黒板五郎のウバイド國體ワンワールド

落合史観に関する話題を取り扱うブログ

インペリアル・アイズ無料メール 【本日封印】東アジア禁断の秘事〜政権相似象〜


インペリアル・アイズ無料メール 【本日封印】東アジア禁断の秘事〜政権相似象〜
2018年6月17日(日) くもり
 
今回は、岸信介政権と安倍晋三政権が歴史の相似象であるという説明がなされている。
正直、理屈っぽい(正義感を重んじる)性格の私としては、イマイチ、信じ難い内容であるが、世界全体の國體護持を最優先に考えてバランシングを考えてきた國體ワンワールドという立場では、個々に発生する不正義には目をつぶる(全てが100%正義を守れるという事は不可能だと割り切る)という事を受け入れなければいけない、そういう思考に頭を切り替えなければいけないと言う事なのかもしれない。安倍政権のやっている事には「理不尽」が多過ぎて受け入れ難いし、先日の新潟県知事選も不正選挙であった事が確定的なデータが数々出ているが、そんな事は國體ワンワールドの視点で見れば瑣末な事(別の大きな目的のために、理不尽だろうが何だろうが敢えて意図的にやっている事)だと捉えなければ、國體ワンワールドは理解出来ないのかもしれない。
安倍晋三さん、麻生太郎さんが、本当に國體ワンワールド史観に則って、「無能」を装っているのだとしたら、それは凄い事である。まあ、少なくとも麻生太郎さんについては「天然」であると思えてならないが。
いずれにしても、犬猿の仲だと世界中から思われている習近平国家主席江沢民国家主席が、実はどちらも國體ワンワールド側の人間で、「犬猿の仲」は演出されたもの(お芝居)だとの事なので、やはり、目に見えるもの、「正義」だけでものを見ていては、國體ワンワールドは理解出来ないということか。
 
以下、本日配信された無料メールを転載する。
 
なお、過去の転載分は、以下から参照できる。
 【索引】インペリアル・アイズ無料メール
 
・文字の修飾(色付け、文字サイズ変更など)、用語等へのリンク付けは私の趣味である(笑)。
・私の補足説明を、緑文字で文中に挿入している場合あり。
 
〜〜〜以下、転載〜〜〜
【本日封印】東アジア禁断の秘事〜政権相似象〜
 
既存の世界史を完全に覆す禁断の秘事、
【本日封印です】
https://imperialeyes.com/lp/
 
メール本文では、
中国を動かす者の正体を知る人のみが
洞察することのできる政権の相似象を
お届けします。
↓↓↓
 
おはようございます。
リアルインサイト 中森です。
 
米朝会談以降、
各国首脳の動きが活発になってきました。
 
本質を見ようとしないメディアや評論家は、
あいも変わらず失敗を強調していますが、
全くもって話になりません。
 
今月号のインペリアル・アイズでは、
米朝会談前に、金正恩が大連で習近平
面会したことに触れ、
その事実を極めて重要視しています。
 
補足)大連は、遼東半島の辺りであり、日清・日露戦争に出てくる旅順(要塞)などがある地域。元々、ロシアが開いた土地だと落合先生が言われていた。それから、満州吉林省黒竜江省遼寧省辺りは、(ついでに台湾も) 1949年の中華人民共和国建国以前は、漢民族が支配した事は一度も無かったらしい。だから、大連も元々は支那の地ではないそうである。習近平金正恩が大連で会ったと言うことは、漢民族の地(支那)と女真族の地の中間点で会ったと言う意味であり、これから、新しい支那、新しい朝鮮(金王朝?)の国境もその様に変わっていく可能性がある事を示唆していると言う様なニュアンスの事を落合莞爾さんは言っていた様な気がする。このあたりは、私の理解力の問題もあるので、間違いもあるかもしれないが。
 
それはなぜかというと、
習近平側の体制が盤石になったからです。
 
もう少し具体的にお話すると、
第二次習近平政権の副主席として
王岐山を迎えることで、
 
南開中学三羽烏国家百年の計が、
ついに結実したからです。
 
補足)習近平は、字こそ違え周恩来系列の人。王岐山は、王希天の子孫。周恩来、王希天、呉達閣は、新国家(現在の中華人民共和国)建設のために日本に留学していた、南開中学の三羽烏。そして、その南開中学は、欧州のハプスブルク家が創設した学校である。
 
私はもっと詳しく現在の習近平体制について
知りたいと思い、先生にお伺いしたところ、
このように指導されました。
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
周恩来を明確にしなければ答えも何も言えない。
周恩来だけを隠しては駄目。
周恩来を言ったら全部が分かる。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
周恩来とは南開中学三羽烏のひとり。
 
