黒板五郎のウバイド國體ワンワールド

落合史観に関する話題を取り扱うブログ

インペリアル・アイズ無料メール オットー作戦


インペリアル・アイズ無料メール オットー作戦
2017年11月3日(金) 晴れ
 
以下、本日配信された無料メールを転載する。
 
なお、過去の転載分は、以下から参照できる。
 【索引】インペリアル・アイズ無料メール
 
・文字の修飾(色付け、文字サイズ変更など)、用語等へのリンク付けは私の趣味である(笑)。
・私の補足説明を、緑文字で文中に挿入している場合あり。
 
〜〜〜以下、転載〜〜〜
オットー作戦
 
おはようございます。
リアルインサイト 中森です。
 
本日は天気明朗、明治節
すがすがしい日本晴れの気持ちで大阪へ。
 
さすがに三連休の初日というだけあって、
一歩遅れたら新幹線がとれずに大チョンボ
 
なんとか滑り込むことができました。
 
本日は明治節であって、
落合先生の大阪初講演の日。
 
主催者が欠席では話になりません。
 
講演テーマは、
 
欧州へ渡った日本皇統
〜秘事・國體ワンワールドネットワーク〜
 
昨日発売となった最新刊、
 
「日本皇統が創めたハプスブルク大公家」
〜國體ネットワークから血液型分類を授かった陸軍特務〜
https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4880863629/realinsight-22/ref=nosim
 
を掘り下げてお話頂きます。
 
國體ワンワールドネットワークといえば、
落合流ワンワールド史観の基軸です。
 
その中でもハプスブルク家最後の皇太子
オットー・フォン・ハプスブルク
オーストリア再興と汎ヨーロッパのために
利用したネットワークは、
 
まさに國體ワンワールドのものです。
 
オットーは1912年生まれ。
オーストリア=ハンガリー帝国の皇太子
となります。
 
しかし、1918年に帝政廃止。
僅か6歳から亡命生活が始まります。
 
亡命先をひとつひとつ書いていったら
伝記になってしまいますので、
興味深い場所をひとつだけ。
 
オットーは幼少期から数年間、
バスクの港町レケイティオにて、
徹底的に教育を受けています。
 
バスクといえば、
國體ワンワールド直轄の特区
 
ハプスブルク家のネットワークが、
國體ワンワールドネットワークに
直結することが伺えます。
 
しばらくして欧州は第二次大戦の
災禍に巻き込まれ、
ヒトラーオーストリア侵略を企図します。
 
当初はオーストリア国内に親ナチスを養成して、
オーストリアが自らドイツ合併を望む工作を
しかけていましたが、工作は難航。
 
その最大の障壁となったのは、
オットーです。
 
オットーはベルギーで亡命生活を送りながらなも、
國體ワンワールドネットワークを駆使し、
オーストリアナチス化を徹底的に防いでいました。
 
経済的にはロスチャイルドの資産を使いつつ、
オーストリア国内親ナチス勢力による反ハプスブルク法の
廃止にも成功します。
 
次第にオットーの逮捕以外に、
オーストリア侵略は成し得ないと判断され、
ヒトラーオーストリア侵略作戦を
「オットー作戦」とします。
 
細かい経緯は省略しますが、
ヒトラーは誰かにハプスブルク家の破壊を
命ぜられたかのように執拗にオットーを狙い、
最終的にオーストリアを併合します。
 
ナチスによるオーストリア併合後、
オットーはアメリカへ亡命し、
次なる工作をしかけます。
 
終戦後のオーストリアの統治に関する工作です。
オットーは終戦後のオーストリアを、
連合国の分割統治ではなくアメリカだけに
一時的に統治してもらう工作をしかけます。
 
