黒板五郎のウバイド國體ワンワールド

落合史観に関する話題を取り扱うブログ

インペリアル・アイズ無料メール 【重要】真田幸村末裔の講演は会員限定


インペリアル・アイズ無料メール 【重要】真田幸村末裔の講演は会員限定
2021年4月28日(水) くもり
 
以下、本日(4/28)に配信された無料メールを転載する。
 
なお、過去の転載分は、以下から参照できる。 【索引】インペリアル・アイズ無料メール
 
・文字の修飾(色付け、文字サイズ変更など)、用語等へのリンク付けは私の趣味である(笑)。
・私の補足説明を、緑文字で文中に挿入している場合あり。
 
真田幸光氏の講演会は、インペリアル・アイズ会員限定との事。聴講したい場合は、まずは入会手続きしてくださいとの事。
 
〜〜〜以下、転載〜〜〜
【重要】真田幸村末裔の講演は会員限定
 
おはようございます。
戦略思想研究所 中森です。
 
先日、ご案内した講演企画
5月29日(土)真田幸光氏講演会@東京
 
講演テーマ
『世界財閥の頂点に立つハプスブルクと英王室 ~仙(専)人大国・日本を構築せよ~』
 
に高い関心をお持ちのあなたへ
極めて重要なご案内がございます。
 
諸事情により、本講演会は、
インペリアル・アイズ会員限定企画となります。
 
講演会撮影の許可はなんとか得ることはできましたが、
ご提供範囲はインペリアル・アイズ会員限定となるほか、
 
大幅な編集必須のうえ、ダウンロード厳禁、
さらに配信期間にも制限がつく予定です。
 
配信期間は長くても3週間が限度となります。
 
それも映像視聴権限を購入してから3週間ではなく、
映像ご提供開始から3週間以内に視聴を終えるという
制限になります。
 
例えば、6月10日に映像ご提供を開始しましたら、
6月30日までにご視聴完了して頂くということになり、
7月1日以降、一切ご視聴頂くことはできません。
 
つまり、少なくとも2021年6月時点会員の方までが
真田幸村末裔のお話をリアル、または編集済映像にて
聞くことができます。
 
ここで「真田の真田たる所以」にまつわるエピソードを、
真田幸光氏の著書からご紹介しましょう。
 

                                                                              • -

この章の冒頭に「ギルド」の話をしました。
その「ギルド」の連中と会話をしているときのことです。
 
そのとき、私の名前の「真田」の由来を話しました。
「真田」が戦国武将であり、長野・松代の代々の殿様
であるということを。
 
そうすると、彼らの雰囲気が一変したのです。
それまでは、アジアのアセットイーターのひとりとして
バカにしていたのが、
 
突然、水戸黄門が印籠を出したときのように、
目の表情と態度が、アジア人と見下しつつも、
それでも少しの尊厳と畏怖に変わったのです。
 
その後、私は「ギルド」の中の話を少しだけ
聞くことができるようになりました。
 
そこで感じたことは、欧米人の、
それも上流階級の王室の捉え方が、
現在の日本と全く違うということです。
 
日本にも天皇家はありません。
しかし、現在はGHQによって象徴とされてしまいました。
 
第二次世界大戦前であれば、天皇は現人神だったわけです。
 
この現人神と同じような尊厳と畏怖が、
現在の王室に注がれています。

                                                                              • -


このエピソードだけでも真田幸光氏のお話を直接聞きたい
という衝動にかられるのではないでしょうか。
 
別件ですが、
大正10年昭和天皇欧州御外遊から100年となる今、
私は故あって御外遊の記録を調査しておりますが、
欧州王室が持つ徳操、気品は別格であることを、
改めて覚ることとなりました。
 
もっとも、日本皇室はさらに別格なのですが、、、
 
何はともあれ、
 
5月29日(土)真田幸光氏講演会@東京
 
講演テーマ
『世界財閥の頂点に立つハプスブルクと英王室 ~仙(専)人大国・日本を構築せよ~』
 
につきましては、
 
インペリアル・アイズ会員限定の企画になります。
参加申込受付は5月上旬に開始いたしますので、
まずは日程を確保のうえ、楽しみにお待ちくださいませ。
 
そのため、ぜひとも今のうちに、
インペリアル・アイズにご入会頂くことを、
強くおすすめいたします。
 
しかも、今月号のテーマは、
 
絶対に他言を禁ずる日米戦争の真相
~陸軍特務が遺した山本五十六の真実~
 
衝撃のコンテンツの一部を明らかにすると、、
 
【動画1】本邦初公開・吉薗周蔵『敗戦からの記』
 
・吉薗周蔵が娘・明子に遺した『敗戦からの記』、満を持して本邦初公開
松平容保の孫・薩摩千代子の筆跡が明かす佐伯祐三の真の姿
・吉薗周蔵が上原勇作を通じて出会った海軍元帥となる人物とは?
・吉薗周蔵が山本五十六と対峙した時の驚くべき評価とは?
石原莞爾の「歩」となることを志願した吉薗周蔵の思いとは?
石原莞爾が看破したアジアの裏切り者の正体
石原莞爾と同様、奴隷解放を思想の軸としていた陸軍軍人とは?
 
