黒板五郎のウバイド國體ワンワールド

落合史観に関する話題を取り扱うブログ

インペリアル・アイズ無料メール 真の国際親善を実現するための3つの条件


インペリアル・アイズ無料メール 真の国際親善を実現するための3つの条件
2021年4月9日(金) 晴れ
 
以下、本日(4/9)に配信された無料メールを転載する。
 
なお、過去の転載分は、以下から参照できる。 【索引】インペリアル・アイズ無料メール
 
・文字の修飾(色付け、文字サイズ変更など)、用語等へのリンク付けは私の趣味である(笑)。
・私の補足説明を、緑文字で文中に挿入している場合あり。
 
〜〜〜以下、転載〜〜〜
真の国際親善を実現するための3つの条件
 
おはようございます。
戦略思想研究所 中森です。
 
本日、公式ブログを更新いたしました。
新たにアップした記事は下記の二つ。
 
修験子栗原茂【其の一六】
真の国際親善を実現するための3つの条件
 
【文明地政學叢書第二輯】
2 神格に南北朝なし
 
ぜひ今すぐこちらからお読みくださいませ。
https://st-inst.co.jp/blog/
 
修験子栗原茂シリーズの最新記事では、
オリンピック・パラリンピックを例に、
 
真の国際親善を実現するための3つの条件が
明確に提示されています。
 
政財界やメディアがオリンピック・パラリンピック
アスリートを自分の主張に利用する様は、
もはや目も当てられないレベルにありますが、
 
その為体に、修験子栗原茂は、
このように問いかけています。
 

                                                                              • -

現下のアスリートに嘉納や円谷の精神を理解し得る者は
居るのだろうか。
 
オリンピアンを選出する際に人柱として消えたアスリートに
鎮魂の手は差し延べられたのか。

                                                                              • -

そのうえで、
 

                                                                              • -

何でも千切り取ること、
早口でまくし立てること、
大声で吠えること、
何でも出しゃばること、
恥じらいを知らないこと、
他を威圧すること、
 
この魑魅魍魎を跳梁跋扈させて操るテレビ界に住む悪霊化身は
ゾンビ(生ける屍)ゆえ、思考回路が壊れた接合不全構造を
迷走するしか知らない。
 
競い争う事は本能的属性の一つだから、
その暴走を封じる条件が必要になってくる。

                                                                              • -

と道破しています。
 
競い争う本能的属性の暴走を封じる条件とは何か?
ぜひ今すぐご確認ください。
https://st-inst.co.jp/blog/kurihara/autobiography16/
 
ドストエフスキー著『罪と罰』に関する下記言及にも、
目からウロコが落ちる思いです。
 

                                                                              • -

反ユダヤ主義や第三ローマを見越したというナチズムの基礎は
ドストエフスキーの考えに沿うとも言われる。

                                                                              • -

次に、【文明地政學叢書第二輯】では、
似非教育化で巣立つ千切り取り思想の史観による
南北朝史観を禊祓がテーマとなっています。
 
南北朝こそ日本の機密」であることは、
落合先生のご著書のタイトルにもなっていますが、
 
後に平成29年に発刊された落合先生ご著書
『日本皇統が創めたハプスブルク大公家』では、
後宇多天皇の双子の皇子に関する秘事が明かされました。
 
一方、本日更新した記事の中にも、
極めて意味深長な文言があります。
 

                                                                              • -

第九六代後醍醐天皇もまた後宇多天皇第二皇子だが、
南北朝政争において南朝の象徴とする偽作がある。

                                                                              • -

「偽作」とは、一体何を指しているのか。
 
後宇多天皇の双子の皇子に関する秘事の件であれば、
【文明地政學叢書第二輯】発刊の平成21年以前に、
明かされていたことになります。
 
【補足】
後宇多天皇の双子の皇子とは、胤仁(たねひと)親王(後の第93代・後伏見天皇)と、尊治(たかはる)親王(後の第96代・後醍醐天皇)のこと。
後伏見天皇は、表の歴史(=皇統譜)上は、第92代・伏見天皇持明院統)の皇子とされているが、真実は、第91代・後宇多天皇大覚寺統)の双子の皇子のうちの一人。
昔は、双子は忌み嫌われるという風習があったらしいので、そのために伏見天皇の皇子として皇統譜に記録されたのかもしれないが、もしかしたら、この時に既に、持明院統大覚寺統両統迭立という好ましくない状態(鎌倉幕府側の権力維持に都合の良い状態)を解消するための皇室血統の一本化(持明院統大覚寺統の統合化)が密かに皇室側で進められていて、そのための秘策という意味もあって、大覚寺統の双子の皇子の一人である胤仁(たねひと)親王持明院統伏見天皇の皇子として皇統譜に入れたのかも知れない。結果的には、第102代・後花園天皇以降は、今上天皇に至るまで大覚寺統の血統であり、かつ、後醍醐天皇の皇子である大塔宮(おおとうのみや)護良(もりなが)親王の直系男系子孫のみが天皇を即位している。この皇位継承ルールは、後醍醐天皇持明院統大覚寺統(後の表現では南北朝)の合一を実現するために作ったルールである。
南北朝合一時代の皇室の系図は以下を参照。かなり細やかな皇統譜の操作が実施されている。

 天皇系図南北朝編)
ubaido.hatenablog.com
 
今の私には真相は分かりませんが、
「神格天皇の絶え間ない禊祓」を会得するまで、
修練を積むほかありません。
 
ただ、【文明地政學叢書】シリーズには、
落合先生によって解明されてきた秘事の数々が、
すでに婉曲的に書かれていたことに気付くことが
ままあります。
 
5年前、初めて読んだ時は全く理解できませんでしたが、
落合先生の卓越した洞察史観に触れることにより、
 
少しづつではありますが、
【文明地政學叢書】シリーズの文脈に潜む
神格レベルの情報に気づくようになりました。
 
それはきっとあなたも同じでしょう。
 
ぜひともに【文明地政學叢書】シリーズを通して、
修練を積んでまいりましょう。
 
本日更新の記事はこちら。
https://st-inst.co.jp/blog/second/chapter2-2/
 
それでは、また。
 
これからの時代を生き抜くために。
そして、日本の國體を護るために。
 
戦略思想研究所 中森護
 
P.S.
 
インペリアル・アイズは、
9月末日にてすべてのサービスを終了します。
 
5月ご入会の年会員の皆様には、4月2日に、
今後に関するご案内をお届けしておりますので、
必ずご確認くださいませ。
 
今月号のインペリアル・アイズのテーマは、
 
絶対に他言を禁ずる日米戦争の真相
~陸軍特務が遺した山本五十六の真実~
 
視聴殺到しています。
 
新規ご入会はこちらから。
http://b56.hm-f.jp/cc.php?t=M33518&c=11385&d=639f
 
≪≪≪≪最後に、お願いがあります≫≫≫≫
 
これからお届けするメールが「迷惑メール」に入ってしまうと、
 
大切な情報をご覧頂くことが出来なくなってしまいます。
 
これからお送りする動画を見逃さないためにも、
是非メールの振り分け設定をしてください。
 
現時点では「迷惑メールフォルダ」に入っていない場合でも、
最近のメーラーのセキュリティ対策が強すぎるため、
今後「迷惑メールフォルダ」に入ってしまう場合があります。
 
詳しい情報は下記に載っています。
1~2分で済む簡単な作業ですので、是非流れにそって設定
をお願いいたします。
https://www.fpo.bz/mail/
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[発行元] 株式会社戦略思想研究所
[住所] 〒108-0014東京都港区芝5丁目16-14
ノックスビル 3F・4F
[責任者] 中森護
[メール] info●imperialeyes.com
 
(●を@に変えてください)
[配信解除]
配信解除は、本メール最下部のURLより行って頂けます。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
※配信解除URL
https://b56.hm-f.jp/index.php?action=C1&a=3&f=2&g=1&c=11385&m=921&code=ddc22313b29176843ee1973f7fb001ee
 
※メールアドレス再登録はこちらから。
https://st-inst.co.jp/mailmag.html
 
  

