黒板五郎のウバイド國體ワンワールド

落合史観に関する話題を取り扱うブログ

〜二つの西郷首級の秘密を知る謎の従僕〜


インペリアル・アイズ無料メール 〜二つの西郷首級の秘密を知る謎の従僕〜
2017年10月15日(日) 雨
 
以下、本日配信された無料メールを転載する。
 
なお、過去の転載分は、以下から参照できる。
 【索引】インペリアル・アイズ無料メール
 
・文字の修飾(色付け、文字サイズ変更など)、用語等へのリンク付けは私の趣味である(笑)。
・私の補足説明を、緑文字で文中に挿入している場合あり。
 
〜〜〜以下、転載〜〜〜
〜二つの西郷首級の秘密を知る謎の従僕〜
 
こんばんは。
リアルインサイト 中森です。
 
西郷の首級はいくつあったかご存知ですか?
答えは、、、ひとつ、当たり前ですが、、、
 
しかし、そのひとつは、
折田正助邸門前で見つかった首ではないと
落合先生は洞察されています。
 
西郷首級の真偽のほどについては、
実は長い間議論が続いていて、
 
2014年、西郷の首を発見した
千田登文中尉の履歴書の記述から、
折田邸が本物ということで決着が
ついたことになっていますが
 
落合先生は、西郷の首実検をした山縣有朋
千田登文に密命を与えていたことを洞察し、
やはり、折田邸の首は偽物であるとお考えです。
 
さて、ここで、
西郷の首に関する落合先生の洞察を
整理しておきましょう。
 
落合先生は、西郷の身代わりとなる遺体は、
用途別に二組用意されたと考えています。
 
一体目の身代わりは首級用。
 
顔が西郷に似た人物の首を切り離し、
首級は折田正助邸門前に埋められました。
 
首級用の身代わりの胴体は不明です。
 
次にいきます。
 
二体目の身代わりは胴体用。
 
肥満体で象皮病の特徴を持つ人物の
首は切り離し、胴体を検死させました。
 
結果、西郷であると確認された胴体は、
 
異例の即日埋葬となりました。
物的証拠は早く隠滅するにつきます。
 
そして、切り離した首級を
鹿児島の吉野町松平墓地に
埋めました。
 
松平墓地では、昭和50年の改葬中、
地下わずか60センチの深さから
鉄鍋に入った頭骨が発見され、
 
鑑定の結果、「年齢50歳くらいの
屈強な男性のもの」と判明。
 
折田邸の首級に対する疑惑が冷めやらぬ時代。
これが、第二の西郷郷首級として報道されました。
 
さて、ここまでをさらに整理しましょう。
 
西郷の身代わりとなった二組の遺体。
 
首級は二つで、折田邸と松平墓地。
胴体も二つで、即日埋葬と所在不明。
 
史学会公認の首は折田邸で、
千田登史が発見し、山縣有朋が実検済み。
 
松平墓地の首の謎は解けぬまま。
 
ざっくりと、ここまでです。
 
松平墓地の首は一;体何だったのか。
 
その謎を解くためには、
西郷の首を隠した人物を
探すことが最も近道です。
 
西郷の首級は別府晋介
介錯によって切り離され、
 
従僕「吉左衛門」に命じて、
「しかるべきところに隠匿」
されたと伝わっています。
 
つまり、従僕「吉左衛門」が、
折田邸、松平墓地の双方に首級を
隠したと考えられ、
 
必然的に従僕「吉左衛門」だけが、
首級の在りかを知っていたことに
なります。
 
吉左衛門に繋がる情報は何かないか。
 
落合先生と私は、そう思いながら、
松平墓地へと足を運びました。
 
そこで、私達は、
 
とんでもないものを発見しました。
 
吉左衛門と掘られた墓石です。
さらに「西郷姓」を冠していたのです。
 
いくら資料を調べても、
吉左衛門の本来の姓を確認できないため、
なんとも言えませんが、
 
もし、西郷の偽装死を成功させた功績として、
吉左衛門に西郷姓が与えられたと考えることも
できます。
 
なにはともあれ、
 
吉左衛門の本来の姓は何か、
なぜ松平墓地に眠っているのか、
 
この二点さえ確認できれば、
西郷の首級の謎を完全に解き明かす
ことができます。
 
今回の現地調査ではそこまでいかず、
引き返してまいりましたが、
 
引き続き、
確認作業を進めてまいります。
 
2014年に公式に結論づけられたことを
ひっくり返すことは難しいですが、
 
西郷の偽装死と渡欧に関する落合先生の洞察を、
より一層、真実へと近づけることができます。
 
そう考えただけでワクワクがとまりませんが、
焦らず、気負わず、淡々と為すべきことだけを
進めてまいります。
 
それでは、また。
 
これからの時代を生き抜くために。
そして、日本の國體を護るために。
 
リアルインサイト 中森護
 
P.S.
 
未だに偽装死というワードに
慣れない方もいらっしゃると
思いますが、
 
西郷は公式に一度偽装死しています。
 
経緯は省略しますが、 月照と入水して西郷だけ助かった時に、
 
幕府の探索を恐れた薩摩藩は、
西郷は死亡と届けて、
 
名を菊池源吾と変名して、
奄美大島龍郷に潜居させました。
 
歴史上の人物が偽装死なぞまかりならん、
というお気持ちも分かりますが、
意外と「当たり前」のことのようです。
 
ちなみに月照も偽装死で渡欧。
そもそも日本人じゃないとか、、、。
 
≪≪≪≪最後に、お願いがあります≫≫≫≫
 
これからお届けするメールが「迷惑メール」に入ってしまうと、
 
大切な情報をご覧頂くことが出来なくなってしまいます。
 
これからお送りする動画を見逃さないためにも、是非メールの
振り分け設定をしてください。
 
現時点では「迷惑メールフォルダ」に入っていない場合でも、
最近のメーラーのセキュリティ対策が強すぎるため、
今後「迷惑メールフォルダ」に入ってしまう場合があります。
 
詳しい情報は下記に載っています。
1〜2分で済む簡単な作業ですので、是非流れにそって設定
をお願いいたします。 http://m-wake.com/
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[発⾏元] 株式会社リアルインサイト
[住所] 〒104-0061東京都中央区銀座6丁目16番12号 丸高ビル3F
[責任者] 鳥内浩一
[メール] info●imperialeyes.com
(●を@に変えてください)
[配信解除]
配信解除は、本メール最下部のURLより行って頂けます。
ですが、ここでお伝えする動画は期間限定の公開となっていますので、
期間が終了した時点で、全てのコンテンツを閉鎖することとなります。
 
ご縁ある限り、あなたの⽣活を守り、ご家族を守り、日本を守るため
他では決して知りえない「真実の情報」をお届けしていきます。
このご縁が、あなたの人生を変えるきっかけとなることを期待して。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
※配信解除URL(ワンクリック解除ですのでご注意下さい)
(解除URL)
 
※メールアドレス変更はこちらから。
https://bite-ex.com/chg/2007/316/
 
〜〜〜以上、転載〜〜〜