コミンテルンによる文化の蹂躙を防ぐためです。
 
そこで、オットーに協力した人物が、
ルーズベルト大統領
 
さらに、オットーは弟のローベルトをして、
イギリスのチャーチルを欧州大陸に引き込みます。
 
ルーズベルトチャーチルケルト系。
國體ワンワールドネットワークです。
 
しかし、アメリカでもオットー排除勢力が
徹底的に邪魔をしてきます。
 
その勢力の中心はアルジャー・ヒス。
ルーズベルトに近づいたコミンテルンです。
 
そもそも、
ヴェノナ文書で公開されているとおり、
第二次大戦当時の米政府はコミンテルン
に完全支配されていました。
 
コーデル・ハルに至っては、
スターリンのために働いているようにしか
見ることができません。
 
そんな中であっても、
ルーズベルトだけはオットーを擁護しました。
親密な関係を示す書簡が多く残っています。
 
一方、ルーズベルトが邪魔になったコミンテルンは、
大統領交代の工作をしかけたようで、
ルーズベルトは心身ともに次第に衰弱していき、
1945年4月脳卒中急逝したことになっています。
 
交代した大統領はトルーマン
オットーの要請は一切無視されました。
 
結果、終戦後のオーストリアは、
連合国4カ国による分割統治となりました。
 
それでも、オットーは、
オーストリア再興のために尽力し続け、
 
1955年、
オーストリアは主権を取り戻します。
 
オーストリアだけではありません。
ハンガリー再興に向けても、
オットーは人生をかけていました。
 
オーストリア=ハンガリー帝国
最後の皇太子なのですから。
 
オットーが君主制復活を望んでいた
ということにされているようですが、
本人は全くの無欲だったようです。
 
晩年は、
リヒャルト=クーデンホーフの要請に応じて、
ヨーロッパ連合に協力し
リヒャルトの死後、第2代会長に就任。
 
1991年には来日し、
天皇陛下に拝謁しています。
 
さらに、田中清玄とも長い親交があり、
オットーからのレポートは日本の政財界に
田中清玄から伝わっていたようです。
 
田中清玄はCIAのエージェントという
ことになっていますが、
CIAはエージェントの名前を「漏らす」
ような無能な諜報機関ではないですよね。
 
内部で敵対させることが彼らの常套手段ですから。
 
それにしても、おそるべし、
國體ワンワールドネットワーク。
 
これが本日の講演会のテーマです。
 
落合先生とともにお待ちしておりますので、
ご参加される方は会場でお会いしましょう。
 
それでは、また。
 
これからの時代を生き抜くために。
そして、日本の國體を護るために。
 
リアルインサイト 中森護
 
P.S.
 
ルーズベルトとかチャーチルなんて、
日本に酷いことをした連中なのでは?
 
とお思いの方もいらっしゃるでしょう。
 
私もそう思ってましたが、
それは表層だったようです。
 
落合先生から学ぶと、
世界の真実がクリアーになって、
心はいつも日本晴れです。
 
≪≪≪≪最後に、お願いがあります≫≫≫≫
 
これからお届けするメールが「迷惑メール」に入ってしまうと、
 
大切な情報をご覧頂くことが出来なくなってしまいます。
 
これからお送りする動画を見逃さないためにも、是非メールの
振り分け設定をしてください。
 
現時点では「迷惑メールフォルダ」に入っていない場合でも、
最近のメーラーのセキュリティ対策が強すぎるため、
今後「迷惑メールフォルダ」に入ってしまう場合があります。
 
詳しい情報は下記に載っています。
1〜2分で済む簡単な作業ですので、是非流れにそって設定
をお願いいたします。
http://m-wake.com/
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[発行元] 株式会社リアルインサイト
[住所] 〒104-0061東京都中央区銀座6丁目16番12号 丸高ビル3F
[責任者] 鳥内浩一
[メール] info●imperialeyes.com
(●を@に変えてください)
[配信解除]
配信解除は、本メール最下部のURLより行って頂けます。
ですが、ここでお伝えする動画は期間限定の公開となっていますので、
期間が終了した時点で、全てのコンテンツを閉鎖することとなります。
 
ご縁ある限り、あなたの生活を守り、ご家族を守り、日本を守るため
他では決して知りえない「真実の情報」をお届けしていきます。
このご縁が、あなたの人生を変えるきっかけとなることを期待して。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
※配信解除URL(ワンクリック解除ですのでご注意下さい)
(解除URL)
 
※メールアドレス変更はこちらから。
https://bite-ex.com/chg/2007/316/
 
〜〜〜以上、転載〜〜〜