黒板五郎のウバイド國體ワンワールド

落合史観に関する話題を取り扱うブログ

インペリアル・アイズ無料メール 天下泰平の本質【ブログ更新】


インペリアル・アイズ無料メール 天下泰平の本質【ブログ更新】
2021年8月18日(水) 雨
 
以下、8月12日に配信された無料メールを転載する。
 
なお、過去の転載分は、以下から参照できる。 【索引】インペリアル・アイズ無料メール
 
・文字の修飾(色付け、文字サイズ変更など)、用語等へのリンク付けは私の趣味である(笑)。
・私の補足説明を、緑文字で文中に挿入している場合あり。
 
〜〜〜以下、転載〜〜〜
天下泰平の本質【ブログ更新】
 
こんにちは。
戦略思想研究所 中森です。
 
先週のメルマガでは、
新型コロナ関連の考察で自衛隊に着目したことに
大きな反響を頂きましたが、
 
何も私が元自衛官だから意識しているということでもなく、
もちろん何かしら情報を握っているわけでもありません。
 
落合先生が講義中に常々仰っていることや、
吉薗周蔵手記「毒とクスリ」の条にあるとおり、
 
毒の開発とクスリの開発はセットであり、
それらは軍のオペレーションになります。
 
だから、着目しているのですが、
ここで、誤解がないよう強く念を押します。
 
2020年のダイヤモンド・プリンセス号への自衛隊派遣と、
現在の自衛隊による大規模ワクチン接種の相関に注目するとは、
 
自衛隊がコロナ禍をつくったとする趣旨ではありません。
 
「毒とクスリ」に関するデータを蓄積することは、
軍のオペレーションであるという趣旨になります。
 
さらなる深謀遠慮もあることでしょう。
 
「毒とクスリ」が人工であるのであればなおさらのこと。
 
また、新型コロナウイルスが開発されたものであれば、
ワクチンはウイルスとセット開発されたものであると
考えることができます。
 
さらに、新型コロナウイルス起源にまつわる報道が
さかんにされていますが、状況から察するに、
 
毒とクスリの双方に、
本物と偽物があるように思われます。

 
とりわけ、ワクチンについては、
以前のインペリアル・アイズで二種類あると
考えられると、落合先生が仰っていました。

 
【コメント】
[良いワクチン」と「悪いワクチン」があると言われてましたネェ。「そろそろ(良い方、悪い方の各ワクチンが)決まる」と2ヶ月前に言われてたので、もう決まっているのではないかと思う。勿論、「良い」「悪い」の意味は分からないし、誰にとっての「良い」[悪い」かも分からないが。

 
そのほか様々な状況から私個人として推察するに、
免疫をつくる本物と実験用の偽物があるのではと
見ることができそうです。
 
実験にはips細胞とmRNAの相関を見ています。
 
さて、私の推察はここまでにしておきましょう。
 
このように、認識の本来的な活動は、
確かめられるものと確かめられないものの
境界線上で起こります。
 
何が確かめられてて、何を確かめられないかは、
個人の情報源に大きく依存してしまいますが、
 
落合史観を学んでいるあなたは、
きっとこの境界線を楽しんでいることでしょう。
 
知的探究心が刺激されるからです。
 
ただし、この境界線には大きなトラップがあります。
 
認識の本来的な活動の過程で、
人は確かめられないものの領域について思索し、
直観することになりますが、
 
蓋然性を優先することで、
どうしても確かめられるものだけを引き出し、
確かめられない領域を捨ててしまうのです。
 
確かめられない領域も含めて初めて
真正であるにも関わらず、です。
 
蓋然性とは、一見合理的に見えて、
本来非合理的ということなのでしょう。
 
原子物理学にあっても、
「今ここ」ですべてを確かめることはできません。
 
すべてを確かめることができなければ真正ではなく、
一瞬で空想となってしまうリスクはいつでも伴います。
 
インペリアル・アイズは来月末で終了となりますが、
10月以降開始する後継企画では、
 
「真正にして空想ならざる洞察史観の探求」
をコンセプトに情報をお届けできるよう
現在、企画構想の最終段階に入っています。

 
錬金術師たちの功罪に起因する競い争う世が飽和した今、
アリストテレス的思想からプラトン的思想に舵を切る時。
 
四元素は人類文明を進める功績を残したものの、
万物の根源を物質に求めたがゆえに、
「確認できるもの」が「確認できないもの」を排除し、
人が己の主観を競い争うばかりで天下泰平ならず。
 