【動画2】『敗戦からの記』が明かす山本五十六の正体
 
山本五十六の偽装死を証明する確固たる証拠のひとつとは?
・吉薗周蔵が特高警察布施一から紹介された驚愕の人脈の数々が明らかに
明石元二郎から教えられた人脈を使った諜報活動の基本とは?
・『敗戦からの記』だけが明らかにする本当の薩摩治郎八
・吉薗周蔵が諜報の過程で知ってしまった山本五十六の正体
・落合先生が『敗戦の記』の公開をためらっていたワケとは?
・世界史におけるハプスブルクの存在の重大性を看破していた真田氏の末裔とは?
・吉薗周蔵に「山本五十六に不安がある」と漏らした海軍高級将校と海軍の「草」の正体
 
【動画3】他言を禁ずる日米戦争の真相
 
接触してきた海軍の「草」の正体を吉薗周蔵が知っていた理由とは?
・諜報活動における「裏切り」と「志願」の違いとは?
石原莞爾が海軍の情報を必要とした真の目的とは?
・諜報員として吉薗周蔵が血肉としていた石光真清の教えとは?
・「そういう意味では石原さんを信じていない」とする吉薗周蔵の真意とは?
・これが日米戦争の真相、絶対に会員以外には話さないでください
・落合先生が知る山本五十六偽装死にまつわる衝撃情報とは?
・戦争終結後に姿を消さなければならなかった人物の真意とは?
 
【動画4】2021年4月号Q&A
 
Q1「先生は鬼の正体についてどのようにお考えでしょうか?」
Q2「橘氏の女性は双子を生む確率の高い家系ではないでしょうか?先生のご所見を教えてください」
Q3「エネルギーの準資本財の置き換えを進めるために脱石油を進めているのでしょうか?」
Q4「民主主義、共産主義が倒れたのちに、國體は社会の仕組みをどのようにするつもりなのでしょうか?」
Q5「現金(日本円)を何に交換しておくことが次の時代で最も有効か先生のお考えを教えてください」
Q6「田中英道先生が高天原は関東にあったと主張しておられますが、いかが思われますか?」
Q7「三笠宮や立花大亀和尚は、日本文化そのものの抹殺と奴隷制社会の完成・維持を肯定していたと解釈すべきでしょうか?」
Q8「昭和天皇堀川辰吉郎を信頼していなかった、あるいは恐れていたとは考えられないでしょうか?」
 
インペリアル・アイズご入会はこちらから。
http://b56.hm-f.jp/cc.php?t=M34190&c=11385&d=639f
 
また、インペリアル・アイズは、
2021年9月末日にてすべてのサービスを終了します。
 
2017年~2020年5月ご入会の年会員の皆様には、
複数回に渡り今後に関するご案内をお届けしておりますので、
必ずご確認くださいませ。
 
お手続きをせずに5月1日を迎えますと、
自動的にご退会となります。
 
それでは、また。
 
これからの時代を生き抜くために。
そして、日本の國體を護るために。
 
戦略思想研究所 中森護
 
P.S.
 
明後日、ブログを更新する予定です。
 
物事の本質を知るには、
それ相応の覚悟が必要となってくるでしょう。
 
最新の記事はこちら。
 
修験子栗原茂【其の一七】
黒い霧事件のミソギハラヘ
https://st-inst.co.jp/blog/kurihara/autobiography17/
 
【文明地政學叢書第二輯】
天皇継嗣干渉には必ず天誅が下る
https://st-inst.co.jp/blog/second/chapter3-2/
 
≪≪≪≪最後に、お願いがあります≫≫≫≫
 
これからお届けするメールが「迷惑メール」に入ってしまうと、
 
大切な情報をご覧頂くことが出来なくなってしまいます。
 
これからお送りする動画を見逃さないためにも、
是非メールの振り分け設定をしてください。
 
現時点では「迷惑メールフォルダ」に入っていない場合でも、
最近のメーラーのセキュリティ対策が強すぎるため、
今後「迷惑メールフォルダ」に入ってしまう場合があります。
 
詳しい情報は下記に載っています。
1~2分で済む簡単な作業ですので、是非流れにそって設定
をお願いいたします。
https://www.fpo.bz/mail/
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[発行元] 株式会社戦略思想研究所
[住所] 〒108-0014東京都港区芝5丁目16-14
ノックスビル 3F・4F
[責任者] 中森護
[メール] info●imperialeyes.com
 
(●を@に変えてください)
[配信解除]
配信解除は、本メール最下部のURLより行って頂けます。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
※配信解除URL
https://b56.hm-f.jp/index.php?action=C1&a=3&f=2&g=1&c=11385&m=935&code=ddc22313b29176843ee1973f7fb001ee
 
※メールアドレス再登録はこちらから。
https://st-inst.co.jp/mailmag.html