つまり、南開中学三羽烏の正体を明確にすれば、
習近平体制の本質が分かるということですが、
 
その全てはすでに明かされていますので、
こちらから先へお進みください。
https://imperialeyes.com/lp/
 
習近平の出身派閥である太子党創設秘事を
知ることになります。
 
そこからさらに、
周恩来江沢民、そして、習近平へと繋がる
ラインが見えた時、
 
中国を動かす者の正体、
幇とハプスブルクが明確になります。
 
この瞬間、私の頭の中に、
ひとつの相似象が浮かび上がりました。
 
それは、安倍政権と岸政権です。
 
それでは早速、
相似象をなす人物をそれぞれ書き出します。
 
【安倍政権】
安倍晋三麻生太郎二階俊博
 
【岸政権】
岸信介橋本龍伍、藤山愛一郎(石橋湛山
 
引き続き、簡単に説明します。
 
まず初めに、
安倍晋三岸信介
 
一族ですから特に説明は必要ないでしょう。
二人とも気質は筋金入りの反米ですが、
首相在任中は対米追従を装います
 
次に、
麻生太郎橋本龍伍
 
麻生は吉田茂一族、
橋本は吉田茂の腹心です。
 
政権に寄生する国際金融連合のような
振る舞いをしています。
 
最後に、
二階俊博と藤山愛一郎(石橋湛山)。
重要ですので少し詳しく説明します。
 
二階俊博江沢民と蜜月。
ここはご存知のとおりです。
 
藤山愛一郎は周恩来と信頼関係にあり、
日中国交回復に尽力しています。
 
特に藤山愛一郎が訪中時に周恩来に対し、
「川島○○は生きていますか」と質問したところ、
 
周恩来は口では「いいえ」と言いながらも、
手では「丸印」を象っていたという話は、
知る人ぞ知るエピソードです。
 
また、石橋湛山を並べているのは、
石橋・周共同声明に注目してのことです。
これが1972年の日中国交正常化
繋がったことは明白です。
 
ここまで、相似象をなす人物を書き出しましたが、
あなたには重なって見えますでしょうか。
 
江沢民習近平が敵対しているのに、
二階俊博江沢民の蜜月はNGでは?
というご指摘もあるのでしょうが、
 
もし、江沢民習近平が敵対していないとしたら、、、
二階俊博江沢民の蜜月こそが極めて重要である
ということです。
 
つまり、周恩来江沢民習近平へと繋がる
ラインがくっきりと見えるということです。
 
さらに、第二次習近平体制によって、
南開中学三羽烏国家百年の計が結実。
 
中国版ハプスブルク体制到来といっても、
過言ではありません。
 
何はもとあれ、安倍首相も岸元首相も、
右手に国際金融連合、左手に中共を抱え
 
絶妙にバランスをとりながら政権を運営し、
そして、安保改定、憲法改正といった流れで、
着実に国を前進させている姿が浮かんできます。
 
いかがでしょうか。
ここまで整理されるとすっきりしませんか?
 
東アジア禁断の秘事をすべて手に入れさえすれば、
ここまで整理することも朝飯前です。
 
ただし、【本日封印】されます。
後回しにしてチャンスを逃すことのないよう。
https://imperialeyes.com/lp/
 
朝飯前とは言いつつも、
まだまだ洞察が甘いということでしたら、
ご指摘頂けますと大変助かります。
 
それでは、また。
 
これからの時代を生き抜くために。
そして、日本の國體を護るために。
 
リアルインサイト 中森護
 
P.S.
 
今月号のQ&Aで取り扱ったご質問はこちら。
 
Q1「短資会社設立の経緯と黄金ファンドの関わりは?」
Q2「アーリア人が世界を席巻したのはワンワールドの意図?」
Q3「なぜ永世中立国陸の孤島ばかりなのか?」
Q4「河豚計画とシオン賢者の議定書の真偽は?」
Q5「コミンテルンの淵源と日本の関係は?」
Q6「雅子様ご懐妊騒動に対する先生のお考えは?」
Q7「愛子様が複数人存在するという説の真偽は?」
Q8「忠臣蔵を落合史観に重ねるとどうなる?」
Q9「華僑が持つ膨大な簿外資産と黄金ファンドの関連性は?」
 
危険リミットを越えた情報ばかりで、
感覚が麻痺しそうになります。
 
すべての回答を絶対に手に入れてください。
https://imperialeyes.com/lp/
 
≪≪≪≪最後に、お願いがあります≫≫≫≫
 
これからお届けするメールが「迷惑メール」に入ってしまうと、
 
大切な情報をご覧頂くことが出来なくなってしまいます。
 
これからお送りする動画を見逃さないためにも、是非メールの
振り分け設定をしてください。
 
現時点では「迷惑メールフォルダ」に入っていない場合でも、
最近のメーラーのセキュリティ対策が強すぎるため、
今後「迷惑メールフォルダ」に入ってしまう場合があります。
 
詳しい情報は下記に載っています。
1〜2分で済む簡単な作業ですので、是非流れにそって設定
をお願いいたします。
http://m-wake.com/
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[発行元] 株式会社リアルインサイト
[住所] 〒104-0061東京都中央区銀座6丁目16番12号 丸高ビル3F
[責任者] 鳥内浩一
[メール] info●imperialeyes.com
 
(●を@に変えてください)
[配信解除]
配信解除は、本メール最下部のURLより行って頂けます。
ですが、ここでお伝えする動画は期間限定の公開となっていますので、
期間が終了した時点で、全てのコンテンツを閉鎖することとなります。
 
ご縁ある限り、あなたの生活を守り、ご家族を守り、日本を守るため
他では決して知りえない「真実の情報」をお届けしていきます。
このご縁が、あなたの人生を変えるきっかけとなることを期待して。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
※配信解除URL
https://b56.hm-f.jp/index.php?action=C1&a=3&f=2&g=1&c=22004&code=d196f33cf39a8761e6c4ef7541c46b6d
 
※メールアドレス再登録はこちらから。
https://b56.hm-f.jp/index.php?action=R1&a=3&g=1&f=1
〜〜以上、転載〜〜〜