黒板五郎のウバイド國體ワンワールド

落合史観に関する話題を取り扱うブログ

インペリアル・アイズ無料メール 落合先生の真心を受け取ってください


インペリアル・アイズ無料メール 落合先生の真心を受け取ってください
2018年12月5日(水) 晴れ
 
以下、本日配信された無料メールを転載する。
 
なお、過去の転載分は、以下から参照できる。
 【索引】インペリアル・アイズ無料メール
 
・文字の修飾(色付け、文字サイズ変更など)、用語等へのリンク付けは私の趣味である(笑)。
・私の補足説明を、緑文字で文中に挿入している場合あり。
 
〜〜〜以下、転載〜〜〜
落合先生の真心を受け取ってください
 
こんにちは。
リアルインサイト 中森です。
 
本日のメルマガは、
落合吉薗秘史刊行会の情報です。
 
今月より最新刊第七巻を配信開始しました。
第七巻の配信は下記スケジュールになります。
 
2018年12月:第七巻(上)
2019年1月:第七巻(中)
2019年2月:第七巻(下)
 
落合吉薗秘史刊行会新規ご入会をご希望の方はこちらから。
https://www.realinsight.co.jp/member/entry_mail.php?product_code=60001
(銀行振込希望の方は別途ご相談)
 
今月号の上巻は周蔵手記の解説がメイン、
中巻と下巻は最新洞察結果がメインです。
 
おそらく、会員の皆様は、
中・下巻に大きな期待を寄せていることと思います。
 
落合先生からも「期待してええぞ」と言われております。
 
ぜひ、楽しみにお待ちくださいませ。
 
ただし、落合先生の歴史研究の原点は、
あくまで周蔵手記です。
 
周蔵手記を読まずして落合吉薗秘史を解すること能わず。
必ず上巻からお読みくださいませ。
 
また、落合先生のご著書は難解であると
読者から指摘されることがありますが、
落合先生はわざと難解に書いています。
 
(誤字・脱字の件は棚上げさせて頂きます。
真摯に改善対応中です、、、。)
 
と言いますのは、
日本人の教養レベルを底上げしたいという
落合先生の思いがあるからです。
 
そもそも、古来、日本の教養人は、
書物の原典を漢文のまま読むことを
当然としていました。
 
一方、現代人は平易な文章を求めすぎであり、
むしろ、平易であることが、
読者の立場にたった文章であるかのような
風潮にあります。
 
確かに本に書いてあることが分からなければ
お金を払って読む価値を感じないという意見も
分からなくはないですが、
 
教養が下がってしまっては本末転倒です。
 
先ほど申し上げたとおり、
教養人が原典を読むことを当然としていたのは、
 
私が思うに、
読み下し文や翻訳文となってしまうと、
本来の意味からずれが生じるおそれが
あるからでしょう。
 
伝言ゲームでも、
簡単な文章が正確に伝わりませんよね。
 
いずれにせよ、他人の脳を仲介するということは、
オリジナルが破壊されるリスクを伴います。
 
例えば、四書五経ひとつとっても、
翻訳者によって文意がバラバラです。
 
さらに、読み下し文さえも違う場合があります。
 
「巧言令色、鮮矣仁」に対して、
 
「巧言令色、鮮(すくなし)仁」
「巧言令色、鮮(すくないかな)仁」
 
があることをご存知だと思います。
 
時代によって読み下し方を変えるにしても、
他人の脳を仲介した結果であることは変わり
ありません。
 
「鮮し」と読む人もいれば、
「鮮いかな」と読む人もいる、
ということです。
 
この時点で、教養人が原典を読むことを当然
としていた理由が腑に落ちると思います。
 
読み下すということは平易にするということであって、
平易さを求めれば求めるほど、本質が破壊されます。
 
したがって、本を読むにあたり平易な文章を好む人は、
残念ながら、文章の奥底にある本質を理解できずに、
 
表面に浮き出たカスだけを漁って分かったつもりに
なっているに過ぎないということになります。
 
せめて自分の読者にそうなってほしくないという
落合先生の真心が、難解な文章を生み出している
ことをご理解頂けると幸いです。
 
それでは、第七巻(上)の目次をご紹介いたします。
 
●第一章 高熱に浮かされながら帰国
   ・いつ家に帰りついたか覚えがない
アイヌ式の馬肉解熱法とはタカス医学
・緑を生み捨てて実家に戻ったアサギク
・親不孝を悔いる周蔵
・アサギクの本意を探るために帰郷
・心身疲れ果てて東京へ戻る
・若松忠次郎家の秘密
・池田庄太郎にも秘密が
・若山家の秘密を敢えて聞かない
・周蔵も隠していた私事を白状する
・加藤邑との奇遇
・タカス族を自覚していた加藤邑
・「綿子作戦」に騙された周蔵
・コマクサの「炒り煎じ」に挑戦
 