インペリアル・アイズ無料メール 絶対に他言を禁ずる日米戦争の真相


インペリアル・アイズ無料メール 絶対に他言を禁ずる日米戦争の真相
2021年4月2日(金) 晴れ
 
以下、本日(4/2)に配信された無料メールを転載する。
 
なお、過去の転載分は、以下から参照できる。 【索引】インペリアル・アイズ無料メール
 
・文字の修飾(色付け、文字サイズ変更など)、用語等へのリンク付けは私の趣味である(笑)。
・私の補足説明を、緑文字で文中に挿入している場合あり。
 
昨日配信されたインペリアル・アイズの今月号、既にパソコンにダウンロードしてあるが、昨日は時間が無くて未だ視聴していない。
 
[秘密保持」を明言されているので、視聴したとしても このブログに知り得た情報を書く訳には行かないと思っているのだが、下の無料メールの内容を見ると、結構具体的な内容(項目)が書かれている。まあ、各項目の中身(真実の歴史)は書かれていないので、視聴した人(=会員)だけが知る事が出来るのだが(笑)。
 
会員募集も下のメール内で行われているので、書かれているURLの先の募集案内を見て、気になる人は今月号だけの月会員だけでも申し込んでコンテンツを手に入れると良いだろう。
私も、午後に、じっくりと視聴しようと思っている。
 
〜〜〜以下、転載〜〜〜
絶対に他言を禁ずる日米戦争の真相
 
おはようございます。
戦略思想研究所 中森です。
 
本日、公式ブログを更新いたしました。
新たにアップした記事は下記の二つ。
 
修験子栗原茂【其の一五】
聖地・鈴鹿サーキット
 
【文明地政學叢書第二輯】
『超克の型示し』[目次]
 
【文明地政學叢書第二輯】
1 神格の超克が歴史の理となる
 
ぜひ今すぐこちらからお読みくださいませ。
https://st-inst.co.jp/blog/
 
修験子栗原茂シリーズ最新記事のタイトルは、
「聖地・鈴鹿サーキット」とさせて頂きました。
 
落合史観に精通しているあなたでしたら、
鈴鹿と聞けばすぐに浮谷東次郎と堀川辰吉郎
連想するでしょう。
 
しかし、手持ちの情報は少ないかと存じますので、
鈴鹿と聞いてピンときた人もまだこれからの人も、
他では知ることのできない鈴鹿サーキットの真の姿に
弊社ブログにて今すぐ触れることができます。
 
また、文明地政學叢書は本日より第二輯に入ります。
第二輯は以下の9つの玉稿で構成されます。
 
1 神格の超克が歴史の理となる
2 神格に南北朝なし
3 天皇継嗣干渉には必ず天誅が下る
4 神格の禊祓に臣と民が救われる
5 競わず争わず神格に通ずるみち
6 神格統一場としての建春門外学習所
7 孝明天皇による未来透徹の禊祓
8 神格の型示しと場の共時性
9 言霊で解く超克の型示し
 
文明地政學叢書の内容のすべてが、
弊社が実現を目指す理念の背景にあるのですが、
私は特に第二輯に感銘を受けました。
 
たとえば、本日アップした第1回の記事のこの部分。
 

                                                                              • -

情報には神格レベルと人格レベルがあり、
神格は「意」に発するも、人格は「知」に発して
情を頼りに好き嫌いの時空に留まる。
 
人は生まれるとすぐ生死の運命を
他に託すことを余儀なくされる。
 
如何なる遺伝子を持とうが、表意は情に始まり、
環境に伴った知を身に帯びると、
人は次第に情や知の効果を蓄え自立に役立てるのだ。
 
問題は表意の相であり、
誠か嘘か見破るのは簡単であるが、
人格レベルでは見破れない。
 
人は産湯で素を現し、時空の汚素に染まると、
似非を受け容れる体質が出来上がり、
虚しい口舌を使う嘘で閉じられた空間に身を寄せ始める。
 
ここが神格と人格で決定的に異なる点で、
神格は産湯を済ませると常に禊祓を怠らない。
 
禊祓とは身を削ぐ次元もあれば、
霊(み)を濯ぐ次元もあり、
然る後に水を注ぎ祓う日常の中で
身を透かす位相を得ることにある。
 
この表意を保ち続けるのが天皇の神格である。

                                                                              • -

昨日配信開始したインペリアル・アイズ最新号では、
 
絶対に他言を禁ずる日米戦争の真相
~陸軍特務が遺した山本五十六の真実~
 
をお届けしていますが、
 
山本五十六の真実を見透かすことひとつとっても、
時空の汚素に染まり似非を受け容れる体質となっている論者が
巷にはあふれています。
 
具体例としては、いわゆるディープステート陰謀論であり、
フリーメイソン、偽装死などというキーワードを弄び、
山本五十六を歴史的名将から愚将へと貶めて、
表意の相を見破ったとする論者はあとを絶ちません。
 
一方、すでにインペリアル・アイズ会員の皆様はご存じのとおり、
巷のそれらと競わず争わず次元を異にする落合先生の洞察史観は、
人格レベルの情報にはとどまりません。
 
時空の汚素に染まった私たちは、
落合史観に触れることにより禊祓を行うことになりますが、
 
これ以上、時空の汚素に染まらないために、
私自身、常々心がけていることがあります。
 
それは吉薗周蔵が石光真清から教わった人生訓
「絶対に一人の人を信ずるということをしない」
ということです。
 
この教えは天縄文理論にも直結します。
 
世の中には玉石混淆の情報が満ち溢れていますが、
どんな魅力的な情報源に出会ったとしても、
人格レベルの閉じられた空間の情報であることは
間違いありません。
 
ついつい覗きに行ってしまったとしても、
いつでも抜け出せる心構えだけは忘れないようにしたいものです。
 
そのうえで、決して神格でなくとも、
 
人は人して「意」を発するものと信じ、
その「意」を発する「情」を洗練し、
天地自然に開かれた「智」を磨き、
絶対的自由(真の自立)を獲得せんとすることが、
 
弊社理念実現のための行動基準の一柱をなします。
 
さて、もうひとつの大事なお知らせを忘れておりました。
 
昨日配信開始したインペリアル・アイズ最新号、
 
絶対に他言を禁ずる日米戦争の真相
~陸軍特務が遺した山本五十六の真実~
 
まだ入会されていないあなたも、
今すぐお申込頂けるよう手配しました。

 
衝撃のコンテンツの一部を明らかにすると、、
 
【動画1】本邦初公開・吉薗周蔵『敗戦からの記』
 
・吉薗周蔵が娘・明子に遺した『敗戦からの記』、満を持して本邦初公開
松平容保の孫・薩摩千代子の筆跡が明かす佐伯祐三の真の姿
・吉薗周蔵が上原勇作を通じて出会った海軍元帥となる人物とは?
・吉薗周蔵が山本五十六と対峙した時の驚くべき評価とは?
石原莞爾の「歩」となることを志願した吉薗周蔵の思いとは?
石原莞爾が看破したアジアの裏切り者の正体
石原莞爾と同様、奴隷解放を思想の軸としていた陸軍軍人とは?
 
【動画2】『敗戦からの記』が明かす山本五十六の正体
 
山本五十六の偽装死を証明する確固たる証拠のひとつとは?
・吉薗周蔵が特高警察布施一から紹介された驚愕の人脈の数々が明らかに
明石元二郎から教えられた人脈を使った諜報活動の基本とは?
・『敗戦からの記』だけが明らかにする本当の薩摩治郎八
・吉薗周蔵が諜報の過程で知ってしまった山本五十六の正体
・落合先生が『敗戦の記』の公開をためらっていたワケとは?
・世界史におけるハプスブルクの存在の重大性を看破していた真田氏の末裔とは?
・吉薗周蔵に「山本五十六に不安がある」と漏らした海軍高級将校と海軍の「草」の正体
 
【動画3】他言を禁ずる日米戦争の真相
 
接触してきた海軍の「草」の正体を吉薗周蔵が知っていた理由とは?
・諜報活動における「裏切り」と「志願」の違いとは?
石原莞爾が海軍の情報を必要とした真の目的とは?
・諜報員として吉薗周蔵が血肉としていた石光真清の教えとは?
・「そういう意味では石原さんを信じていない」とする吉薗周蔵の真意とは?
・これが日米戦争の真相、絶対に会員以外には話さないでください
・落合先生が知る山本五十六偽装死にまつわる衝撃情報とは?
・戦争終結後に姿を消さなければならなかった人物の真意とは?
 
