黒板五郎のウバイド國體ワンワールド

落合史観に関する話題を取り扱うブログ

自画自賛だけど、結構、うまく纏めて書いていると思う。一年前の國體ワンワールド記事に関するコメントへの回答


自画自賛だけど、結構、うまく纏めて書いていると思う。一年前の國體ワンワールド記事に関するコメントへの回答
2019年7月7日(日) くもり
 
今、自分のために(過去記事を探し易くするために)このブログの過去記事一覧を作っているところなのだが、
1年前の國體ワンワールドの記事に対して、読者からコメントが付き、それに対して私が一生懸命に私なりの考えを書いているのを見つけた。
 
今読み返してみると、我ながら、良く纏まっているナァと感心した所である(笑)。
 
結局は、このコメントへの回答に書いたとおり、日本中心の視点ではなく、世界全体のバランスと取るというスタンスで(無理矢理にでも)考える事が出来なければ、國體ワンワールドは、絶対に理解出来ないだろうと思う。
 
私も最近は、そう思う事があるが、人類にとって現在の最重要課題は、人口問題だと思う。人口過多の問題である。日本中心にしか考えられない人には、「少子高齢化で、日本の人口は下降線に入っているのに、人口過多なんて、寝ぼけてんじゃないの?」という反応が大多数ではないかと思うが、地球ベースで見ると、人口は、この100年~150年で急増している。
落合先生の話によると、抗生物質(の発見?)が人口急増の原因だそうである。如何にして地球人口を減らすかが人類の最重要課題なんだそうである。私もそう思う。
 
早く、麻薬を解禁にして、安楽死を選択出来る様にして欲しいと、最近は良く思っている。
とにかく、このままのペースで地球人口が増えたら、恐竜と同じく、人類滅亡も間違い無いと確信している。
 
最初に書いた過去記事のコメント回答とは、以下の記事のコメント部分(記事本文ではなく、「桜目さん」という方のコメントに対する私の回答部分)である。
 
 インペリアル・アイズ無料メール 【本日封印】東アジア禁断の秘事〜政権相似象〜
  ★旧ブログから移行した記事なので、残念ながら、旧ブログでの記事へのコメント(「桜目さん」からのコメントと、私の回答コメント)は移行対象外で表示されていない(笑)