黒板五郎のウバイド國體ワンワールド

落合史観に関する話題を取り扱うブログ

インペリアル・アイズ無料メール 20年越しに実現させます(※講演会情報あり)


インペリアル・アイズ無料メール 20年越しに実現させます(※講演会情報あり)
2019年12月27日(金) 雨
 
多分、今年最後のインペリアル・アイズ無料メールになると思われるが、
 
遂に、落合莞爾先生がこの國體ワンワールド、落合史観の研究を始められた真の目的と思われる事が、このメールにて明らかにされたのではないかと私は感じている。
 
この目的のために、皇統(皇室)が落合莞爾氏に白羽の矢を立て、皇統からの古代史伝授を始められたのだろうと思う。
 
 
以下、本日到着した無料メールを転載する。
 
なお、過去の転載分は、以下から参照できる。
 【索引】インペリアル・アイズ無料メール
 
・文字の修飾(色付け、文字サイズ変更など)、用語等へのリンク付けは私の趣味である(笑)。
・私の補足説明を、緑文字で文中に挿入している場合あり。
 
~~~以下、転載~~~
20年越しに実現させます(※講演会情報あり)
 
こんにちは。
戦略思想研究所 中森です。
 
歳末の候、創業開始して早三ヶ月。
 
私にとって令和元年とは、
人生の重大な転換期となりました。
 
弊社の事業理念は、
 
「天をも怨まず、人をも咎めず、下学して上達す」
 
の一言に集約されます。
 
「下」に潜んで、民間に隠れ住む各分野の賢人・苦労人・仁徳ある老人
から謙虚に学ぶことを下学とし、彼らとの協働による大事業の大成をこそ
「上達」とします。
 
ゆえに、落合莞爾先生から謙虚に学ぶ事業を展開することこそが、
弊社の事業理念そのものであることは自他共に認めるところです。
 
ただし、ここまでは「下学」の説明に止まります。
次の問題は、何をもって「上達」となすか、です。
 
その答えはすでに出ています。
「予言されていた」と言っても過言ではございません。
 
あまりにもリスクが高いため詳述は避けますが、
平成13年9月に託された言葉の一部をご紹介します。
 
・新しい歴史時代を築くには人財がいないと完成しない
・落合先生の登場と同時に系譜の組み立て(正史を立てる)が始まる
・落合先生のもとに文献を編纂する人財が集まり、落合先生が統括する
 
ここまでの情報で、何をもって「上達」となすか、
お分かり頂けたかと思います。
 
ずばり、
 
落合史観に基づく歴史編纂事業の大成
 
です。
 
ここで、改めて弊社が展開する事業をご紹介します。
 
【メディア事業】
インペリアル・アイズ
その他、必要に応じて新事業企画
 
【教育事業】
落合流洞察帝王学初伝・中伝・奥伝
他社主催セミナー講師業
その他、必要に応じて新事業企画
 
【コミュニティ事業】
落合史観研究所(設置予定)
※落合史観に基づく歴史編纂機関
 
そう、三番目の【コミュニティ事業】です。
 
組織編成、運営方法などまだまだ未定ですが、
落合先生が落合吉薗秘史シリーズを書き終えた頃に、
具体的な調整に入っていく予定です。
 
なぜ落合吉薗秘史シリーズ執筆後かというと、
落合先生には執筆に集中して頂きたいからです。
とはいいましても、早ければ来年中に動き出します
 
平成13年から予言されていた大事業を、
20年越しに実現せんがために、
私は戦略思想研究所をつくりました。
 
それまでに、新しい歴史時代を築くための人財に
集まって頂かなくてはなりません。
 
中伝・奥伝の門人から、
人財を輩出することになることは必然。
 
落合先生は「門人十傑をつくらねば」と仰せです。
 
落合先生があなたをここでお待ちしています。
http://b56.hm-f.jp/cc.php?t=M14239&c=10329&d=fe82
【本講座:残席1名、全講座今月末締切】
 
ぜひ、ともに大事業を成し遂げましょう。
 
そして、来年はさらに動きを加速させます。
 
大転換期の後、私達はいかに生きるべきか。
その指標となる壮大なコンテンツをお届けします。
 
もちろん、講師となる方は、
「下」に潜んで、民間に隠れ住む各分野の賢人・苦労人・仁徳ある
「老女」です。
(一般的には失礼な呼称ですが、落合史観的には敬称です)
 
初めてその方にお会いした時、本当の意味で、
他人の目を気にしない生き方が実在することに、
私は甚大なる衝撃を受けました。
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
人を相手とせず、天を相手とせよ。
天を相手として己を尽くし、人を咎めず、
わが誠の足らざることを尋ぬべし。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
西郷南洲の言葉の真意に近づけたその日は、
私にとって興奮冷めやらぬ一日となりました。
 
新年早々、新コンテンツの制作に取り掛かかり、
準備でき次第、あなたにお届けいたします。
 
新コンテンツのリリースは
早ければ来年2月になりますでしょうか。
 
ぜひ、楽しみにお待ちくださいませ。
 
弊社の新規事業はこれだけではありません。
 
大転換期に必要とされる壮大なコンテンツといえば、
玄語を超えるものはないでしょう。
 
落合先生と同じく、北林先生もたった一人で大事業を