【動画4】2021年4月号Q&A
 
Q1「先生は鬼の正体についてどのようにお考えでしょうか?」
Q2「橘氏の女性は双子を生む確率の高い家系ではないでしょうか?先生のご所見を教えてください」
Q3「エネルギーの準資本財の置き換えを進めるために脱石油を進めているのでしょうか?」
Q4「民主主義、共産主義が倒れたのちに、國體は社会の仕組みをどのようにするつもりなのでしょうか?」
Q5「現金(日本円)を何に交換しておくことが次の時代で最も有効か先生のお考えを教えてください」
Q6「田中英道先生が高天原は関東にあったと主張しておられますが、いかが思われますか?」
Q7「三笠宮や立花大亀和尚は、日本文化そのものの抹殺と奴隷制社会の完成・維持を肯定していたと解釈すべきでしょうか?」
Q8「昭和天皇堀川辰吉郎を信頼していなかった、あるいは恐れていたとは考えられないでしょうか?」
 
インペリアル・アイズご入会はこちらから。
http://b56.hm-f.jp/cc.php?t=M33149&c=11385&d=639f
 
インペリアル・アイズは、
9月末日にてすべてのサービスを終了します。
 
それでは、また。
 
これからの時代を生き抜くために。
そして、日本の國體を護るために。
 
戦略思想研究所 中森護
 
P.S.
 
草ゆえに歴史から消えざるを得なかっただけで、
紛れもない歴史的大人物吉薗周蔵を知り尽くすことができる
コンテンツを弊社は誠心誠意お届けしております。
 
ぜひ口伝・吉薗周蔵手記シリーズをご利用ください。
http://b56.hm-f.jp/cc.php?t=M33150&c=11385&d=639f
 
≪≪≪≪最後に、お願いがあります≫≫≫≫
 
これからお届けするメールが「迷惑メール」に入ってしまうと、
 
大切な情報をご覧頂くことが出来なくなってしまいます。
 
これからお送りする動画を見逃さないためにも、
是非メールの振り分け設定をしてください。
 
現時点では「迷惑メールフォルダ」に入っていない場合でも、
最近のメーラーのセキュリティ対策が強すぎるため、
今後「迷惑メールフォルダ」に入ってしまう場合があります。
 
詳しい情報は下記に載っています。
1~2分で済む簡単な作業ですので、是非流れにそって設定
をお願いいたします。
https://www.fpo.bz/mail/
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[発行元] 株式会社戦略思想研究所
[住所] 〒108-0014東京都港区芝5丁目16-14
ノックスビル 3F・4F
[責任者] 中森護
[メール] info●imperialeyes.com
 
(●を@に変えてください)
[配信解除]
配信解除は、本メール最下部のURLより行って頂けます。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
※配信解除URL
https://b56.hm-f.jp/index.php?action=C1&a=3&f=2&g=1&c=11385&m=917&code=ddc22313b29176843ee1973f7fb001ee
 
※メールアドレス再登録はこちらから。
https://st-inst.co.jp/mailmag.html
 

インペリアル・アイズ無料メール 【要確認】重要なリマインドと禁断の次回予告


インペリアル・アイズ無料メール 【要確認】重要なリマインドと禁断の次回予告
2021年3月27日(土) 晴れ
 
以下、昨日(3/26)に配信された無料メールを転載する。
 
なお、過去の転載分は、以下から参照できる。 【索引】インペリアル・アイズ無料メール
 
・文字の修飾(色付け、文字サイズ変更など)、用語等へのリンク付けは私の趣味である(笑)。
・私の補足説明を、緑文字で文中に挿入している場合あり。
 
下の無料メール内の来月号(4月1日発信)の予告部分を見れば分かるが、落合莞爾先生自身が公開を躊躇ったという大東亜戦争(日米戦争の部分)の真相が、遂に明かされる様である。
勿論、インペリアル・アイズ会員の我々も未だ聞かされていない内容だと思われる。
これまでは、知的財産権に抵触しない範囲内で、インペリアル・アイズ講座から得られた情報をブログ等で紹介して来たが、
『他言を禁ずる日米戦争の真相』などと言う事は、我々、インペリアル・アイズ会員に対しても今まで一度も言われた事がない事なので、今回ばかりは、「秘密保持」を会員に対して求められていると思われ、従って、来月号から知り得た情報(日米戦争の真相)を、ブログ等で言及する事は差し控えなければならないと思う。
表の歴史教育・出版物では出て来ない(日米戦争の真相)を知りたい場合は、来月だけでもインペリアル・アイズ会員になって情報を取得される事をお勧めする。確か、5,000円を切る月会員料金だったと思うので、本を一冊買う程度の費用である。動画(mp4ファイル)と、一ヶ月後に提供される動画の文字起こし(pdf文書)をダウンロードして何度でも見返す事が出来る。
 
〜〜〜以下、転載〜〜〜
【要確認】重要なリマインドと禁断の次回予告
 
こんばんは。
戦略思想研究所 中森です。
 
出張が続き業務に追われているため手短になりますが、
極めて重要なご案内がございます。
 
リマインド二件とインペリアル・アイズ来月号の予告です。
 
まずはリマインドから。
 
■インペリアル・アイズ月会員へのご変更手続き
 
4月ご入会の年会員様のみへのリマインドではございますが、
会員専用メルマガを見落としている可能性もございますので、
こちらからリマインドさせて頂きます。
 
インペリアル・アイズは2017年4月にスタートしたため、
4月ご入会の年会員様が多数いらっしゃいます。
 
本日もリマインドメールをお送りしましたが、
4月ご入会の年会員様は【3月31日まで】に
月会員へのご変更手続きを行って頂きます。
 
もし、お手続きが間に合わない場合、
4月1日に会員専用サイトにアクセスできなくなるほか、
再入会されても、これまでのバックナンバー視聴権限を
すべて失ってしまいます。
 
お手続きを後回しにされていた方は、
今すぐ会員専用メルマガをご確認くださいませ。
 
手続きに関する会員専用メルマガが届いていない場合は、
お気軽にお問い合わせくださいませ。
 
■鍵を握る二つのHAARP、締切間近
 
インペリアル・アイズ2021年3月号のご視聴申込も、
【3月31日まで】となっております。
 
HAARPに関する最新情報は、
ここでしか手に入れることができません。
 
改めて内容をご案内いたしますので、
ご確認のうえ、ぜひ今すぐご入会くださいませ。
 
【動画1】宿痾・対米依存症から脱する時
 
・落合先生が指摘する日本の対米依存症の実態とは?
・対米依存症から脱するために私達がまずやるべきこととは?
・第二次大戦後、日本分割支配を実行した勢力の正体
自民党の9割に巣食う宿痾の根本原因とは?
・日本とアメリカがキメラ国家と化したワケとは?
・どれだけ分断されても日本人が決して失わない思想とは?
・世界規模の「奴隷主義者と非・奴隷主義者の戦い」の代表的戦争とは?
 
【動画2】辛亥革命の真相
 
・落合先生が洞察する日本自立のシナリオ・最新版
・「既定路線に乗ったからもはやトランプでなくともよい」とする発言の真意とは?
・安倍元首相の歴史的外交の衣鉢を継ぐ政治家とは?
・國體ワンワールド中国共産党に放った「間」の正体
・大清帝国を滅亡させた真の黒幕
・「偽装死」後の光緒帝を護り続けた勢力とは?
辛亥革命乾隆帝の時代から始まっている?一体どういうことなのか??
満洲の金氏は世界王室連合の一角をなします、、、すると族種は?
 
【動画3】國體HAARPとNASAHAARP
 
・国連の実質的解体を実行した人物とは?
アメリカ合衆国を実質的にまとめている勢力の正体
・最も儲かる農作物とは?最大の産地はモロッコ??
・新事実発覚。HAARPは世界王室連合とNASAの二本立て?
レーガンの時代につくられたHAARPの実態とは?
・アラスカ大学、ガコナ、ケネディ、、、NASAHAARPの管理者に迫ります
・かつてキューバ危機で旧ソ連に渡されたHAARPの技術はどうなった?
NASAの先進科学技術のオリジナルはナ◯スの技術??
HAARPは日本の軍事的独立の象徴たりうるのか?その前に日本が創設すべき組織とは??
 
