黒板五郎のウバイド國體ワンワールド

落合史観に関する話題を取り扱うブログ

【目次】落合・吉薗秘史[9] ハプスブルク大公に仕えた帝国陸軍國體参謀

【目次】落合・吉薗秘史[9] ハプスブルク大公に仕えた帝国陸軍國體参謀
著者)落合莞爾
作成:2020年4月3日(金) くもり
  
【本記事の目的】
●落合史観に関する調査において、調査対象の内容が書かれている書籍を探す時間の短縮。
●目次のデジタルデータ化により、検索ツールを利用した機械検索を可能にする事。
   
以下に、表題の書籍の目次を引用する。
 

落合・吉薗秘史[9] ハプスブルク大公に仕えた帝国陸軍國體参謀
第一部
解読部
第一章
暗号解読を甘粕から教わる
大正十四年3月末ピ条
暗号手紙の解読
暗号手紙の伝える内容
次の暗号手紙の解読も満点
上原閣下の人生哲学
奉天秘宝の商談成功を聞く
パリの佐伯を危ぶむ兄と周蔵
薩摩治郎八のはまった陥穽
薩摩治郎八との再会
パリで薩摩工作に当たった同志の思想と力量
第二章
工作溢れる大正日本
貴志彌次郎の張作霖工作
上原と田中・宇垣の不和
石光は帰国していた
呉秀三が「虎の門事件」に巻き込まれる
憂鬱な周蔵
薩摩父子は海軍を工作中
國際人とは浮藻のようなもの
布施一は後藤新平の「草」
後藤新平の素性
ポンピドー家で夕食を馳走になる
第三章
ロマノフ金塊の日本移送
帝国女子医専の発足
周蔵を勧誘した額田兄弟
若松安太郎と親しく話せるようになる
浮かれ狸の二階堂が来る
シベリア金塊事件と上原元帥
第六巻二〇三頁の再掲
機密費横領事件の始末
薩摩治郎八の結婚
命運を分けた二人の令嬢
中野正剛に棄てられた女を買切る
佐伯祐三が帰国
第四章
大正まさに終わらんとす
大磯に佐伯の住居を手配
大谷光瑞の指示で結婚した佐伯兄弟
米子との関係を告白した佐伯祐正
弟の才能に振り回される兄
上原勇作の術策
皮を切らせた上原勇作
甘粕出獄の近きを知る
第五章
巻さんと二〇貫の國體罌粟
市電車掌に金策の依頼
五万円を薩摩に都合する
巻さんに専検を勧める手紙を送る
巻さんが二〇貫の國體アヘンを送ってくる
巻さんに若松安太郎が罌粟利権を与えた
巻さんが妹チヤと上京
甘粕正彦の釈放
佐伯祐三からまたも記帳の依頼
佐伯米子は芥川龍之介の「手の者」
第六章
大正ここに終わる
佐伯祐三の扱いに悩む周蔵
貴志と若松の黒竜江省工作
貴志と若松が協同した秘密工作とは
薩摩父子は可愛らしか
父子を潰すは息が止まればヨカ
第七章
諒闇(りょうあん)不況で暗い世相
アリバイ日誌にこだわる佐伯祐三
佐伯は記帳に何を求めるのか
周蔵を驚かした佐伯の観察力
佐伯祐三の立場と本心
金に厳しい光瑞師と浪費家の祐三
佐伯の記帳は諜報員の手紙と同じ役目
諒闇不況で暗い世相
笹川良一氏を紹介さる
ギンヅルとキクノの消息
堤哲長の偽装崩御を林次郎は知っていた?
第八章
戦後不況と昭和初期の世相
田中と宇垣の暗闘が始まる
宇垣の田中離れは上原閣下の敷いた道
私娼窟に流れる著名人の性癖
渡仏資金のために作品売却を企てる佐伯祐三
薩摩家が金策に焦る
巻さんと林次郎に資金協力を求める
三百代言白川朋吉の介入
白川朋吉に世話料一千円を補填
第九章
欧州での重大任務
佐伯と軍属の妻の不倫
佐伯米子にも不倫の子
真に佐伯は理解難し
パリの餓鬼大将となった薩摩治郎八
佐伯夫妻の第二次渡仏
子供を外してする制裁は遊び
言葉に酔い流される日本民衆
周蔵、池田巻さんと結婚
欧州任務の計画を立てる
欧州任務の障害は邦人にあり
佐伯の記帳は周蔵へのユスリか
三十四貫となると三人は必要
欧州任務の背景
第十章
逝く先は欧州
周蔵に舌癌が見つかる
頑強なロシア人を用意した
アヘンチンキは胃を荒らす
薩摩治郎八を気にする周蔵
いざという時の種蒔き
シベリア鉄道に乗り込んできた安太郎
同志ネケルの正体は藤田嗣治
まず記帳と金を要求する佐伯祐三
治郎八はバカと断言する藤田嗣治
宗教結社の首頭ジャン・コクトー
第十一章
周蔵、スイスに向かう
ベルンの町外れの小さな教会
同志四人がパリで集合
安ホテルに移り、甘粕と安太郎に逢う
甘粕と陸士同期の澄田𧶛四郎(らいしろう)
甘粕を支援した砲兵将校・・・・・澄田と遠藤
甘粕大尉が指揮した王希天の偽装殺害
閣下の子供だと思える女
ジルベールの誕生年
自作の仕上げを妻にさせる佐伯祐三
第二部
考察部
第十二章
上原勇作と大東社
上原勇作の海外出張
ポンピドー家と上原勇作を結んだビュルネと田島
シュヴァイツアー家はアルザスの名家
ルノー・日産の裏面に國體ファンド
荒木も甘粕もハプスブルク大公の傘下
フリーメイスンの反対勢力が「国際金融連合」
終身刑宣告の七日後に秘密釈放された荒木貞夫
角田房子『甘粕大尉』は何を隠蔽したか?
大東社はハプスブルク大公の実働隊
ハプスブルク大公となった「欧州大塔宮」
第十三章
國體ハプスブルクの「大東社政略」
井口家伝に遺る國體政略
「大塔政略」の奥に「皇統渡欧政略」
フランス砲工将校と駐仏日本武官と大東社
近代メイスンリーの略史
ヒラムとソロモンの友好に始まるフリーメイスン
フリーメイスンの根本思想は「アンチ一神教
欧州の近代化を強行したナポレオン
ニューカレドニアのニッケル鉱山と大東社
田島のニューカレドニア行に陸奧宗光も関与
トミー立石斧次郎の事績
第十四章
架空通貨と寄生体
政体の必要から生まれた架空通貨制度
米国一極体制と加速するグローバリズム
グローバリズムの終焉と通貨収縮
吉薗周蔵関係資料の開示4