黒板五郎のウバイド國體ワンワールド

落合史観に関する話題を取り扱うブログ

インペリアル・アイズ無料メール 国家主権回復の定義とは?


インペリアル・アイズ無料メール 国家主権回復の定義とは?
2018年12月22日(土) 雨
 
以下、本日配信された無料メールを転載する。
 
なお、過去の転載分は、以下から参照できる。
 【索引】インペリアル・アイズ無料メール
 
・文字の修飾(色付け、文字サイズ変更など)、用語等へのリンク付けは私の趣味である(笑)。
・私の補足説明を、緑文字で文中に挿入している場合あり。
 
〜〜〜以下、転載〜〜〜
国家主権回復の定義とは?
 
おはようございます。
リアルインサイト 中森です。
 
インペリアル・アイズ新年一月号の
配信動画ラインナップを発表します。
 
【動画1】米ソ両極体制、完全なる終焉(30分)
 
【動画2】東アジア新経済圏誕生のシナリオ(27分)
 
【動画3】真の独立日本(37分)
 
【動画4】2019年1月号Q&A(28分)
 
Q1「来年(今年)の譲位は天皇の二元性を敷き直すものと捉えてよろしいでしょうか?」
Q2「かつて帝都は阿波にあったという説について落合先生のご所見をお願いします」
Q3「『水垣宮』は垂水神社より西方に存在したという説について落合先生のご所見をお願いします」
Q4「『新唐書日本伝』や『随書倭國伝』で登場する天御中主の正体とは?」
Q5「『名易え』神事に隠された意図について落合先生のご所見をお願いします」
Q6「宇宙人や死後の世界について落合先生の見解をお聞かせください」
Q7「眞子様と小室圭氏が二組いるような気がしますが、目的は何でしょうか」
Q8「新天皇即位後、京都への遷都があるという説について落合先生のご所見をお願いします」
Q9「ワンワールドと世界の軍事力との関係とは?」
Q10「松平容保の役割とは?徳川家康とは何者だったのか??」
 
会員の皆様は元旦を楽しみにお待ちくださいませ。
 
元々、新年一月号のQ&A第一問は、
 
「日本はどういう条件、どういう働きかけで
国家主権を回復できるでしょうか」
 
という質問を用意していたのですが、
ご紹介したとおりメインテーマにて
お答えしています。
 
ところで、国家主権を回復すると言っても、
何をもって回復した言えるのでしょうか。
 
回復の度合いがあるとして考えてみましょう。
 
例えば、
 
東京裁判史観を抹消して70%、
米軍が日本領から撤退すれば80%、
外国の干渉のない憲法をつくって90%、、、
 
といったところでしょうか。
 
いやいや、国家主権回復とは0%か100%しかない、
とお考えの方もいらっしゃるでしょう。
 
いずれにせよ、
国家主権を100%取り戻したと言える状態目標を設定しなければ、
どんな保守論客の叫びも虚しく聞こえます。
 
さて、あなたならいかなる状態をもって、
国家主権回復と定義しますか?
 
私でしたら、極論ですが鎖国です。
もしくは他国に干渉させない緩衝地帯をつくる。
満鮮経略に基づけばこの二つでしょうか。
 
今回は極論の鎖国を取り扱いましょう。
 
鎖国を敷いたのは徳川幕府で、
徳川幕府をつくったのは家康です。
(厳密には伏見宮ですが、、、)
 
そこで、徳川家康とは何者だったのか?
 
新年一月号のQ&A最後の質問ですが、
少しネタバレしてしまいます。
 
落合先生の答えはこちらです。
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
(覇道)一神教を防いだ人。
だから現在の日本をつくった人ですよね。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
有料ですので公開できるのはたった一言ですが、
さすがに分からないので、少し解説を加えます。
 
分かりやすさのため、
「戦国日本と大航海時代(平川新著)」
から一部引用します。
 
覇道一神教とは、
具体的にはイエズス会を指します。
 
落合史観でおなじみのイエズス会とは、
1540年にローマ教皇の認可をうけて創立された修道会で、
イタリア人やポルトガル人、スペイン人などの神父が入会し、
世界各地への宣教に取り組んだカトリックの組織です。
 
