黒板五郎のウバイド國體ワンワールド

落合史観に関する話題を取り扱うブログ

天皇の系図(南北朝編)


天皇系図南北朝編)
2019年12月20日(金) 晴れ
 
先週に続き、本日も、以前にpdfファイル形式で本ブログに掲載した天皇系図南北朝編)を、直接、このブログページに貼り付けてアップする。
 
この系図は、落合莞爾先生から書籍を通して教えて戴いた情報(即ち、京都皇統(國體天皇サイド)より落合莞爾先生に古代史伝授された情報)をもとに作成した真実の系図である。

  • 戦後のねじ曲げられた学校史学により、世間一般には伏見宮北朝だという誤認識が、実は伏見宮南朝だった事が分かる系図である。
  • 皇統からの伝授無しには絶対に分からない秘められた天皇家の情報(即ち、93代・後伏見天皇と96代・後醍醐天皇が、実は双子だったという真実、そして、それを活かして南朝北朝の間で、北条幕府に悟られる事なく皇統譜の操作をして南北朝合一を図った事)が分かる系図である。

 
f:id:masuraoo:20191220090735p:plainf:id:masuraoo:20191220090739p:plain