【動画4】2021年3月号Q&A
 
Q1「先祖と子孫の繋がりについて落合先生のお考えお聞かせください」
Q2「丹波川上摩須良王と摩須良王の家系のについて落合先生に何かご存じの事があれば教えてください」
Q3「混沌としている真子内親王殿下と小室圭さんのご成婚問題について落合先生のご所見をお願いいたします」
Q4「今回のコロナはワクチンを打たせる為の前哨戦なのでしょうか?」
Q5「歴史隠匿の本来の目的と賞味期限が切れたと思しき現代に於いて、これからの見通しをお聞かせください」
Q6「ダボス会議は国際金融連合側主催なのでしょうか?國體側の主催なのでしょうか?」
Q7「経営者として最近休みが多く困っていますが、家族との時間が増えるように敢えて政府は休みを増やしているのでしょうか?」
Q8「日本学術会議に関してご所見をお願いします」
Q9「資産として戸籍を重要視される理由をお教えください」
 
インペリアル・アイズご入会はこちらから。
http://b56.hm-f.jp/cc.php?t=M32773&c=11385&d=639f
 
引き続き、次回予告です。
 
■他言を禁ずる日米戦争の真相、間もなく配信開始
 
来月号のインペリアル・アイズでは、
吉薗周蔵の『敗戦からの記』に記された禁断情報を
お届けいたします。
 
歴史のみならず社会全体にさえも多大なインパクトを与えるため、
落合先生が公開することをためらってきた情報です。
 
機が熟したということでしょうか。
4月1日、ついにインペリアル・アイズにて封切りとなります。
 
会員専用サイトから配信する新コンテンツはこちら。
 
【動画1】本邦初公開・吉薗周蔵『敗戦からの記』
 
【動画2】『敗戦からの記』が明かす山本五十六の正体
 
【動画3】他言を禁ずる日米戦争の真相
 
【動画4】2021年4月号Q&A
 
Q1「先生は鬼の正体についてどのようにお考えでしょうか?」
Q2「橘氏の女性は双子を生む確率の高い家系ではないでしょうか?先生のご所見を教えてください」
Q3「エネルギーの準資本財の置き換えを進めるために脱石油を進めているのでしょうか? 」
Q4「民主主義、共産主義が倒れたのちに、國體は社会の仕組みをどのようにするつもりなのでしょうか?」
Q5「現金(日本円)を何に交換しておくことが次の時代で最も有効か先生のお考えを教えてください」
Q6「田中英道先生が高天原は関東にあったと主張しておられますが、いかが思われますか?」
Q7「三笠宮や立花大亀和尚は、日本文化そのものの抹殺と奴隷制社会の完成・維持を肯定していたと解釈すべきでしょうか?」
Q8「昭和天皇堀川辰吉郎を信頼していなかった、あるいは恐れていたとは考えられないでしょうか?」
 
他言してはならない衝撃情報となりますので、
会員の皆様には情報の取扱いを厳重にお願いいたします。

 
また、常々会員の皆様にはお伝えしておりますが、
 
吉薗周蔵は石原莞爾に依頼されて石原首相擁立に動いたり、
土光敏夫をはじめとした経済界重鎮とも親密
だったり、
草ゆえに歴史から消えざるを得なかっただけで、
紛れもない歴史的大人物です。
 
そんな吉薗周蔵を知り尽くすことができるコンテンツを
弊社は誠心誠意お届けしております。
 
ぜひ口伝・吉薗周蔵手記シリーズをご利用ください。
http://b56.hm-f.jp/cc.php?t=M32774&c=11385&d=639f
 
インテリジェンスサミット『米大統領選以後の世界』収録映像
の入手もお忘れなく。
http://b56.hm-f.jp/cc.php?t=M32775&c=11385&d=639f
 
それでは、また。
 
これからの時代を生き抜くために。
そして、日本の國體を護るために。
 
戦略思想研究所 中森護
 
P.S.
 
弊社公式ブログの次回更新は、
4月2日を予定しております。
 
無料ではありますが衝撃情報の連続。
 
最初は意味が分からなくとも時間をおいて読み返せば、
とんでもない情報が並べられていることに気付きます。
 
恣意的ではありますが、
修験子栗原茂シリーズにもタイトルをつけました。
 
こちらもぜひご活用くださいませ。
https://st-inst.co.jp/blog/
 
≪≪≪≪最後に、お願いがあります≫≫≫≫
 
これからお届けするメールが「迷惑メール」に入ってしまうと、
 
大切な情報をご覧頂くことが出来なくなってしまいます。
 
これからお送りする動画を見逃さないためにも、
是非メールの振り分け設定をしてください。
 
現時点では「迷惑メールフォルダ」に入っていない場合でも、
最近のメーラーのセキュリティ対策が強すぎるため、
今後「迷惑メールフォルダ」に入ってしまう場合があります。
 
詳しい情報は下記に載っています。
1~2分で済む簡単な作業ですので、是非流れにそって設定
をお願いいたします。
https://www.fpo.bz/mail/
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[発行元] 株式会社戦略思想研究所
[住所] 〒108-0014東京都港区芝5丁目16-14
ノックスビル 3F・4F
[責任者] 中森護
[メール] info●imperialeyes.com
 
(●を@に変えてください)
[配信解除]
配信解除は、本メール最下部のURLより行って頂けます。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
※配信解除URL
https://b56.hm-f.jp/index.php?action=C1&a=3&f=2&g=1&c=11385&m=912&code=ddc22313b29176843ee1973f7fb001ee
 
※メールアドレス再登録はこちらから。
https://st-inst.co.jp/mailmag.html
 

インペリアル・アイズ無料メール 文明地政學叢書第一輯、ついに完結


インペリアル・アイズ無料メール 文明地政學叢書第一輯、ついに完結
2021年3月19日(金) 晴れ
 
以下、本日(3/19)に配信された無料メールを転載する。
 
なお、過去の転載分は、以下から参照できる。 【索引】インペリアル・アイズ無料メール
 
・文字の修飾(色付け、文字サイズ変更など)、用語等へのリンク付けは私の趣味である(笑)。
・私の補足説明を、緑文字で文中に挿入している場合あり。
 
以下の[無料メール」本文の最後に、インペリアル・アイズ最新号(2021年3月号)の内容が紹介されているが、その中の『【動画4】2021年3月号Q&A』のQ1Q2は、実は、私が投稿した質問である。Q2の「摩須良王」の「摩須」は、私の苗字と同じ文字であり、「摩須良王」と我が家の家系に関係が有るか無いかについて興味があったので、落合先生に質問してみた訳である(笑)。
【動画4】の中では、私の質問文が長すぎたため、質問文自体は読まれなかったが、質問の主旨(背景)は、以下のブログ記事の《余談1》《余談2》に書いたとおりである。
  私のルーツ 父母
masuraoo.hatenablog.com
 



 

〜〜〜以下、転載〜〜〜
文明地政學叢書第一輯、ついに完結
 
おはようございます。
戦略思想研究所 中森です。
 
本日、公式ブログを更新いたしました。
新たにアップした記事は下記の二つ。
 
・修験子栗原茂【其の一四】
赤字国債にまつわるヤマトタケルに仕えた任侠の相似象
 
・【文明地政學叢書第一輯】第一四章
毛沢東金日成
 
文明地政學叢書第一輯はついに最終章です。
 
ぜひ今すぐこちらからお読みくださいませ。
https://st-inst.co.jp/blog/
 
※来週の一週間すべて出張となるため、
次回更新予定日は4月2日(金)となります。
 
さて、修験子栗原茂シリーズにもタイトルが欲しいという
声を頂きましたので、早速ですが恣意的につけてみました。
 
赤字国債にまつわるヤマトタケルに仕えた任侠の相似象』
というタイトルにした背景となる部分を抜粋します。
 

                                                                            • -

今さら赤字国債の全額返済など実現し得るはずない、
だから使えなくなるまで使ってやる、
 
醜悪な日本社会の一面にすぎないが、
この一事すら解消のめど立たない事案に対して、
任侠すなわち國體は何もしないまま見過ごしているのだろうか、
 
読者が知りたいところだろう。
 
この赤字国債を仮のテーマとして、
任侠の取り組み方その一端を例示しておきたい。
 
任侠は手品を使わないが、
陰陽に長じた表芸と裏芸を臨機応変に使い分けている。
 
そのため、
赤字解消プロジェクトを設けた場合に必要とされるのは、
 
三部門に仕分けられる分科チームと、
三部門を統括して一体化させるキャンプの陣営であり、
完結の形態は政体一般の趣くところに委ねられる。
 
すなわち、任侠が為すべきところは、
道義を過った政体が自力で迷路を脱出できないとき、
 
迷路を抜け出る方向性を明らかにして、
サバイバルに成功したコミュニティに任侠が混じり、
自然発生的なオピニオンリーダーを補佐する事で
政体の再生を果たすわけである。
 
