黒板五郎のウバイド國體ワンワールド

落合史観に関する話題を取り扱うブログ

インペリアル・アイズ無料メール 國體の理想へ


インペリアル・アイズ無料メール 國體の理想へ
2020年4月15日(水) 晴れ
 
以下、本日(4/15)に配信された無料メールを転載する。
 
なお、過去の転載分は、以下から参照できる。
 【索引】インペリアル・アイズ無料メール
 
・文字の修飾(色付け、文字サイズ変更など)、用語等へのリンク付けは私の趣味である(笑)。
・私の補足説明を、緑文字で文中に挿入している場合あり。
 
〜〜〜以下、転載〜〜〜
國體の理想へ
 
おはようございます。
戦略思想研究所 中森です。
 
一昨日は多数のあたたかいメッセージを頂きまして、
心より感謝申し上げます。
 
ある方からは、次のように補足メッセージを頂きました。
 

                                                                                            • -

自己決定権を持つ人は全体決定をも理解できます。
自己決定を持つことができない人たちは無責任になります。
それを奴隷と言いいます、
彼らは自由ですが彼らは自由の奴隷にもなります。
故に人を真に自由にするには責任を与えることです。

                                                                                            • -


大変勉強になります。
執行草舟著『根源へ』を思い出しました。
 
こんなにも支えて下さる方々がいらっしゃることを
決して忘れず、決して慢心せず、誠心を込めて、
あなたのお役に立つ情報をお届けいたします。
 
ただし、私が物事の抽象的な概念にしか興味がないため、
より専門的な現象を期待されている方にはお役にたてない
かもしれません。
 
つまり、蘊蓄は重視しておりません。
蘊蓄情報を発信されている方々は世の中にあふれていますので、
弊社の仕事ではないと思っております。
 
どうやら、弊社のお客様は抽象度の高い方ばかりのようですので、
これからも安心して情報をお届けできそうです。
 
改めて、今後ともよろしくお願い申し上げます。
 
さて、今回のコロナショックで、
ベーシックインカム導入への流れが
加速したことは周知のとおり
です。
 
【コメント】
我が家にも、補助金、配給されるのかしら(笑)
「年金貰ってるんだから、もう良いだろ!」ってか?(大笑)
 
 
もちろん、実現には多くの壁がありますが、
利権と欲望でがんじらがめとなった巨大都市を解放し、
新時代の社会構造へ移行するためには、
ベーシックインカムはひとつの有効な手段となり得ます。
 
政府が財政的な難問をクリアできず、
ベーシックインカム導入が不可能ということでしたら、
生活コストを下げればいいだけです。
 
そのために政府ができることは、
フリーエネルギーの導入ですが、
HAARPという補助線を引けば、
あとは実現のタイミングを待つだけ。

 
一方、国民ができることは都市から地方への散開です。
 
【コメント】
最近、娘が住み始めた埼玉(大宮)、正月に訪れたら電車から富士山が見えるのに感激。
ちょっと「埼玉、イイカモ」と思い直してるんですけど、
三島から埼玉への移動って、都市から地方への散開に該当する?(笑)

