黒板五郎のウバイド國體ワンワールド

落合史観に関する話題を取り扱うブログ

インペリアル・アイズ無料メール 後世の者がこれを明らかに


インペリアル・アイズ無料メール 後世の者がこれを明らかに
2018年10月3日(水) 晴れ
 
昨日、今月号のインペリアル・アイズ映像(Q&A特集号)を再度視聴したが、色々と、落合莞爾先生の考え方が分かってきた様な気がした。一度、頭を整理してみないと行けない。
例えば、落合先生の言われた事の一つとして、以下がある。
 
「天災」はもあるがもある。私は、害よりも、むしろ益の方が多いと思っている。
例えば、先日の関西の地震大阪北部地震)で、高いブロック塀が倒れて被害者が出たが、これを機に一斉に点検が始まった。人は(日本人は)、何か起きないと動こうとしない(先送り先送りにして、ちゃんとメンテをして来なかった)。
 
この事(天災は、害よりも益の方が多いかもしれないと言う事)に気づいたからこそ、人災が増えて来たのだろう。(落合先生の話の文脈から、気象兵器を使った災害(人災)、人工地震(人災)等を指していると思われる。政治がこれらを利用して擬似天災(実は人災)を起こし始めたと私には聞こえた。)
 
更に言うと、昨今の政治は、部分最適(現時点の最良)を重視し過ぎて全体最適(遠い将来まで見据えた最良)を軽視し過ぎていると言うような事を落合先生は言いたいのではなかろうかと思えて来た。
 
例えば、政治家の最大の任務(功績)は、人口問題を解決する事だと落合先生は言われた。少子化の改善(部分最適)という意味ではない。人口削減(如何にして急増し続ける地球人口を減らすか)という課題である。
確かに、このままのペースで地球人口が増え続けたら、「恐竜」が辿った道と同じ道を進むことになるのは見えている。「人類絶滅」である。
そういう観点からモノを見たら、部分最適(現時点の最良・理想論)ばかりを訴える野党や石破茂さん、前川喜平さんなんかを良く言わない落合莞爾先生の真意も分からなくはない。戦後教育(共産主義教育)を受けて来た団塊の世代は使い物にならないと言う落合莞爾先生の真意も分かる様な気がする。私も、団塊の世代のちょっと後くらいの世代なので、同類だと思われる。安倍晋三さんの発言よりも、野党、石破茂さん、山本太郎さん、前川喜平さんの発言の方が100倍正しいと思うしナァ。難しい問題ですナァ。
 
話を本日のインペリアル・アイズ無料メールに戻し、
以下、本日配信された無料メールを転載する。
 
なお、過去の転載分は、以下から参照できる。
 【索引】インペリアル・アイズ無料メール
 
・文字の修飾(色付け、文字サイズ変更など)、用語等へのリンク付けは私の趣味である(笑)。
・私の補足説明を、緑文字で文中に挿入している場合あり。
 
〜〜〜以下、転載〜〜〜
後世の者がこれを明らかに
 
おはようございます。
リアルインサイト 中森です。
 
先日、落合先生と大平先生の対談を企図するにあたり、
古代史のおさらいにと日本書紀に目を通していると、
 
「後勘校者、知之也」
 
に改めて惹きつけられました。
 
矛盾や謎をわざと書き記した故に遺された言葉です。
 
二人のハツクニシラススメラミコトの存在は、
代表的な矛盾であり謎でもあります。
 
「後勘校者、知之也」の現代語訳には、
 
「後世の者がこれを明らかにするだろう」
「後世、調べ考える人が明らかにするであろう」
 
などあるようですが、
 
いずれにせよ、今の世であれば、
主語を落合先生に置き換えても
何ら差し支えないでしょう。
 
むしろ、落合先生のためにあるような言葉です。
 
一方、日本書記を編纂した舎人親王らが、
記録がないからといって歴史解明を投げ出す史家には、
何の期待も寄せていない証左でもあります。
 
「分からないから放置した(後世に丸投げした)」
と解釈する人物もいるようですが、
 
このメルマガをお読みなっている方々の中に
いらっしゃないことを祈るばかりです。
 
何はともあれ、
「後勘校者」とは落合先生のことであり、
洞察帝王学を継承せんとするあなた自身
のことでもあります。
 
しかし、「後勘校者」となるためには、
相当の覚悟が必要です。
 
その覚悟とはいかなるものか。
 
落合先生は「天皇と黄金ファンド」の序文で、
このように述べています。
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
歴史教科書の内容にこれほど反することを公表すれば、
世間から変人扱いを受けて当然かもしれませんが、
 
何と言われようと真実は真実ですから、
心身を鼓舞して俗流史観に立ち向かうしかありません。
 
これからもやります。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
落合先生の信念、意志の硬さはもっと深淵ですが、
きっと共感できるものがあると存じます。
 
と言いますのは、8月末の会員向けアンケートで、
「このサービスを友人や同僚に薦める可能性はどれぐらいでしょうか?」
という問いに対するコメントとして、
 
「内容が常識はずれですので、話題にするだけで
人間関係が悪くなる事もあります」
 
「周囲にはさわりをほのめかしただけで
訝る人が多くてあきらめています」
 
「普通の人(?)には、なかなか薦めるのが大変」
 
といった声を多数頂いたからです。
 
会員の皆様のみならず、私も同じ経験をしています。
必然的に家族にも友人にも私の仕事は秘密になります。
(秘密にしたいわけではありませんが変人になるので)
 