デマルカシオン体制(世界領土分割体制)下にあった世界で、
ローマ教皇イエズス会に世界人類のキリスト教化を委託しました。
 
時勢は大航海時代と重なります。
 
それを受けて、イエズス会士たちは、
貿易商人や植民者、軍隊などとともに世界各地に赴いて、
布教活動を行なっていました。
 
そんな中、ザビエルが鹿児島に上陸したのは1549年。
ザビエル来日から僅か40年で日本のキリシタン人口は、
最大で30万人に達していたと言われています。
 
オルガンティノというイエズス会士は、
信長から土地をもらっていたほどです。
 
補足)以前、このブログに書いたと思うが、「本能寺の変」は、日本の國體を守るために、イエズス会かぶれになり、比叡山の焼き討ちとか諸々の國體潰しの悪行を重ねた織田信長を抹殺するのが目的であり、國體天皇であった伏見宮●●(名前は忘れた)の命により、國體奉公衆であった明智光秀が信長を討伐したというのが真相である。三日天下の明智光秀が百姓の竹槍で殺されたのが「小栗栖(おぐるす)の里」という事になっているが、小栗栖の里は、現在の地名で言えば京都市伏見区小来栖であり、まさに、信長の討伐を明智光秀に命令した國體天皇伏見宮の領内なのである。つまり、明智光秀がココで殺される訳がないのである。真相は、この地で保護され以降は裏の世界で余生を過ごしたと言う事だろう。
 
この勢いに乗じて、
イエズス会キリシタン大名を支援して、
日本キリスト教化を構想します。
 
なかには、キリシタン大名を動員して、
明国を征服するという意見もあったようです。
 
これらのことは宣教師たちの記録に
明白に述べられています。
 
そんなイエズス会の野望を耳にした秀吉は激怒し、
バテレン追放令を出します。
 
さらに、「戦国日本と大航海時」の著者は、
朝鮮出兵イエズス会を東アジアから放逐するための
軍事行動であると解釈しています。
 
秀吉の武断的行動に対しイエズス会は、
軍事的に日本をキリシタン化することを諦めますが、
布教そのものを諦めたわけではありませんでした。
 
すべてのキリシタン大名の強制改宗に
成功した訳でもありません。
 
つまり、秀吉の時代は、
潜在的な覇道一神教の脅威にさらされ続けていました。
 
それでは、いかにすれば脅威を取り除くことができるのか。
 
話し合いでできそうもないですよね、、、そう戦です。
 
落合先生はご著書で、
関ヶ原の戦い宗教戦争であったと明言しています。
 
つまり、イエズス会を軍事的に放逐したうえで、
禁教令を敷き直し、外国人の出入国を一元管理する
鎖国体制を完成させることが関ヶ原の目的であった
ということになります。
 
イエズス会に日本をとられるか、とらせないか。
天下分け目の大戦とは良く言ったものです。
 
だからこそ家康は、
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
(覇道)一神教を防いだ人。
だから現在の日本をつくった人なんですよね。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
落合史観をこよなく愛する方の中には、
徳川陣営と豊臣陣営が談合した戦が関ヶ原である、
と考える人もいます。
 
つまり、豊臣陣営がイエズス会勢力を集めて、
徳川陣営に叩きつづしてもらうことで、
同じ目的を達成したという八百長です。
 
ありそうで、面白いですよね。
 
そして、そもそも、
戦国時代そのものが日本の武士(傭兵)を鍛え上げ、
イエズス会対策の軍事強国化のプロセスであったと
考えることができます。
 
その総仕上げが、関ヶ原であったと。
常在戦場であればこそ軍は精強です。
 
大航海時代の日本は戦国時代です。
大航海時代といえば2018年11月号ですね。
 
このようなお話をすると、
大勢の人が略奪され殺されているのに八百長なんて、、、」
とお思いの方もいらっしゃるでしょう。
 
大航海時代や戦国時代の話だけではありません。
 
西南戦争八百長で西郷は死んでいないとする落合史観を学ぶ私は、
故郷の土を安心して踏むことができません。
 
しかし、西郷は佐賀の名護屋から渡欧したとする落合先生の洞察が
狂気の沙汰であると断ずる前に、
唐津八坂神社に西郷の胸像が立つ言われを説明してほしいものです。
 
もっとも、わが故郷では大西郷は尊崇する対象であって、
歴史研究の対象ではないことは存じ上げていますが。
 
何はともあれ、冷酷ではありますが、
「大勢の人が略奪され殺されているのに八百長なんて、、、」
という考えを捨てなければ、
 
歴史の真相を一切知ることはできません。
 
世俗の判断では、しばしば、温情なる者が善人であり、
冷酷な者が悪人であるとされがちです。
 
しかしながら、人間の世界は、
善人だらけでも悪人だらけでもありません。
 
歴史を素直に学べばお分かりいただける通り、
善人がときには悪人にもなり、
悪人がしばしば善人になることもあります。
 
信長だってナポレオンだって殺しに殺して英雄です
それだったら、ヒトラー毛沢東ポル・ポトだって
英雄であってもいいはずです。(しかし、極悪人です)
 
つまり、
 
善悪などというものは所詮あいまいなものにすぎない
 
のです。
 
そんなものは捨ててしまいましょう
もちろん、物事を思考し洞察する場合です
(警察に厄介になってはいけません。)
 
そのうえで、落合先生の道場の門を叩いてください。
https://www.realinsight.co.jp/ochiai/shinan/syoden/general/
【早期割引価格は明後日まで】
 