成し遂げようとしていますが、それを加速するために、
少しでも弊社が役に立てればと考えています。
 
また、年が明けましたら準備出来次第、
インペリアル・アイズの新規キャンペーンも開催します。
 
これから企画とレターの準備ですので、
年末年始はパソコンに向かいっぱなしになりそうです。
 
もっとも、年末年始も弊社は通常営業いたしますので、
苦し紛れにも予定どおりでございます。
 
そして、最後の最後に大ニュースです。
 
令和2年度、インペリアル・アイズ会員限定
落合先生講演会の開催日程が決定しました。
 
来年度も、東京・大阪の二回開催し、
インペリアル・アイズ年会員の皆様、
中伝二期参加者の皆様は無料ご招待します。
 
気になる日程は下記のとおり。
 
■東京開催
 
日時:令和2年4月26日(日)13:30~16:30
テーマ:決定次第ご案内
 
なんと、講演会当日は落合先生79歳の誕生日。
 
講演会終了後、同会場のレストランにて、
落合先生誕生祝賀会を開催いたします。
 
人数制限あり、別途実費ではございますが、
中伝二期参加者の皆様から優先してご案内いたします。
 
残席状況を確認しつつ、中伝二期門人でなくとも、
落合先生の誕生日をお祝い頂けるよう手配します。
 
また、17:30~19:30を目安に開催いたしますが、
遠方からいらっしゃる方からのご要望に合わせて、
講演会のスタートを早めることも検討いたします。
 
ご要望にはできる限りお応えしますので、
東京講演会および誕生祝賀会への参加をご希望の方は、
お早めに予定の確保をお願いいたします。
 
■大阪開催
 
日時:令和2年10月17日(土)15:00~18:00
テーマ:決定次第ご案内
 
講演会終了後、別途実費にて、
落合先生を囲む懇親会を開催いたします。
 
懇親会の開催時間は18:30~20:30です。
 
ついでに弊社設立一周年をお祝いして
頂けると幸甚の極みに存じます。
 
大阪講演会および懇親会への参加をご希望の方は、
お早めに予定の確保をお願いいたします。
 
さて、そろそろ今年の最後のご挨拶の頃合いです。
 
読者の皆様につきましては、年の瀬を迎え何かとご多用の折、
お体大切になされて良いお年を迎えられますようお祈り申し上げます。
 
中伝第二期お申込みはお忘れのないように。
http://b56.hm-f.jp/cc.php?t=M14239&c=10329&d=fe82
【本講座:残席1名、全講座今月末締切】
 
それではまた。
 
これからの時代を生き抜くために。
そして、日本の國體を護るために。
 
戦略思想研究所 中森護
 
P.S.
 
新年1月号のインペリアルアイズのテーマは、
「落合先生の最新研究テーマ&落合莞爾自伝」
です。
 
落合先生の最新研究テーマは、
神聖ローマ帝国世襲皇帝になった南朝王子」
ですが、気になるのは落合莞爾自伝ですよね。
 
落合莞爾自伝をテーマにすることにした理由は、
会員の皆様からの声を反映するとともに、
私自身、「落合莞爾自伝」をいつかつくりたいと
思っていたからです。
 
落合先生のご研究内容や時事解説も面白いのですが、
落合先生の半生も言わずと知れた非日常の連続です。
 
特に平成以後の落合先生周辺情報をどこまで知るかで、
皇室の真実に極限まで近くことができます。
 
とは言いましても、
まずは生い立ちから順番に伺って参ります。
 
ここしばらくのテーマは、
「落合先生の最新研究テーマ&落合莞爾自伝」
のセットでお届けいたしますので、
ぜひ楽しみにお待ちくださいませ。
 
 
≪≪≪≪最後に、お願いがあります≫≫≫≫
 
これからお届けするメールが「迷惑メール」に入ってしまうと、
 
大切な情報をご覧頂くことが出来なくなってしまいます。
 
これからお送りする動画を見逃さないためにも、
是非メールの振り分け設定をしてください。
 
現時点では「迷惑メールフォルダ」に入っていない場合でも、
最近のメーラーのセキュリティ対策が強すぎるため、
今後「迷惑メールフォルダ」に入ってしまう場合があります。
 
詳しい情報は下記に載っています。
1~2分で済む簡単な作業ですので、是非流れにそって設定
をお願いいたします。
http://m-wake.com/
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[発行元] 株式会社戦略思想研究所
[住所] 〒108-0014東京都港区芝5丁目16-14
ノックスビル 3F・4F
[責任者] 中森護
[メール] info●imperialeyes.com
 
(●を@に変えてください)
[配信解除]
配信解除は、本メール最下部のURLより行って頂けます。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
※配信解除URL
https://b56.hm-f.jp/index.php?action=C1&a=3&f=2&g=1&c=10329&code=72e22f386f8321a0acf4b328c6b6cc71
 
※メールアドレス再登録はこちらから。
https://b56.hm-f.jp/index.php?action=R1&a=3&g=1&f=1