そうなれば、
物質は万物の根源たり得ず、根源こそが物質を存在させ得る、
 
つまり、
部分は全体を規定せず、全体が部分を規定する、
 
と考えるに至りました。
 
これこそが真正にして空想ならざる洞察史観の探求、
さらには、天下泰平を実現する根源的な概念である
 
と私は考えています。
 
もっとも無知蒙昧な私の主観でしかありませんが、
なぜ私がこのような考えに至ったか。
 
荘子 雑篇 天下』の一節が心の琴線に触れたからです。
結びだけご紹介しますので、ぜひ今直すぐお読みください。
 

                                                              • -

今や天下中の人々は、
めいめい気ままに自分のやりたいことをやって、
それを勝手に学問の道と称している。
 
悲しいことに、
諸子百家の学問は各自の路線を進むばかりで
根本に立ち返ろうとしないから、
どうしても一致することがないのだ。
 
こういうわけで、
不幸にも後世の学者たちは、
 
天地の本当の麗しさ、
古代の人々の道の大きな全体を見ることができないでいる。
 
根源の道術は、天下の人々によって
今まさに四分五分に引き裂かれようとしている。

                                                              • -

私は学者ではありませんが、ひとりの人間として、
 
天地の本当の麗しさ、古代の人々の道の大きな全体を、
あなたとともに目の当たりにするために、
 
今後も事業を展開してまいります。
 
競わず争わずの理念実現のために、、、
 
そのひとつの大きな区切りとして、
今月号のインペリアル・アイズでは、
 
「総括・ワンワールド史観」をメインテーマに
お届けしています。
 
新規会員募集は正真正銘「今月が最後」となります。
 
2021年9月末時点でご入会中の方々には、
後継企画に優遇してご案内いたしますので、
ぜひ今月中にご入会くださいませ。
 
インペリアル・アイズご入会はこちらから。
https://b56.hm-f.jp/cc.php?t=M38733&c=11385&d=639f
 
次に公式ブログを更新のご案内です。
 
最新記事はこちら。
 
修験子栗原茂【其の三十】
日野流と美濃部流の協調を為し得たエネルギー
https://st-inst.co.jp/blog/kurihara/autobiography30/
 
【文明地政學叢書第三輯】
第五章 日野強の人種論(後半)
https://st-inst.co.jp/blog/third/chapter5b-3/
 
荘子』を読まずとも、
部分は全体を規定せず、全体が部分を規定する
の何たるかは、修験子栗原茂の記事を通して
会得することができると確信しております。
 
真正にして空想ならざる洞察史観の探求には、
「神格天皇」「有職故実」「家督継承」「氏姓鑑識」「共時性
の会得に努めることが王道となるでしょう。
 
また、来月号のインペリアル・アイズはQ&A特集で、
「栗原茂氏は國體のどういう位置付けの方でしょうか?」
というご質問を頂いておりますが、
おそらく落合先生はお答えにならないと思います。
 
ただし、すでに既出の記事中に幾度となく明記されておりますので、
ぜひこちらの記事から順にご確認くださいませ。
https://st-inst.co.jp/blog/kurihara/autobiography7/
 
あとはこれまでの落合先生のご発言やご著書の記述と照合すれば、
落合先生にお答え頂かなくともお分かりになると思います。
 
それでは、また。
 
戦略思想研究所 中森護
 
P.S.
 
インペリアル・アイズ会員の皆様には、
下記コンテンツを約半額でご提供しています。
 
落合莞爾 × 武田邦彦 対談講演会
インテリジェンスサミット第二弾
『真正・独立国家日本』収録映像
 
詳細はこちらから。
https://b56.hm-f.jp/cc.php?t=M38734&c=11385&d=639f
 
会員特別価格のご案内が届いていない方は、
お気軽にお問い合わせくださいませ。
 
そして、こちらもお忘れなく。
 
口伝・吉薗周蔵手記 第三巻
『戦時下のウィーン潜入(第二部)』
 
詳細はこちら。
https://www.st-inst.co.jp/yoshizono/vol3_second/
 

                                                              • -

吉薗周蔵手記、心が様々な方向へ揺さぶられると同時に、
自分自身のその感情を俯瞰しながら拝聴させて頂いております。

                                                              • -

などなど、
大変励みになるメッセージを多数頂いております。
 
第一巻『密命・罌粟を栽培せよ』はこちら。
https://b56.hm-f.jp/cc.php?t=M38735&c=11385&d=639f
 
≪≪≪≪最後に、お願いがあります≫≫≫≫
 
これからお届けするメールが「迷惑メール」に入ってしまうと、
 
大切な情報をご覧頂くことが出来なくなってしまいます。
 
これからお送りする動画を見逃さないためにも、
是非メールの振り分け設定をしてください。
 
現時点では「迷惑メールフォルダ」に入っていない場合でも、
最近のメーラーのセキュリティ対策が強すぎるため、
今後「迷惑メールフォルダ」に入ってしまう場合があります。
 
詳しい情報は下記に載っています。
1~2分で済む簡単な作業ですので、是非流れにそって設定
をお願いいたします。
https://www.fpo.bz/mail/
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[発行元] 株式会社戦略思想研究所
[住所] 〒108-0014東京都港区芝5丁目16-14
ノックスビル 3F・4F
[責任者] 中森護
[メール] info●imperialeyes.com
 
(●を@に変えてください)
[配信解除]
配信解除は、本メール最下部のURLより行って頂けます。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
※配信解除URL
https://b56.hm-f.jp/index.php?action=C1&a=3&f=2&g=1&c=11385&m=1004&code=ddc22313b29176843ee1973f7fb001ee
 
※メールアドレス再登録はこちらから。
https://st-inst.co.jp/mailmag.html