黒板五郎のウバイド國體ワンワールド

落合史観に関する話題を取り扱うブログ

インペリアル・アイズ無料メール 【申込殺到】覇権主義とは競わず、真の大国へ


インペリアル・アイズ無料メール 【申込殺到】覇権主義とは競わず、真の大国へ
2021年6月7日(月) くもり
 
以下、本日(6/7)に配信された無料メールを転載する。
 
なお、過去の転載分は、以下から参照できる。 【索引】インペリアル・アイズ無料メール
 
・文字の修飾(色付け、文字サイズ変更など)、用語等へのリンク付けは私の趣味である(笑)。
・私の補足説明を、緑文字で文中に挿入している場合あり。
 
5月29日(土)に開催された真田幸光氏の講演会。とても面白かった。内容も勿論面白かったが、真田さんの講演パワーが物凄くて、マスクをしたままの講演なのに声が大きくて、演台にじっとして喋るのではなく、最前列の聴講者の前を歩き回りながら、時には声を掛けたりしてグイグイと引き込んで行く迫力満点の講演であった。勿論、私はいつもの様に最前列、演台の正面の席で聴講したので、何回か真田さんに言い寄られたのだが(笑)。
 
真田さんは、慶應大学野球部出身、就職先は東京銀行であり、入行時には志望してアジア地区を担当されたそうである。その後、バンカーとして第一線でバリバリと働き、欧州のバンカー達とも火花を散らしてやり合ったそうである。更に政府との関わりもあった様な話をされていたと思う(小泉政権時代?)。現在は愛知淑徳大学の教授である。
 
因みに、東京銀行と言えば、その前身は横浜正金銀行であり、日銀よりも早く設立された銀行だそうである。横浜正金銀行は、落合莞爾先生の書籍にも出て来る銀行であるが、確か、渋沢栄一も絡んでいたと思ったので調べたら、やはり株主の一人という事であった。
渋沢栄一はウバイド國體ワンワールドの國體奉公衆だし、真田幸光さんご自身は、もしかしたらご存じないのかもしれないが、真田家も同じく國體奉公衆である。NHK大河ドラマになったあの「真田丸」も、実は、大阪城に隠してあった國體黄金を海外(記憶が定かではないが、オランダだったかな?)に運び出すために作った出城である。勿論、相手方の徳川家康も國體奉公衆なので、真田丸の戦いは、國體黄金を運び出すための両者の八百長戦だったと思われる。
 
真田幸光さんについては、自著「世界の富の99%はハプスブルク家と英国王室が握っている」の本カバーに『真田信繁の子孫』と書かれてあったので、今回の講演会の案内の際に主催者である中森護さんより、「真田幸村の子孫」と紹介されていたのだが、講演の際の自己紹介において、自分は真田昌幸の二男(信繁(=幸村))の方では無く長男(信之)の方の子孫であると言われていた。どうやら、出版社(宝島社)が間違って記載したらしい。NHK大河ドラマの配役で言えば、堺雅人さん演ずる二男・信繁(幸村)の方ではなく、大泉洋さん演ずる長男・信之の方である。
 
〜〜〜以下、転載〜〜〜
【申込殺到】覇権主義とは競わず、真の大国へ
 
おはようございます。
戦略思想研究所 中森です。
 
真田幸光氏講演会
 
『世界財閥の頂点に立つハプスブルクと英王室』
~仙(専)人大国・日本を構築せよ~
 
収録映像ですが、
 
6月5日の朝にご案内開始してから申込が殺到しております。
 
とは言いましても、お申込み頂けるのは、
インペリアル・アイズ会員のみ。
 
講演会に参加した方には無料アクセス権をご案内しておりますので、
6月5日のご案内をご確認お願いいたします。
 
もし、インペリアル・アイズ会員なのに、
講演会収録映像視聴に関するご案内が届いていない
という方がいらっしゃいましたら、お知らせください。
 
当日の講演会申込者には無料アクセス権、
不参加の方には視聴申込用URLをご案内いたします。
 
申込殺到の講演内容の一部をご紹介すると、、、、
 
■本講義(収録時間98分)
 