一方、私の仕事のひとつはワンワールド史観を普及すること。
変人扱いされようが友達が減ろうが、なさねばなりません。
 
日々、葛藤との戦いではありますが、
一昨日、ノーベル医学・生理学賞を受賞した本庶佑氏には、
勇気付けられました。
 
ズバリ、常識を疑う大切さを説いたことです。
 
受賞決定後の取材に対して、本庶佑氏は、
好奇心と「簡単に信じないこと」の重要性を強調し、
 
「ネイチャーやサイエンスに出ているものの9割は嘘で、
10年経ったら残って1割」と語ったとのこと。
 
自分で思考し、自分の五感で確認することを原則とした
本庶佑氏の科学に対する姿勢は、落合先生に重なります。
 
「いやいや、落合史観と科学は相反するでしょ」
とお思いの方もいらっしゃるでしょう。
 
しかし、落合先生は「南北朝こそ日本の機密」の序文で、
このように述べています。
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「歴史実体」の解明は、まず個別知見相互の関連性を
明らめる作業から始めねばなりませんが、
この作業の基本は一に懸かって洞察であります。
 
すなわち個別知見相互間の有機的関連をまず仮定し、
これを基準として、公開資料と口碑伝聞などを論理的に
検証すると、今まで見えなかったものが見えてきます。
 
つまり、同じ資料であっても旧来の解釈とは全く異なる
意味が観えてきます。
 
そうなると、それまで荒唐無稽に見えた口碑伝承にも
実質が備わってきて、貴重な資料性が保証されるのです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
個別知見相互間の有機的関連を仮定するとは、
落合先生の洞察手法のことだと考えられます。
 
それは、すなわち、
 
・法則性を見出すこと(サイコロの表裏は足して7になる)
・歴史相似象を探すこと(過去の成功例は繰り返される)
有職故実に従う(分業社会の決まりごと)
 
です。
 
これを基準として、
 
公開資料と口碑伝聞(京都皇統の秘事)などを
論理的に検証すると、今まで見えなかったもの
が見えてくるということです。
 
この時に、旧来の歴史解釈が嘘であることがわかり、
「歴史の実体」が見えてくるということになります。
 
ただし、「常識」に縛られている人には、
決してこの領域に達することはできません。
 
つまり、権威がある雑誌に載っていようが、
高名な学者の論文に書いてあろうが、
はるか昔の偉人が遺した言葉であろうが、
 
それさえも疑い、
 
自分で思考し、自分の五感で確認することを原則
とした落合先生の姿勢は、本庶佑氏に重なります。
 
日本書紀に遺された「後勘校者」とは、
きっとこのような人物のことであろうと、
私は確信しています。
 
それでは、また。
 
これからの時代を生き抜くために。
そして、日本の國體を護るために。
 
リアルインサイト 中森護
 
P.S.
 
とは言いつつも、
やはり「五感で確認」が落合史観の弱いところ。
 
「歴史の実体」の真の解明は落合先生の洞察で9割。
「五感で確認」によって1割を埋めて完成です。
 
時間と資金をつくって現地調査を行いつつ、
大学や研究機関への協力要請を行えるような
体制を整えることが目下の課題です。
 
≪≪≪≪最後に、お願いがあります≫≫≫≫
 
これからお届けするメールが「迷惑メール」に入ってしまうと、
 
大切な情報をご覧頂くことが出来なくなってしまいます。
 
これからお送りする動画を見逃さないためにも、
是非メールの振り分け設定をしてください。
 
現時点では「迷惑メールフォルダ」に入っていない場合でも、
最近のメーラーのセキュリティ対策が強すぎるため、
今後「迷惑メールフォルダ」に入ってしまう場合があります。
 
詳しい情報は下記に載っています。
1~2分で済む簡単な作業ですので、是非流れにそって設定
をお願いいたします。
http://m-wake.com/
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[発行元] 株式会社リアルインサイト
[住所] 〒104-0061東京都中央区銀座6丁目16番12号 丸高ビル3F
[責任者] 鳥内浩一
[メール] info●imperialeyes.com
 
(●を@に変えてください)
[配信解除]
配信解除は、本メール最下部のURLより行って頂けます。
ですが、ここでお伝えする動画は期間限定の公開となっていますので、
期間が終了した時点で、全てのコンテンツを閉鎖することとなります。
 
ご縁ある限り、あなたの生活を守り、ご家族を守り、日本を守るため
他では決して知りえない「真実の情報」をお届けしていきます。
このご縁が、あなたの人生を変えるきっかけとなることを期待して。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
※配信解除URL
https://b56.hm-f.jp/index.php?action=C1&a=3&f=2&g=1&c=10329&code=72e22f386f8321a0acf4b328c6b6cc71
 
※メールアドレス再登録はこちらから。
https://b56.hm-f.jp/index.php?action=R1&a=3&g=1&f=1
~~~以上、転載~~~