 
もちろん、コロナショック収束後ですが、
今後、学生はオンラインで学位を取り、
経済の半分以上はテレワークで回るようになります。
 
多くの人が集まり安いという理由から
東京や大阪でイベントを開催していましたが、
コロナショックを経験すれば、
開催する方も参加する方も敬遠するでしょう。
 
コロナショックが私たちの生活に与えた影響を
あげればキリがありませんが、何はともあれ、
もはや大都市に住む必要性がありません。
 
逆に住み続ければ執着の強い人間として
卑下されるリスクもあります。
 
学生や単身者は地方でシェアハウスすれば、
一ヶ月あたりの生活コストは、
家賃込みで二万円弱まで下げることができます。

 
首都圏だったら、ひとり暮らしで、
一ヶ月あたり十万円前後は必要でしょうから、
五分の一の生活コスト減となります。
 
これも実質的なベーシックインカムです。
 
あこがれの大企業や創造性あふれるIT企業に入ったら、
とんでもないブラック企業社畜化してしまったなんて
話もよく聞きますが、今が奴隷解放のチャンスです。
 
外国人技能実習制度は実質的に崩壊していますから、
地方の農業者は喉から手が出るほど人材がほしいのでは。
 
もっとも、過酷な作業という意味では農業も同じですが、
決して社畜化してしまった時と同じではないはずです。
 
生活の糧としての作物をより安全にこだわって自分で育て、
自分で口にするとともに、他人にも提供することができます。
 
いわば自給自足ですが、
そういった生き方を望むのであれば、
きっと過酷な農作業もあなたの手に馴染み、
穏やかな日々を送ることができるでしょう。
 
政府や行政に補償を求める必要もありませんし、
利権と欲望でがんじらがめになることはありません。
 
これもまた、実質的なベーシックインカムです。
 
あなたが望むのであれば、あとは決めるだけです。
 
一昨日のメルマガでも申し上げましたが、
今回のコロナショックでは、
 
あなた自身が自己決定権を持つ人間たりうるか、
それとも、無責任な大衆であることをよしとするか、
 
が試されていると、私は考えています。
 
自己決定権を持つ人間たりえれば國體の理想へ。
無責任な大衆であることをよしとすれば覇道の僕へ。

 
ここで、落合先生のご著書を引用します。
ハプスブルク大公に仕えた帝国陸軍國體参謀』から。
 

                                                                                            • -

古代エジプトに発した一神教は、
宗教的選民意識が人種差別思想となり、
 
覇道一神教ローマ・カトリック教会イエズス会植民地主義
→国際金融連合と変化しながら、
 
地球資源の略奪と一般市民の搾取を究極の目的とする経済的覇道
主義を邁進してきたが、今日の識者が「ディープステート」と
呼ぶのはこの勢力のようである。
 
かれらの理想とするのは支配階級と被支配階級が分断された究極の
格差社会で、支配階級が金融資本家であるか独裁党員であるかにより、
資本主義社会と共産主義社会に分けるが、いずれも本質は同じである。
 
これに対して、多神教マニ思想→キリスト新教→欧州王室連合
フリーメイスン→友愛主義と変転しながら、
 
地球資源の適性配分と一般市民の身分的・経済的格差の縮小
進めてきたのが國體ワンワールドなのである。
 
國體の理想とするのは格差の少ない職能制の集産主義社会で、
國體勢力の総有資産である國體ファンドの管理に与る國體勢力は、
 
地球資源の適正利用を目的として、
常に地域社会の勢力均衡を図る
のである。
 
結局、架空通貨の過剰発行の弊害として地球環境と資源の乱費
および人口の過剰が極まった現在、
 
今後の資源配分を巡る両勢力の対立は、
今やのっぴきならなぬ事態に入った。
 
これを露呈したのがトランプ大統領の出現なのである。

                                                                                            • -

いかがでしょうか。
 
いわゆるディープステートは、コロナショックを好機として、
さらなる搾取規模の拡張と一般市民のデジタル監視社会の完成
に邁進しています。
 
まさしくのっぴきならない事態です。
 
世界経済の振り子が右に触れ過ぎても、左に触れ過ぎても、
いずれもその搾取の本質は変わりません。
 
彼らはいつも奴隷を求めています。
理想の奴隷は無責任な大衆です。
 
一方、いかに振り子を中央付近に戻し、振幅の最小化を図るか。
即ち、地球資源の適性配分と一般市民の身分的・経済的格差の縮小。
 
そのために、國體ワンワールドが何をやってきたのか。
落合先生がここで包み隠さず真相を明らかにしています。
http://b56.hm-f.jp/cc.php?t=M17010&c=10329&d=fe82
 
これは落合先生にしかできないことです。
 
落合先生から学ぶということは、
全世界の地域社会がそれぞれのあるべき姿へ戻り、
それぞれのあるべき自治を学ぶということです。
 
それが歴史を学ぶということです。
自治とは自分のことは自分の責任でやるということです。
 
そして、今まさに、
 
あなた自身が自己決定権を持つ人間たりうるか、
それとも、無責任な大衆であることをよしとするか、
 
が試されている
と、私は考えています。
 
あとは、あなたが決断するだけです。
 
あなた自身が自己決定権を持つ人間たりうるか、
それとも、無責任な大衆であることをよしとするか、
 
その判断のためにこそ、
インペリアル・アイズは存在します。
http://b56.hm-f.jp/cc.php?t=M17010&c=10329&d=fe82
 
それではまた。
 
これからの時代を生き抜くために。
そして、日本の國體を護るために。
 
戦略思想研究所 中森護
 
P.S.
 
すでにご存知の方も多いと思いますが、
お世話になっている神谷宗弊さんが
政党を立ち上げました。
https://www.sanseito.jp/
 
カッコいいページになってますので、
ぜひ一度覗いてみてください。
 
≪≪≪≪最後に、お願いがあります≫≫≫≫
 
これからお届けするメールが「迷惑メール」に入ってしまうと、
 
大切な情報をご覧頂くことが出来なくなってしまいます。
 
これからお送りする動画を見逃さないためにも、
是非メールの振り分け設定をしてください。
 
現時点では「迷惑メールフォルダ」に入っていない場合でも、
最近のメーラーのセキュリティ対策が強すぎるため、
今後「迷惑メールフォルダ」に入ってしまう場合があります。
 
詳しい情報は下記に載っています。
1~2分で済む簡単な作業ですので、是非流れにそって設定
をお願いいたします。
https://www.fpo.bz/mail/
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[発行元] 株式会社戦略思想研究所
[住所] 〒108-0014東京都港区芝5丁目16-14
ノックスビル 3F・4F
[責任者] 中森護
[メール] info●imperialeyes.com
 
(●を@に変えてください)
[配信解除]
配信解除は、本メール最下部のURLより行って頂けます。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
※配信解除URL
https://b56.hm-f.jp/index.php?action=C1&a=3&f=2&g=1&c=10329&code=72e22f386f8321a0acf4b328c6b6cc71
 
※メールアドレス再登録はこちらから。
https://b56.hm-f.jp/index.php?action=R1&a=3&g=1&f=1