赤字国債に限らず、
利権に群がる人の習性が改まらないかぎり、
 
政体が道義から外れるのは必然で行き場を失う迷路に
もがき続けるのも当たり前である。
 
この飽和状態に陥る原因は人それぞれ
人さまざまの認識を放置するためであり、
人間が自然に逆らって不自然を好む事から生じている。
 
赤字国債は日本人の欲する利益がある場所を産み出していった。
 
むろん、
その際に捻出される陰謀策略の裏金も莫大な量に達しており、
その利益に格差が生じるのも当たり前であるが、
 
その罪を他に押し付ける行為は自らの卑劣を
世に知らしめる事と自戒するべきであろう。
 
さて、三部門の分科チームであるが、、、

                                                                            • -


長くなったので、ここまでにしておきますが、
ここから先、驚嘆すべき内容が書かれています。
 
ぜひ今すぐお読みくださいませ。
https://st-inst.co.jp/blog/
※次回更新予定日は4月2日(金)となります。
 
次に、ついに最終章を迎えた文明地政學叢書第一輯。
 
本日、更新した第一四章ですが、
数年前、初めて拝読したときの感動を今でも覚えています。
 
特に心奪われた文章はこちらです。
 

                                                                            • -

政治史に限らず歴史に独裁が成立する要素は
爪の垢ほども存在しない。
 
集団が熱狂して幻想の英雄(個人)を
生み出す行為を続けていく限り
御破算で願いまする行為は決してなくならない。
 
誰が何して何とやらを騙り生計の糧を得ようとする本能的属性を
恥じない限り卑しさ極まるマスコミと同じ身分一代の徒花(危険)
しか生まれない。
 
百花繚乱の風景を愛でるには、
相応の生命図を認識する必要があり、
 
すべてのリサイクル・システムを認識しなければ平和は訪れない。

                                                                            • -


休むことなく循環している天地自然の全体を認識することで、
百花繚乱の風景に出会いたいと願う気持ちは今も変わりません。
 
文明地政學叢書が弊社理念の根源にあるゆえんでございます。
 
次回、文明地政學叢書は第二輯『超克の型示し』に入ります。
揺るぎない神格型示しの意義を解明した玉稿をお届けいたします。
 
神格レベルの情報を楽しみにお待ちくださいませ。
それまでに文明地政學叢書第一輯全章を読破しましょう。
https://st-inst.co.jp/blog/
※次回更新予定日は4月2日(金)となります。
 
インペリアル・アイズ最新号のチェックもお忘れなく。
http://b56.hm-f.jp/cc.php?t=M32320&c=22004&d=462a
 
【動画1】宿痾・対米依存症から脱する時
 
・落合先生が指摘する日本の対米依存症の実態とは?
・対米依存症から脱するために私達がまずやるべきこととは?
・第二次大戦後、日本分割支配を実行した勢力の正体
自民党の9割に巣食う宿痾の根本原因とは?
・日本とアメリカがキメラ国家と化したワケとは?
・どれだけ分断されても日本人が決して失わない思想とは?
・世界規模の「奴隷主義者と非・奴隷主義者の戦い」の代表的戦争とは?
 
【動画2】辛亥革命の真相
 
・落合先生が洞察する日本自立のシナリオ・最新版
・「既定路線に乗ったからもはやトランプでなくともよい」とする発言の真意とは?
・安倍元首相の歴史的外交の衣鉢を継ぐ政治家とは?
・國體ワンワールド中国共産党に放った「間」の正体
・大清帝国を滅亡させた真の黒幕
・「偽装死」後の光緒帝を護り続けた勢力とは?
辛亥革命乾隆帝の時代から始まっている?一体どういうことなのか??
満洲の金氏は世界王室連合の一角をなします、、、すると族種は?
 
【動画3】國體HAARPとNASAHAARP
 
・国連の実質的解体を実行した人物とは?
アメリカ合衆国を実質的にまとめている勢力の正体
・最も儲かる農作物とは?最大の産地はモロッコ??
・新事実発覚。HAARPは世界王室連合とNASAの二本立て?
レーガンの時代につくられたHAARPの実態とは?
・アラスカ大学、ガコナ、ケネディ、、、NASAHAARPの管理者に迫ります
・かつてキューバ危機で旧ソ連に渡されたHAARPの技術はどうなった?
NASAの先進科学技術のオリジナルはナ◯スの技術??
HAARPは日本の軍事的独立の象徴たりうるのか?その前に日本が創設すべき組織とは??
 
【動画4】2021年3月号Q&A
 
Q1「先祖と子孫の繋がりについて落合先生のお考えお聞かせください」
Q2「丹波川上摩須良王と摩須良王の家系のについて落合先生に何かご存じの事があれば教えてください」
Q3「混沌としている真子内親王殿下と小室圭さんのご成婚問題について落合先生のご所見をお願いいたします」
Q4「今回のコロナはワクチンを打たせる為の前哨戦なのでしょうか?」
Q5「歴史隠匿の本来の目的と賞味期限が切れたと思しき現代に於いて、これからの見通しをお聞かせください」
Q6「ダボス会議は国際金融連合側主催なのでしょうか?國體側の主催なのでしょうか?」
Q7「経営者として最近休みが多く困っていますが、家族との時間が増えるように敢えて政府は休みを増やしているのでしょうか?」
Q8「日本学術会議に関してご所見をお願いします」
Q9「資産として戸籍を重要視される理由をお教えください」
 
それでは、また。
 
これからの時代を生き抜くために。
そして、日本の國體を護るために。
 
戦略思想研究所 中森護
 
P.S.
 
念のためのリマインドです。
 
インテリジェンスサミット『米大統領選以後の世界』
収録映像お申込み忘れはございませんか?
 
インペリアル・アイズ会員のすべての皆様には、
約半額にてご提供しています。
http://b56.hm-f.jp/cc.php?t=M32321&c=22004&d=462a
 
現会員のあなたはもちろん、
今月新規ご入会の方あなたにも今すぐご案内できますので、
お気軽にお問い合わせくださいませ。
 
≪≪≪≪最後に、お願いがあります≫≫≫≫
 
これからお届けするメールが「迷惑メール」に入ってしまうと、
 
大切な情報をご覧頂くことが出来なくなってしまいます。
 
これからお送りする動画を見逃さないためにも、
是非メールの振り分け設定をしてください。
 
現時点では「迷惑メールフォルダ」に入っていない場合でも、
最近のメーラーのセキュリティ対策が強すぎるため、
今後「迷惑メールフォルダ」に入ってしまう場合があります。
 
詳しい情報は下記に載っています。
1~2分で済む簡単な作業ですので、是非流れにそって設定
をお願いいたします。
https://www.fpo.bz/mail/
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[発行元] 株式会社戦略思想研究所
[住所] 〒108-0014東京都港区芝5丁目16-14
ノックスビル 3F・4F
[責任者] 中森護
[メール] info●imperialeyes.com
 
(●を@に変えてください)
[配信解除]
配信解除は、本メール最下部のURLより行って頂けます。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
※配信解除URL
https://b56.hm-f.jp/index.php?action=C1&a=3&f=2&g=1&c=22004&m=906&code=d196f33cf39a8761e6c4ef7541c46b6d
 