・真田家伝「死ぬまで生きよ」の由来と真意とは?
・かつて真田氏が国際裁判で経験した英米法の洗礼とは?
・グローバル企業が敵対視したアジアの○○主義的資本主義とは?
・真田氏だけが語ることができるアジア通貨危機の真相
・英国が世界標準を押さえることができる真の理由とは?
・世界の仕組みをつくる王家と世界のマネーを動かす王家の○○
ニクソン・ショックの真相と米国の真の目的
・世界○○構想を否定してつくられた国際連合と特権階級
・世界人口のの20%が中国人という事実が意味する衝撃的な現実とは?
・古くから人民元の経済圏に入っているロシアの都市とは?
・「軍人を無視して世界を考えてはいけない」とする真田氏の真意とは?
・軍が行動を起こす決定的なタイミングとは?
・今、私達が準備しなければならないテールリスクへの対応とは?
ミャンマーでは軍のクーデターは起こっていない?一体どういうことなのか??
・中国が本格的に国際秩序をつくり出した?中国版大東亜共栄圏とは??
・日本が主導するTPPに米国が戻ってこない理由とは?
・真田氏が考える日本が連携すべき3つの国家とは?まずは脱米国です
・真田氏が提言。日本が絶対やってはいけないこと。目指すべき国家戦略。
 
■対談Q&A(収録時間43分)
 
・環境活動家がエクソンモービル取締役に。真田氏の見解は?
核兵器原子力発電の両方を支配する勢力の正体
・世界中に原子力発電所を普及している企業とは?
・真田氏が国際金融資本家は王家の執事でしかないと看破する理由とは?
爵位を持つ英国人から見下された真田氏が言い放ったセリフとは?
・表からは全く見えないハプスブルク家の"dignity"とは?
ハプスブルク家を中心として毎年行われている秘密会議とは?
ハプスブルク家の先代当主はいつも地中海に浮いていた?
ハプスブルク家の取り巻きが当主を必死に支えるワケとは?
習近平は欧州王室と一定の信頼関係にある?真田氏が洞察する今後の世界情勢とは??
ハプスブルク家と英国王室が両雄並び立つことがない理由
・激動の欧州情勢の行方を洞察するためのキーとなる地域とは?
・金融社会が暗号通貨の普及に徹底的に反対する理由
・これから予期される通貨戦争の行方。デジタル人民元ユニクロの真の目的
・京都に根城を持つアメリカの執行代理人の正体
・真田家と伊達家は今どのような関係にあるのか?
・旧華族より構成され、今でも開催されている「霞会」の実態とは?
・真田氏が洞察する行き過ぎた信用創造の収縮のシナリオ
 
