黒板五郎のウバイド國體ワンワールド

落合史観に関する話題を取り扱うブログ

インペリアル・アイズ無料メール さほど珍しくない偽装死


インペリアル・アイズ無料メール さほど珍しくない偽装死
2017年6月15日(木) 晴れ
 
以下、本日配信された無料メールを転載する。
 
なお、過去の転載分は、以下から参照できる。
 【索引】インペリアル・アイズ無料メール
 
・文字の修飾(色付け、文字サイズ変更など)、用語等へのリンク付けは私の趣味である(笑)。
・私の補足説明を、緑文字で文中に挿入している場合あり。
 
〜〜〜以下、転載〜〜〜
さほど珍しくない偽装死
 
おはようございます。
リアルインサイト 中森です。
 
今さらかもしれませんが、
 
インペリアル・アイズで
お届けする情報を理解するために、
 
どうしても押さえておかなければ
ならないツボがあります。
 
そのツボとは、
今日のメルマガの件名にあるとおり、
「偽装死」のことです。
 
今月号のインペリアル・アイズでは、
落合先生が芭蕉の養子の偽装死を
例にとってご説明されていますが、
 
戸籍が明確でなかった江戸時代以前は、
偽装死は珍しいものではなかったとのこと。
 
さらに、芭蕉の養子は偽装死した
と洞察した人物は、
落合先生とは別人の学者の方です。
 
落合先生の曽祖父が、実際に偽装死
したことが分かっていることもあり、
落合先生の洞察では偽装死は身近な
ものとなっておりますが、
 
何も専売特許ということではありません。
 
ただ、死んだことにすることを
記録に残すことはできないので、
荒唐無稽であると一笑することも
情報の受け取り手の自由。
 
根拠がないことは、
どうしても受け入れられないという方は、
無理をなさらずに。
 
そもそも、洞察という手法は、
根拠に基づいて真相を明らかに
するのではなく、
 
個別的事象や各状況証拠の間に隠されている
物事の真相を「考えて」明らかにすることです。
 
ニュアンスとしては、
「行間を読む」に近いでしょう。
 
著者の真意が文字になっていない文章が
存在するからこそ、
 
「行間を読む」という言葉が存在しますし、
 
読者が行間を読むことができる
という前提のもとに、
 
文字に残すことができない真実を、
著者は本で伝えることができます。
 
逆に、行間を読むことができない読者は、
その本から最大の価値を手にいれることが
できません。
 
どのような人が行間を読めないかというと、
 
実際に自分の目で確認できる事象しか
「信じる」ことができないという人です。
 
著者の真意は本当にそうなのか。
ひたすら根拠を求める人です。
 
このような方には、
絶対に著者の真意は理解できません。
 
せっかくの素晴らしい本を手にしても、
きっと無駄になってしまうでしょう。
 
ここで、洞察に話を戻しますが、
なぜ落合先生は歴史的人物の偽装死を
洞察できるのか。
 
答えは簡単で、
 
「信じる」のではなく、
「考える」からです。
 
偽装死を荒唐無稽と一笑する人に
共通するコメントは、
 
「信じることができないトンデモ情報」
です。
 
情報の信頼性を最大に重視するという
方もいらっしゃるでしょう。
 
しかし、考えれば状況は一変します。
 
今月号のインペリアル・アイズでは、
石原莞爾甘粕正彦山下奉文など、
錚々たる面子の偽装死が出てきますが、
 
彼らが本当に死んでいた場合の歴史と
本当は生きていた場合の歴史とを比べると、
 
ここでは詳述できませんが、
俄然、後者の方が合理的になってきます。
 
つまり、
 
個別的事象や各状況証拠の間に隠されている
物事の真相が明らかになるということです。
 
根拠がない情報は信頼できないという方は、
「考えて」得られる物事の真相を得ることは
一生できません。
 
本の「行間を読む」ことと本質は同じです。
著者の真意は考えなければ分かりません。
 
そういった意味で、
偽装死があったことを、
 
「信じる」のではなく、
「考える」ことができる人は、
 
物事の真相により近づくことができます。
 
しかも、落合先生の洞察によって得られた真相は、
京都皇統からの「講評」を得ることができるため、
鬼に金棒です。
 
そして、その鬼に金棒の情報をお届けする
メディアこそがインペリアル・アイズです。
 
今月号のインペリアル・アイズはこちら。
https://imperialeyes.com/lp/index.html
【明後日締切】
 
もちろん、
京都皇統の存在を「信じる」ことができない
人にとってはその限りではないのでしょうが。
 
なにはともあれ、
 
インペリアル・アイズで
お届けする情報を理解するために、
 
どうしても押さえておかなければ
ならないツボは「偽装死」です。
 
さらに、死んだことにするのとは逆に、
生きていることにするという偽装方法
もあります。
 
信じるのではなく、考えてください。
 
人物の偽装死の可能性を考えた結果、
真相に辿り着けないと判断したのであれば、
それはひとつの洞察の結果です。
 
その偽装死は間違いであると、
お気軽にご連絡ください。
 
その場合は、
洞察の過程もセットでお願いいたします。
 
それこそ、荒唐無稽な意見はNGです。
 
それでは、また。
 
これからの時代を生き抜くために。
そして、日本の國體を護るために。
 
リアルインサイト 中森護
 
p.s.
 
明後日までに年会員として
ご入会頂きますと、
 
落合莞爾氏講演会
 
【解読・吉薗周蔵手記】
密命・ケシを栽培せよ
〜旧帝国陸軍、極秘の重要戦略物質〜
 
https://www.realinsight.co.jp/2017seminar/seiryo_0704/
(※講演会の詳細はこちら)
 
に無料ご招待いたします。
 
月会員としてご入会された方にも、
特別割引価格(半額)にてご案内
しておりますので、
 
講演会の詳細をご確認のうえ、
少しでも関心を持たれた方は、
 
残席30名となっておりますので、
ぜひ、今すぐご入会くださいませ。
 
https://imperialeyes.com/lp/index.html
【今月の募集は明後日締切】
 
≪≪≪≪最後に、お願いがあります≫≫≫≫
 
これからお届けするメールが「迷惑メール」に入ってしまうと、
 
大切な情報をご覧頂くことが出来なくなってしまいます。
 
これからお送りする動画を見逃さないためにも、是非メールの
振り分け設定をしてください。
 
現時点では「迷惑メールフォルダ」に入っていない場合でも、
最近のメーラーのセキュリティ対策が強すぎるため、
今後「迷惑メールフォルダ」に入ってしまう場合があります。
 
詳しい情報は下記に載っています。
1〜2分で済む簡単な作業ですので、是非流れにそって設定
をお願いいたします。
http://m-wake.com/
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[発行元] 株式会社リアルインサイト
[住所] 〒104-0061東京都中央区銀座6丁目16番12号 丸高ビル3F
[責任者] 鳥内浩一
[メール] info●imperialeyes.com
(●を@に変えてください)
[配信解除]
配信解除は、本メール最下部のURLより行って頂けます。
ですが、ここでお伝えする動画は期間限定の公開となっていますので、
期間が終了した時点で、全てのコンテンツを閉鎖することとなります。
 
ご縁ある限り、あなたの生活を守り、ご家族を守り、日本を守るため
他では決して知りえない「真実の情報」をお届けしていきます。
このご縁が、あなたの人生を変えるきっかけとなることを期待して。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
※配信解除URL(ワンクリック解除ですのでご注意下さい)
(解除URL)
 
※メールアドレス変更はこちらから。
https://bite-ex.com/chg/2007/316/
 
〜〜〜以上、転載〜〜〜