※メールアドレス再登録はこちらから。
https://st-inst.co.jp/mailmag.html
 

インペリアル・アイズ無料メール 偶然とは、偶然に見せかけた必然


インペリアル・アイズ無料メール 偶然とは、偶然に見せかけた必然
2021年3月12日(金) くもり、のち、雨
 
以下、本日(3/12)に配信された無料メールを転載する。
 
なお、過去の転載分は、以下から参照できる。 【索引】インペリアル・アイズ無料メール
 
・文字の修飾(色付け、文字サイズ変更など)、用語等へのリンク付けは私の趣味である(笑)。
・私の補足説明を、緑文字で文中に挿入している場合あり。
 
〜〜〜以下、転載〜〜〜
偶然とは、偶然に見せかけた必然
 
おはようございます。
戦略思想研究所 中森です。
 
本日、公式ブログを更新いたしました。
新たにアップした記事は下記の二つ。
 
・修験子栗原茂【其の一三】
・【文明地政學叢書第一輯】第一三章 佐藤・岸・安倍家伝をめぐって
 
ぜひ今すぐこちらからお読みくださいませ。
https://st-inst.co.jp/blog/
 
修験子栗原茂シリーズでは、
私自身、実体験のあるエピソードが紹介されています。
 
それはこちらです。
 

                                                                            • -

私は高松宮様から
「自ら会っておきたいと思う人の初対面には場の比重が大きい」
との訓戒を賜り現在に至るも私の心に深く刻まれている。
 
初の「お目通り」で賜ったお言葉であったが、
当時は意味不明で自宅に持ち帰りつつ、
 
一週間かけて導き出した私の認識では
「統一場の理論」に基づく剖判のメカニズムを
指すものと自負している。
 
それは真の触媒作用とは何かを意味するが、
 
平たく言えば
「ナミが止まればツブとなり、粒が動けば波となる」
天理の法則を指しており、
 
見えない世界を透かせる奥義に通じている。

                                                                            • -


私の実体験とは、落合先生と小山内さんとの初対面であり、
その後、いくら交流を繰り返してもお互いの純粋なる部分は
当時のままです。
 
人と人との交流には相互干渉がつきもので、
気づかないうちにどちらかがどちらかの心を
のっとってしまうこともあります。
 
もしも、あなたが落合先生に出会った時に、
落合先生のようになりたいと思い続けたならば、
あなただけの純粋なる部分は薄れ始めます。
 
それは、初対面した時の場の空気の変化を覚らず、
大なるものに飲まれ始めたことを意味します。
 
尊敬の心は依存心へと変わり、
あなたの主体性を消し去ります。
 
人と人との相互干渉は「空気」を媒介としますが、
もちろん気体のことではなく見えない世界のことです。
 
見えない世界を透かせる奥義については、
栗原茂が分かりやすく解説していますので、
ぜひ会得するまでお読みくださいませ。
https://st-inst.co.jp/blog/
 
さらに、「統一場の理論」に基づく剖判のメカニズムの一例として、
栗原茂が、賀屋そして澁澤の御両人と初対面した時のエピソードも
紹介されています。
 

                                                                            • -

澁澤の開口一番は
 
「わが家系の血洗島(現埼玉県深谷市)と
島村(現群馬県佐波郡)の栗原家とは姻戚関係にあるが、
君は存知しているかな」
 
との発言であった。
 
私は「我が家との関係は遠くなりますが、
甲斐武田一一代信成四男が早世した兄の名乗る栗原姓を継ぎ
山梨郡信濃に領地を得たあと、
伊予道後の栗原姓や上野(コウズケ)島村の栗原姓などに
分布入植したと聞いております」
 
と、澁澤の問いに答えた記憶がよみがえる。
 
澁澤と賀屋は顔を見合わせ親しげな笑みを浮かべた。
笑顔の澁澤から「喜作ジイさまの名は知っていますか」
との問いが続けられた。
 
私は「栄一翁の従兄(二歳上)で成一朗様のこと、
成一朗様の系譜が島村の栗原家と婚姻の関係を結んだと聞いております」
 
と、定かではないが同じ趣の返事をしたはず…。

                                                                            • -


以後、詳しくはこちらから。
https://st-inst.co.jp/blog/
 
落合先生はフランク永井との初対面で澁澤の血筋を直観したと
本人から伺っておりますが、
 
見えない世界の奥義のひとつには、
「偶然とは、偶然に見せかけた必然である」
と記されていること間違いありません。
 
【文明地政學叢書第一輯】第一三章においても、
(※佐藤・岸・安倍系譜略図は要確認)

                                                                            • -

初対面で通説は奇しき縁というが
筆者の辞書にはない後付の理屈である。

                                                                            • -


とはっきりと書かれております。
 
見えない世界を透かせる奥義を会得すれば、
見える世界における八百長芝居や作り話を
見透かすことなど造作もないことなのでしょう。
 
それでは、見えない世界を透かせる奥義の会得には、
いかなる修練を積めばよいのか。
 
その具体的方策として、インペリアル・アイズ無料版では、
國體ワンワールド史観を学ぶことをご提案しておりますが、
 
その真髄を学ぶことができる講座はこちらです。
http://b56.hm-f.jp/cc.php?t=M31973&c=22004&d=462a
 
落合先生が「國體と政体の二元性」を覚るに至ったきっかけは、
すべて吉薗周蔵手記の解読にあります。
 
つまり、吉薗周蔵手記が國體ワンワールド史観の大元なのです。
 
そして、落合先生と吉薗周蔵手記との出会いも偶然ではなく、
「偶然に見せかけた必然」であることはご存知のとおり。
 
常々、インペリアル・アイズ会員の皆様には、
お伝えしていることではございますが、
 
口伝・吉薗周蔵手記シリーズの意義を解するあなたは、
落合先生の30年の洞察過程を追体験することになります。
 
また、国宝級の史料を映像で残すための多大な労力に、
國體勢力からも心からの賛意を頂いております。
 
吉薗周蔵の生き様と、落合史観大成への功績、
そして、口伝・吉薗周蔵手記シリーズの価値を
解するすべての方々のお気持ちに報いるために、
 
弊社は事業継続不可能となるまで、
口伝・吉薗周蔵手記シリーズの作成を続ける所存です。
 
口伝・吉薗周蔵手記シリーズの第一巻はこちらから。
http://b56.hm-f.jp/cc.php?t=M31973&c=22004&d=462a
 
これからの時代を生き抜くために。
そして、日本の國體を護るために。
 
戦略思想研究所 中森護
 
P.S.
 
インテリジェンスサミット『米大統領選以後の世界』
収録映像お申込み忘れはございませんか?
 
インペリアル・アイズ会員のすべての皆様には、
約半額にてご提供しています。
http://b56.hm-f.jp/cc.php?t=M31974&c=22004&d=462a
 
申込殺到中。
 
現会員のあなたはもちろん、
今月新規ご入会の方あなたにも今すぐご案内できますので、
お気軽にお問い合わせくださいませ。
 
≪≪≪≪最後に、お願いがあります≫≫≫≫
 
これからお届けするメールが「迷惑メール」に入ってしまうと、
 
大切な情報をご覧頂くことが出来なくなってしまいます。
 
これからお送りする動画を見逃さないためにも、
是非メールの振り分け設定をしてください。
 
現時点では「迷惑メールフォルダ」に入っていない場合でも、
最近のメーラーのセキュリティ対策が強すぎるため、
今後「迷惑メールフォルダ」に入ってしまう場合があります。
 
詳しい情報は下記に載っています。
1~2分で済む簡単な作業ですので、是非流れにそって設定
をお願いいたします。
https://www.fpo.bz/mail/
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[発行元] 株式会社戦略思想研究所
[住所] 〒108-0014東京都港区芝5丁目16-14
ノックスビル 3F・4F
[責任者] 中森護
[メール] info●imperialeyes.com
 
(●を@に変えてください)
[配信解除]
配信解除は、本メール最下部のURLより行って頂けます。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
※配信解除URL
https://b56.hm-f.jp/index.php?action=C1&a=3&f=2&g=1&c=22004&m=901&code=d196f33cf39a8761e6c4ef7541c46b6d
 
※メールアドレス再登録はこちらから。
https://st-inst.co.jp/mailmag.html
 

インペリアル・アイズ無料メール 二つのHAARP


インペリアル・アイズ無料メール 二つのHAARP
2021年3月5日(金) くもり
 
以下、本日(3/5)に配信された無料メールを転載する。
 
なお、過去の転載分は、以下から参照できる。 【索引】インペリアル・アイズ無料メール
 
・文字の修飾(色付け、文字サイズ変更など)、用語等へのリンク付けは私の趣味である(笑)。
・私の補足説明を、緑文字で文中に挿入している場合あり。
 
〜〜〜以下、転載〜〜〜
二つのHAARP
 
おはようございます。
戦略思想研究所 中森です。
 
本日、公式ブログを更新いたしました。
新たにアップした記事は下記の二つ。
 
・修験子栗原茂【其の一二】
・【文明地政學叢書第一輯】第一二章 二〇世紀指導者の個人情報
 
ぜひ今すぐこちらからお読みくださいませ。
https://st-inst.co.jp/blog/
 
修験子栗原茂シリーズはなかなか難解で読むのに一苦労という声も
頂戴しますが、読みやすい文章ほど稚拙であるという見方もあります。
 
もちろん、読みやすい文章は、
直ちに稚拙であるということにはなりません。
 
ただ、読みやすい文章は一度読めば読み返すこと少なく、
難解な文章は、時間を置いて読み返せば読み返すほど
味が出てくるというもの。
 
実際に栗原茂の文章は何度も読み返し、じっくり反芻することで、
心と知識が豊かになり人間として成長していることに気付きます。
 
読むのに苦労するにせよ、読むことで人格形成に寄与することこそ、
本来の著作物のあり方であると、私は常々考えておりますし、
改めて実感する次第です。
 
人格形成のみならず、人によっては実務にも大きく寄与します。
 
例えば、
法律に携わる読者からいつもこんな秀逸なコメントを頂き、
勉強させて頂いている次第です。
 

                                                                            • -

任侠精神が、史学によってたてられた時代区分のとばりを、
光軸のごとく貫き吹き払う様に拝読しました。
 
北里についての御言及、北里と同時代の某医師に関する事績を
調査して実務に当たった経験から肯綮に当たるところです。

                                                                            • -
                                                                            • -