さらに、上記内容に加えて、
 
講演会参加者しか手に入れることができなかった
39ページにも渡る講演会アジェンダをプレゼント
いたします。
 
アジェンダは動画視聴ページから
今すぐダウンロードして頂けます。
 
ただし、契約上の諸事情により
今回の映像配信には下記制限がございますことを、
ご了承お願いいたします。
 
●インペリアル・アイズ会員限定
●映像配信 NG 発言内容はすべてカット
●動画データ、音声データともにダウンロード厳禁
●映像配信期間は【6月30日まで】
 
つまり、上記の内容のすべてを手に入れることができるのは、
今月までにインペリアル・アイズにご入会になった方だけです。
 
インペリアル・アイズご入会はこちら。
https://b56.hm-f.jp/cc.php?t=M35736&c=22004&d=462a
 
それにしても、真田氏のお話を聞けば聞くほど、
 

                                                              • -

真理を求める為には、
我を、そして、私欲を捨てなければならない。
 
その為の心の支えとして、
 
「自らが自らを強いと思う者は
他者に優しくならなければならない。
 
一方、自らが自らを弱いと思う者は
他者を頼らず自らの力で生き抜く心意気を
持たなければならない。」
 
と言う意識を常に持ち、
遮二無二生き抜くのである。

                                                              • -

という熱意と信念に胸を打たれます。
欧州流で言うところのノブレスオブリージュですね。
 
常々思うに、自然状態の人間社会では、
どうしても個々や組織の能力に差ができることから、
必然的に弱肉強食社会が生まれます。
 
資本主義社会でいえば、
「稼げる人」と「稼げない人」に分かれることが自然です。
 
しがって、人間社会を放っておけば、
抑圧者と被抑圧者によって構成される
ピラミッド構造ができるということは、
自然なことなのでしょう。
 
一方、弱肉強食社会は競い争う定めにあり、
デモ、クーデター、内乱、戦争の外患内憂も
人間社会の自然状態です。
 
そうなると、
人間社会は混沌の中にあることが自然なことに
なってしまいますが、
 
真田氏はそう考えていません。
 
人間社会の混沌は、
人間がつくったシステムの中で人々が動いているから
生まれるのであり、
 
宇宙の摂理に基づいて人々が動けば混沌は生まれない、
と真田氏は考えています。
 
私もそう考えます。
 
資本主義社会において「稼げない人」は、
存在価値のない弱者とされますが、
 
資本主義も人間がつくったシステムに過ぎず、
本来、「稼げない人」は「稼げない」だけで、
誰しもが必要で価値あるからこそこの宇宙に存在し、
 
競い争う場から抜け出しさえすれば、
「稼げる人」であろうが、「稼げない人」であろうが、
誰しもがその価値を実感できるものと私は考えています。
 
逆に「稼げる人」が「稼げない人」を卑下したり、
「稼げない人」が「稼げる人」を妬むような社会は、
宇宙の摂理に反するであろうとも考えています。
 
例えば、ひとたび生産性のみで人を測りだせば、
たちまち人間社会は混迷を極めるでしょう。
 
粒だけ見て、波を無視すれば宇宙に摂理に反します。
 
【コメント】
物質には、量子力学波動力学の両面があると言う話ですね。
以前、インペリアルアイズにて、落合莞爾先生に質問を出した際に、この話が出た。質問と言うのは、私とご先祖様の関係についてである。
1987年、お寺のご住職にお願いして今の自宅の鬼門除けの祈祷を行ったのだが、祈祷中に我が家のご先祖様がご住職の周りに集まって来たと言う事があったのである。しかしながら、私の父は叔母さん夫婦と養子縁組したので、養母(叔母)とは血縁関係にあるが養父とは血縁関係がない筈なのである。それなのに、ご先祖様(私の姓:養父のご先祖様)が出て来たと言う事は、先祖と子孫の関係と言うものは、血縁関係(物質的、量子力学な関係)だけではなく、同じ家を継承して来たという精神的な関係もあるのではないかと言う質問であった。
落合先生の回答は、それが「うからやからの関係だ。波動的な関係だ」との事であった。そして、「そんな関係を表す言葉として、絡同(らくどう)という言葉があると、最近、武田邦彦(教授)から教えて貰った」との事であった。

