黒板五郎のウバイド國體ワンワールド

落合史観に関する話題を取り扱うブログ

【目次】落合・吉薗秘史[2] 國體アヘンの正体 大日本帝国を陰から支えた「天与のクスリ」

【目次】落合・吉薗秘史[2] 國體アヘンの正体 大日本帝国を陰から支えた「天与のクスリ」
著者)落合莞爾
作成:2020年3月30日(月) くもり
  
【本記事の目的】
●落合史観に関する調査において、調査対象の内容が書かれている書籍を探す時間の短縮。
●目次のデジタルデータ化により、検索ツールを利用した機械検索を可能にする事。
   
以下に、表題の書籍の目次を引用する。
 

落合・吉薗秘史[2] 國體アヘンの正体 大日本帝国を陰から支えた「天与のクスリ」
自序
 
第Ⅰ部
吉薗周蔵と罌粟(ケシ)
第一章
「周蔵手記」に現れたアヘン
本文の前に一言 / 東亜鉄道学校に籍だけ置いた周蔵
農学士戸田二郎が実践の指導に来る / 戸田農学士は子爵の庶子か?
武者小路実篤の実像を戸田に語った周蔵 / 堤哲長の指図を受けていたギンヅル
堤家の相続で翻弄された林次郎 / アタマが切れる「親父殿」
加藤邑は土師氏の末裔か? / アヘンを巡る暗闘が始まる
初めて蒔いた罌粟(ケシ)が芽を出す
第二章
厚い友情
周蔵の上京に関する「別紙記載」 / 上原の魂胆が読めて喜ぶ加藤邑
重度のハンセン病に冒された加藤一家 / ハンセン病を恐れなかった林次郎と周蔵父子
大正二年五月末日に國體アヘンの初収穫 / 周蔵、函館に赴く
若松安太郎、実は七代目堺屋甚兵衛 / 日本一の建築家平野勇造とその親戚
開拓使払下げ問題
第三章
「君、草になると良いよ」
北海道調査の費用として一千円 / 空振りに終わった北海道調査
加藤の病名に及び腰の上原閣下 / 周蔵に「草」を勧める加藤邑
血液型に詳しい加藤を警戒した上原閣下 / 呉秀三博士の直弟子・加藤邑
血液型と精神病の関係に注目した呉秀三 / 「君の事は呉先生に話している」
罌粟栽培の活動開始 / 加藤邑の他界
第四章
加藤君への報告書
上原閣下に一年間の活動猶予を請う / 一年間猶予の理由 / 貴志彌次郎と出会う
貴志と張作霖奉天で面識があった? / 第一次満蒙独立運動と貴志彌次郎
丹波の怪老婆・渡辺ウメノ / 延命黒罌粟の伝授 / 若松百太郎が閣下の資金を持参
罌粟栽培に参加希望ぞくぞく / 武者小路実篤に「新しき村」の土地探しを頼まる
実篤に「新しき村」の用地を手配してやる
第五章
栽培者を求めて北海道へ
栽培地を求めて最果ての地へ / 下北半島の小目名に隠棲した畑中衆 
大坂の陣」の真相 / 下北半島に隠された「幸村黄金」
罌粟の先進地帯・津軽に進出 / 本間光輝が寒河江信三を紹介
「浮かれ狸」の二階堂ツネ吉 / 白樺派の集いに誘われる
第六章
周蔵の欧州派遣を決めた上原大将
終了した猶予期間 / 周蔵の意思を確認した上原大将
周蔵、上原大将の胸中を知る / 海軍と陸軍の両立は困難
アヘン四〇〇匁の報奨金は大枚二〇〇〇円 / 罌粟工作の極秘姓を認識
呉教授の医学特訓と周蔵の渡欧準備 / 協力者・久原房之助との出会い
第Ⅱ部
アヘン概論
第七章
世界史にみるアヘン利用
メソポタミア文明で利用されていたアヘン
大航海時代に始まる香辛料貿易の主流はアヘン / 自白剤として使用されたアヘン
労務管理用のアヘン / 伝染病の緊急対策としてのアヘン利用 / 國體アヘンの効用
ストレス解消用アヘン / セリエのストレス学説 / ストレス学説とアヘンの関係
第八章
重商主義が利用したアヘン
初期重商主義は奴隷本位の重金主義
官許海賊ジョン・ホーキンスとフランシス・ドレーク / 貿易差額主義はアヘン本位制
覇道一神教の”鬼畜”な思想 / 國體ワンワールドも阻めなかった英蘭の重商主義
紀州藩の國體アヘンを利用した華岡青洲 / アヘンで大儲けした緒方洪庵適塾
罌粟の王国オランダへ渡った榎本武揚
榎本武揚がオランダから持ち帰った黄金と「アヘン知識」
明治二十二年から始まる華族農場の罌粟栽培 / 石狩原野の開拓と華族組合の偽装解散
第九章
札幌農学校と吉野の甚兵衛
札幌農学校三羽ガラス」は第二期性 / 町村一族の罌粟事業
内務省統計に入らない國體罌粟 / 「堀のコウモンさん」の正体
新十津川村と吉野郡を結ぶもの=罌粟 / 十津川村で客死した荒木貞夫の謎
吉野の甚兵衛・土倉庄三郎 / 新島襄のアタマ(運用者)は会津藩士・山本覚馬
山本覚馬の資金源は國體御用人・堤哲長 / 勝海舟と津田仙と簿記教授ホイットニー
第十章
後藤新平と政体アヘン
政体アヘン事業は台湾領有に始まる / 「日本の阿片王」を自称したニ反長音蔵
罌粟栽培は二重帳簿 / 高島鞆之助の台湾政策を実行した鈴木商店
高島の台湾利権を継承した上原勇作
j・P・モルガンから融資約束を取った國體浪人・杉山茂丸
杉山茂丸後藤新平 / 後藤新平と毒殺説 / 国際金融の本位財
付章
アヘン幻想
大和ワンワールドと國體のアヘン利用 / 國體舎人の遺言が罌粟に言及する
罌粟と黄金が真の本位財 / アヘン信用のウバイド文明、黄金信用の地中海文明
高齢化社会の介護地獄 / 西洋科学で「アジア的停滞」を脱した中華社会
社会の維持向上の本質は「遺伝と経済」 / 老齢介護と尊厳死に用いられた土師氏アヘン
おわりに