「現象効果を裏づける証拠資料に拠って原因を突き止めようとする
文学の還元法は物証法と自白を照合する設計技法なのだから、
当然ながら諸説の一本化は起こらない。
 
しかも、素材(原因)生成の現場を存知しない分業(部分)設計者、
たとえば、立法・行政・司法の住み分け制度に安住する専門莫迦
事務職などに、総合設計は生み出せる訳もない。」に関しては、
 
歴史的視点を基礎に、経営に関与する法律職として、
極めて肯綮に当たるところです。

                                                                            • -


法律関係者のみならず、きっともっと幅広い業種にも、
「肯綮に当たる」こと多々あることでしょう。
 
誰でもいつでも読むことができますので、
ぜひあなたもじっくり楽しんでくださいませ。
https://st-inst.co.jp/blog/
 
そして、【文明地政學叢書第一輯】は、
ついに完結に近づいてきました。
 
本日、更新した記事の中にはこんな文言が。
 

                                                                            • -

右に列挙した個人情報から如何なる設計を成しうるか、
史家の眼力が問われるところである。

                                                                            • -


落合史観を学ぶあなたの洞察力が試されます。
ぜひ今すぐ洞察を試みてください。
https://st-inst.co.jp/blog/
 
さて、気になるメルマガ件名を掲げて
触れないわけにはいかないでしょう。
 
一体何の件かと申しますと、
何を隠そう今月号のインペリアル・アイズです。
http://b56.hm-f.jp/cc.php?t=M31793&c=11385&d=639f
 
今月号の配信にあたり、
落合先生からはこのようにコメントも。
 

                                                                            • -

「△世の中がどのようになるか分らないが、
必ずしも本當に事や正しい事が世の中を渡り歩くとは限らない。
 
増して戰勝國が米である以上、
ユダヤの金第一主義精神が日本を襲う事は間違いあるまい。
 
米と親しくすると云う事で、
この戰争は負けたのである事を、父はお前に記しておく。」
 
これは周蔵手記の『敗戦からの記』の一節です。
期せずして今月のインペリアル・アイズとの内容と
一致しました。
 
これを見て私は、私費でも出版する気になりました。

                                                                            • -


早速内容の一部ご紹介しましょう。
 
【動画1】宿痾・対米依存症から脱する時
 
・落合先生が指摘する日本の対米依存症の実態とは?
・対米依存症から脱するために私達がまずやるべきこととは?
・第二次大戦後、日本分割支配を実行した勢力の正体
自民党の9割に巣食う宿痾の根本原因とは?
・日本とアメリカがキメラ国家と化したワケとは?
・どれだけ分断されても日本人が決して失わない思想とは?
・世界規模の「奴隷主義者と非・奴隷主義者の戦い」の代表的戦争とは?
 
【動画2】辛亥革命の真相
 
・落合先生が洞察する日本自立のシナリオ・最新版
・「既定路線に乗ったからもはやトランプでなくともよい」とする発言の真意とは?
・安倍元首相の歴史的外交の衣鉢を継ぐ政治家とは?
・國體ワンワールド中国共産党に放った「間」の正体
・大清帝国を滅亡させた真の黒幕
・「偽装死」後の光緒帝を護り続けた勢力とは?
辛亥革命乾隆帝の時代から始まっている?一体どういうことなのか??
満洲の金氏は世界王室連合の一角をなします、、、すると族種は?
 
【動画3】國體HAARPとNASAHAARP
 
・国連の実質的解体を実行した人物とは?
アメリカ合衆国を実質的にまとめている勢力の正体
・最も儲かる農作物とは?最大の産地はモロッコ??
・新事実発覚。HAARPは世界王室連合とNASAの二本立て?
レーガンの時代につくられたHAARPの実態とは?
・アラスカ大学、ガコナ、ケネディ、、、NASAHAARPの管理者に迫ります
・かつてキューバ危機で旧ソ連に渡されたHAARPの技術はどうなった?
NASAの先進科学技術のオリジナルはナ◯スの技術??
HAARPは日本の軍事的独立の象徴たりうるのか?その前に日本が創設すべき組織とは??
 
【動画4】2021年3月号Q&A
 
Q1「先祖と子孫の繋がりについて落合先生のお考えお聞かせください」
Q2「丹波川上摩須良王と摩須良王の家系のについて落合先生に何かご存じの事があれば教えてください」
Q3「混沌としている真子内親王殿下と小室圭さんのご成婚問題について落合先生のご所見をお願いいたします」
Q4「今回のコロナはワクチンを打たせる為の前哨戦なのでしょうか?」
Q5「歴史隠匿の本来の目的と賞味期限が切れたと思しき現代に於いて、これからの見通しをお聞かせください」
Q6「ダボス会議は国際金融連合側主催なのでしょうか?國體側の主催なのでしょうか?」
Q7「経営者として最近休みが多く困っていますが、家族との時間が増えるように敢えて政府は休みを増やしているのでしょうか?」
Q8「日本学術会議に関してご所見をお願いします」
Q9「資産として戸籍を重要視される理由をお教えください」
 
内容が気になって仕方がないあなた。
 
すでに新規募集は再開していますので、
ご入会希望の方はぜひこちらからどうぞ。
http://b56.hm-f.jp/cc.php?t=M31793&c=11385&d=639f
 
これからの時代を生き抜くために。
そして、日本の國體を護るために。
 
戦略思想研究所 中森護
 
P.S.
 
インペリアル・アイズ会員のすべての皆様に、
下記コンテンツを約半額にてご提供しています。
http://b56.hm-f.jp/cc.php?t=M31794&c=11385&d=639f
 
申込殺到中。
 
現会員のあなたはもちろん、
今月新規ご入会の方あなたにも今すぐご案内できますので、
お気軽にお問い合わせくださいませ。
 
≪≪≪≪最後に、お願いがあります≫≫≫≫
 
これからお届けするメールが「迷惑メール」に入ってしまうと、
 
大切な情報をご覧頂くことが出来なくなってしまいます。
 
これからお送りする動画を見逃さないためにも、
是非メールの振り分け設定をしてください。
 
現時点では「迷惑メールフォルダ」に入っていない場合でも、
最近のメーラーのセキュリティ対策が強すぎるため、
今後「迷惑メールフォルダ」に入ってしまう場合があります。
 
詳しい情報は下記に載っています。
1~2分で済む簡単な作業ですので、是非流れにそって設定
をお願いいたします。
https://www.fpo.bz/mail/
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[発行元] 株式会社戦略思想研究所
[住所] 〒108-0014東京都港区芝5丁目16-14
ノックスビル 3F・4F
[責任者] 中森護
[メール] info●imperialeyes.com
 
(●を@に変えてください)
[配信解除]
配信解除は、本メール最下部のURLより行って頂けます。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
※配信解除URL
https://b56.hm-f.jp/index.php?action=C1&a=3&f=2&g=1&c=11385&m=899&code=ddc22313b29176843ee1973f7fb001ee
 
※メールアドレス再登録はこちらから。
https://st-inst.co.jp/mailmag.html
 
 

インペリアル・アイズ無料メール アヘン、マリファナ、HAARP、、、


インペリアル・アイズ無料メール アヘン、マリファナHAARP、、、
2021年2月26日(金) くもり
 
以下、本日(2/26)に配信された無料メールを転載する。
 
なお、過去の転載分は、以下から参照できる。 【索引】インペリアル・アイズ無料メール
 
・文字の修飾(色付け、文字サイズ変更など)、用語等へのリンク付けは私の趣味である(笑)。
・私の補足説明を、緑文字で文中に挿入している場合あり。
 
文中に出て来る「矢次一夫」氏の著書、多分、「昭和動乱私史 (上巻・中巻・下巻)」と思われるが、私も既に購入して手元にあるものの、買った本が溜まっていて、なかなか読むようにならない(笑)。
今読んでいる本「日本語はどこから来たか(著者:津田元一郎)」を読み終えたら、次に矢次一夫氏の本を読もうと思っている。隠された日本史の真実が沢山出て来ると思うので、ゆっくりと味わいながら読もうと思っている。
 