●第二章 佐伯祐三の結婚
・結婚が許されて明るくなった佐伯
・被害妄想を楽しむ佐伯祐三
佐伯祐三の天才を見抜いた池田巻
・天才画家佐伯祐三を育てたのは池田巻
・伊達順之助を警官隊から護った池田巻
・実は周蔵を見張っていた佐伯
医専で学びたいという池田巻
・專検合格のホラが発覚して謝る周蔵
医専修了の資格を持っていた周蔵
 
●第三章 老漢方医周居應と出会う
・帝國針灸漢方医學校の校長周居應
・玄関に大書する生徒心得
・額田医師との会談に同行
・若松忠次郎の死を知る
・北海道と山形を若松に返す
・二階堂ツネ吉の本妻を訪ねる
・久しぶりに甘粕正彦と会う
・帰国後初めて、上原閣下を訪ねる
・閣下、手を叩いて喜ばる
・弁天町のアジトで伊達順之助に会う
 
第七巻(上)の目次は以上です。
ご入会後、随時、第七巻(中)以降の目次をご案内いたします。
 
第七巻につきましても製本版をプレゼントさせて頂きますが、
まずは今月、会員資格を得る必要がございます。
 
それは、中巻・下巻の落合先生最新洞察をお読みに
なりたい場合も同じです。
 
落合吉薗秘史刊行会新規ご入会をご希望の方はこちらから。
https://www.realinsight.co.jp/member/entry_mail.php?product_code=60001
(銀行振込希望の方は別途ご相談)
 
それでは、また。
 
これからの時代を生き抜くために。
そして、日本の國體を護るために。
 
リアルインサイト 中森護
 
P.S.
 
インペリアル・アイズ2018年12月号からの
新規入会は12月8日から受け付けます。
 
今月20日前後のリリース予定の
落合流洞察帝王学指南「初伝」は、
 
インペリアル・アイズ会員限定で、
最大50%OFFにてご提供する予定ですので、
今月ご入会頂きますと、圧倒的にお得です。
 
≪≪≪≪最後に、お願いがあります≫≫≫≫
 
これからお届けするメールが「迷惑メール」に入ってしまうと、
 
大切な情報をご覧頂くことが出来なくなってしまいます。
 
これからお送りする動画を見逃さないためにも、
是非メールの振り分け設定をしてください。
 
現時点では「迷惑メールフォルダ」に入っていない場合でも、
最近のメーラーのセキュリティ対策が強すぎるため、
今後「迷惑メールフォルダ」に入ってしまう場合があります。
 
詳しい情報は下記に載っています。
1~2分で済む簡単な作業ですので、是非流れにそって設定
をお願いいたします。
http://m-wake.com/
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[発行元] 株式会社リアルインサイト
[住所] 〒104-0061東京都中央区銀座6丁目16番12号 丸高ビル3F
[責任者] 鳥内浩一
[メール] info●imperialeyes.com
 
(●を@に変えてください)
[配信解除]
配信解除は、本メール最下部のURLより行って頂けます。
ですが、ここでお伝えする動画は期間限定の公開となっていますので、
期間が終了した時点で、全てのコンテンツを閉鎖することとなります。
 
ご縁ある限り、あなたの生活を守り、ご家族を守り、日本を守るため
他では決して知りえない「真実の情報」をお届けしていきます。
このご縁が、あなたの人生を変えるきっかけとなることを期待して。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
※配信解除URL
https://b56.hm-f.jp/index.php?action=C1&a=3&f=2&g=1&c=10329&code=72e22f386f8321a0acf4b328c6b6cc71
 
※メールアドレス再登録はこちらから。
https://b56.hm-f.jp/index.php?action=R1&a=3&g=1&f=1
~~~以上、転載~~~