黒板五郎のウバイド國體ワンワールド

落合史観に関する話題を取り扱うブログ

【目次】落合・吉薗秘史[10] 神聖ローマ帝国の世襲皇帝になった南朝王子

【目次】落合・吉薗秘史[10] 神聖ローマ帝国世襲皇帝になった南朝王子
著者)落合莞爾
作成:2020年4月3日(金) くもり
  
【本記事の目的】
●落合史観に関する調査において、調査対象の内容が書かれている書籍を探す時間の短縮。
●目次のデジタルデータ化により、検索ツールを利用した機械検索を可能にする事。
   
以下に、表題の書籍の目次を引用する。
 

落合・吉薗秘史[10] 神聖ローマ帝国世襲皇帝になった南朝王子
第一部
解読部
第一章
周蔵の帰朝
昭和三年四月末条の続き
自作を買えと勧める佐伯米子
白痴になったか?彌智子
祐三に母性を抱く薩摩千代子
ニコライエスニコライエフスクの間違い?)から漁船で帰朝
若松安太郎は島田元太郎の義弟
安太郎が居留民を率いて尼港ニコライエフスクを脱出
フランス黄金の分配
フランス黄金の経済的価値
手記を点けろ教えてくれた石光真清
甘粕正彦から与えられた教訓
山本権兵衛の上原勇作批判
第二章
上原閣下から引こうと思う
留守中の救命院
東京コンプレックスの佐伯祐三
美校の恩師に褒められた佐伯
隣家菅又さんの騒動
張作霖の明殺爆死
上原勇作の胸中を推測
明殺の実行者、名はカハモト
田中・宇垣に冷遇される貴志彌次郎
日本は不遇の方向に動く
第三章
佐伯祐三のパリ客死
佐伯死亡のこと聞く
佐伯に心が残る周蔵
若松安太郎の淋しい話
佐伯に大金を貢いでいたケサヨ
太っとか兄さんありがとう
厭世観に囚われる周蔵
國體奉公衆の落胆
同族愛で結ばれるイシヤ一族
タカスに愛された周蔵
軍国主義の時代にはしまい込む秘宝
第四章
佐伯死亡の経緯を藤田嗣治から聞く
田中義一をやろう、との声
藤田嗣治から薩摩のことを聞く
徳田球一の逮捕と周蔵の諜報活動
陸軍の方向が見えずガッカリする藤田
佐伯の死について藤田が耳にしたこと
街頭で繪を描くフリをしていた佐伯
藤田嗣治が観た佐伯祐三
問題は米子だ!
祐三と千代子の関係を黙認した米子
中村屋食堂の閉店を惜しむ周蔵
周蔵手記には書かない周蔵夫妻の渡仏
第五章
田中義一”暗殺”の背景
甘粕正彦に会いに満州
張作霖爆殺犯関東軍を貴志さんが告発
張作霖殺害は日本の不幸を呼ぶ
国共合作の背景
上原元帥はなぜ方針を変えたか?
貴志彌次郎の落胆と後悔
薩摩治郎八が佐伯祐三の絵を送ってくる
所詮女と思うしかない
男なら榮、女なら野枝を予定
若松安二郎を称する男爵の子弟
罌粟中毒に気付かなかった村医
周蔵傘下のケシ栽培が笹川氏に移る
第六章
濱口首相の”明殺”
佐伯アトリエの地主を訪ね、佐伯作品一点を進呈
若松安太郎が東京から撤退
首相浜口雄幸、”明殺”さる
浜口はやっぱり死んだねえ
上原さんは犬養と親しいのだねえ
阿久津製薬から手を引く
満州事変勃発
渡満を後回しにして舌癌の手術
第七章
周蔵再び満州
ギンヅルついに死す
巻さん製「一粒金丹」で延命した周蔵
石原莞爾甘粕正彦が世界大戦を予見
満州は華やかさの中に不安
きれい好きのため巻さんと合う緑
心身ともに弱りを魅せる上原元帥
第二部
考察部
第八章
明らかになった欧州國體
軽皇子の皇子がカロリング朝を開く
ワンワールド國體内部の交流
南北朝の対立も國體の経略
ロタリンギア領主ロレーヌ公
南朝王子X
シスマ(教会大分裂)を収拾するために渡欧
南朝王子の渡欧準備をした万里小路藤房
アルザス政略を策定した欧州國體
A E I O U
オーストリアハプスブルク家アルザスに発祥
エルンスト鉄公と南朝王子Y
傍流エルンスト鉄公の子が徐々に浮上
日本皇統と通じていたハプスブルク家
治仁王は貞成親王の弟
第九章
オーストリア大公がロレーヌ公へ帝国を移譲
神聖ローマ皇帝フリーメイスン会員
ウィーンはメイスンの一大根拠地
「メイスン経略」の策定者
フランツ・シュテファンが國體大公となる
フランツⅠ世とヨゼフⅡ世が大東社の棟梁に
楠公尊崇運動は日本の「青年〇〇」
文久テロリズムを企んだ朝彦親王
伏見宮ハプスブルク大公の相似象
偽装死が疑われるハプスブルク家の面々
オットー・フォン・ハプスブルクと栄次郎・クーデンホーフ
第十章
國體共産主義者田中清玄
オットー・フォン・ハプスブルクの親友田中清玄
会津藩家老は國體参謀の家系
しばしば菅又家を訪ねていた田中清玄
磯古署事件と米子の捏造話
田中清玄と宇都宮徳馬の邂逅
清玄と徳馬は一生の親友
清玄の仮出獄は当初からの予定
清玄を支援した國體勢力
吉薗周蔵関係資料の開示5