インペリアルアイズ3月号、週明けの月曜日に配信開始されるが、今回のQ&Aには、私が出した質問も含まれている。もしかしたら二つ?(笑)。落合先生からのご回答が楽しみである。
 
〜〜〜以下、転載〜〜〜
アヘン、マリファナHAARP、、、
 
おはようございます。
戦略思想研究所 中森です。
 
本日は重要なご案内が3つございます。
 
・新コンテンツリリースの件
・明後日締切の件
・ブログ更新の件
 
それでは順番にご案内します。
 
【新コンテンツリリースの件】
 
一昨日より、落合莞爾×篠原常一郎対談講演会
インテリジェンスサミット『米大統領選以後の世界』
収録映像の販売を開始し、申込が殺到しております。
 
講演会にお申込になった方には、
すでに映像へのアクセス権をプレゼントしておりますが、
 
どうしても都合がつかず、
講演会へのお申込みを断念された方々のために、
 
イシキカイカク(株)様と協議のうえ、
講演会収録映像を有料(15,000円)にて
ご提供することを決定しました。
 
しかも、インペリアル・アイズ会員の皆様には、
会員特別価格の【8,000円】にてご提供。
 
講演会に参加された方々から「伝説的な対談」とまで、
称賛された講演映像をぜひ今すぐ手に入れてください。
 
インテリジェンスサミット『米大統領選以後の世界』
収録映像【一般価格】はこちらから。
http://b56.hm-f.jp/cc.php?t=M31469&c=22004&d=462a
 
講演会参加者特典用アクセス権・会員特別価格は、
一昨日のメールをご確認くださいませ。
 
迷惑メールボックスを確認しても見つからない場合は、
別途お問い合わせくださいませ。
 
【明後日締切の件】
 
インペリアル・アイズ2021年2月号
『アヘンとマリファナ 利権興亡の真相』
http://b56.hm-f.jp/cc.php?t=M31470&c=22004&d=462a
 
明後日、新規ご入会を締切ます。
 
アヘンを知らずして世界史を語ることができないことは、
これまで繰り返しお伝えしてきました。
 
矢次一夫の著書でも、
近衛秀麿の随筆集『風雪夜話』からの引用して、
アヘン利用の一端が記述されています。
 

                                                                              • -

霞山公は、在野の頭山満中江兆民、佐々友房、神鞭知常、
有名な七博士と組んで、対露主戦論を力説しており、
 
貴族院の重鎮として、政府・軍との重要な談判を続けていたが、
開戦の直前に病死した。
 
十数回に亘る全身手術をしたが、麻酔剤を使用すると、
不覚の間に、国家や同志の機密を洩すおそれがあるというので、
断乎としてその使用を拒否した。
 
これでは、外科の大手術の執刀出来ない。
そこで公は、日頃からひいきにしていた当時の両横綱
梅ケ谷と、常陸山の二人に、
満身の力をこめて身動きの出来ぬように押さえさせて、
手術をさせた。
 
このような無理強引なことをしたので、心臓が弱まり、
ついに四十一才の若さで没したという

                                                                              • -

 
近衛篤麿の豪胆極まる姿には絶句しますが、
アヘンが昔から自白用に常用されていたことを
鮮明にイメージできるエピソードです。
 
落合先生も常々お話になっていますね。
 
さらに、近現代に至っては、
マリファナも世界経済に重要な位置を占めるとか、、、
 
アヘンとマリファナ、利権興亡の真相とは?
http://b56.hm-f.jp/cc.php?t=M31470&c=22004&d=462a
 
さらに、来月号のインペリアル・アイズでは、
またまたHAARPが登場します。
 
気になる来月号のコンテンツは、、、
 
【動画1】宿痾・対米依存症から脱する時
 
【動画2】辛亥革命の真相
 
【動画3】國體HAARPとNASAHAARP
 
【動画4】2021年3月号Q&A
 
Q1「先祖と子孫の繋がりについて落合先生のお考えお聞かせください」
Q2「丹波川上摩須良王と摩須良王の家系のについて落合先生に何かご存じの事があれば教えてください」
Q3「混沌としている真子内親王殿下と小室圭さんのご成婚問題について落合先生のご所見をお願いいたします」
Q4「今回のコロナはワクチンを打たせる為の前哨戦なのでしょうか?」
Q5「歴史隠匿の本来の目的と賞味期限が切れたと思しき現代に於いて、これからの見通しをお聞かせください」
Q6「ダボス会議は国際金融連合側主催なのでしょうか?國體側の主催なのでしょうか?」
Q7「経営者として最近休みが多く困っていますが、家族との時間が増えるように敢えて政府は休みを増やしているのでしょうか?」
Q8「日本学術会議に関してご所見をお願いします」
Q9「資産として戸籍を重要視される理由をお教えください」
 
会員の皆様はぜひ楽しみにお待ちくださいませ。
 
そして、いち早く、
インテリジェンスサミット『米大統領選以後の世界』
収録映像を会員特別価格で手に入れたい方は、
 
ぜひとも今月のご入会をおすすめいたします。
http://b56.hm-f.jp/cc.php?t=M31470&c=22004&d=462a
 
【ブログ更新の件】
 
修験子栗原茂の記事を読みたくてたまらないあなたへ。
本日、公式ブログを更新いたしました。
 
新たにアップした記事は下記の二つ。
 
・修験子栗原茂【其の一一】
・【文明地政學叢書第一輯】第一一章 ゾルゲ対日工作の背景
 
ぜひ今すぐこちらからお読みくださいませ。
https://st-inst.co.jp/blog/
 
修験子栗原茂シリーズでは次々と政界の大人物が登場し、
國體勢力の実在とその動きに迫ってまいります。
 
さらに、本日更新の【文明地政學叢書第一輯】は必読です。
 
「聖地論」で解く白頭山についてお届けする玉稿は、
インペリアル・アイズ2021年3月号でお届けする
辛亥革命の真相への理解を圧倒的に深めます。
 
辛亥革命だけではありません。
下記文章からはHAARPというキーワードにもリンクします。
 

                                                                              • -

(聖地たる白頭山は)水の三相三態を実証し
電磁波サイクル・システム恒久化の原義に基づく
情報(神)を備えている。

                                                                              • -

 
しびれますね、、、
 
それではまた。
 
これからの時代を生き抜くために。
そして、日本の國體を護るために。
 
戦略思想研究所 中森護
 
P.S.
 
そういえば、矢次一夫の著書では、
 

                                                                              • -

伊藤博文は「清韓保全策」を含むアジア全域の安保を持論とし、
桂太郎がこれを継承して行動しようと努めた

                                                                              • -

 
という記述があります。
 
「清韓保全策」、それすなわち「満鮮経略」。
 
落合史観を学ぶとあらゆる書籍の面白さが倍増しますね。
 
≪≪≪≪最後に、お願いがあります≫≫≫≫
 
これからお届けするメールが「迷惑メール」に入ってしまうと、
 
大切な情報をご覧頂くことが出来なくなってしまいます。
 
これからお送りする動画を見逃さないためにも、
是非メールの振り分け設定をしてください。
 
現時点では「迷惑メールフォルダ」に入っていない場合でも、
最近のメーラーのセキュリティ対策が強すぎるため、
今後「迷惑メールフォルダ」に入ってしまう場合があります。
 
詳しい情報は下記に載っています。
1~2分で済む簡単な作業ですので、是非流れにそって設定
をお願いいたします。
https://www.fpo.bz/mail/
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[発行元] 株式会社戦略思想研究所
[住所] 〒108-0014東京都港区芝5丁目16-14
ノックスビル 3F・4F
[責任者] 中森護
[メール] info●imperialeyes.com
 
(●を@に変えてください)
[配信解除]
配信解除は、本メール最下部のURLより行って頂けます。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
※配信解除URL
https://b56.hm-f.jp/index.php?action=C1&a=3&f=2&g=1&c=22004&m=895&code=d196f33cf39a8761e6c4ef7541c46b6d
 
※メールアドレス再登録はこちらから。
https://st-inst.co.jp/mailmag.html