一応、全部視聴完了した。特に、「補足講義1 ワンワールドグローバリズム」(約37分)が、面白かったですネェ。欧州の國體、日本の國體、支那の國體、南朝鮮の國體、米国の國體、の各説明がされていて、現状の日本がどうなのか、現在の日本の一番の悲劇は何か、その他にも、キーワードとして、「文部省」、「慰安婦」、「風見鶏」、「結社」、色々と出てきましたネェ。
インペリアル・アイズ来月号のテーマには、「真の独立日本」というのも入っているし、いよいよ9日後に迎える2019年は、日本、世界ともに大激動の年となりそうである。
 
インペリアル・アイズ会員の皆様には、
さらに1万円引きした価格にてご案内しております。
 
support@imperialeyes.com
 
からお届けしている会員専用メルマガを
必ずご確認ください。
 
そして、もう一度、
前回のメルマガでお伝えした落合先生からのメッセージを
よく吟味してください。
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ものを見た時にどう考えるか。
考え方さえ見つかるとどんどん謎が解けてくる。
(落合先生のお話を通して)考え方を勉強して頂きたい。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
知識や理屈なんて何の役にも立ちません。
 
ただのうんちくストレージ人間でしたらごまんといますし、
AIはおろかGoogleに取って代わられる存在です。
 
人間は考えてこそ、です。
 
善悪を超えた次元で物事を思考することはおろか、
落合先生はあらゆる事象を超えた次元で物事を思考しています。
 
そんな落合先生が日頃どのような考え方に基づいて、
歴史事象の謎を次々と解明しているのか。
 
知りたい方は今すぐこちらをご確認ください。
https://www.realinsight.co.jp/ochiai/shinan/syoden/general/
【早期割引価格は明後日まで】
 
大事なことなので繰り返しますが、
 
インペリアル・アイズ会員の皆様には、
さらに1万円引きした価格にてご案内しております。
 
support@imperialeyes.com
 
からお届けしている会員専用メルマガを
必ずご確認ください。
 
割引価格は【あと3日】です。
 
それでは、また。
 
これからの時代を生き抜くために。
そして、日本の國體を護るために。
 
リアルインサイト 中森護
 
P.S.
 
落合流洞察帝王学指南の初伝は、
インペリアル・アイズの解説にあたります。
 
毎月の解説の要望を多数頂いておりますが、
インペリアル・アイズを始めてからというもの、
 
私は365日で1日たりとも仕事を休んだ日は
ありません。
 
したがって、
毎月一回解説をお届けすることをお約束するには、
私がもう一人必要です。
 
もっとも、常在戦場でなければ思考が鈍るので、
休む気は毛頭ありませんが、
 
解説をご所望の会員の皆様は、
落合流洞察帝王学指南の初伝で考え方を学んでください。
 
考え方さえ身につけば、
毎月のコンテンツが面白くてたまらなくなります。
 
https://www.realinsight.co.jp/ochiai/shinan/syoden/general/
【早期割引価格は明後日まで】
 
大事なことなので繰り返しますが、
 
インペリアル・アイズ会員の皆様には、
さらに1万円引きした価格にてご案内しております。
 
support@imperialeyes.com
 
からお届けしている会員専用メルマガを
必ずご確認ください。
 
≪≪≪≪最後に、お願いがあります≫≫≫≫
 
これからお届けするメールが「迷惑メール」に入ってしまうと、
 
大切な情報をご覧頂くことが出来なくなってしまいます。
 
これからお送りする動画を見逃さないためにも、
是非メールの振り分け設定をしてください。
 
現時点では「迷惑メールフォルダ」に入っていない場合でも、
最近のメーラーのセキュリティ対策が強すぎるため、
今後「迷惑メールフォルダ」に入ってしまう場合があります。
 
詳しい情報は下記に載っています。
1~2分で済む簡単な作業ですので、是非流れにそって設定
をお願いいたします。
http://m-wake.com/
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[発行元] 株式会社リアルインサイト
[住所] 〒104-0061東京都中央区銀座6丁目16番12号 丸高ビル3F
[責任者] 鳥内浩一
[メール] info●imperialeyes.com
 
(●を@に変えてください)
[配信解除]
配信解除は、本メール最下部のURLより行って頂けます。
ですが、ここでお伝えする動画は期間限定の公開となっていますので、
期間が終了した時点で、全てのコンテンツを閉鎖することとなります。
 
ご縁ある限り、あなたの生活を守り、ご家族を守り、日本を守るため
他では決して知りえない「真実の情報」をお届けしていきます。
このご縁が、あなたの人生を変えるきっかけとなることを期待して。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
※配信解除URL
https://b56.hm-f.jp/index.php?action=C1&a=3&f=2&g=1&c=11385&code=ddc22313b29176843ee1973f7fb001ee
 
※メールアドレス再登録はこちらから。
https://b56.hm-f.jp/index.php?action=R1&a=3&g=1&f=1
~~~以上、転載~~~