち「お釈迦さま」に触れるが、
 
私の妄想によると、
西郷隆盛こそ佛陀の末裔に相応しい
「マガダ」と映るのである。

                                                                            • -


私は具体的情報よりも、
どうしても抽象概念に関心を持ってしまうのですが、
今回は上記文章に大きく心を揺さぶられました。
 
以前、私は居合の稽古をしていたのですが、
稽古時間の七割以上を抜付(ぬきつけ)のみに
費やしていました。
 
抜付とは居合の生命ともいえる刀法で、
すべての刀法は抜付から始まります。
 
どんなに見てくれが派手な刀法でも、
抜付ができていなければ台無しです。
 
それがわかっているはずなのに、
居合道場では派手な刀法ばかりを
好んで稽古する人が増えてきます。
 
それでも私は抜付の稽古をしました。
 
その理由は単純に、
刀法の源流たる抜付の原義を覚るまでは
居合にならないと教えられたからです。
 
量産用プロトタイプの制作に手を抜けば、
量産モデルは使いものにならなくなるのと
近いイメージでしょうか。
 
歴史を学ぶうえにおいても、
私は同じであると考えています。
 
誰も知らないような極秘情報を得ることや、
明かされていない歴史事象をいち早く掘り出すことも、
それはそれで大事であるとは思いますが、
 
それよりも、
神格天皇の原義を究めることを優先すべきである
とするのが私の考えです。
 
その中には、
必然的に日野流の原義も含まれます。
 
西郷隆盛こそ佛陀の末裔に相応しい「マガダ」と映る
という言葉から真方衆(マガタンシ)を連想しますが、
 
それはそれで興味深いとしても、
まずは神格天皇の原義を究めることに集中するのです。
 
神格天皇の原義を理解せずして、
真事(まこと)の史観を得ることはできず、
 
自己流の史観との整合をとるために、
天皇の歴史を歪めることは言語道断。
 
神格天皇の原義を究めるためにこそ、
修験子栗原茂の記事を公開していますので、
ぜひ存分にご活用くださいませ。
 
最新の記事はこちら。
 
修験子栗原茂【其の二十五】
大谷探検隊第一次探検の特記事項
https://st-inst.co.jp/blog/kurihara/autobiography25/
 
【文明地政學叢書第三輯】
第二章 日野強の伊利紀行
https://st-inst.co.jp/blog/third/chapter2-3/
 
それでは、また。
 
これからの時代を生き抜くために。
そして、日本の國體を護るために。
 
戦略思想研究所 中森護
 
P.S.
 
icloud.com、mac.com、me.comドメイン
アップル系のメールアドレスには、
 
メルマガ配信スタンドやシステム自動返信メールを
迷惑メールボックスにもお届けできないケースが
多発しております。
 
そのため、講演会申込案内メールを受信し、
申込手続きを完了しても、その後のメールが
一切届かないというケースも発生します。
 
対策として、アプリ開発を進めることにより、
プッシュ通知やショートメール配信を利用する
予定ではございますが、
 
icloud.com、mac.com、me.comドメイン
メールアドレスをご利用の方は、
 
Gmail等の他のメールアドレスへご登録変更の
ご協力を頂けますと大変助かります。
 
≪≪≪≪最後に、お願いがあります≫≫≫≫
 
これからお届けするメールが「迷惑メール」に入ってしまうと、
 
大切な情報をご覧頂くことが出来なくなってしまいます。
 
これからお送りする動画を見逃さないためにも、
是非メールの振り分け設定をしてください。
 
現時点では「迷惑メールフォルダ」に入っていない場合でも、
最近のメーラーのセキュリティ対策が強すぎるため、
今後「迷惑メールフォルダ」に入ってしまう場合があります。
 
詳しい情報は下記に載っています。
1~2分で済む簡単な作業ですので、是非流れにそって設定
をお願いいたします。
https://www.fpo.bz/mail/
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[発行元] 株式会社戦略思想研究所
[住所] 〒108-0014東京都港区芝5丁目16-14
ノックスビル 3F・4F
[責任者] 中森護
[メール] info●imperialeyes.com
 
(●を@に変えてください)
[配信解除]
配信解除は、本メール最下部のURLより行って頂けます。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
※配信解除URL
https://b56.hm-f.jp/index.php?action=C1&a=3&f=2&g=1&c=22004&m=975&code=d196f33cf39a8761e6c4ef7541c46b6d
 
※メールアドレス再登録はこちらから。
https://st-inst.co.jp/mailmag.html