 
その混迷に巻き込まれないよう、
己をコントロールする指針として、
 

                                                              • -

人を相手にせず天を相手にせよ
天を相手にして己を尽くし、人を咎めず、
我が誠の足らざるを尋ぬべし

                                                              • -

を胸に刻んでいます。
 
先月のメルマガでご紹介したアソール公と民のあり方に、
皇太子時代の昭和天皇が「特に深刻な御印象を得給うた」
ということから、
 
やはり、私は競い争う社会構造は人格レベルに過ぎず、
神格レベルのあるべき社会構造ではないと考えるのです。
 
それでは、宇宙の摂理に基づく社会構造とは何か。
 
もちろん、そう簡単に分かるものではありませんが、
 

                                                              • -

「自らが自らを強いと思う者は
他者に優しくならなければならない。
 
一方、自らが自らを弱いと思う者は
他者を頼らず自らの力で生き抜く心意気を
持たなければならない。」

                                                              • -

という真田氏の信念は、
宇宙の摂理に含まれていると私は確信しています。
 
宇宙のルールを紐解く天縄文理論とも一致します。
 
だからこそ、真田氏の日本への提言は、
私の胸に強く強く響きます。
 
その提言とは、
 
「日本は覇権主義とは競わず、真のものづくり大国となれ」
 
講演会に参加した方も、映像を視聴した方も、
きっと同じ気持ちでしょう。
 
ぜひあなたともその感動を共有したい。
強くそう願っています。
 
もし、インペリアル・アイズ会員なのに、
6月5日の7時30分~8時頃にかけての会員専用メルマガが
届いていないという方いらっしゃいましたら、
ぜひ今すぐお知らせください。
 
順番に、当日の講演会申込者には無料アクセス権、
不参加の方にはご視聴用URLをご案内いたします。
 
また、講演会収録映像視聴ページから、
講演会参加者しか手に入れることができなかった
講演会アジェンダをダウンロードできます。
 
ただし、契約上の諸事情により
今回の映像配信には下記制限がございますことを、
ご了承お願いいたします。
 
●インペリアル・アイズ会員限定
●映像配信 NG 発言内容はすべてカット
●動画データ、音声データともにダウンロード厳禁
●映像配信期間は【6月30日まで】
 
つまり、講演内容のすべてを手に入れることができるのは、
今月までにインペリアル・アイズにご入会になった方だけです。
 
インペリアル・アイズご入会はこちら。
https://b56.hm-f.jp/cc.php?t=M35736&c=22004&d=462a
 
それでは、また。
 
これからの時代を生き抜くために。
そして、日本の國體を護るために。
 
戦略思想研究所 中森護
 
P.S.
 
落合莞爾 × 武田邦彦 対談講演会
インテリジェンスサミット第二弾
『真正・独立国家日本 令和の大政奉還を決す』
令和3年6月27日(日)@東京
https://b56.hm-f.jp/cc.php?t=M35737&c=22004&d=462a
 
いったん満席となりましたが、
 
キャンセル1名に加え、
未入金者10名となっていますので、
 
まだ申込受付可能です。
 
会員価格【50%オフ】を適用したいという方は、
まずはインペリアル・アイズにご入会くださいませ。
https://b56.hm-f.jp/cc.php?t=M35736&c=22004&d=462a
 
申込完了メールにて、
 
インテリジェンスサミット第二弾【会員限定価格】
真田幸光氏講演会収録映像【6月30日まで配信】
 
お申込方法をご案内しております。
 
≪≪≪≪最後に、お願いがあります≫≫≫≫
 
これからお届けするメールが「迷惑メール」に入ってしまうと、
 
大切な情報をご覧頂くことが出来なくなってしまいます。
 
これからお送りする動画を見逃さないためにも、
是非メールの振り分け設定をしてください。
 
現時点では「迷惑メールフォルダ」に入っていない場合でも、
最近のメーラーのセキュリティ対策が強すぎるため、
今後「迷惑メールフォルダ」に入ってしまう場合があります。
 
詳しい情報は下記に載っています。
1~2分で済む簡単な作業ですので、是非流れにそって設定
をお願いいたします。
https://www.fpo.bz/mail/
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[発行元] 株式会社戦略思想研究所
[住所] 〒108-0014東京都港区芝5丁目16-14
ノックスビル 3F・4F
[責任者] 中森護
[メール] info●imperialeyes.com
 
(●を@に変えてください)
[配信解除]
配信解除は、本メール最下部のURLより行って頂けます。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
※配信解除URL
https://b56.hm-f.jp/index.php?action=C1&a=3&f=2&g=1&c=22004&m=962&code=d196f33cf39a8761e6c4ef7541c46b6d
 
※メールアドレス再登録はこちらから。
https://st-inst.co.jp/mailmag.html